JICAへ転職する方法!中途採用の難易度&対策法を徹底解説

JICAに転職する方法を現役のプロが解説します。

中途採用の転職難易度や求人情報、面接対策や年収などについて詳しく紹介します。

JICAの転職難易度

JICAの中途採用の転職難易度は高いです。なぜなら、即戦力となる人材を求めているため応募条件が厳しく、それに加えて応募の競争倍率が非常に高くなっているからなんです。

他にも、英語で実務がおこなえることも必須条件に含まれています。原則TOEIC860点相当以上、もしくはTOEFL iBT100点・PBT600点以上を有していなければなりません。

また、JICAでは中途採用でもWebテストを受ける必要があります。玉手箱と言われるWebテストのため、きちんと対策をしておくのがベストだと言えますね。

JICAに転職したいのなら

JICAへ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。

なぜなら転職エージェントでは、採用ページには掲載されていない非公開求人を保有している可能性があるからなんです。

また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から面接対策までおこなってくれます。自分で直接応募するよりも内定獲得率が上がる可能性があります。

業界大手の転職エージェント

JICAの中途採用【求人情報】

JICAの中途採用は、例年3月〜6月に応募受付をおこなっており、2020年4月現在、コーポレートサイトで「総合職」を募集しています。

あくまでも2020年4月時点での募集職種になるため、時期によっては大きく変わる可能性もあります。

JICAへの転職を検討している人は、定期的に希望職種の募集がないかどうか「採用情報」をチェックしてみてくださいね。

次で中途採用枠で募集されている「総合職」の求人を紹介します。

総合職

総合職は、本部・在外事務所・国内機関において、開発途上国の国別援助戦略の策定や支援事業の計画・実施監理・評価などの業務をおこなうのが仕事です。

以下に職務内容や必須条件などをまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

職務内容

  • 開発途上国の国別援助戦略の策定や支援事業の計画・実施監理・評価等の業務
  • 調査・研究業務、総務・企画・財務・人事・システム運用等の組織運営業務など

必須条件

  • 企業・法人等における職務経験、または国際協力に関連する実務経験があること
    (※JICA海外協力隊などのボランティア経験やNGO活動経験も含みます。)

  • 英語で実務遂行が可能な人
    (原則TOEIC860点相当以上またはTOEFL iBT100点・PBT600点以上を有している人)
  • 入構時に60歳未満の人

求める経験等

  • 開発課題(ガバナンス、ジェンダーと開発など他多数の実務経験)
  • 経済分析
    (開発途上国等のマクロ経済分析やカントリー・リスク分析等に関する実務・研究経験を有する人/原則、経済学修士号を持っている人)
  • 金融
    (民間金融機関、国際金融機関または政府系金融機関において融資、債権管理、審査、リスク管理等の実務経験を有する人)
  • 事業投資
    (民間金融機関、国際金融機関、政府系金融機関または金融機関以外の民間企業の事業部門や財務部門において事業投資の実務経験/とくに海外案件)
  • 財務・会計
    (企業・組織等における財務諸表の作成、決算・会計等に関する実務経験を有する人)
  • 情報システム
    (企業・組織において、情報システム・通信ネットワーク等の分野での実務経験を有する人)
  • 語学
    (フランス語、スペイン語等による職務経験を有する人/語学能力証明必須)
  • その他
    (事業評価・安全管理、調達、広報、法務など)

勤務地・勤務時間

  • 勤務地
    本部(事業部門・管理部門)、国内拠点(15ヶ所)、海外拠点(約90ヶ所)他
    入構後は、概ね2年~4年のローテーションで各部署への異動があります。海外赴任は必須です。

  • 勤務時間
    9:30~17:45
    休憩:45分

給与

  • 給与
    JICA規程により、前歴換算の上決定。
    (※1:昇給、昇格、賞与額等には人事評価が反映されます。)
    (※2:給与額は毎年見直しがおこなわれます。)

JICAの面接の傾向・対策

JICAの中途採用面接では「なぜJICAなのか」「JICA入構後に貢献できることは何か」という質問がされる傾向にあります。

とくに「なぜJICAなのか」ということに関しては深く追求されるため、しっかりと対策しておく必要があります。

だからこそ、JICAの中途採用面接の対策として、以下2つのポイントを押さえておくのがベストだと言えます。

上記2つのポイントについて、次で詳しくお話していきますね。

自己分析&キャリアの棚卸し

自己分析とキャリアの棚卸しはおこなうようにしましょう。その際にはJICAが求める人物像に沿って、自己分析やキャリアの棚卸しをするのがより効果的だと言えるでしょう。

「なぜJICAなのか」という質問に答えられるように、どうして国際協力に興味を持ったのか、なぜ商社といった民間企業ではなくJICAなのか、具体例を交えつつ話せるようにしておくのが良いです。

また、JICAだからこそ実現できることが何なのかという点についても、自分のこれまでのスキルや経験を交えながら、深く考えてみてください。この部分は非常に重要なので、できるだけ時間をかけて丁寧に対策するのが望ましいですね。

企業研究

企業研究では、JICAのビジョンや事業内容への理解を深めるようにしましょう。なぜなら、きちんと企業への理解を深めることで、どのような人材を求めているのか明確になるからです。

JICAは即戦力となる英語力や専門性、マネジメント能力を持つ人材を求めています。例えば、民間企業で専門性の高い仕事をしていた人などですね。実際に、求人情報の「求める経験」を見てみると、専門分野を3つ選ぶようにされています。

このことから、より専門性の高い仕事を経験している人材を求めているのがわかりますよね。ただ、前職が国際協力分野である必要はありませんよ。

JICAの企業情報

JICAへ転職する際には、まず企業の詳細情報を把握することが大事です。具体的にどのような事業をおこない、企業の経営状況はどうなのか知っておくことですね。

しっかりと把握しておけば「イメージと違った…」という入社後のミスマッチを防げます。

また、企業についてよく知らない状態で面接に挑んでしまうと、面接官に「本当に入社したいのか?」と不信感を与えてしまうことにもなります。

そこで、JICAの企業情報について、以下の4つに分けて詳しく紹介していきたいと思います。

事業内容

JICAは日本のODA実施機関として、国際機関への資金の拠出を除く2ヶ国援助の3つの手法の実施を一元的におこなっています。

具体的にどんな業務内容であるのか、以下の表にまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

技術協力 開発途上国の人材育・制度構築のために、専門家の派遣、必要な機材の供与、途上国人材の日本での研修などをおこないます。

幅広い課題に対応する協力内容をオーダーメイドに組み立てられます。
有償資金協力 一定以上の所得水準を達成している開発途上国を対象に、長期返済・低金利という緩やかな条件で開発資金(円貨)を貸し付けるものです。

多くの資金を要する大規模インフラなどにあてられます。
無償資金協力 所得水準が低い開発途上国を対象に、返済義務を課さずに開発資金を供与するものです。

学校や病院、井戸や道路などの基礎インフラの整備や医薬品、機材などの調達にあてられます。

また、近年JICAでは、開発途上国の経済成長と持続的な社会発展・貧困削減に向けて、開発協力のパートナーである民間企業との連携強化を進めているそうですよ。

年収

JICAは独立行政法人なので有価証券報告書が提出されていません。ですので、今回は「カイシャの評判」の回答者の平均年収を参考に紹介します。

2020年4月時点でのJICAの平均年収は534万円です。

JICAでは、規程により前歴換算の上、決定されるようになっています。ただ、昇給や昇格、賞与額は人事評価により反映されるため、上記の金額もそれに伴って変動する可能性があります。

また、給与額は毎年見直しがおこなわれるので、努力して頑張り、成果・実績を出す、または貢献できれば、給与アップも見込めるかもしれません。

社風

実際にJICAで働いている人、働いていた人の口コミを紹介したいと思います。

総合職・女性

育休が最大3年取得可能であることや、時差出勤・時短制度など、あらゆる制度が整っている。

子育て期間はバックオフィスの部署に異動し、こうした制度を利用して子育てと仕事を両立させている女性も多くいる。

異動が多いのもここではプラスにはたらいている。

多岐部門・男性

基本的には年功序列の組織体制になっている。部門ごとに雰囲気などは違い、嘱託や契約社員が非常に多い。

自分が所属していた部署に関しては、管理職との距離が非常に近いのでコミュニケーションを多く取ることができ、とても風通しの良い組織だと感じていた。

福利厚生

JICAでは、さまざまな福利厚生が用意されています。具体的にどのようなものが用意されているのか、以下にまとめてみました。

  • 各種社会保険完備
  • 財形貯蓄
  • 産休・育児休業制度
  • 時差出勤制度
  • 時間短縮勤務制度
  • 在宅勤務制度
  • 各種クラブ活動

出産・育児休業制度がしっかりしていて、勤務地限定制度などもあるため、女性にとって働きやすい環境が整えられていますね。

実際に女性職員の約3割がワーキングマザーとして活躍もしているそうですよ。

JICAへの転職を成功させる方法

JICAへの転職を検討しているのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。なぜなら、採用ページには掲載されていない求人を保有している可能性が高いからなんです。

また、転職エージェントではキャリアアドバイザーがあなたのキャリア相談に乗ってくれますし、応募書類の添削から面接対策までおこなってくれます。自分で直接応募するよりも内定獲得率が上がる可能性があります。

キャリアアドバイザーの質やサポート力には違いがあります。そして少しでも多くの求人と出会うためにも、転職エージェントは2社〜3社に複数登録するのがベストだと言えますね。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという人は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント