サッポロビールへ転職する方法!年収や評判・口コミなども紹介!

サッポロビールへ転職するコツを現役のプロが徹底解説します。

気になる難易度や面接の傾向、対策方法、年収、評判・口コミなども分かりやすく紹介します。

サッポロビールの転職難易度

サッポロビールは日本の大手ビールメーカーで、新卒だけでなく中途にも人気がある企業です。そのため、転職難易度はどの職種でも高いです。

転職難易度が高い理由としては、2〜3年以上の実務経験が必要なこと、年齢制限があることが挙げられます。

しかも実務経験の年数をクリアできたとしても、高い基準の実績と専門的なスキルが求められるので、転職は容易ではありません。

また、サッポロビールでは年齢制限が明確に定められています。職種によっては30代前半〜30代後半までの募集に絞られており、40代以降は応募のチャンスも狭いです。

大手ビールメーカーなので、サッポロビールの社員は勤続年数が長い傾向にあります。そのため、中途採用も20代〜30代の若手層を中心に採用する傾向にあります。

サッポロビールに転職しやすい人の特徴

サッポロビールは日本の四大大手ビールメーカーの一角を占めており、転職できる人は非常に少ないです。

また、新卒を大量に採用し、そこから人材を育てる新卒至上主義が残っているので、中途採用はどうしても即戦力となる経験やスキルを持った人に限られてしまいます。

それを踏まえ、サッポロビールに転職しやすい人の特徴を以下でご紹介します。

周囲を巻き込みながら新しいチャレンジができる人

サッポロビールは1876年に設立し、2026年に創業150年を迎えるため、固定概念を打ち砕き、変化に対応しながら楽しんで新しいことにチャレンジできる人を求めています

しかし、近年では若者のビール離れが加速し、ビールの消費は年々減少しています。ビールの消費量を増やすために、新しい商品の開発や新しい生産技術の開発など、今まで以上の変化が求められるようになっています。

最初のアイデアは1人が生み出したとしても、実現するためには周囲を巻き込んで大きくしていかなければなりません。そのため、斬新な発想ができ、周りを巻き込んでいける人は面接で高く評価されます。

周囲を巻き込んで何かを変えたことがある人は、実際の経験を織り交ぜながら話すと良いでしょう。

技術系は2年以上、事務系は3年以上の実務経験がある

総合職の建築系担当職や電気系担当職は、それぞれの分野で2年以上の実務経験が求められます。

また、事務系職種の経理や法務は、実務経験3年以上が求められていますね。

そもそも、実務経験年数をクリアしていなければ、書類選考の段階でお見送りになってしまいます。

技術系、事務系の両方に言えることは、実務経験だけでは選考を有利には進められないということです。

実務経験はあって当たり前、プラスアルファとしてコミュニケーション能力が高いこと、指示された仕事以外を積極的にこなせることも必要です。

面接では実務経験と一緒に、マネジメント力や折衝力などの実体験も話せるようにすると、面接官の印象はよくなります。

営業職は2年以上の実務経験が必要

営業職の場合は、業界問わず2年以上の営業経験が必要になります。

サッポロビールの魅力を顧客に伝えるだけでなく、顧客のためになるような提案ができる発想力が求められるからです。

そのためには、顧客の懐に飛び込む大胆さと、顧客の話を傾聴する姿勢が大切です。顧客に対して真摯に向き合い、きめ細やかなフォローができる人は面接官の評価は高いでしょう。

前職あるいは現職で、営業でどのように実績を出し、何を気をつけたのかを具体的に話せるようにすると良いですね。

難易度が高いサッポロビールへ転職するには

サッポロビールは転職難易度が非常に高いので、転職のサポートをおこなってくれる転職エージェントを積極的に利用しましょう

自分にどのような経験・スキルがあるのかを棚卸ししてくれ、どのように伝えれば面接官の評価が良くなるのかをアドバイスしてくれます。

また、サッポロビールの求人ページには掲載されていない求人を取り扱っている可能性が非常に高いです。希望する求人と出会うためにも、転職エージェントは利用をおすすめします。

登録をおすすめする大手転職エージェント

また、転職するべきか迷っている方は、サッポロビールのような大手企業から直接スカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがオススメです。

サッポロビール の採用情報【求人情報】

サッポロビールの採用情報について、いくつか求人をご紹介します。

2020年2月時点では以下の職種の求人がありました。

総合職 建築系担当者

  • 仕事内容
    サッポロビールの建築担当者として、国内ビール工場・ワイナリー・食品工場・飲食店のグループ企業の建築設備・サッポログループ施設の新築・増改築や維持保守に関する業務を担当します。

    主な業務内容は建物新築・増築・改修・解体に伴う基本計画業務や、生産プラント設備に関する基本設計・工事見積契約・施工監理・メンテナンスです。

  • 必須要件
    ・建築分野での実務経験が2年以上
    ・大学卒業以上
    ・一級建築士の資格保有

    ・全国転勤可能
    ・長期出張可能

  • 対象年齢
    ・35歳まで歓迎

総合職 電気系担当者

  • 仕事内容
    サッポロビールの電気系担当者として、国内ビール工場・焼酎工場・ワイナリーの各拠点での生産設備の企画・設計・導入・改造・修繕・メンテナンスまで幅広く業務を担当します。

    主に電気・計装・制御に関する業務を担当し、工場生産設備・付帯設備の新設や改造・維持保守をおこないます。さらに、生産に伴うエネルギー管理や省エネルギー、環境対策の立案と実行も担当します。

  • 必須要件
    ・電気系分野での実務経験2年以上
    ・電気系学科の大学卒業以上
    ・第三種電気主任技術者の資格保有

    ・全国転勤可能

  • 対象年齢
    ・35歳まで歓迎

総合職 経理実務担当者

  • 仕事内容
    サッポログループ各社の経理実務担当者として経理業務の全般や事業サポート業務を担当します。

    経理業務では伝票検証・入出金管理・債権管理などをおこない、事業サポートでは予算作成・採算管理・戦略推進サポートをします。

  • 必須要件
    ・経理業務全般および事業サポート業務の経験
    ・経理実務経験3年以上もしくは会計事務所勤務の経験

    ・全国転勤可能

  • 対象年齢
    ・25歳〜33歳

総合職 一般ビジネス法務業務担当者

  • 仕事内容
    サッポログループ各社の契約関連業務を中心とした国内外の法務全般を担当します。

    主な業務内容は契約書の作成・レビュー・交渉・トラブル案件への対応・コンプライアンス教育などです。

  • 必須要件
    ・海外法務、海外案件、英文契約について豊富な経験(3年以上)
    ・海外の弁護士事務所、法務担当者とやりとりの経験
    ・英文契約の交渉経験

  • 対象年齢
    ・27歳~39歳まで歓迎

営業職

  • 仕事内容
    ビールやワイン、洋酒といったサッポロビール商品の営業を担当します。

    家庭用営業の場合はスーパーマーケットや量販店などへ営業をおこないます。
    業務量営業の場合は外食チェーン店や飲食店に対して営業をおこないます。

  • 必須要件
    ・大学卒業以上
    ・業界を問わず2年以上の営業経験
    ・要普通免許

上記の中途採用の他に、自己都合で退職した元社員を対象とした再雇用をおこなうキャリア・リターン制度があります。

この制度は事務系総合職、技術系総合職(生物・科学)、技術系総合職(機械・電気)、技術職の全職種が対象です。

サッポロビールの面接の傾向・対策

サッポロビールの面接では、前職・現職についての質問、人柄に関する質問を中心にされる傾向です。

前職・現職についての質問では、どのような仕事内容なのか、どのような実績を出したのか、力を入れていた仕事は何か、チームで取り組んだプロジェクト、成果を出すまでのプロセスなどを深く質問されます。

これらの質問で面接官は前職・現職での仕事がサッポロビールでも活かせるのか、即戦力として活躍できるのかを確認しています。サッポロビールで活躍している自分を想像してもらえるように、具体的に話せるようにすると良いでしょう。

一方で、人柄に関する質問ではサッポロビールの求める人物像とフィットしているのかを見られます。サッポロビールでは、フットワークが軽く、探究心や様々なことに関心があり、斬新な発想ができる人材を求めています。

志望動機や自己PR、これまでの経験などを通じて、求める人柄に合っているのかを確認されます。

サッポロビールの面接では上記のことが見られるため、面接対策では以下の2つをしっかりおこなうようにしましょう。

それぞれについて、どのように対策をすれば良いのかを以下で解説します。

自己分析

サッポロビールの面接対策では、自己分析が何よりも大切です。前職・現職でどのような仕事をおこない、そこでどのような経験、実績を出したのかを1つずつ棚卸ししていきましょう。

これまでの経験がサッポロビールでも活かせるのかを確認されるので、前職・現職での仕事についてはとくに深掘りされます。

そのため、日々の業務から週単位、月単位の業務、年単位でのプロジェクトを紐解いていき、どのような経験をし、どのようなスキルや実績を積めたのかを明確にしていくと良いです。

しっかり順序立てて話すことで、面接官が「これまでの経験を活かし、サッポロビールで活躍してくれるのか」を判断しやすくなります。

自己分析について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてください。

関連記事自己分析なしの転職は失敗します。転職のプロが正しいやり方をご紹介!

企業分析

企業分析では、サッポロビールが求める人材像をコーポレートサイトや求人情報から読み取るようにしましょう。

この企業分析の結果に基づいて、履歴書・職務経歴書の作成、志望動機、自己PRを考えるようにすると「この人は弊社に合うかもしれない」と面接官に思ってもらえやすいです。

名前だけに惹かれ、どこの会社でも通じる当たり障りのない答えにならないためには、企業分析が何よりも大切です。

サッポロビールについて詳しく知れば、自分の経験と実体験を織り交ぜた内容にすることができます。他の転職者と同質化しないので、面接官の目に止まる可能性は高いです。

基本的な志望動機や自己PRについて、詳しく知りたい人は以下の記事もおすすめです。

関連記事【回答例付】プロが教える転職面接で面接官に響く志望動機の考えかた!
関連記事【例文付】転職が成功する自己PRを書く3つのポイント

サッポロビールの企業情報

サッポロビールの企業情報について事業内容、年収、社風、福利厚生に分けてご紹介します。

転職では企業の情報をしっかり把握することは非常に重要です。どんなことをやっている会社なのか分からなければ、自分の経験やスキルを活かせるかが分からないからです。

曖昧な状態で選考に臨んだとしても面接官にすぐに見破られ、お見送りになってしまいます。

また、サッポロビールについて詳しく知っていれば、転職後のミスマッチを防ぐことができます。

事業内容

サッポロビールは創業当初からの酒類事業、主にビール事業を国内および海外に展開しています。

主力のビール事業はもちろんのこと、ワイン事業、発泡酒・新ジャンル事業、ノンアル・スピリッツなどの販売をおこなっています。

新しい商品の開発、既存の商品の改良、スーパーマーケットなどの小売店や飲食店へ商品を取り扱ってもらえるように営業をおこないます。他にもビールの美味しさを知ってもらうためのイベントの開催、販売促進のための企画などもサッポロビールはおこなっていますね。

サッポロビールの主な商品を以下でいくつかご紹介します。

  • ビールテイスト
    ・サッポロビール黒ラベル
    ・ヱビス
    ・麦とホップ

  • チューハイ・カクテル
    ・サッポロチューハイ99.99シリーズ
    ・男梅サワー

  • ワイン
    ・おいしいポリフェノールワイン
    ・イエローテイル

  • 焼酎
    ・本格麦焼酎 和ら麦シリーズ
    ・本格芋焼酎 からり芋シリーズ
    ・サッポロ焼酎

  • 梅酒
    ・熟成濃厚梅酒 白加賀
    ・サッポロ 男梅の酒

  • 洋酒
    ・バカルディ
    ・デュワーズ

  • リキュール・その他
    ・濃いめのレモンサワーの素

年収

サッポロビール株式会社はサッポロホールディングス株式会社のグループ会社なので、そのデータを元に平均年収をご紹介します。

サッポロホールディングスが2019年3月に公開した有価証券報告書によると、平均年収は856万円になります。

グループ会社全体の平均年収ではありますが、サッポログループの主力商品を扱うサッポロビールの給与水準は高いです。

給与や賞与は個人評価・本部評価・会社評価で決定されます。ビールメーカー大手ということもあり、退職金制度もしっかり整備されています。

給与水準が高いと言われても分かりづらいので、同じビールメーカーと以下で比較してみました。

平均年収 平均年齢 勤続年数
キリン 1158万円 44歳 20年
サントリー 1146万円 44歳 18年
アサヒ 1093万円 43歳 13年
サッポロ 856万円 46歳 20年

サッポロビールは同業他社と比べると平均年収は低めですが、展開している事業の数や規模が違うので単純に比較することはできません。上記の表は参考程度にみてください。

サッポロビールは酒類事業が主力ですが、同業他社は清涼飲料事業や食品事業なども展開しており、さらに収益にも差があるため一概に平均年収が低いとは言えませんね。

平均年収はあくまでも参考であって、サッポロビールで自分がどのような仕事をしたいのかを重視したほうが良い転職ができます。

社風

明治創業で歴史のある企業なので、昔ながらの社風が色濃く残っています。

とはいえ、若手社員が挑戦できる機会や社員を支援する制度が整えられています。

サッポロビールはモノ造りへの想い・信念を忘れず将来に伝え、すべての企業活動を通して新しい楽しさや豊かさをお客様に発見してもらいたいと願っています。その結果として「サッポロビールを選んでよかった」と言ってもらえる企業を目指しています。

伝統は大切にしつつも、その時代に合った変化も大切にしています。

また、社内はギスギスとした雰囲気はなく、協調性やコミュニケーションを重んじる社風です。ビールなどの酒類を扱う企業なので、飲みニケーションも必要だと思っている社員が多いです。

飲み会があまり好きでない人には向かないかもしれません。

福利厚生

サッポロビールは社員が安心して働けるように、各種社会保険を完備しています。

また、社員が仕事とプライベートを両立しやすくする制度が整っています。

実際にどのような福利厚生があるのか、以下でいくつかご紹介します。

  • 各種社会保険完備
  • 社宅・独身寮
  • サッポロビール共済会
  • カフェテリアプラン
  • 退職金制度
  • 家族手当
  • 子女教育手当
  • 保養所・契約施設
  • 確定拠出年金・DC制度
  • 企業年金基金
  • 諸貸付金
  • 財形貯蓄
  • 産前産後休業
  • 育児休職制度
  • 短時間勤務制度
  • 子の看護休暇
  • ベビーシッター利用料補助制度
  • 在宅勤務制度

サッポロビールは子育て支援に取り込むトップレベルの企業として「プラチナくるみん」を厚生労働省から認定されています。

そのため、子育て支援に関する制度が充実しています。実際に育児休職制度を利用している社員は年々増えています。

また、病気になってしまったとしても安心して働き続けられるように、「治療と就労の両立支援マニュアル」が作成されています。マニュアルに基づいて、時間有給制度・スーパーフレックス・テレワークなど、様々な制度を利用できるので柔軟な働き方ができます。

サッポロビールの評判・口コミ

サッポロビールで実際に働いていた・働いている社員の評判・口コミをいくつかご紹介します。

サッポロビールへ転職しようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

サッポロビールの良い評判・口コミ

サッポロビールの良い評判・口コミをご紹介します。

30代・開発職

働きやすい環境になるように、新しい制度ができています。

時短勤務やスーパーフレックスが導入されたので、自分のライフスタイルに合わせて働けますね。周りも制度を積極的に利用しているので、利用しづらいといった感じはないです。

20代・企画系

女性の管理職が増えています。古い会社だから、男性の管理職のほうが多いですけど、少しずつ増えているからやる気があれば上を目指せる環境になってきています。

あとフレックスや時間有給制度で出産後も働きやすいです。会社も理解があるので、結婚・出産後も継続して働けるのは嬉しいですね。

30代・営業

同業他社よりも年収は低いけど、サラリーマンの平均年収よりも高いので不満はなし。

ボーナスは年に2回。福利厚生も手厚いし、不満に感じている人は少ない印象。

年収は他よりも低いけど、働きやすさで言うといいと思う。

サッポロビールの悪い評判・口コミ

サッポロビールの悪い評判・口コミをご紹介します。

40代・営業

ビール以外の事業の伸びがいまいち……

かといって新しいアイデアや斬新な改革があるわけでもなく。ワイン事業を伸ばしたいけど、何か工夫があるわけでもないからなかなか成長しない。

新しいことを始めるのには消極的かもしれない。

20代・営業

自分なりに商品を売りたいと思っているが、実際はできない。

本部から言われた商品を提案するだけの営業にやりがいを感じない。

自分らしく営業していきたいのなら、他の会社のほうが良いかもしれない。

30代・事務系

飲み会が多いです。

飲み会を重視している40代、50代が多いから参加しないと協調性がないと判断されてしまいます……

ビールを扱っている会社だから飲み会が多いのはしかたないって思っていますが、お酒をあまり飲まない人にはツライ環境かもしれないですね…

サッポロビールへの転職を成功させる方法

サッポロビールは大量に採用した新卒を育てていく文化が残っているため、中途採用の求人がそもそも少ないです。

そのため、面接対策をしっかりおこなわないと優秀な人でもアッサリお見送りになってしまいます。

面接対策を徹底的におこないたい人は転職エージェントを利用すると良いでしょう。大手企業への転職支援実績が豊富にある転職エージェントでは、どのように答えれば面接官の印象が良くなるのかをアドバイスすることができます。

また、サッポロビールの求人ページには掲載されていないレア求人を転職エージェントは保有している可能性があります。新規プロジェクトや管理職などは、非公開求人として転職エージェントに依頼されることが多いからです。

今の経験やスキルではサッポロビールにチャレンジできない人でも転職エージェントは有効です。まずどの会社で経験・スキル、実績を積めば良いのかをアドバイスしてもらえます。

とはいえ、転職エージェントはそれぞれに特色があります。自分にぴったり合う転職エージェントと出会うために、大手転職エージェントの中から2〜3社、特化型転職エージェントの中から1社程度、複数登録しましょう。そして、それぞれを比較しながら最終的に1社に絞り込むと、納得のいく転職がしやすいです!

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント