20代で転職を検討されている方へ


シスメックス株式会社に転職(中途採用・求人)するには?

シスメックスという会社をご存知でしょうか?

こちらの会社がどのような事業を行なっており、どのようなサービスを提供しているのか。
その詳細について皆さんにご紹介していきます。

まずはここに登録すべし!定番エージェント

<ポイント>
1、業界最大の取り扱い求人数!幅広い職業・業種の紹介先をもつ
2、転職者の8割以上が登録
3、1人あたりの求人紹介数も業界随一!たくさんの選択肢から天職を探したい人にオススメ!

20代の方はCheckしておきたい!若手に強い転職エージェント

<ポイント>
1、営業系の転職先を多数掲載
2、若手向けサービス“マイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート

<ポイント>
1、既卒(大卒後、正社員の就業経験がない派遣・フリーター)の転職決定率が通常の2倍
2、第二新卒・未経験からの転職に強み
3、ビジネスマナーを始めとした転職者向けの研修が非常に充実している

年収600万円以上、リーダー、管理職などのハイクラス求人をお探しの方はコチラ

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

<ポイント>
1、外資系企業も得意分野
2、転職者により密な情報を提供するため、アナタの担当者コンサルタントが直接企業とやり取りします。
3、30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み

<ポイント>
1、テレビCMでお馴染みのハイレイヤー・エグゼクティブ向け転職サイト
2、今よりさらにキャリアアップ・高年収を得たいしたい人
3、企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
4、企業担当者やヘッドハンターから直接スカウトがもらえる!

IT業界へ転職したいならまずは登録しておくべき転職エージェント!

<ポイント>
1、業界大手の転職サイト・マイナビが運営しているため、1万件と求人数も豊富!マイナビITだけが持つ独占企業も紹介してくれます。
2、マイナビはITやWEBの書籍を出版しており、IT関連に強みを持っている!
3、元エンジニアのコンサルや、研究を重ねて得た業界への深い理解があるためアドバイスが適切!

<ポイント>
1、ITやWEBに特化しているため、エージェントの知識量は業界随一!
2、【高い内定率】キャリアアドバイザーと現役エンジニアによる企業別面接対策
3、【年3000回の企業訪問】他エージェントよりも詳細な企業情報を教えてもらえる!

シスメックスって何をしている会社?(事業内容・サービス内容)

事業内容

シスメックスは、よりクオリティの高い医療を実現するために、ヘルスケアの新しい姿を追求しています。

病院では臨床検査が行われていますが、それは健康状態の確認のみならず、病気の有無や進行度合いを把握するためなのです。

シスメックスは、検体検査に必要な機器や試薬・ソフトウェアの研究開発などを担っています。

病院の検査室・検査センターなどのお客様へ製品やサービスをお届けしています。

また、新たな可能性を追求するために、シスメックスでは独自の技術で取り組んでいます。

早期発見や早期治療、治療方針の決定・予後の予測など、各ステージの治療で活用されています。

検体検査事業

検体検査事業では、血液・尿・細胞などを採取して、その成分を調べるための機器・試薬・ソフトウェアをお客様に提供しています。

その中でも特にお客様から高い評価を得ているのが、3つあります。

1.ヘマトロジー検査分野
→赤血球・白血球の数や機能を調べる

2.血液凝固検査分野
→血液の固まりやすさを調べる

3.尿検査分野

以上がトップブランドとして、お客様から評価をいただいています。

また、シスメックスは上記でご紹介したような機器の開発・提供のみならず、試薬・ソフトウェア・検査装置のメンテナンスも行なっています。

学術サポートなどの幅広い製品とサービスを融合させ、検査業務の効率化を図りつつ、クオリティの向上を提案しています。

ライフサイエンス事業

こちらでは、全く新しい検査・診断技術の創出に注力しています。

検体検査事業を培った事業を基盤とし、遺伝子や細胞、たんぱく質などを調べる最新テクノロジーを駆使して、取り組んでいます。

中でもがんの確定診断・再発予防を目的とした研究開発をメインに行なっています。

抗がん剤の効果お調べる技術につきましては、事業化に向けて研究開発を進めているのです。

同時に患者さんのQOL工場への貢献を目指しています。

その他事業(ヘルスケア分野など)

こちらでは、アスリートのコンディションチェック・食品・環境研究といった幅広い分野で活用される装置を用いて取り組んでいます。

その装置は、採血をせずにヘモグロビン推定値の測定ができる、健康モニタリング装置です。

ヒト用の分析装置で培った検査技術を応用して、動物用自動血球分析装置と試薬の開発を行なって、販売をしています。

他にもカイコを用いた遺伝子組換え技術によるタンパク質を生産するサービスを提供しています。
また、医薬品の開発スピード化にも貢献しているのです。

シスメックスの直近の業績

シスメックスの直近の業績は、とても良いです。
2016年3月期から2018年3月期までの売上高は、12.8%増となっています。

営業利益に関しましては、同じく2016年3月期から2018年3月期まで、14.3%となっています。

ただ、当期利益につきましては、2016年3月期から2018年3月期まで、3.5%減となっています。

シスメックスの将来性(中期・長期目標)

シスメックスグループの企業理念は「Sysmex Way」です。

「ヘルスケアの進化をデザインする。」のもと、医療の発展・人々の健やかな暮らしに貢献していきたい。

そう考えた上で、長期経営目標や中期経営計画を設定しているのです。

では、どのようなことを意識しているのかご紹介していきます。

シスメックスのこれからの立ち位置

シスメックスのポジショニングは、全部で5つあります。

1.新たな診断価値を創出するIDVグローバルTop5

2.治療を最適化する個別化診断のリーディングカンパニー

3.プライマリケアの進展に貢献するソリューションプロバイダー

4.価値と安心を提供する魅力あふれる会社

5.スピード豊かな経営を実践するOne Sysmex

上記5つがシスメックスのポジショニングです。

1.新たな診断価値を創出するIDVグローバルTop5
コア事業の持続的な成長によって、グローバルTop5入りを目指すこと。

そして、グローバルに成長を遂げる検体検査市場におけるシェア拡大・新たな診断価値を創出していきます。

2.治療を最適化する個別化診断のリーディングカンパニー
治療方法選択に貢献する新たな検査・診断価値を創出していきます。

自社測定のプラットフォーム・オープンイノベーションなどによって獲得した新しい技術・知見を融合させていきます。

3.プライマリケアの進展に貢献するソリューションプロバイダー
検体検査領域で培ってきた診断技術とITの活用。
医療アクセスの向上に貢献するソリューションの提供を行っていきます。

4.価値と安心を提供する魅力あふれる会社
独創的な技術・ビジネスモデル・活力ある人材・健全かつ先進的な企業経営によって、多様なステークホルダーからの支持を獲得することに尽力しています。

5.スピード豊かな経営を実践するOne Sysmex
多様な人材がきちんと活躍できる魅力のある職場の実現。

最高のチームワークを発揮していき、高効率かつスピード豊かな経営の実践に力を入れています。

力を入れていく点

今後力を入れて取り組んでいくことは、大きく分けて3つです。

1.収益力の強化
(1)ヘマトロジー分野の市場拡大による収益力の強化
(2)新製品拡販による尿検査事業の拡大
(3)血液凝固検査分野のグローバルシェア拡大による収益性向上
(4)免疫検査分野における日本・中国・アジアでの事業拡大と収益性改善

2.成長への投資
(5)FCM事業の基盤構築
(6)ライフサイエンス事業の拡大
(7)その他新規分野の事業化

3.変革の推進
(8)ものづくりのスピードと質の向上
(9)業務プロセス最適化を目指したIT基盤の強化
(10)グループの成長を支える人材育成と人材マネジメントの強化

上記3つに力を入れて取り組んでいきます。
では、具体的にどのようなことに取り組んでいくのでしょうか?

その詳細について、ご紹介していきます。

1.収益力の強化
米国における絶対的No.1の達成、中国における2級病院以下への販促強化などに力を入れています。

新たなコンセプトによる尿検査の効率的なワークフローの実現にも取り組んでいきます。

シーメンス社とのアライアンスを活用したグローバル展開の加速、中国と日本に対して、線溶系試薬の導入加速にも注力していきます。

また、肝疾患領域での事業拡大も視野に入れています。

2.成長への投資
クリニカルFCM製品の市場導入、リサーチやインダスたりー領域での販促強化に力を入れていきます。

理研ジェネシス・Inosticsのラボアッセイ事業の推進や、遺伝子関連事業の拡大にも取り組んでいきます。

超高感度HISCLTM、子宮頸がん検査システムやグルコースAUC(食後高血糖状態モニタリングシステム)などの新たな事業促進にも尽力します。

3.変革の推進
バイオ診断薬開発・生産力の強化に注力していきます。

お客様から信頼され続ける高い品質・安定供給体制の強化にも取り組みます。

サプライチェーンのプロセス最適化、エンジニアリングチェーンのプロセス最適化にも尽力します。

また、次世代リーダー人材と高度専門人材の獲得、人材育成の強化。

多様な人材が働きやすい職場環境の整備にも積極的に取り組んでいきます。

数値目標

シスメックスの経営数値目標(2020年3月期)は、売上高が3,500億円、営業利益が720億円となっています。

ROEは20%以上、営業キャッシュフローが550億円、フリーキャッシュフローが300億円を目標にしています。

特徴にある先進的なヘルスケアテスティング企業として、目標を達成できるよう、今後精力的に取り組んでいきます。

シスメックスの中途(キャリア)採用・仕事内容・求められる人物像

シスメックスがどのような仕事を行なっているのか、どんな人物が求められているのか。
その詳細についてご紹介していきます。

開発

こちらでは、さらに下記分野に分かれているのが特徴です。

商品開発・要素技術開発(電子回路設計・ソフトウェア設計・光学設計・機械・機構設計)

免疫・生化学試薬 項目開発

免疫・生化学試薬 要素技術開発

診断薬・バイオ原料 分析エンジニア/バイオ診断薬技術センター

試薬・診断薬開発 血液凝固検査

上記に職種が分かれています。
各職種について詳細をご紹介していきます。

■商品開発・要素技術開発(電子回路設計・ソフトウェア設計・光学設計・機械・機構設計)

商品開発・要素技術開発(電子回路設計)
こちらの仕事内容は、電子回路設計部門では、臨床検査機器・粒子計測装置など、計測機器の電子回路部の設計・開発を行っています。

求めている人物は、「医療用分析装置・検査装置・理化学分析機器いずれかの製品の電子回路の設計経験」を持つ方です。

アナログ回路・デジタル回路問わず、どちらでも可能です。

商品開発・要素技術開発(ソフトウェア設計)
ソフトウェア設計は、「測定制御部」「データ処理部」に分かれます。

「測定制御部」では、モーターや電磁弁などの機構部品をリアルタイムに制御して、測定試料を試薬と反応させる役割を担います。

「データ処理部」では、測定制御部から得られたデータを用いて臨床的意義をもたせます。

それと同時に結果をデータベースへ格納し、視覚情報に変換する役割を担っています。

求めている人物は、「医療用分析装置・検査装置・理化学分析機器・小型搬送装置いずれかの製品ソフトウェア開発経験」を持つ方です。

「【OS】Linux、Windowsのいずれかを使用した開発経験者」

「【使用言語】C++、C#のいずれかを使用した開発経験者」

「【DB・ツール・他】SQL、Anywhere、MSDE、Visual Studioのいずれかを使用した開発経験者」が求められています。

商品開発・要素技術開発(光学設計)
光学設計は、レーザーや分光用ランプを使用した検出原理の構想設計から、レンズ・フィルターなどの光学素子を含む検出工学系の設計を行います。

それだけにとどまらず、設計した検出器の試作から性能評価まで、開発業務全般を行っています。

求めている人物は、「医療用分析装置・検査装置・理化学分析機器のいずれかの製品の光学理論・光を用いたセンシング技術を生かした光学検出器の設計・開発経験者」です。
「光学測定器を使用した工学系評価経験者」「設計図面作成経験者」を求めています。

商品開発・要素技術開発(機械・機構設計)
機械・機構設計では、臨床検査機器・粒子計測装置など、計測機器や検体搬送装置の機械・機構設計を行います。

計測機器に搭載されている機構ユニットの設計開発・樹木全体の筐体や外装設計を中心に担当しています。

求めている人物は、「医療用分析装置・検査装置・理化学分析機器・小型搬送装置などの機構設計の経験者」です。

また、「構造設計・筐体設計・樹脂や金属製景品設計いずれかの経験」を持つ方。

「3D-CADの使用経験者」「図面作成経験者」「樹脂・金属材料の基礎知識と成形加工品設計の基礎知識」を持つ方を求めています。

■免疫・生化学試薬 項目開発
こちらでは、投資領域・ネクストコア事業のグローバル展開を進めるため、免疫検査事業の強化を行なっています。

高度なバイオ診断薬での分析技術を確立させ、大量安定生産体制の確立に向けての組織強化にも注力しています。

求めている人物は、「バイオ医薬品・診断薬メーカーなどで免疫や生化学の試薬キット開発の経験」を持つ方です。

マネジメント経験や大規模プロジェクトマネジメント経験を持っている方であれば尚可となっています。

免疫・生化学試薬 要素技術開発
こちらも上記でご紹介した仕事内容と同じく、投資領域・ネクストコア事業のグローバル展開を進めるため、免疫検査事業の強化を行なっています。

求めている人物は、「バイオ医薬品・診断薬メーカー、研究機関などでタンパク・抗体・抗原試薬のアッセイ系構築の研究開発経験者」です。

また、マネジメント経験や大規模プロジェクトマネジメント経験を持っている方であれば尚可となっています。

診断薬・バイオ原料 分析エンジニア/バイオ診断薬技術センター
投資領域・ネクストコア事業、さらに展開を加速する免疫検査事業強化のため、日本国内で稀有なバイオ原料そのものの開発を行なっています。

高度なバイオ診断薬での分析技術確立。
大量安定生産体制の確立に向けた大型投資を行い、「バイオ診断薬技術センター(仮称)」を新設します。

求めている人物は、「バイオ医薬品・診断薬・衣料品原料関連のメーカーでの製品開発・分析試験経験者」です。

試薬・診断薬開発 血液凝固検査
臨床検査試薬の設計開発を行っています。

試薬の開発業務は、要素技術開発から商品化設計、そして量産化移行まで多くのステージに渡ります。

求めている人物は、「タンパク・細胞・抗原抗体を原料とする製品の研究・または開発経験者」です。

以上が、開発部門の職種と仕事内容、求めている人物です。

その部門により、行われている業務に違いがあり、求められている人物像も異なってきます。

知的財産

こちらは、2つの職種に分かれています。

知的財産(渉外・契約・訴訟対応)

知的財産(特許出願・グローバル商標登録)

上記2つの詳細についてご紹介していきます。

■知的財産(渉外・契約・訴訟対応)
こちらの業務内容は、特許検討、渉外・契約業務です。

他にも、機械・電気系技術の第三者特許検討業務を行います。

オープンイノベーションを活用した国内外のアカデミア、バイオベンチャーとの契約業務。
グローバル全体の訴訟対応も担います。

求めている人物は、「製造業の知的財産部門での特許検討、渉外・契約、知財訴訟対応のいずれかの経験者」です。

「英語でのコミュニケーション力」を持つ方も求めています。

■知的財産(特許出願・グローバル商標登録)
医療機器、機械・電気系技術、検査薬、ケミカル、バイオ系技術、双方の特許出願業務を行っています。

世界190カ国での販売に対応した商標出願業務も担います。

求めている人物は、「製造業の知的財産部門での技術特許、商標出願などの経験者」です。

「1件1件丁寧に自分で明細書を作成し、精査もして中間処理対応もできる方」も求められています。

また、「英語でのコミュニケーション力」を持つ方も必須要件となっています。

品質保証・薬事

こちらは1つの部門となっています。

品質保証(試薬・診断薬・医療機器)

仕事内容や求めている人物などについて、詳細をご紹介していきます。

■品質保証(試薬・診断薬・医療機器)
自社製品の試薬・診断薬、医療機器の設計品質、国内や海外工場での生産品質、市場品質の統括管理を行っています。

求めている人物は、「試薬・診断薬、医療用医薬品もしくは医療機器の品質保証業務経験者」です。

新薬・ジェネリックいずれも可能となっています。

営業・マーケティング

こちらは、各地方に営業所が展開されています。

医療機器・診断薬営業(DMR)

展開されている営業所は、関東(東京・埼玉・横浜・千葉)、東北(仙台・盛岡)、北海道(札幌)です。

他にも中部(名古屋・金沢・長野・新潟・静岡)、近畿(大阪・京都・神戸)。

中国(広島・岡山)、四国(高松・名古屋)、九州(福岡・鹿児島)に展開しています。

■医療機器・診断薬営業(DMR)
業務内容は、大学・病院・研究機関などの取引先への提案営業です。

販売代理店管理も行っています。
臨床検査診断薬・診断装置などの販売促進活動、情報収集・情報提供も担います。

求めている人物は、「IVD業界、または制約業界での営業経験者」です。

DMR有資格者、臨床検査技師の有資格者、理系学部出身者の方も歓迎です。

SCM

こちらはさらに3つの部門に分かれています。

グローバル購買(試薬・診断薬/SCM本部)

グローバル購買(機構・電気電子等/SCM本部)

量産購買(機構・電気電子等)

上記の3つについて、詳細をご紹介していきます。

■グローバル購買(試薬・診断薬/SCM本部)
こちらでは、臨床検査診断薬の減量となる酵素・抗原・抗体などのタンパク質

これらをはじめとした界面活性剤、色素などの化成品まで様々な減量の調達業務を行なっています。

求めている人物は、「衣料品医薬品、OTC、試薬、診断薬、医薬部外品、化粧品、食品、飲料製品、化学品などの原材料調達経験者」です。

■グローバル購買(機構・電気電子等/SCM本部)
臨床検査機器・粒子計測装置など、機械系、電子、工学系部品の調達業務を行っています。

また、研究・開発部門と一体になった開発購買、国内と海外の新規サプライヤー開拓、新規採用も担います。

求めている人物は、「機構、電気電子、工学系部品・ユニットの購買経験者」です。
量産購買でも、どちらの経験者でも歓迎してもらえます。

■量産購買(機構・電気電子等)
機構系、電子、工学系部品の調達業務を担っています。

国内と海外の新規サプライヤー開拓と新規採用も行います。

部品のコスト開発、新製品開発・試作に必要な部材の調達も担います。

求めている人物は、「機構・電気電子、工学系部品・ユニットの機械製品の購買経験者」です。

また、「機械部品、機械・電子機器の開発経験者」、「機会部品、機械・電子機器の営業経験者」でも可能です。

品質管理

品質管理では、「小野工場」「西神工場」に分かれています。

管理薬剤師 製造品質管理 リーダークラス(小野・西神)

小野工場と西神工場に分かれていますが、業務内容や求められている人物につきましては、条件が同じとなっています。

その詳細についてご紹介していきます。

■管理薬剤師 製造品質管理 リーダークラス(小野・西神)
主要製品の血液検査、尿検査分野の試薬生産工場(小野・西神)での生産に関して、出荷可否判定、バリデーションなど、品質管理業務を行います。

小野・西神工場ともに、国内と海外の双方へ向けた製品製造を行っていて、新製品の製造はまず小野工場で行われています。

その後、海外への生産移管を行なっているのです。

求めている人物は、「薬剤師資格を有しており、試薬、診断薬、医薬品、化粧品、飲料、液体化学品などのメーカーで品質管理業務経験者」です。

または、「薬剤師資格を持っており、薬品の製造品質管理に興味を持っている」方が求められています。

生産技術

生産技術の分野では、3つに分かれています。

生産技術エンジニア(ケミカル系診断薬)

生産技術エンジニア(バイオ系診断薬)

生産技術エンジニア(工場建設・拡張)

上記3つに分類され、それぞれ専門的な業務に取り組んでいます。
では、詳細をご紹介していきたいと思います。

■生産技術エンジニア(ケミカル系診断薬)
血液検査、尿検査用試薬を生産する国内・海外グループ施策生産工場において、生産設備の設計、試作、評価、改善に携わっています。

生産工程の改善、新製品の生産立ち上げ支援。
代替原料の評価などの品質関連業務も行います。

求めている人物は、「検査薬品・医薬品・化粧品・食料品・化学品など液体製品メーカーにおいて、工程開発、設備導入・改善の経験者」です。

もしくは「商品開発の経験があり、機械図面が理解できる方」が求められています。

■生産技術エンジニア(バイオ系診断薬)
投資領域・ネクストコア事業、さらに展開を加速する免疫検査事業強化を行っています。

日本国内では稀有なバイオ原料そのものの開発、高度なバイオ診断薬での分析技術確立を担っています。

求めている人物は、「バイオ医薬品、診断薬、医薬品原料関連メーカーでの量産工程設計、生産技術の経験者」です。

■生産技術エンジニア(工場建設・拡張)
血液検査、尿検査用試薬を生産する国内・海外グループ試薬生産工場において、新工場建設・工場拡張に関する技術支援を行います。

新規技術探索を含み、工場建屋および導入設備の仕様検討、文書作成も担います。

新規生産プロセスの検討、テスト機製作、実機評価も行っています。

求めている人物は、「検査薬品・医薬品・化粧品・食料品・化学品など液体製品メーカーにおいて、工場建設や工程開発経験者」です。

また、「設備企画・導入、生産技術のいずれかの経験」を持つ方が求められています。

そして、「生産工程・設備開発における、計画立案、試験、報告書作成、計画実行、文書整備などの実務経験者」です。

装置生産

こちらも2つに職種が分かれています。

工程設計エンジニア(医療機器生産)

製造品質保証(医療機器)

2つの職種の詳細について、ご紹介していきたいと思います。

■工程設計エンジニア(医療機器生産)
血液検査、尿検査装置を生産する機器生産工場アイスクエアにおいて、作業者の技術支援を行っています。

生産設備の設計、試作、評価、改善に携わっています。

生産性向上のため、作業工程の改善や、製造技術者支援・教育も行います。

求めている人物は、「機械図面について基礎知識があり、医療機器・理化学機器・家電などのメーカーで工程設計業務を経験」がある方です。

そして、「生産技術業務経験者」「機械製品設計開発の経験者で生産技術職を希望する方」を求めています。

■製造品質保証(医療機器)
自社製品である検体検査機器の国内・海外工場における生産品質の管理、向上を目的とした業務を行います。

求めている人物は、「医療機器、計測機器、半導体製造装置などの精密機械製品の品質管理業経験者」です。
もしくは「製造品質保証業務の経験者」となっています。

試薬・診断薬生産拠点

こちらも職種が2つに分けられています。

設備保全・設計、工場管理(小野工場)

パッケージ・添付文書デザイン制作

この2つの詳細について、ご紹介していきます。

■設備保全・設計、工場管理(小野工場)
主要製品である血液検査、尿検査分野の試薬生産工場の小野工場での試薬生産に関わる業務を担っています。

製造技術、生産管理、品質管理、工場総務などを行います。

求めている人物は、「メーカーにおいて、生産技術、設備設計・改良の経験者」です。

もしくは「生産管理、品質管理、工場総務などの経験者」となっています。

■パッケージ・添付文書デザイン制作
自社製品の対外検査用試薬・診断薬についての業務を行っています。

法的要求事項に則ったラベリング設計、設計変更、指摘事項への対応など。

社内外との調整業務が多く、クリエイティビティではなく、着実・正確性が求められる業務となっています。

求めている人物は、「食料品、化学品、化粧品、検査薬品、医薬品などの外装表示・添付文書の設計経験者」です。

または「表示内容に関する知識」を持つ方が求められています。

そして「パッケージ、添付文書における法令についての知識」を持つ方となっています。

フィールドサービス・カスタマーサポート

こちらも各地方に展開している職種となっています。

医療機器サービスエンジニア

展開されている営業所は、関東(東京・埼玉・横浜・千葉)、東北(仙台・盛岡)、北海道(札幌)です。

他にも中部(名古屋・金沢・長野・新潟・静岡)、近畿(大阪・京都・神戸)。

中国(広島・岡山)、四国(高松・名古屋)、九州(福岡・鹿児島)に展開しています。

■医療機器サービスエンジニア
自社製品の臨床検査機器などのフィールドサービス業務を行っています。

具体的には、大学や病院・検査センター・研究機関などにおいて、医療用電子機器のテクニカルサービスです。

機器の修理・保守点検業務、技術情報提供、機器納品業務など。

求めている人物は、「第一種運転免許普通自動車免許」を持つ方です。

「何らかの機器製品のフィールドサービスの経験者」「自動車整備士の経験者」なども歓迎しています。

管理薬剤師

管理薬剤師の職種も2つに分けられています。

薬剤師(出荷判定、品質保証・薬事、品質管理など)

事務職 薬剤師資格必須(大阪支店)

以上2つの職種について、ご紹介していきます。

■薬剤師(出荷判定、品質保証・薬事、品質管理など)
自社製品の出荷判定、品質保証・薬事、生産品質管理などを中心に業務を行っています。

求めている人物は、「薬剤師有資格者」「基本的なPCスキル(Word・Excelなど)」を持つ方です。

■事務職 薬剤師資格必須(大阪支店)
大阪支店での営業事務、薬品管理業務をメインに行います。

「営業事務、一般事務業務」「薬品管理業務」があります。

「営業事務、一般事務業務」では、資料作成・電話対応・数値分析などを行います。

「薬品管理業務」では、薬事関連の変更届、医薬品、毒劇物倉庫の管理を行います。
他にも商品保管エリアの温湿度管理も担います。

求めている人物は、「薬剤師有資格者」「基本的なPCスキル(Word・Excelなど)」を持つ方です。

社内情報システム

こちらもさらに細かく3つに分けられています。

社内SE(企画・推進)リーダー 〜メンバークラス

生産情報システム企画・開発

開発設計情報システム企画・開発

それぞれの職種の業務内容などをご紹介していきたいと思います。

■社内SE(企画・推進)リーダー 〜メンバークラス
自社グループ全体のグローバルIT戦略企画立案・推進に関わる業務を行います。

具体的には、グループ経営方針に基づいたアプリ・インフラの構築企画・ベンダー管理を担います。

部門・海外地域IT計画の取りまとめ、グループ全社でのIT戦略推進など。

求めている人物は、「社内IT部門、コンサルティングファーム、Slerなどでの保守・構築の経験者」です。

プログラミング経験や経験言語は不問となっています。

■生産情報システム企画・開発
生産・購買・在庫・物流などものづくりや製品供給改革のための業務設計がメインとなります。

システム設計や開発も行っており、サプライチェーン全般の業務も行います。

求めている人物は、「メーカー、製造業向けITベンダーにて、システムツールを用いた生産改善、SEの経験者」です。

生産計画、在庫管理、需要管理などのSCM関連システム。

CAD/PLMやMESなど、製造設備との連携(loT)、品質管理などの設計・製造関連データの活用など。

「MRP/CRP、原材料調達、資材・支給管理、製造原価計算などの生産管理システムの経験者」が求められています。

■開発設計情報システム企画・開発
研究開発、設計における情報共有システム奈緒の業務設計、システム設計・開発を行っています。

開発設計部門のデジタル化推進を加速させるため、情報活用面から貢献しています。

求めている人物は、「メーカー、またはSlerにてシステムツールの開発、運用、改修、導入などの経験」がある方です。
製品の設計、解析、シミュレーション支援のソフトウェア。

CAD/PLMやMESなど、製造設備との連携(loT)、品質管理などの設計・製造関連データの活用など。

企画・管理

企画・管理は2つに職種を分けて業務が行われています。

管理会計・経理(経営管理本部)

法務(リーダー 〜マネジメントクラス)

上記の2つの職種について、詳細をご紹介していきます。

■管理会計・経理(経営管理本部)
グループ・単体での予算設定や計画進捗管理を行う経営管理本部での業務を行っています。

国内外関係会社からの情報収集、情報分析・資料作成、グループ業績管理施策の立案、経営課題の抽出なども担います。

求めている人物は、「製造業の管理会計部門での業績・予実管理の経験者」です。

「英語力(会話の実践力を重視)」のある方も求められています。

業界不問・医療業界の経験も不問となっています。

■法務(リーダー 〜マネジメントクラス)
グローバル本社としての海外法務をメインに行います。

日本地域の法務業務全般も担っています。

各種契約書の作成や審査、契約交渉といった契約管理。

そして、事業提携、M&A、アライアンスなどの事業全般に関する法務的側面からのアドバイスも行います。

求めている人物は、「企業内法務の経験者」です。

M&A、アライアンス、契約関連、コンプライアンス、いずれかに長けた方も歓迎してもらえます。

シスメックスの働く環境は?(やりがい・福利厚生・評価・社風)

シスメックスの職場環境がどのようになっているのか気になりますよね。

どんな環境になっているのか、その詳細についてご紹介していきたいと思います。

働く環境の特徴

シスメックスの働く環境は、男女関係なく活躍できるようになっているのが特徴です。

従業員の男女比率は、女性40%・男性60%。
そのうち女性管理職の比率は16.2%となっており、女性も活躍できる環境にされています。

新卒外国籍の社員比率は22%となっており、新卒入社3年後の離職率は9.8%と平均値より低くなっています。
それだけ定着率が良いということになりますね。

ちなみに、グループ外国籍の従業員比率は55%です。

気になる有給休暇の年間消化率ですが、60.6%となっており、月平均残業時間は18.1時間です。

ワークスタイルを自分で決められるよう、フレックスタイム制を導入しているのも魅力の一つです。

また、育休後復帰率も99%と高くなっているため、女性にとって非常に働きやすい環境が整備されていると言えます。

成長機会を社員に与えるため、海外長期研修35名/5年、短期海外交換留学20名/年が設けられています。

iPhone・ビジネスアプリケーションを活用し、業務を行なっています。

研究開発費は155億円(年間売上高の6.2%)、グループ営業利益率は20.7%です。

社員の成長や女性が働きやすくなるよう、様々な部分に尽力していることが、この会社の大きな魅力ですね。

評判・口コミ

BtoBの業種のため、お客様と開発部門の距離が近いのが魅力です。

自分が製品開発に携わった商品について、質問され直接受け答えをすることもあります。

ただ、職業柄どうしても業務量が多いようです。
人事評価は成果主義というより、年功序列の雰囲気が強いのだとか。

急成長している会社なので、今後少しずつ体制が変わってくるかもしれません。

仕事のやりがい

若手でも比較的大きな仕事を任せてもらえるので、モチベーションが上がり、やりがいに繋がっていきます。

開発した製品が世の中に出ること、臨床検査の医療機器に携われることにやりがいを感じられるそうです。

何より、医療従事者から喜びの声をもらえた時、医療に貢献できていると感じ、やりがいへと繋がることも多いみたいですよ。

目標管理制度が導入されているため、頑張りや成果によって昇給・昇格・ボーナスが決定されます。

努力した分だけしっかり評価してもらえるので、モチベーションも上がっていきますね。

福利厚生

シスメックスの気になる福利厚生は、以下の通りです。

1.フレックスタイム制

2.昇給年1回(4月)・賞与年2回(6月・12月)

3.財形貯蓄制度・社員特株会

4.独身寮・住宅補助制度

5.ストックオプション・自己啓発支援制度

6.カフェテリアプラン制度
(財形貯蓄積立補助・保険・医療費補助・レクリエーション補助から選択)

