noteへ転職する方法!中途採用の難易度・求人情報を解説

note 転職

    今注目のメディアプラットフォームサービスを展開しているnote株式会社へ転職するコツを就職・転職支援のプロである現役転職エージェントが徹底解説します。

    また、中途採用の入社難易度や求人情報、年収や福利厚生なども紹介します。

    あわせて面接で聞かれる質問や社員からの口コミも分かりやすくまとめました。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

noteの転職・中途採用難易度

noteへの転職難易度は非常に高いです。

採用公式ページによると、エンジニアやデザイナー、経理事務などの専門職。ビジネス職でもプロダクトマネージャーや新規事業開発担当のような職種が募集されています。

どの職種も関連業務の経験が必須で求められるため、転職の難易度は高いと言えるでしょう。

noteへ転職しやすい人の特徴

noteへ転職しやすい人の特徴は、会社の掲げるミッションに共感しており、バリューを体現できる人材です。

noteは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。」というミッションを掲げており、それを実現するための6つのバリューを定めています。

  • 「クリエイター視点で考えよう / Creator First」
  • 「多様性を後押ししよう / Promote Diversity」
  • 「クリエイティブでいこう / Be Creative」
  • 「つねにリーダーシップを / Leadership」
  • 「すばやく試そう / Try First」
  • 「おおきな視点で考えよう / Think Big」

これらのバリューは「どんなに困難に見える課題でも前向きに楽しく解決しようとする姿勢」や「あらゆることに当事者意識を持って、率先して行動する」と言った考え方や行動を意味しています。

世の中にない新しい仕組みや文化をつくろうとしているnoteだからこそ、与えられた仕事ではなく、自ら仕事を作り出すような意識で業務に取り組めるような会社のバリュー(行動指針)を体現できる人材は入社後も活躍しやすいと言えるでしょう。

そんなnoteへ転職する方法

そんなnoteへ転職する方法ですが、noteの公式採用ページから自分で直接応募するよりも転職エージェントの利用をおすすめします。

なぜなら、自分で直接応募する場合、会社の定めている人物像とそれらを面接官がどのような質問から判断するのか理解できず、面接時に面接官の求めている意図とズレれた回答をしてしまう可能性があるからです。

noteは規模も大きくはないため、社員1人1人が会社に与える影響が大きく、会社の定めるミッションや社員の行動指針であるバリューを大切にしています

しかし、ミッションやバリュー自体が抽象的な言葉のため、そもそもnoteが定義する意味で理解することができなかったり、面接官がバリューをどのような質問から判断するのか分からないこともあります。

転職エージェントを利用すれば、会社の用語や文化、面接質問とその意図を教えてくれるだけではなく、魅力を最大限にアピールする伝え方も教えてくれます。

転職エージェント末永 末永

中途採用市場のルールなのですが、自分で直接応募してしまうと転職エージェントから応募できなくなります。


あとになってプロにサポートしてもらいたくなったとしても断られてしまうので、直接応募する前に転職エージェントに相談してみましょう。

おすすめの大手総合型転職エージェント

noteの採用ページから直接応募するよりも転職エージェントを利用したほうが良い理由について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もおすすめです。

noteの選考フロー・面接内容

ここでは、noteの選考フローや面接で聞かれる内容について説明します。

まずnoteの選考フローですが、募集職種や個々の選考状況により変動する可能性はありますが、おおむね以下の流れで進んでいきます。

  • 応募
  • 書類選考
  • 面接3回程度
  • 内定

noteは社風やカルチャーのマッチングを重視していることから、選考に進む求職者にそれらを理解してもらえるよう力を入れています。

たとえば公式ホームページの記載によると、面接の前には社員インタビューの記事を送ってもらえるなど社風やカルチャーの理解が深まるようにしてくれるようです。

noteの面接でよく聞かれる質問

転職エージェント末永 末永

noteの面接で実際に聞かれる質問内容は、情報が出ておらず正確には分かりかねます。


しかし、経験から推察すると、ベンチャーフェーズでスキル以外にもカルチャーフィットを重視する関係から以下が予測されます。

  • なぜnoteに興味を持って頂いたのですか?
  • ミッション・ビジョン・バリューに共感している点はありますか?
  • 現職で主体的に挑戦して成果を出した経験はありますか?
  • noteでやりたいことは何ですか?

拡大途中の組織フェーズで変化も激しいので、自ら考えて行動しながら成果を出す必要があります。

だからこそ、考えや行動がnoteのミッションや行動指針であるバリューとマッチするかが選考ポイントになってくると予測されます。

また、採用公式ページには社員インタビューが掲載されているので、社風やカルチャーは事前に理解しておきましょう

転職エージェント末永 末永

noteの面接対策ではよく聞かれる質問を意識する必要があります。そのためには自己分析企業研究をしっかりとおこなうことが大切です。


自己分析と企業研究をしっかりおこなえば、noteにマッチする志望動機自己PRが考えられるようになります。

転職エージェント末永 末永

自分で面接対策ができるか不安な人や、最終面接を失敗をして後悔したくない人は転職エージェントを積極的に利用してみましょう。


転職エージェントは企業の詳細な情報を持っているだけでなく、人事や面接官に刺さるポイントも把握しています。利用すれば書類選考通過率を高められますよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

面接で見られているポイントやよく聞かれる質問について知りたい人は以下の記事も読んでみてください!

noteの企業情報

note株式会社は、2022年12月に上場したメディアプラットフォーム企業です。

企業名 note株式会社
住所 〒102-0083 東京都千代田区麹町6-6-2
設立 2011年12月8日
資本金 10(百万円)
代表者 代表取締役CEO 加藤貞顕
連結子会社 note AI creative株式会社
上場証券取引所 東京証券取引所
2023年11月時点

続いて、noteの行っている事業を以下にまとめました。

事業内容

  • メディアプラットフォーム「note」
  • 法人向け高機能プラン「note pro」

「note」は、デジタルコンテンツの企画、制作、配信をメインとしており、誰もがインターネット上で自由にコンテンツを販売できるメディアプラットフォームです。

「note」を事業の基盤にしており、さらに企業の情報発信を簡単かつ効果的に行うための高機能プラン「note pro」を展開しています。

クリエイターの創作活動に関する課題解決を試みるnoteは、他のメディアとは異なり、作品の創作から収益化までワンストップでできることで、クリエイターの作品価値を正しく届けられるような仕組みを作っています。

さらに詳しい企業情報について、以下で紹介していきます。

売上業績と今後の事業課題

ここではnoteの売上業績を紹介します。

2022年度の有価証券報告書によると、直近5年間の業績は以下の通りでした。

年度 売上高
(千円)
経常損失
(千円)
当期純損失
(千円)
2018年
11月期
525,534 △77,285 △77,298
2019年
11月期
791,121 △298,886 △301,177
2020年
11月期
1,523,174 △270,388 △352,308
2021年
11月期
1,884,149 △433,474 △436,174
2022年
11月期
2,317,088 △742,479 △756,488

売上高に対して利益が見込めていない状況ですが、プロダクトの開発や事業拡大に伴う採用・教育コストのような人件費に投資をしていた関係から、黒字化できていない背景があります。

最新(2023年11月期第3四半期決算説明会)の情報によると、事業を強固にする上での人材投資は減少傾向にあるようです。

コストの削減、売上の主軸である「note」の登録者数の増加、単価アップなどの施策も仕込まれているとのことで、今後は赤字幅の縮小・早期の黒字化も予測されます。

noteの中途採用・求人情報

noteには多種多様な職種があります。今回は2024年1月時点で中途採用の募集がある職種を5つ紹介します。

中途採用の募集は随時おこなわれており、時期によって応募できる職種が変わる可能性があります。

  • エンジニア
  • プロダクトマネージャー
  • デザイナー
  • ビジネス
  • コーポレート

ここからさらに細かく職種ごとに中途採用がおこなわれています。

ここでは、プロダクト開発に注力しているnoteだからこそ、開発や運用において重要な役割を果たすエンジニア職とビジネス職の求人情報を紹介します。

noteのエンジニア職の中途採用・求人情報

noteのエンジニア職の募集職種を採用公式ページから抜粋してまとめました。

  • シニアソフトウェアエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア(SaaS領域)
  • 機械学習エンジニア(MLエンジニア)
  • SRE
  • Androidエンジニア

ここではシニアソフトウェアエンジニアの求人情報を紹介します。

募集要項
職種 シニアソフトウェアエンジニア
仕事内容 ・noteシステム全体の運用・構築の効率化、技術選定に関する施策への参加
・数年後を見据えたアーキテクチャへの刷新についてのプロジェクト推進
・チームメンバーに対して、技術的なリード、目標評価、1on1など、開発チームの生産性改善業務
・要件を解釈し、条件を満たすシステムの設計/実装方針を考案し、プロジェクト進行を技術面でリードする
・PM、デザイナー、カスタマーサポートを始めとするステークホルダーと連携し、施策の実装からリリースまでの一連のプロセスにコミットする
開発環境について ■ API
APIサーバーはRuby on Railsで構築しています。データストアとしてMySQL(AWS Aurora)とRedis、一部にElasticsearch、DynamoDBを採用しています。OpenAPI3でAPI定義を行い、ドキュメンテーションとテスト工数を削減しています。
■ フロントエンド
Nuxt.jsで構築しています。サーバーサイドエンジニアも必要に応じてフロントのコードに手を入れることがあります。
■ インフラ
AWSをTerraformで構成管理して利用しています。サービスの大規模化に伴い、負荷対策、セキュリティ対策、監査対応などレベルの高い運用が求められており、インフラレイヤでこれらの技術課題の改善に興味がある方に面白い環境だと思います。
必須スキル ・Webアプリケーションの開発実務を周囲と協力しながら成果につなげた経験(言語やWAFは問いません)
・プロジェクトの目的達成のためにステークホルダーを巻き込みながら解決した経験
・拡張性、セキュリティ、処理速度など非機能要件も意識してコーディングができる
・Git/GitHubを用いてのチームでの開発経験で協業する
・基本的なUNIXコマンドを用いて各種操作やサーバー構築経験が行える
・Slack, Zoom, 社内Wikiなどを利用しリモートワークで開発実務を遂行できる
・SQL、インデックス、テーブル設計などRDBMSに関する知識/使用経験
歓迎スキル ・大規模サービスの運用経験
・ハイトラフィックなサービスの運用経験
・AWSを用いたインフラの構築/運用経験
・ansible、chef、puppetなどを用いた構成管理の経験
・オープンソース活動や個人でのウェブサービス開発の経験
・SaaSやクラウドベンダが提供する機械学習サービスを利用しプロダクトへ展開した経験
求める人物像 ・過去の経験にとらわれることなく、新しい技術・ウェブサービスに対して高い感度を持つ
・技術面からプロダクトの成長と品質を高め続けられる
・内部・外部の環境が変化するなかで、システムをどのように変化させていくかを考え、建設的に議論を推進する
・中長期の運用負荷や拡張性を考慮して、システム的に優れた設計や仕組みを考えられる
・解決されるべき課題を適切に言語化し、積極的にオーナーシップを発揮する
勤務地 〒102-0083 東京都千代田区麹町6丁目6−2
勤務時間 フレックスタイム制
(コアタイム11:00〜16:00、フレキシブルタイム6:00~11:00/16:00~22:00)
※標準労働時間:8時間/日
給与 700万〜1200万
※上記金額には45時間分のみなし残業代を含む
例)月給30万円の場合は7万9,400円 ※実際の給与により異なる
※1ヵ月間の中で、上記みなし残業時間を超える勤務をした場合は、残業代を追加支給

転職エージェント末永 末永

noteのエンジニア職の転職に関しては、noteの求人を多く保有しているリクルートエージェントに相談してみるのがおすすめです。


まずは登録して、求人を確認してアドバイザーに選考の詳細を確認してみましょう。

おすすめの大手総合型転職エージェント

noteのビジネス職の中途採用・求人情報

noteのビジネス職の募集職種を採用公式ページから抜粋してまとめました。

  • B2B SaaS マーケター
  • プロダクトマーケティング マネージャー
  • 新規事業開発担当
  • 新規事業開発責任者
  • クリエイターセールス企画

ここでは、上記の職種の中で比較的要件が低く挑戦しやすい職種「クリエイターセールス企画」を紹介します。

募集要項
職種 クリエイターセールス企画
仕事内容 ・ターゲットリサーチ、新規活用クリエイター開拓の企画の立案・実行
・セールスパートナーなど営業を拡大する仕組みの構築
・必要な社内体制の立案、構築、オペレーション整備
必須スキル ・無形商材の営業またはマーケティングのご経験
・クリエイターやクリエイターマネジメント企業とのコミュニケーション能力
・基本的な文章表現及び提案書作成のスキル
歓迎スキル ・ECやクラウドファンディング、オンラインサロンビジネスなどでクリエイターの収益化に携わったことがある方
・すでにトップクリエイターやクリエイターマネジメント企業とのネットワークがある方
・noteを日常的に利用されている方
・デジタルコンテンツやクリエイターが発信している情報を日常的に見ている方
求める人物像 ・note社のミッション・バリューに共感いただける方
・自己成長意欲が高い方
・クリエイターの成功に熱意を持って取り組んでいただける方
・自分で課題を見つけ、解決策を提案し、プロジェクトを推進していただける方
勤務地 〒102-0083 東京都千代田区麹町6丁目6−2
勤務時間 フレックスタイム制(コアタイム11:00〜16:00、フレキシブルタイム6:00~11:00/16:00~22:00)
※標準労働時間:8時間/日
給与 700万〜900万
※上記金額には45時間分のみなし残業代を含む
例)月給30万円の場合は7万9,400円 ※実際の給与により異なる
※1ヵ月間の中で、上記みなし残業時間を超える勤務をした場合は、残業代を追加支給

転職エージェント末永 末永

noteのビジネス職の転職についても、2023年12月時点で5件もの求人を保有しているリクルートエージェントに相談してみるのがおすすめです。

おすすめの大手総合型転職エージェント

noteの年収・福利厚生

2022年11月期の有価証券報告書によるとnoteの平均年収は680万円です。

doda平均年収ランキング(業種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】によると、noteの属するインターネット/広告/メディア全体の平均年収は423万円なので、noteの平均年収は業界としては高い方であると言えます。

口コミサイトであるライトハウスでは、入社時の給与は前職の給与水準によって変動するイメージであり、入社後の活躍に応じて昇給するというコメントが見られました。

上記の内容から、実力に応じて給与を上げられる環境であると言えます。

評判・口コミ

男性・中途入社<br>企画

男性・中途入社
企画

中途社員が多く、入社時の給与は前職の給与水準によって変動するイメージ。入社後は活躍に応じて昇給する。

ライトハウス

福利厚生

noteのコーポレートサイトより、福利厚生を一覧で紹介します。

えらべるワークスタイル フレキシブル出社制度
フルリモート交通費補助
フルリモートOK
フレックスタイム制
リモート勤務手当
よりそうライフサポート 入社日に有休付与
慶弔休暇
結婚・出産お祝い金
ウェルカムベビー休暇
ベビーシッター補助
ITS福利厚生
シックリーブ
大切な人のケア休暇
家事代行サービス補助
チャレンジを応援 コンテンツ購入補助
テックチャレンジ補助
開発ツール購入補助
開発環境ととのう補助
みんなとつながる ウェルカムランチ
シャッフルランチ
懇親会補助制度
CEOオープンドア
CEO/CXOランチ
コーヒー

働き方が選べたり自己投資への補助があったりと、社員のパフォーマンスを発揮できる環境作りに積極的に投資をしているようです。

一方で、以下のような口コミも見られました。

評判・口コミ

男性・中途入社<br>管理

男性・中途入社
管理

夏休みもなく有給で対応する感じで、他にシックリーブがある。

ライトハウス

休暇の取得状況は業務内容や状況によって差があるのかもしれませんが、病気やけがなどの際に取得できる特別有給休暇があり、不測の事態にも対応できる環境作りはなされているようです。

noteの社風・企業文化・働きがい

noteの社風・企業文化・働きがいに対する評価を転職口コミサイト「ライトハウス」から集めてみました。

現役社員や元社員が社風・企業文化・働きがいに対してどのように思っているのか、参考にしたい人はぜひ目を通してみてください!

社風・企業文化

評判・口コミ

男性・中途入社<br>管理

男性・中途入社
管理

ベンチャーであり、組織や目標を柔軟に変化させながら進んでいく企業。


オンラインでのコミュニケーションがメインになるので、チャットツールでのコミュニケーションが活発。


また、部署の垣根を超えてコミュニケーションが取れるような仕組みも多く見られた。

ライトハウス

noteは会社の方針によって目標や組織体制を柔軟に変化させている環境のようです。また、オンラインでのコミュニケーションが多いようなので、対面以外のコミュニケーションにも慣れておけると良いでしょう。

成長・働きがい

評判・口コミ

男性・中途入社<br>管理

男性・中途入社
管理

いつの間にか仕事が降ってくる環境なので、そこでキャリアを作れるかと思う。

ライトハウス
男性・中途入社<br>管理

男性・中途入社
管理

クリエイターのためにはたらくという目的があり、そこにやりがいを見つけられるので働きがいはあると思う。

ライトハウス

ベンチャーフェーズだからこそ、仕事の裁量や打席が多くあることが成長の機会創出に繋がっているようです。

また、クリエイターや創作物に関する課題解決を会社のミッションとしているからこそ、そこに対する熱意がある方はやりがいを持って働けているようです。ミッションと事業内容が一貫しているからこそ得られるやりがいでしょう。

noteへの転職を成功させるコツ

noteへの転職を考えるなら、転職エージェントを利用することをおすすめします。

冒頭でお伝えした通り、noteへの転職は難易度が高く、十分な企業理解も求められるので、個人で対策を進めるのは得策とは言えません。

少しでも内定に近づくには、転職のプロと一緒に対策を進めていきましょう。

転職エージェント末永 末永

ただ、キャリアアドバイザーのスキルには差があるので、まずは以下で紹介する転職エージェントの中から2〜3社に複数登録をしましょう。


実際にキャリアアドバイザーに会ってみた上で、サポートを任せるエージェントを絞り込むと良いです。

また、転職するべきか迷っている人は、noteのような企業からスカウトされる可能性があるビズリーチにも登録しておくのがおすすめです。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

noteに興味がある人向け関連記事一覧

noteに興味がある人向けに併せて読んでおきたい関連記事をまとめてみました。

気になる記事があれば、ぜひ目を通してみてくださいね!

line

line

人気の転職エージェント