DELL(デル)へ転職するには?プロが求人情報や面接について解説

    外資系PCメーカーで有名なDELL(デル)に転職を希望する人向けに、プロがノウハウを徹底解説します。

    その他、求人情報や面接傾向についても紹介します。

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

DELL(デル)に転職しやすい人の特徴

DELL(デル)に転職しやすい人の特徴は、以下の通りです。

  • 成果を収めることに貪欲な人
  • 課題発見力・設定力・行動力が優れている人
  • 英語が話せる人
  • 自分の意思を持って働くことができる人
  • 新しいテクノロジーを追いかける姿勢を持つ人
  • ジェネラリスト的に幅広い知識に興味が持てる人
  • 明るくて、悪いことを引きずらない人

上記の特徴にいくつか当てはまったとしても、DELL(デル)への転職は簡単ではありません。

DELL(デル)は、応募人数が多いうえ、ライバルも非常に優秀な人が多く、DELL(デル)の中途採用の難易度はかなり高いと言えます。

DELL(デル)の企業情報

以下は、DELL(デル)の企業情報です。

設立 1989年6月
資本金 300,000,500円
代表者 代表取締役社長 大塚俊彦

もっと詳しい企業情報について、以下で紹介していきます。

事業内容

DELL(デル)の事業内容は、大きく分けて以下の3つになります。

  • インフラストラクチャ・ソリューション
    人工知能、クラウド、セータ分析、エンタープライズワークロードなど

  • ITインフラストラクチャとワークフォース・テクノロジー
    クラウド、PCとディスプレイ、サーバー、ネットワークなど

  • サービス
    コンサルティングサービス、導入サービス、サポートサービスなど

DELL(デル)は、世界市場トップレベルのシェアを誇るインフラソリューションプロバイダーです。

注文生産によるPC製品を直接エンドユーザーに販売するという、先例のないビジネスモデルに基づき事業をスタートしました。

個人向けパソコンのイメージが強いですが、エンタープライズでの売り上げが約半数を占めています。

職種

DELL(デル)の職種は以下の通りです。

  • セールス部門
  • マーケティング部門
  • プロフェッショナルサービスおよびコンサルティング
  • コーポレートファンクション
  • ファイナンス
  • インフォメーションテクノロジー
  • マニファクチャリングおよびロジスティクス
  • エンジニアリング
  • カスタマーサービスおよびサポート

各分野に合わせて専門スキルを保有したスタッフがおり、職種も多岐にわたります。

DELL(デル)の職種について詳しく知りたい人は、DELL(デル)のコーポレートサイトを確認してください。

直近の業績

ZDNet Japanによると、DELL(デル)の第3四半期決算(2020年10月30日締め)は、売上高が前年同期比3%増の235億ドルで、利益は8億8100万ドル(1株あたり1.08ドル)だったことを発表しました。

売上高は予想を大幅に上回ったそうで、新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、リモートワークやリモートラーニングを選択する人が増えたことが要因となっています。

とくにPCの需要が急増し、法人向け「Chromebook」の売上高は3桁伸び「Latitude」と「Precision」ノートPCの売上高は、2桁の伸びを記録しました。

DELL(デル)のカルチャー・働きがい・福利厚生

DELL(デル)のカルチャー・働きがい・福利厚生などについて、以下の順で解説していきます。

企業文化・組織体制

DELL(デル)では「人材」を重要視しており、社内の多様性や成果を収めた社員への報酬を徹底するなど、社員が働きやすい社風の構築を心掛けています。

また、外資系企業で完全実力主義となっており、経営層はたたき上げの社員が多く在籍しています。

専門スキルが身につくため、同業他社へキャリアアップを目指して転職する人も多くいます。

社内の部署移動も柔軟で、自分で自身のキャリアを作ることが可能と言えます。

働きがい

外資系企業の特徴でもありますが、個人に与えられる裁量権が大きく、自分自身の成長ができます。

中小企業から大手企業、全業界に対してマルチソリューションを展開できるので、多くの顧客課題を解決でき、やりがいを感じられます。

ワークライフバランス

DELL(デル)は、自分のペースで働けるのでワークライフバランスを保つことが可能です。

完全実力主義の社風なので、しっかりと成果を出せていれば働き方の裁量が大きく、勤務時間の管理は自分次第となります。

また、リモートワークへの対応が柔軟で、本社以外の場所でのリモートワークが可能な点も魅力です。

さらに、繁忙期でなければ有給はいつでも取得可能で、夏季・冬季休暇で旅行に行けたり、プライベートを充実させられます。

年収・福利厚生

DELL(デル)は有価証券報告書が提出されていませんでしたので、今回は代わりにLighthouse(旧カイシャの評判)を参考にしたいと思います。

Lighthouse(旧カイシャの評判)の情報によると、Dellの平均年収は約860万円です。この平均年収の金額はLighthouse(旧カイシャの評判)に寄せられた口コミ回答者(119人)の平均年収です。

あくまでも2020年8月時点でのデータなので、時期によって変わる可能性があります。

また、DELL(デル)の福利厚生については以下の通りです。

  • 完全週休二日制
  • 祝日
  • 夏季・冬季休暇
  • 年末年始休暇
  • 有給休暇
  • 疾病休暇
  • 慶弔休暇
  • 産前・産後休暇
  • 育児休暇
  • 各種社会保険完備
  • 提携保養施設
  • 確定拠出年金制度
  • 慶弔見舞金制度
  • スポーツ補助金制度
  • 提携保養施設
  • カフェテリアポイント
  • 各種年次休暇

すべての社員が最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、包括的な福利厚生制度を提供しています。

またDELL(デル)は「人材」こそが長期的な成功を実現する上で、重要な要素と考えています。

ITを使えばオフィスに来なくても働けるようになった中で、それでも会社に来る最大の意味は『社員同士の顔を合わせたコミュニケーションによる新たな知的価値の創造』にあるとも考えていて、2016年1月に大きなオフィスの改装を実施しました。

立ち仕事スペースや集中ブース、ファミレス風のコラボレーションブースなど、社員が業務上の各種シーンに合わせて最適なスペースで働くことができ、必要に応じていつでもコラボレーションできる環境を整備しています。

さらにDELL(デル)では、女性社員の割合が多く、産休・育休などを取りやすい環境です。

また、DELL(デル)の平均年収について詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事Dellの年収っていくら?残業代やボーナスについても徹底解説!

DELL(デル)へ転職できる可能性を上げるためにやるべきこと

DELL(デル)へ転職できる可能性を上げるためにやるべきこととして、以下の3つが挙げられます。

  • 自己分析をする
  • 企業研究をする
  • 逆質問を考えておく

自己分析では、なぜその企業に入社したいのか?なぜその職種を選ぶのか?をしっかりと振り返り、整理しましょう。

また、希望する企業の事業内容や方針を理解していないと、面接で答えらずにお見送りになってしまうケースがあるので、企業研究もしておきましょう。

基本的に、面接の最後は逆質問を聞かれるので、質問を用意しておきましょう。

自己分析・企業研究・逆質問について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事転職活動の自己分析のやり方と活かすコツをプロが伝授!【想定質問集付】
関連記事【保存版】企業研究のやり方を転職のプロが分かりやすく解説!
関連記事転職面接の逆質問例&NG例を解説!見られるポイントもご紹介します

DELL(デル)の求人情報

2020年12月時点で、DELL(デル)で募集されている求人情報は52件ありました。

募集職種は、以下の5つです。

  • Engineering
  • Legal
  • Marketing
  • Sales
  • Services

今回はEngineeringの求人情報を紹介します。

他の職種が気になる人は、DELL(デル)のコーポレートサイトを確認してください。

募集職種

  • 【ソリューション提案】グローバルアライアンス アーキテクト

必須条件

  • 最低15年のIT領域で、下記いずれかでのプリセールス経験
    ・Converged / Virtualized IT Infrastructure領域でのコンサルティング、Architect,System Engineering
    ・ビジネスアプリケーション、ビジネスプロセス管理、アプリケーション統合、データベース管理、アプリケーション開発、データ分析領域でのSystem Engineering

  • ITインフラストラクチャアーキテクチャ、分散システム、およびプラットフォームオペレーティングシステムに関する実用的な知識

あれば尚良い条件

  • システムインテグレーターやパートナー向けビジネスの知識、または経験
  • ITIL、DevOps、または同様の資格に関する知識または認定
  • コンピュータサイエンスまたは同等の修士号またはBSCの学位

求める人物像

  • 書面、口頭、およびプレゼンテーションでの優れたコミュニケーション能力
  • 自発的に行動を起こし、結果を重視して動ける人
  • グローバルチーム及びクロスファンクショナルなチームを主導してリードできる人
  • 最新の技術領域に興味を持ち学ぶ事を楽しめる人

DELL(デル)の面接でよく聞かれること

DELL(デル)の面接では、以下のような質問をされる可能性があります

  • どうしてDELL(デル)なのですか?
  • 今までで1番苦労したことはなんですか?
  • プロジェクトでイレギュラーな問題が発生した場合、どういう対応をしますか?

自己の成長意欲が強い人、実力主義のスピード感のある環境で自分を高めていきたい人、自身の実績が評価に反映されるような制度を好む人、自分のキャリアを自分で構築していきたいと考えている人にマッチする社風です。

面接でも、成長に対する姿勢や実際に出した結果などを伝えることが重要です。

また、愛社精神が強いこともDELL(デル)の特徴となっており、なぜDELL(デル)なのか、DELL(デル)のどんな点に魅力を感じているのかを伝えることも大切です。

上記のような質問を面接でされることを意識して、志望動機や自己PRを考えると良いです。

以下は、志望動機や自己PRを考える方法をまとめてありますので、考えたけれどうまくまとまらないという人は参考にしてみてください。

関連記事転職面接での志望動機の考え方を解説|面接官に響く回答例つき
関連記事履歴書の自己PRってどう書く?書き方とポイントを例文付きで伝授!

DELL(デル)に転職をするには?

末永

DELL(デル)の選考を勝ち抜くためには、転職エージェントのサポートをしてもらいましょう。転職エージェントは、あなたの魅力を直接採用担当に伝えてくれるので、一般の応募より選考を優位に進めることができます。


また、その企業が本当に求める人物像など、求人票ではわからない生の情報を持っています。それを踏まえて、選考の準備をすることで選考の通過率が上がる可能性があります。


以下に私のおすすめの転職エージェントを紹介しますので、ぜひ活用してみてください!

また転職するべきか迷っている人は、DELL(デル)のような大手企業から直接スカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがオススメです。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は数が少ないため、網羅するために転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント