JX金属へ転職するには?中途採用の求人情報や難易度について解説!

JX金属 ロゴ

    JX金属へ転職したい人向けに、中途採用の求人情報や、難易度について解説します。

    その他、内定をもらいやすい人の特徴、面接対策、企業情報についても紹介しています。

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

JX金属の転職難易度

JX金属の転職難易度は、高いと言えます。

JX金属の中途採用では、即戦力となる人材を募集しているので、非常に高い経験・スキルを求められます。

一般的に営業職は未経験からでもチャレンジしやすい職種ですが、JX金属の営業職は専門スキルが必要となるので、未経験からのチャレンジは難しいです。

JX金属に転職しやすい人の特徴

JX金属に転職しやすい人は「JXTGグループ理念」という、JX金属が掲げている企業理念に共感できる人です。

JXTGグループ理念は、以下のようになっています。

使命

地球の力を、社会の力に、そして人々の暮らしの力に。
エネルギー・資源・素材における創造と革新を通じて、社会の発展と活力ある未来づくりに貢献します。

大切にしたい価値観

  • 社会の一員として
    【高い倫理観】
    誠実・公正であり続けることを価値観の中核とし、高い倫理観を持って企業活動をおこないます。
    【安全・環境・健康】
    安全・環境・健康に対する取り組みは、生命あるものにとって最も大切であり、常に最優先で考えます。

  • 人々の暮らしを支える存在として
    【お客様本位】
    お客様や社会からの期待・変化する時代の要請に真摯に向き合い、商品・サービスの安定的な供給に努めるとともに、私たちができる新たな価値観を創出します。

  • 活力ある未来の実現に向けて
    【挑戦】
    変化を恐れず。新たな価値を生み出すことに挑戦し続け、今日の、そして未来の課題解決に取り組みます。
    【向上心】
    現状に満足せず、一人ひとりの研鑽・自己実現を通じて、会社と個人がともに成長し続けます。

また、中途採用であっても臆さずに意見を出し、多様性を発揮する人や、技術立国日本に貢献したいという気概を持った人を求めています。

JX金属の中途採用・求人情報

2020年4月現在、JX金属で募集している中途採用の求人は以下の職種が募集されています。

事務系

技術系

  • プラントエンジニア
  • 技術開発センター
  • 分析
  • 金属技術
  • 電材技術(JX金属プレシジョンテクノロジー出向)
  • 電材技術(薄膜材)
  • 情報システム
  • 環境安全
  • 技術本部

たくさんある職種の中から今回は事務系の「電材営業(薄膜材)」と技術系の「プラントエンジニア」の、仕事内容や必須条件などを紹介します。

他の職種が気になる人は、JX金属のコーポレートサイトを確認してください。

電材営業(薄膜材)

電材営業(薄膜材)からは、技術営業(半導体・スパッタリングターゲット)を紹介します。

電材営業(薄膜材)では、世界トップシェアを誇る半導体用スパッタリングターゲットのセールスエンジニア業務を担当します。

その他、日本及び海外の顧客対応や技術マーケティングなどにも携わります。

必須条件

  • 大学卒(技術系)
  • 半導体、電子業界における技術営業、もしくはエンジニアリングサポートの経験者
  • (動きの速い業界につき、スピード感と行動力のある人材を希望)

優遇条件

  • 半導体の業界知識、製造工程知識を有する人
  • 現場での実践的な英会話力(TOEIC650点以上)
  • 中国語でのコミュニケーション

勤務地・勤務時間

  • 勤務地
    9:00~17:50(所定労働時間7時間50分、休憩時間60分)

  • 勤務時間
    東京都千代田区大手町1丁目1番2号

月給

  • 25万円~

プラントエンジニア

プラントエンジニアからは、プラントエンジニア(建築・東京)を紹介します。

プラントエンジニア(建築・東京)では、JX金属およびグループ企業(国内・国外)の設備投資における、土木 建築部分の企画立案(基本計画・概算予算等)の業務を担当します。

その他、各工場・事業部における設備投資時の土建部分に関する基本概念や基本計画の立案の支援にも携わります。

必須条件

  • 大学卒、高専(専攻科)卒以上
  • 建築or土木工事マネージメント経験のある人
  • (建設会社において、監理技術者、現場所長として工事経験者歓迎)

  • 安全衛生法にある程度知見がある人
  • 建築と土木についての専門知識を有している人
  • 建設会社において建設経理業務の経験のある人
  • 一級土木または建築施工管理技士保有

優遇条件

  • 一級建築、技術士、建設経理士一級保有者

勤務地・勤務時間

  • 勤務地
    9:00~17:50(所定労働時間7時間50分、休憩時間60分)
  • 勤務時間
    東京都千代田区大手町1丁目1番2号

月給

  • 25万円~

JX金属の面接傾向と対策

JX金属の面接では、志望動機自己PR以外にも以下のような質問をされることがあります。

  • 転勤はできますか?
  • 前職では安全衛生に力を入れていましたか?

さらに、逆質問もされるので、必ず質問を用意しておきましょう。

上記のような質問に戸惑わず答えるためには、自己分析企業研究が重要となります。

自己分析では、なぜその企業に入社したいのか?なぜその職種を選ぶのか?をしっかりと振り返り、整理しましょう。

また、希望する企業の事業内容や方針を理解していないと、面接で答えらずにお見送りになってしまうケースがあるので、企業研究もしておきましょう。

自己分析と企業研究について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事自己分析を転職に活かすコツ&やり方をプロが伝授!【想定質問集付】
関連記事【保存版】企業研究のやり方を転職のプロが分かりやすく解説!

面接で失敗しないコツ

面接で失敗しないコツとして、転職エージェントを使うというのも1つの手です。

自己分析や企業研究は完璧にできたと思っていても、様々な情報を見落としている人が多く、面接でうまく答えられずにお見送りになってしまうという人が多くいます。

転職エージェントでは、面談を通じてあなたの経験・スキルやアピールできそうな部分を引き出すように、質問の答え方を一緒に考えてくれます。

完全無料なので、気軽に問い合わせてみてください。

業界大手の転職エージェント

JX金属の企業情報

JX金属の企業情報について、以下の順で解説します。

事業内容

JX金属の事業内容は、以下のようになっています。

  • 機能材料事業
  • 薄膜材料事業
  • 資源事業
  • 金属事業
  • 環境リサイクル事業
  • タンタル・ニオブ事業

JX金属では、JXTGグループの中核を担う非鉄金属企業として、資源・製錬や電子材料の製造・販売、使用済み機器からのリサイクルまでを、グローバルに事業展開しています。

事業内容について詳しく知りたい人は、JX金属のコーポレートサイトを確認してください。

年収

キャリコネによると、JX金属の平均年収は約601万円となっています。

JX金属のコーポレートサイトによる、それぞれの年齢に応じたモデル年収は以下のようになります。

30歳
(配偶者扶養、持家なし)
約630万円
35歳
(配偶者・子1人扶養、持家なし)
約760万円
40歳
(配偶者・子2人扶養、持家あり)
約860万円

上記の年収には、時間外手当(20h/月を想定)と賞与を含んでいます。

残業代は、残業時間に応じて全額支給されます。

社風

JX金属への転職を成功させた人に、社風について聞いてみました。

技術・男性

どの部署であっても業界トップクラスの製品が多く、中途採用で入社したとしても大きな仕事を任せてもらえるので、やりがいを感じられます。

メーカーとして給料は高い方だとは思いますが、年功序列の風習が残っています。

営業・女性

女性が少ない企業なので、女性で管理職になる人はほとんどおらず、男社会な企業だなと感じることがあります。

福利厚生はしっかりしていて、有給休暇を取りやすいので、そこは助かっています。

福利厚生

JX金属の福利厚生は以下の通りです。

  • 社会保険完備
  • 手当(時間外、扶養、在勤地、住宅、通勤、赴任など)
  • 独身寮・社宅、又は家賃補助制度あり
  • 復職制度
  • 在宅勤務制度
  • 育児・介護制度

福利厚生について詳しく知りたい人は、JX金属のコーポレートサイトを確認してください。

JX金属への転職を成功させたいなら

JX金属への転職を成功させたいなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

JX金属の中途採用では経験・スキルが重視されますが、うまく言語化をして面接官にアピールできないとお見送りになってしまいます。

また、中途採用の面接にはあなたと同じように高い経験・スキルを持った転職者が集まるので、転職者の中に埋もれてしまわないために、転職エージェントで面接対策をしっかりとしてもらいましょう。

転職エージェントは、大手転職エージェントの中から2〜3社、特化型転職エージェントの中から1社程度、複数登録することをおすすめします。

筆者が、プロの観点から選んだおすすめの転職エージェントを紹介しますので、ぜひ登録してみてください。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの人は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント