旭化成への転職を成功させるコツを紹介!【転職のプロが解説】

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

今回は、サランラップなどでおなじみの「旭化成」に転職を検討されている方向けに、「旭化成の難易度」「旭化成の年収」「旭化成の面接対策」などの転職ノウハウについてレクチャーしていきます。

記事の後半に、具体的な旭化成への入社方法について解説していますので、ぜひ参考にしてください!

会社名 旭化成株式会社
本社所在地 東京都千代田区神田神保町1−105 神保町三井ビルディング
設立年 1931年
代表者 小堀 秀毅
資本金 2兆3161億円
従業員数  34,670人(連結)
平均年齢 42.7歳

旭化成に転職する為に必要なスキルや経験は?

おそらく、この記事でみなさんが知りたいことは、ぶっちゃけ、どうやったら旭化成に入れるの?と言うことではないでしょうか。

そもそも、旭化成と一言で言っても様々な職種があり、どの部署、職種に就くかによっても変わってきますが、ここでは旭化成の中途採用の求人に多く見られる技術職、営業職に沿った話をしていきたいと思います。

旭化成への中途採用を成功させるためには、3つの条件があります。以下で各条件について説明していきます

一定の学歴や経歴

旭化成のような大手メーカーでは、昔ながらの日系大手の考え方、社風が残っています。簡単に言えば、良くも悪くも「安定」志向のお堅い考え方が強いのです。

そのため、学歴志向が残存しています。

暗黙の了解的な部分がありますが、MARCHクラス以上の学歴で、かつ一年以内の退職経験がない、といった経歴であることが一定必須になってくる場合があります。

転職で学歴はみられている?自信がない人向けにアドバイスもご紹介

ビジネスレベルの英語力

旭化成では、上記の職種のほとんどの求人においてビジネスレベルの英語力を必須要件としています。

理由としては、旭化成の顧客層が海外企業であることも多く、当たり前のように海外の取引先や顧客とやり土地をするからだと考えられます。

また、実際に海外赴任することもあります。

業界経験

旭化成のような大手メーカーでは、新卒採用した社員を育て上げるという傾向があります。裏を返せば、中途採用で人材募集する意図として考えられるのは、即戦力として活躍できる人材が欲しいということです。

そのため、建築なら建築、IT系ならIT系の業界経験が、職種問わず求められてきます。

これら3つの条件は旭化成のほぼ全ての求人に共通して求められることになりますので、満たしておく必要があります。

ぶっちゃけ、どうやったら旭化成に入れるの?

それでは、旭化成に転職するためのノウハウをさらに踏み込んでお伝えしますね。
旭化成の職種は以下の3つに分類できます。

  1. 営業・本社
  2. 研究・開発
  3. プラント職

様々な職種はありますが、大切は事は今までの経験やスキルを把握して、自分のやりたいこと、できる事を明確にすることです。

なぜなら、一口に旭化成とは言っても、様々な事業領域を持っているために、同じ職種であっても求められるスキルや経験は異なるからです。

例えば、リチウム電池の営業は、メーカーや商社での営業経験が5年以上求められます。
一方で、医療機器営業に関しては、業界を問わず営業経験3年以上あれば応募が可能なので、採用の間口は広いです。

つまり、「自分がどんなスキルや経験を持っているのか」「どんな商品を誰に届けたいのか」というキャリアの棚卸しや自己分析をしっかりと行い転職に臨む必要があります。

そして、効果的にキャリアの棚卸しや自己分析をする為の手段として、転職のプロである転職エージェントがあります。

末永

営業職への転職をお考えの方へ

もし、あなたが営業職としての転職をお考えならば、業界最大級の求人を保有しているリクルートエージェントdodaマイナビエージェントへの相談をオススメします。

なぜなら、全業界・職種の求人を網羅しているので、幅広い視点からあなたのスキルや経験に対しての客観的なアドバイスを貰うことができるので、キャリアの棚卸しや自己分析を効率的に進めることができるからです。

また、特に大手メーカーなどにその傾向が強いですが、特定の大手エージェント1社のみに求人を依頼しているという企業もあり、大手エージェントに登録をしていないと紹介を受けられない求人が存在します。

そのため、大手メーカーや上場企業などへの転職を検討されている方は、大手エージェントは必ず押さえておくべきです。

 