7.キッズパーク(社内託児所)

フレックスタイム制を導入しているので、ワーク・ライフ・バランスを調整することができます。

また、昇給・賞与もありますから、頑張った分だけ収入を上げていくことも可能です。

独身寮が完備されているため、遠方にお住いの方でも会社の近くへ引っ越すことが可能なので助かります。

また、住宅補助手当も支給されるので、一人暮らしをされている方にもありがたいですね。

カフェテリアプラン制度に関しましては、お好きなものが選択できます。

医療費なら、年間10万円以上だった場合に申請することができますよ。

そして、キッズパークという社内託児所の利用も可能です。

幼い子供を安心して預けられるため、仕事に集中できますね。

シスメックスの福利厚生はとても手厚いので、社員ひとりひとりが働きやすいようにされています。

教育(研修)制度

定期的な社内研修の他に、社外試験を行っており、上司が様々な資料を提供してくれます。

業務自体に必要な専門知識であり、会社独自の資料を作成しています。

TOEIC研修・コミュニケーション研修など様々な研修を行っていて、役職や業務職ごとに年1〜2度、全支店合同研修を受けます。

中でも社員の英語力向上に力を入れているため、TOEIC試験は無料で受けられます。

先輩のサポートや指導はとても丁寧かつ積極的で、相談もしやすいです。

社内評価制度

人事評価が年2回行われています。
目標管理制度により、昇給・昇格・ボーナスに反映されていきます。

頑張れば頑張るほど、きちんと評価してもらえるため、給与を上げていくことも可能です。

年功序列の雰囲気があるので、若手よりも年配の社員の方が評価されやすいという傾向もあります。

社風・文化

社外アピールがうまいというのが特徴です。
国内よりも海外売上がほとんどのため、社長自身もグローバルな視点で経営方針を立てています。

チームワークを重視しており、チャレンジ精神が求められる社風です。

上記でもご紹介したように、一人当たりの業務量が多いという点が改善されていないようです。

シスメックスの平均年収・給与制度・賞与

シスメックスの平均年収・給与制度・賞与について。
皆さんにご紹介していきたいと思います。

職種ごとの平均年収

シスメックスの平均年収は、以下の通りです。

1.営業系
→平均年収・・・508万円

2.企画・事務・管理系
→平均年収・・・681万円

3.専門サービス系
→平均年収・・・750万円

4.IT系エンジニア
→平均年収・・・650万円

5.電気・電子・機械系エンジニア
→平均年収・・・583万円

6.医薬・化学・素材・食品系専門職
→平均年収・・・650万円

以上が、シスメックスの職種別、平均年収となっています。

給与制度

給与水準は高い方ですが、やはり若干、年功序列要素が強いです。

若くしてマネージャークラスになると、ベテラン部下の方が高給だというケースも。

会社の方も業績が良いので、ベースアップしてきています。

人事評価制度を導入していますから、その結果が給与に大きく影響してくることになります。

きちんと仕事をしている方でしたら、給与も少しずつ上がっていくかもしれませんね。

賞与(ボーナス)

賞与は年2回(6月・12月)あります。
月次給与よりもボーナスの比率が高く、ボーナスは業績連動のため、良い時もあれば悪い時もあります。

しっかり頑張っていれば、評価してもらえますので、そんなに心配する必要はないのかもしれません。

シスメックスの面接・SPIなどの選考難易度

シスメックスがどんな面接などをしているのか、知っておきたいですよね。

気になる面接・SPIなどの選考についてご紹介していきたいと思います。

選考プロセス

シスメックスの選考プロセスは下記の通りです。

STEP1.WEB応募

STEP2.書類選考

STEP3.適性検査

STEP4.面接(2回)

STEP5.内定

上記の流れで選考が行われています。

まずはWEB応募するところから始まり、書類選考が行われます。

そこから適性検査を受けたのち、面接を2回します。
採用されれば内定をもらうことができます。

面接での質問例

シスメックスの面接では、一体どのような質問をされるのでしょうか?
実際に質問された内容をご紹介します。

1.過去に乗り越えた困難とは?

2.この会社で何をしたいか・貢献できるか?

3.入社後の最終イメージ・将来のビジョン

上記が実際に質問された内容です。

医療機器開発などの業務を行っていく上で、困難にぶつかってしまうことも多々あります。

そんな時にどうやって対処するのか、どのようにして乗り越えていくのか。

面接官はそういった部分に注目しているようです。

また、この会社に入って何をしたいのか、どんなことに貢献できるのか。

その部分に関しても、面接官は気にしているのがわかりますね。

SPI難易度

医療機器の製造をメインに行う会社のため、やはりチャレンジ精神を持つ方。

そして、諦めず結果を出すために努力できる、そんな性格を持つ方が求められています。

意欲的に物事に取り組める人物であれば、有利になる可能性があります。

また、その職種によっては医療業界・製造業界の経験不問となっています。

経験者が優遇される職種も多い中、シスメックスは職種によりそのボーダーラインがありません。

結果、その職種によりSPI難易度の高さは変わってくると思われます。

対策としては、日常的な準備として、語彙力を上げる、問題や課題について深く考えてみるというのがオススメです。

ニュースで統計数字が出てきた時に、その意味するところを意識してみる、というのもSPIの準備として有益です。

シスメックスに転職するための最善の方法

以上、シスメックスという会社についてご紹介させていただきました。

製造業をメインに行なっており、男女共に働きやすい職場環境にするため、育休制度やフレックスタイム制が導入されている点が高評価だと言えます。

職種により必須となるスキルが多い場合もありますが、医療業界・製造業界未経験者でも活躍できる職種も用意されています。

日本人だけではなく海外の方も多く在籍しているため、グローバルな社風となっています。

急成長をしている会社なので、今後少しずつ社風や文化、給与体制なども変化していくのかもしれません。

転職エージェントの利用

シスメックスへの転職は、大手の転職エージェントか、中小エージェントに非公開求人として、依頼する事があります。

また三井不動産への転職は、コーポレートサイトから直接申し込むことも可能ですが、その後のキャリアプランを一人で考えるのはミスマッチが起こる原因でもあります。仮に転職に自信があったとしても、転職エージェントは無料でサポートをしてくれるので、受けた方がいいでしょう。また自分一人では面倒な面接の日程調整や対策など様々なことしてくれるためマイナスにはなりません。

各サービス毎に、特徴があるため今の自分が何を求めるかどうかを考え利用をしましょう。

最後に今回は転職業界大手の2社を紹介しましたが、大手の転職エージェントは人数も多く実際のところ担当になるアドバイザーの質によって左右されます。

そのため本当に三井不動産への転職を成功させたいのなら、いくつか他のエージェントも見て判断を見極めるべきです。

※転職エージェントは、平均して2〜3社登録することをオススメします。

まずはここに登録すべし!定番エージェント

<ポイント>
1、業界最大の取り扱い求人数!幅広い職業・業種の紹介先をもつ
2、転職者の8割以上が登録
3、1人あたりの求人紹介数も業界随一!たくさんの選択肢から天職を探したい人にオススメ!

20代の方はCheckしておきたい!若手に強い転職エージェント

<ポイント>
1、営業系の転職先を多数掲載
2、若手向けサービス“マイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート

<ポイント>
1、既卒(大卒後、正社員の就業経験がない派遣・フリーター)の転職決定率が通常の2倍
2、第二新卒・未経験からの転職に強み
3、ビジネスマナーを始めとした転職者向けの研修が非常に充実している

年収600万円以上、リーダー、管理職などのハイクラス求人をお探しの方はコチラ

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

<ポイント>
1、外資系企業も得意分野
2、転職者により密な情報を提供するため、アナタの担当者コンサルタントが直接企業とやり取りします。
3、30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み

<ポイント>
1、テレビCMでお馴染みのハイレイヤー・エグゼクティブ向け転職サイト
2、今よりさらにキャリアアップ・高年収を得たいしたい人
3、企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
4、企業担当者やヘッドハンターから直接スカウトがもらえる!

IT業界へ転職したいならまずは登録しておくべき転職エージェント!

<ポイント>
1、業界大手の転職サイト・マイナビが運営しているため、1万件と求人数も豊富!マイナビITだけが持つ独占企業も紹介してくれます。
2、マイナビはITやWEBの書籍を出版しており、IT関連に強みを持っている!
3、元エンジニアのコンサルや、研究を重ねて得た業界への深い理解があるためアドバイスが適切!

<ポイント>
1、ITやWEBに特化しているため、エージェントの知識量は業界随一!
2、【高い内定率】キャリアアドバイザーと現役エンジニアによる企業別面接対策
3、【年3000回の企業訪問】他エージェントよりも詳細な企業情報を教えてもらえる!

一般的な登録後の転職エージェントの流れ

①転職サービスへの登録

申し込みフォームに、転職希望時期や希望勤務地、職種や年収などを入力し、申し込み・登録を完了させます。

②求人状況の確認・サービスのご連絡

申し込み内容を見て、転職エージェントは保有している求人のなかから紹介可能な求人を調べます。
申し込みから一週間以内で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。
※なお、求人の状況によっては、面談や相談サービスを受けることが難しい場合もあります。

③キャリアアドバイザーとの面談・相談

面談では、業界、職種に精通した専任のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、これまでの経験や希望条件を確認し、あなたに合った求人の紹介やキャリアプランの提案を行います。
※日程調整やキャリアアドバイザーと直接会えない場合は、電話面談も可能です。

④求人紹介・書類添削・面接対策

求人紹介

面談によって方向性が明確になったら、転職エージェントが保有している求人企業の紹介が始まります。 お申込みいただいた方の力を最大限に発揮できる企業を中心にご紹介がされています。 求人の9割は一般の転職情報サイトや求人誌には掲載されない非公開求人なのでいままで見つけることのできなかった求人に出会える可能性があります。

書類添削

採用担当者が思わず読みたくなるような職務経歴書の書き方のアドバイスをしてくれます。

面接対策

模擬面接」を実施し、希望企業に「採用したい!」と思わせるような各企業に合わせた面接テクニックをレクチャーしてくれます。

⑤応募・書類選考・面接

応募したい企業が決まったら、意思をしっかりと確かめた上で、キャリアアドバイザーが企業に推薦状と共に推薦します。
また、面接日程の調整だけでなく、内定時期をできるだけ揃えるといった調整もキャリアアドバイザーが行ってくれます。

⑥内定・退職交渉・入社

内定が決まったあとの、入社日の調整や円満退社のための手続きのアドバイスなども、キャリアアドバイザーがサポートします。
入社や退職にあたり、困ったことがあれば遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。