クラレへ転職(中途採用・求人)するには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は化学・繊維メーカーのクラレについて、企業研究に役立つ情報をまとめました。

クラレって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

1926年にレーヨン(化学繊維の中でも、絹糸に似せてつくる素材)の国産化を目的として設立された会社です。
東レ、帝人やカネカと同じく繊維会社がルーツとなります。
現在の事業分野は、以下の4つとなっています。

・樹脂
・化学品
・繊維
・その他

製品についてですが、ランドセルで有名な人工皮革「クラリーノ」や、ポリエステル繊維、不織布「クラフレックス」(繊維を織らずに絡み合わせたもの)、面ファスナー<マジックテープ>などが代表的製品な製品になります。

海外企業のM&Aを進め、1985年頃は80%あった繊維関連売上高が2009年には25%、化学品関連等売上高は同20%から75%となり、付加価値の高い化学品関連事業へとメイン事業を切り替えてきました。

クラレの直近の業績は?

クラレはここ数年順調に業績を伸ばしています。
直近の2017年12月期の決算では、

・売上高:約5180億円
・営業利益:約750億円
・当期純利益:約530億円

という形になっています。

概ねどの事業も好調だったようです。
例えば、樹脂事業については、米国新工場の本格稼働により、北米市場を中心に販売量が増加しています。
繊維事業では、一部原燃料価格上昇の影響を受けたものの、ビニロンの販売が拡大したとのことです。

たくさんあるクラレのグループ会社

主なグループ企業(関連企業)について事業内容を説明しておきます。

クラレノリタケデンタル(株)

歯科材料事業統合に伴い、クラレメディカル(株)、(株)ノリタケデンタルサプライ、クラレノリタケデンタルホールディングス(株)の3社が統合した会社です。
歯科材料及びメディカル関連製品の製造・開発・販売を行っています。

クラレトレーディング(株)

クラレグループの商事部門になります。
原糸、衣料用テキスタイルからユニフォーム、スポーツウェア、産業資材、合成樹脂、機能材料まで幅広く扱うメーカー系商社です。
商品に関する情報や、流通・販売システムの企画・開発もしています。

(株)入間カントリー倶楽部

会員制ゴルフ場の運営も行っています。

クラレの仕事内容・職種

中途採用される職種についてですが、現在(2018年3月初旬)募集のある職種についていくつか記載します。

・設備設計職
・技術開発職
・研究開発補助職
・液晶用光学フィルムの生産オペレーター職
・液晶用光学フィルムの品質検査
・化学製品の生産オペレーター職
・プラントエンジニア
・研究開発

いずれも専門職、ないしエンジニア職になります。
事業所ごとに採用が定期的に行われていますので、採用HPを確認してみてください。

クラレの将来性は?

クラレは2018年2月に発表した、中期経営計画「PROUD 2020」にて、創業100周年を迎える2026年をターゲットに事業を展開して行くとの方針です。
その中で、「ビニルアセテートに次ぐ事業柱の育成」をテーマに掲げています。
(ちなみにビニルアセテートとは合成樹脂の原料として用いられる素材で、クラレはコア事業として世界展開を進めてきました。)

既存事業にせよ新規事業にせよ、グローバル展開をしながら模索して行くことになります。
積極的にM&A・アライアンスも行って行き、2020年目標で、

・売上高:6,500億円
・営業利益:900億円
・当期純利益:620億円

という形になっています。

クラレの仕事のやりがい

研究開発から販売まで手掛けるため、技術分野に関わらず、幅広い見地から仕事に臨むことができるようです。また、歴史が古い分年功序列の文化のようで、先輩に指導を受けたり、相談しながら自分の業務にあたることができるという声もあるようです。

他にも、危険物取扱資格などの、業務に必要な資格は会社の費用負担で取得できるそうです。
業務を通じてスキルアップも可能というところもやりがいを感じる人がいます。

クラレの評判・社風・カルチャー・クチコミ

若いうちは寮社宅でのサポート、結婚すれば家族手当や住宅手当も支給され、基本給の他に手当てが充実している印象です。また、有休休暇も取得し易く、休暇も多いようです。

社風については、3交代制ということもあり、自分の業務をしっかり行った上で、引継ぎや申し送り等があるため、きっちりやるべきことはやるという社風です。

クラレの面接・SPIなど選考難易度

クラレは、研究開発がベースになっている企業です。
伊藤社長は求められる人材像について、
「当社に必要な人材とは、失敗を恐れることなく挑戦する気概を持った方です。」とメッセージで述べています。
(引用:TOP MESSAGE|クラレを知る

長中期計画にもありますが、今後新たな事業柱の育成がテーマになっていますので、伝統と文化は守りつつ、未来に向けて挑戦したいと思った人には良いかも知れません。
面接時は、自分のスキルや経験を話しつつ、未来について自分が何ができるかをしっかり語れることが重要になるかと思われます。

クラレの年収相場(給与)は?

クラレの年収相場についてですが、
年収:500万〜700万円
がボリュームゾーンだと思われます。
しかし、職種によって大きくことなることが予想されますので、事前に確認するか、面接時に確認しましょう。

クラレへの転職をお考えの方へ

クラレへの転職は、大手の転職エージェントか、中小エージェントに非公開求人として、依頼する事もあります。

コーポレートサイトから直接申し込むことも可能ですが、その後のキャリアプランを一人で考えるのはミスマッチが起こる原因でもあります。
仮に転職に自信があったとしても、転職エージェントは無料でサポートをしてくれるので、受けた方がいいでしょう。
また自分一人では面倒な面接の日程調整や対策をしなければならず、そのような手続きを代わりにしてくれるなどマイナスにはなりません。

※転職エージェントは、平均して2〜3社登録することをオススメします。

おすすめの転職エージェントをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08