救急科医の平均年収は1215万円!激務なのに給与水準が低い理由も解説

救急科医の平均年収がどれぐらいなのか、他の診療科と比較した場合の収入の違いなど、転職のプロが分かりやすく解説します。

他にも救急科医の労働環境や今よりも所得を増やす方法なども紹介します。

救急科の平均年収は1215万円

労働政策研究・研修機構の「勤務医の就労実態と意識に関する調査」によると、救急科医の平均年収は1215万円です。

救急科医の年収割合は、以下のようになっています。

救急科医の年収割合

上記の円グラフでは300万円未満は0%、300万円〜500万円が6.3%、500万円〜700万円が12.5%、700万円〜1000万円が18.8%、1000万円〜1500万円が21.9%、1500万円〜2000万円が25%、2000万円以上が15.6%となっています。

これらの年収割合を500万円未満、500万円〜1000万円、1000万円以上の3つに分類すると以下のようになります。

救急科医の全体の年収割合

救急科医の年収ですが、1000万円を超えている人が全体で62.5%もいます。500万円〜1000万円が31.3%、500万円未満が6.3%となっており、6割以上の人が年収1000万円を超えていることがわかります。

年収を上げたい救急科医におすすめの転職支援サービス

救急科医で今よりも年収を上げたいと考えているのなら、転職エージェントを利用するのも1つの方法です。

転職エージェントは転職支援を専門としているので、どの医療施設が良いのかといったノウハウを持っています。また、年収交渉の代行もおこなってくれるため、転職活動において心強い存在だと言えます。

医師の転職に特化したサービス

救急科と他診療科の平均年収比較

労働政策研究・研修機構の「勤務医の就労実態と意識に関する調査」によると、診療科別の平均年収は以下のようになっています。

診療科 平均年収
脳神経外科 1480万円
産婦人科 1466万円
外科 1374万円
麻酔科 1335万円
整形外科 1289万円
呼吸器科
消化器科
循環器科
1267万円
内科 1247万円
精神科 1230万円
小児科 1220万円
救急科 1215万円
その他 1171万円
放射線科 1103万円
泌尿器科
耳鼻咽喉科
眼科
皮膚科
1078万円

平均年収がもっとも高いのは脳神経外科で、救急科は今回比較した科目の中では10番目に年収が高い結果となりました。

1番年収が高い脳神経外科医は、命に関わる疾患を扱うため、極めて繊細で高度なスキル・知識が求められます。また、くも膜下出血や脳卒中といったように、緊急を要する治療・手術をおこなうことも多いので、他の診療科よりも平均年収が高くなっています。

救急科医の平均年収は医師全体の平均年収を上回っているものの、激務の割に年収水準が低いです。

というのも他の診療科と比べ、激務になりやすく体力と気力が追いつかず、転科する救急科医がいるからです。そのため、高年収を得やすいベテランの救急科専門医が増えにくく、平均年収が上がりづらくなっています。

また、救急医の年収水準は都市部と地方で二極化していることも要因として考えられます。都市部は人口も多いことから、高額な報酬で経験豊かな救急科医を募集する医療施設が多いのですが、地方の救急科医は給与水準が低い公立病院の救命救急センターなどに勤務するケースがほとんどです。

救急科医の仕事内容

救急科医は病気や怪我など、急病の患者を診療科に関係なく、診療するのが仕事です。とくに症状が重症の場合は、救命救急処置や集中治療を専門におこないます。

また、患者の病気や怪我の種類、程度に応じて適切な診療科と連携をしながら診療にあたるのも救急科医の役割です。

救急科医の役割を大きく分けると以下の4つです。

上記の役割のように救急科医は救急医療の専門家として、救急医療制度やメディカルコントロール体制、災害医療で指導的な立場であることを求められています。

4つの仕事内容について、以下で詳しく紹介していきます。

病院前救急医療

これまで救急科医は病院で待機し、搬送されてきた患者の診療にあたってきましたが、医師が直接現場へ急行することで迅速に救命医療を開始し、患者の救命率の向上と後遺症の軽減を目的とした病院前救急医療が増えてきています。

具体的にはドクターカーやドクターヘリに乗り、救助隊と現場で救命活動をおこなったり、救助隊から引き継いだ患者の治療・観察をおこないながら病院まで搬送します。

災害医療

地震や台風といった自然災害や大規模な火災などでは、怪我人が多く発生します。

救急医療のスキルは災害医療の場でも役に立ちます。1度にたくさんの怪我人が出た際の初期段階でおこなえる治療をするのが災害医療です。

ER型救急

ER型救急外来は、内科や外科を問わずどのような患者でも受け入れて診断し、重症度を判定します。重症患者であれば適切な初期対応をおこない、専門診療科と連携を取りながら治療を進めていきます。

救急科医はER型救急で患者の診療、研修医の指導などをおこないます。

専門的集中治療

重症外傷、熱傷、敗血症、急性中毒など、救命救急医が担当する患者は症状が重たい人が多いです。

重症患者は容体が急変しやすく、救命するための医療技術を用いて観察する必要があります。そのため、救急科医は重症患者の症状が悪化していないのか、何か異常は起きていないのかといったように24時間観察するのも仕事です。

救急科医の労働環境

救急科医は救急医療の専門家として、搬送された患者の診療をおこなうだけでなく、医師が直接現場へ駆け付ける病院前救急医療や災害医療でも重要な役割を担っています。

患者の救命や後遺症を軽くするために、初期医療をおこなう救急科医の仕事は非常に重要です。しかし、重要であるがゆえに激務になりやすいという特徴もあります。

そんな救急科医の労働環境について、主に以下の3つをピックアップして説明します。

救急科の訴訟リスク

患者からの訴訟リスクに対する認識について、労働政策研究・研修機構の「勤務医の就労実態と意識に関する調査」のデータを元に紹介します。

訴訟リスクが高いと言われている産婦人科と外科、内科の3つと比較しました。

患者からの訴訟リスクに対する認識

非常に感じると回答しているのは救急科が16.7%、外科が8.5%、産婦人科が7.5%、内科が7.3%となっています。

「非常に感じる」と「まあ感じる」の2つを足した場合は、産婦人科が49%、外科が45.5%、救急科が44.5%、内科が40%となっており、4割の救急科医が訴訟リスクを感じると回答していることがわかります。

ちなみに診療科の平均は38.8%で、救急科は平均より少し高い結果となっています。

救急科医の当直

労働政策研究・研修機構の「勤務医の就労実態と意識に関する調査」によると、8.3%の救急科医は1ヶ月当たりに日直が1回もないと回答しました。

日直
なし 1〜2 3〜4 5回以上
平均 38.2 51 6.3 4.5
救急科医 8.3 41.7 16.7 33.4

上記の結果からも分かるように、日直が月に1度もない救急科医はまれです。診療科の平均で比べても、1〜2回が下回っているだけで、残りは上回っている状態です。

とくに5回以上は平均の約8倍になっており、たくさんある診療科の中でダントツです。

また、宿直に関しては5.6%の救急科医が月に1回もないと回答しています。

宿直
なし 1〜2 3〜4 5回以上
平均 32.6 34.8 21.8 10.8
救急科医 5.6 11.1 19.4 63.9

宿直も当直と同様に、月に1回もない救急科医はまれな状況となっています。

詳しい数字を見ていくと1〜2回と3〜4回は平均を下回っていますが、5回は平均を大きく上回っています。救急科医は6割以上の人が月に5回以上も宿直をしていることになります。

ちなみに宿直1回あたりに診る患者の数は、日によって異なります。患者数の割合は1〜4人が38.2%、5〜9人が26.5%、10人以上が35.3となっています。また、宿直1回あたりの平均睡眠時間ですが、9割以上の人が4時間未満と答えています。

つまり、救急科医は当直の回数が他の診療科よりも多く、激務になりやすい労働環境だといえます。

救急科医の勤務先に対する満足度

勤務先に対する満足度ですが、救急科医は満足している人が多いものの、不満に感じている人もいる、という結果になっています。

労働政策研究・研修機構の「勤務医の就労実態と意識に関する調査」のデータを元に、救急科と同様に人手が足りていない麻酔科、産婦人科、外科の3つと比較してみました。

救急科の満足度

満足していると回答しているのは麻酔科が11.8%、救急科が11.1%、外科が10%、産婦人科が8.8%となっています。

「満足している」と「まあ満足」の2つを足した場合は、麻酔科が69.3%、産婦人科が68.7%、救急科が58.3%、外科が56.3%となっており、6割近いの救急科医が満足していると回答していることがわかります。

一方で不満と回答した割合は、麻酔科が2%、産婦人科が2.7%、外科が5.3%、救急科が8.3%となっており、不満と回答している救急科医はやや多いです。

救急科医は激務になりやすい環境でありながら、平均年収も低い傾向にあり、不満に感じている人が一定数います。しかし、その一方で多くの人命を救っている点に満足を感じている人も多いです。

年収を上げるにはアルバイトもおすすめ

手っ取り早く給与を増やして年収を上げたいのなら、アルバイトの掛け持ちをするのも1つの方法です。

医師転職研究所の調べによると、医師でアルバイト・副業をやっている割合は以下のようになっています。



アルバイト・副業をやっている医師の割合

医師でアルバイト、いわゆる非常勤勤務をおこなっている割合は全体の68%を占めています。

救急科医のアルバイトですが、救急対応の募集が多くなっています。

報酬は地域によっても異なりますが、相場としては時給1万円が目安となっています。しかし、救急科医は人手が不足しているのもあり、1回あたりの単価が10万円前後に設定されているケースもあります。

掛け持ちする場合の年収実例

時給1万円の非常勤(アルバイト)をした場合の、年収実例を以下でご紹介します。

週1日の8時間勤務であれば、月に4回の勤務で月収は32万円となります。

この働き方を1年間続けると384万円の収入が見込めます。

メインで勤務している病院とは別にこのように掛け持ちをし、300万円〜400万円ほど年収が増えている医師は多いです。

医師のアルバイトについて、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事医師バイトの時給は1万円|効率の良い求人の探し方などを徹底解説

年収を上げたいなら転職エージェントに相談

救急科医として年収をあげたいのなら、転職のプロである転職エージェントに相談するのが効率が良いです。

救急科医は人手が不足しており、他の病院やクリニックへ転職するだけでも想像以上に年収が上がるケースがよくあります。

しかし、当直の実態や病院に関する満足度は転職するまで、具体的にどうなっているのかわからないことばかりです。

そんなときに役立つのは転職エージェントです。とくに医師の転職に特化している転職エージェントは、医療施設の詳細な内部情報や今よりも年収をあげられる医療施設はどこなのかといった情報を豊富に持っています。

ただ、転職エージェントといっても保有している求人やサポートに違いがあるので、2〜3社に複数登録し、最終的に1番良いと思った1社に絞り込むと効率よく転職活動を進めることができます。

医師の転職に強い転職支援サービス

医療業界に特化したサービスを展開するメディカルキャストが運営する医師の転職支援サービス。
毎日最新求人を更新中。

ポイント

  1. 業界最大級、医師求人案件2.7万件以上!
  2. 首都圏に限らず、全国の医療機関の仕事が探せる
  3. へき地や離島の求人にも強い。地域医療にフォーカスした特集あり

ドクターキャストに
相談する

人材業界最大手のリクルートグループが運営する医師専門の転職支援サービス
常勤・アルバイト両方の求人紹介が可能!

ポイント

  1. 常時1万件を超える非公開の求人情報を保有
  2. 医師専門で30年。実績と実力のあるサービス
  3. 経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

リクルートドクターズキャリアに
相談する

人材業界大手の株式会社マイナビが運営する医師の人のための転職支援サービス。
病院はもちろん幅広いコネクションを生かした一般企業の求人も多数!

ポイント

  1. 取引医療機関数20,000件超。マイナビ独自の求人も多数保有
  2. 首都圏・関西・東海エリアに強い。UターンIターンも相談OK
  3. 厚生労働省から認可を受けた安心の転職・就職支援サービス

マイナビDOCTORに
相談する

27万人の医師が利用する、医療従事者向けポータルサイト「m3.com」の運営元が展開する転職支援サービス。
利用者の96.1%が満足と答える質の高いサービスが魅力

ポイント

  1. 転職を希望する医師の登録実績 8年連続No1!
  2. 年間利用者数1万人以上!医師転職のスタンダード
  3. 医療経営士の資格を持ったコンサルタントが対応

エムスリーキャリアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント