デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)に転職(中途採用・求人)するには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回はWeb広告業界の企業である「デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)」に転職を検討されている方向けに「デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)」への転職についてのノウハウをレクチャーしていこうと思います。

【無料】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)への転職なら、元リクルートの転職エージェントにぜひご相談ください!

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)って何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、国内のWeb広告配信システムで80%のシェアを保有する、博報堂のグループ会社です。

日本のインターネット広告の黎明期より18年、業界のパイオニアとして成長し続けています。

TV、新聞、雑誌等既存の広告媒体と比べて、インターネット広告にはさまざまな広告の種類があり、そのラインナップは膨大な数です。

メディアレップは「どこにどんな広告を出せばもっとも効果があるか」という事をコンサルする専門集団といえます。

同社の場合、その広告枠の選定(枠買い)だけではなく、その広告を配信するためのシステムも手掛けています。

また、広告業界企業向けシステム「AD-Visor(アドバイザー)」を開発・提供しています。

このシステムは、自社で蓄積してきたデータベースを基に、インターネット広告のプランニング、「枠」の買い付け、広告の進行管理、出稿実績データなど、インターネット広告に関する一連の業務の統合プラットフォームとして活用できるというもので、広告配信領域のインターネット化にいち早く着手しています。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)の直近の動向

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)株式会社は、同企業の内の子会社である株式会社アイレップとともに共同で会社を運営していくことになりました。

※株式会社アイレップについては、こちらも合わせてお読みください。

アイレップに転職(中途採用・求人)するには?

2015.09.13

「D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社」とし、この2社を単純に合わせた売上高の方は約2,000億円と考えられます。

純粋にこの売上高は、「サイバーエージェント」にも迫る勢いということになります。

そしてやはりデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)と株式会社アイレップの経営統合の目的などは、両者の強みを活かすのが大きいと思われます。

ネットでの広告と検索広告を掛け合わせることで、よりインターネット広告事業の拡大を図っていくものと考えられます。

今後のこの共同経営がどのように発展していくか注目です。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)の将来性

日本の年間の広告費は全体で約7兆円と毎年安定していますが、その中でインターネット広告だけが100%を超えるのペースで成長中。

既にその市場規模は雑誌/新聞を上回り、テレビについて2位の規模まで拡大している領域を担っています。

利用者の状況に応じて最適な広告を配信する「行動ターゲティング広告」の展開、「kuchi-CoMa(クチコマ)」などクチコミCMネットワークの開始、 WEBサイトと交通広告等を連動させたクロスメディア型広告商品の開発・販売などの施策を積極的に行っていきます。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)の評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

自由度が高い職場環境で、会社規定による就業時間はあるものの、基本的に仕事のスケジュールをどう組むかは、個人の裁量に任されています。

社内サークルも多く、フットサル、タッチフットなど社員同士非常に仲が良いのも特徴的です。

上司にも自由に意見を発信できたり、部署を超えたコミュニケーションが盛んな点も同社の風通しの良さを象徴していると言えます。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)の面接・SPIなど選考難易度

短時間で要点をしっかり伝えられる方かどうかを最重要視される面接です。

そのため、意図的に面接時間も短くなっている点が特徴的です。

面接の準備を行う際には、結論を先に伝える、そして補足を的確に行うという点を念頭に準備をすることをお勧め致します。

リクルート出身の転職エージェントを使うとこんなメリットがあります!

書類審査でも求人企業の採用担当者と直接交渉を行います!

転職エージェント側の判断で、求職者様の経歴が募集要項に合っていなくても、求職者様の人柄など書面では分からない点を企業に伝える事により、書類審査通過率を高くなる場合が御座います。

担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます!

希望する企業の過去の面接事例や質問されるポイント、面接官の人柄や企業が求めているどんな人物像や今までにどんな採用をしているのかなど、担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます。

企業との交渉は代行して行います!

面接日時の調整や、年収交渉、入社時期の調整など在職中に転職活動を行う場合、平日昼間は仕事をしているための自分では交渉しにくいことも代行して行わせて頂きますので、在職中のお仕事に支障をきたすことなく転職活動が行えます。

【無料】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)への転職なら、元リクルートの転職エージェントにぜひご相談ください!