リクルートジョブズへ転職するコツをプロが徹底解説!面接や年収は?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

この記事を見ている人は、リクルートジョブズへの転職を考えている、または興味を持っているのだと思います。

私は、新卒でリクルートキャリアに入社をし、リクルート独自の文化を肌で実感しました

リクルートは転職でも非常に人気がある企業で、転職を希望される人から多くの転職相談を受けております。

今回は、皆さんが転職活動をする上で一度は聞いたことのある「とらばーゆ」「フロム・エー」「はたらいく」「タウンワーク」「リクナビ派遣」など、求人系に携わっているリクルートジョブズへの転職を検討している人向けに、転職ノウハウをレクチャーしていきます。

リクルートジョブズの選考情報」「リクルートジョブズで働く人の口コミ」「リクルートジョブズの仕事内容」についても、詳しく解説していきます!

リクルートジョブズへ転職するならエリア正社員がおすすめ!

専門経験を求められる正社員は比較的難易度が高めではありますが、営業だと、エリア正社員という地域限定の正社員の場合は、未経験でもチャレンジしやすいです。

なぜなら、営業職という仕事が未経験からでも比較的チャレンジしやすい職種であることに加えて、リクルートがこれまでの経歴よりも、人物面を重視して採用をおこなっている会社だからです。

リクルートグループの面接は、志望動機や転職理由といった定番の質問が少なく、人生観やその人自身の考え方を問うような質問が多いのが特徴です。

ゆえに、他社とは全く異なる視点でジャッジ・評価される点も多いため、リクルートに特化した面接対策が必須といえます。

▶︎リクルートへの転職サポート実績豊富!弊社への相談申し込みはコチラ

リクルートジョブズの選考情報

世の中的には高いレベルを求めていますが、リクルートでは経験やスキルはそこまで重視しておらず、代わりに人物面を非常に高い目線で選考しています

そのため、リクルートジョブズの選考の中では、面接が何よりも重視されています

リクルートジョブズにエントリー後の流れは、以下の通りになります。

  1. 書類選考
  2. SPI・筆記試験
  3. 一次面接(人事もしくは現場マネージャー)
  4. 最終面接(部長もしくは役員)

基本的に面接は二次までありますが、IT系の場合は専門職のため、三次面接まであることもあります。

選考についての詳しいポイントは、以下の記事に詳しく書いてありますので参考にしてみてください。

【元社員が語る!】リクルートに転職できるコツを徹底解説!

2019.02.01

リクルートジョブズの面接で多い質問例

まず、リクルートは一般的な企業の面接と少し違い、志望動機を聞かれることはありません

面接官は、面接を通して転職者の価値観を知りたいと思っています。そのため自分の軸をしっかりと持って、質問に答えていくことが大切です。

実際に、リクルートジョブズの面接で多い質問例をいくつかご紹介します。

  • 今回なぜ転職活動を開始されようと思ったのですか?
  • 入社後、早期に成果を出す実力を身につけるために、どんな事が必要と考えていますか?どのように行動していこうと考えていますか?
  • 今まで取り組んできた事で、自分なりに、工夫し、成果に繋げた経験があれば教えてください。

人によって聞かれることは違うので、必ずしも上記の事項が聞かれるというわけではありませんが、参考にしてみてください。

リクルートジョブズで働く方の口コミ

実際に、リクルートジョブズで働く方に、リクルートジョブズの仕事についてインタビューしてみました。

皆さんの声を聞いてみると、仕事に対する意識が高く、常にスキルアップを考えている人に向いているようですね。子どものいる女性でも、自宅勤務ができて働きやすい環境が整っています。

営業・女性
営業未経験で入社しましたが、かなりスキルアップしたと我ながら実感しています。成果をあげることは絶対条件ではありますが、成果相応の収入やキャリアが見込めます。

「何を工夫して、結果どのような成果をあげたのか」を常に考えさせられる職場です。自分自身で、仕事に対するフィードバックができる人は成長するスピードも早いです。

企画・男性
研修などの学べる機会があるので、経験のない人やブランクのある人でも知識をどんどん吸収できます。優秀な人が多く、仕事に真剣に打ち込める環境が整っています。

やる気とモチベーションが高い人には最高の会社だと思います!

WEBマーケティング・女性
結構女性が多く、子どもがいても働きやすい環境だと思いますね。子どもが熱で出勤できないときは、自宅での業務をしていました。

産休や育休は、会社としても後押ししているので、他の会社のように休みが取りにくいなんてことはないです。

営業・男性
平日の残業はありますが、働くバランスは自分次第なので休日はしっかり取れます。働く・休むのオン・オフがしっかりとされているので、旅行や帰省などはしやすいと思います。

仕事とプライベートを、しっかりと分けたいって人にはおすすめの会社です。

▶︎リクルート出身のアドバイザーが在籍。カルチャーや社風についても詳しく教えます!相談申し込みはこちら

リクルートジョブズの仕事内容・職種

リクルートジョブズは、アルバイトや派遣などの非正規社員領域の求人メディアを主力事業とする、求人雑誌やメディアの販売・運営をしている会社です。

皆さんが一度は聞いたことあるような「とらばーゆ」「フロム・エー」「はたらいく」「タウンワーク」「リクナビ派遣」など、求人系の様々なサービスを展開しています。

職種

リクルートジョブズの職種は大きく分けて2種類あり「総合職」と「エリア限定営業職」があります。

エリア限定営業職は、名前の通り地方での営業職のことになりますが、総合職はさらに細かく職種が分れています。

  • 開発・企画スタッフ
  • 新規事業スタッフ
  • コンサルタント
  • 経営統括スタッフ
  • 事業推進スタッフ

  • 開発・企画スタッフ

開発・企画スタッフは「プロダクトオーナー」「WEBマーケター」「UXデザイナー」「データサイエンティスト」と、さらに細分化されています。

企画・開発のプロジェクトマネジメントをしたり、サービスのカスタマー集客をしたりと、仕事内容は多岐にわたります。

  • 新規事業スタッフ

リクルートジョブズの新規事業である「ジョブオプ」「シフオプ」といった、求人メディア以外の新規事業領域のサービスの新規サービスを主に担当しています。

商品改善案の企画立案や商品化など、サービス開発全般を担当しています。

  • コンサルタント

大手クライアントを担当し、クライアントの事業課題解決に向けた人材活用・組織設計全般のコンサルティングを行います。

求人メディア事業だけでなく、クライアントの採用・雇用に関する業務支援サービスをはじめとした、あらゆる商品・サービスの解決策や提案をする業務です。

  • 経営統括スタッフ

経営統括スタッフは「経営企画」「マーケティング」「コーポレート広報」「人事」「法務」と、さらに細分化されています。

経営がスムーズに進むために、それぞれが様々な業務内容を担当しています。

  • 事業推進スタッフ

主に営業企画を担当しており、データ分析・モニタリング・各部の戦略立案・戦略推進のサポートなどを担っています。

新たな営業手法の開発・進化にも取り組んでいます。

リクルートジョブズの平均年収

中途で総合職・正社員として入社すると、約540万円からスタートします。

そこから入社後活躍していくと約600〜700万円くらいに上がります。

マネージャーに昇格すると約1000万〜1200万円ほどになります。

リクルートジョブズだけでなく、リクルートホールディングス全体の年収をまとめたので、参考にしてみてください。

【元社員が暴露】リクルートホールディングスの年収を大公開!

2019.02.20

リクルートジョブズの労働環境

リクルートジョブズで働くとなると、労働環境はとても気になるポイントだと思います。

以下では、労働環境についてまとめてみました。

  • 社風
  • 残業時間
  • 福利厚生

社風

リクルートは大手企業でベンチャー的な社風なので、どこの企業へ行っても馴染みやすいです。

上下関係があまりなく、学生サークルのようなノリで、皆さんが思っているよりもかなりフラットな組織です。

一般企業と比較して、リクルートは特殊なカルチャー・社風と言われています。

残業時間

クライアントが飲食などの店舗系業態が中心なので、打ち合わせが夕方以降になることが多く、リクルートグループの中では帰宅が夜遅くなりがちな印象はあります。

とはいえ、ある程度は自分自身でコントロールでき、上司も激務は推奨しないスタンスです。

福利厚生

  • 育児休暇制度
  • STEP制度
  • サンクス休暇

  • 育児休暇制度

仕事と育児を両方充実させながら、安心して出産・育児ができるよう休暇・休職制度があります。

産前6週間〜産後8週間の産前産後休暇はもちろん、子どもが1歳になる月まで育児休職を取得することができます。

  • STEP制度

STEP休暇は、3年毎に取得可能な長期休暇です。

勤続3年以上の社員なら誰でも取得でき、最大連続28日間、一律30万円の手当を支給してもらえます。

  • サンクス休暇

サンクス休暇は、従業員本人や家族の誕生日、結婚記念日などに年1回休暇を取得できます。

また、サンクスファミリーギフトという手当を支給してもらえます。

リクルートジョブズへの転職を希望している方へ

リクルートジョブズは、能力やスキルや実務経験以上に、考え方や価値観・スタンス・意欲などの人物面を重視して面接・選考するため、入社難易度が非常に高い会社です。

なんでなんで?と人生の価値観レベルに深掘りしてきたり、格好つけずに腹を割って本音を話せるかなど、人物に対して求めるレベルが非常に高いですし、他の会社の面接とは大きく異る視点でジャッジ・評価をしています。

そのため、事前にしっかりと準備・対策をして、万全を期して面接に臨む必要があるのです。

そうした対策は、自分ひとりではできません。またマニアックな面接手法は、元リクルート出身の社員であり、何度も面接フィード・バックを聞く機会にある現役の転職エージェントが1番です。

リクルートへ多数の紹介決定実績があり、リクルートグループの中途採用面接官の経験もある著者自身が、リクルートジョブズの面接で質問されることが多い秘伝のタレである想定質問集を作成しています。

こちらは弊社にご登録いただき、弊社の転職サポート(無料)を登録した方のみにサービス提供・お渡ししていますので、以下のリンクからまずご登録をお願いします。