末永

研究・開発職、プラント職への転職をお考えの方へ

研究・開発職やプラント職への転職をお考えならば、マイナビメーカーエンジニア の利用をオススメします。

なぜならば、転職エージェントが保有している求人の中の9割は、非公開求人と言われていおり、研究・開発職など専門的なスキルが求められる職種は、特に非公開の求人になりやすいからです。

マイナビメーカーエンジニア の求人は、旭化成に限らず、メーカー系の様々な求人を見る事ができるので非常にオススメです。

 

条件を満たせていない方が旭化成に転職するためには

上記では、旭化成に転職するための条件についてお伝えしましたが、これらの条件を全て満たさない方もいるかと思います。

「旭化成の応募条件を転職エージェントに相談してみる」という選択肢を上記でご紹介しましたが、もう1つの選択肢として、一度別の企業に転職し、必要なスキルを身につけた上で、旭化成に転職するといった選択肢もあります。

特に業界経験に関しては、もし現職が旭化成の業界と異なる場合、一旦希望する業界に転職をし、経験を積んだ上で再度旭化成への転職に挑戦する、というのが正しいキャリアパスになります。

正しいキャリアパスを踏んだり、長期的なキャリアプランを考える際は転職エージェントに相談し、自分の思い描いている未来が実現できるかどうかを確認するのがオススメです!

自分で転職先を決めたけれど、「旭化成に転職する為に必要なスキルが身につく環境じゃなかった。。」という状況になってしまっては、正直手遅れです。

 

また、異業界への転職となると、色々な不安がある方も多いのではないでしょうか。

普段、転職者のサポートしている中で、よく相談される不安は以下のようなものが多いです。

  • 業界の慣習や風土の違いへの不安
  • これまでの経験を本当に生かすことができるか
  • 業界の常識や商品知識、業務知識などをどのように身につけていけば良いか
  • 業務内容に慣れるための教育制度やサポートがあるか

とはいえ、こうした内容は、業界はもちろんのこと、個別の企業によっても異なることが少なくありません。

不安を解消するために、自分で調べて情報収集しようとしても、ネットに書いてある情報や口コミが全部正しい情報とは限りませんし、時間も膨大にかかってしまいますよね・・・

業界や企業の実態を正しく把握して不安を払拭するためには、転職エージェントを利用するのが最も有効な手段です。

転職エージェントを活用する事で、業界特性や社風・会社の内情などを教えてもらえます。

旭化成へ転職する為のキャリアプランはもちろん、自分に合った企業と出会う為にも、転職エージェントに気軽に相談してみることをオススメします!

 

【旭化成に転職したい人にオススメの転職エージェント】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. doda

旭化成って何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

旭化成は大きく3つの事業展開を行なっています。

マテリアル事業

ケミカルをベースとした高度な技術と新たな発想で、環境にやさしく付加価値の高い素材・製品を開発を行なっています。
繊維事業・ケミカル事業・エレクトロニクス事業の3つに分類されます。

ケミカル事業の「サランラップ」は旭化成の商品なんですよ。

住宅事業

住宅事業では個人向けの住宅から都市計画まで取り扱っています。
住宅事業・建材事業の2つに分類されます。

旭化成の軽量気泡コンクリートの「ヘーベル」を利用した「ヘーベルハウス」は有名ですよね。

ヘルスケア事業

ヘルスケア事業では、医薬品、体温管理システム、救急救命医療機器を扱っています。
医薬事業・医療事業・クリティカルケア事業の3つに分類されます。

住宅事業とマテリアル事業が旭化成の2大事業とです

旭化成の直近の業績や今後の事業課題

全体としての業績は好調です。2017年上期予想売り上げ高、営業利益ともに上回る結果になりました。

要因はマテリアル事業が利益を伸ばしたことです。燃料価格の高騰が起こっており、燃料に依存しない繊維の売り上げが上がったからです。

マテリアル事業が全体の利益のおよそ50%を占めています。マテリアル事業の中でもケミカル分野が伸びています。

旭化成の年収相場(給与)は?

旭化成の平均年収は770万円

年功序列制度をとっています。

28歳で年収600万円の水準です。30歳前半の人材は主任クラスになり、年収800万円に上がります。
38歳課長代理で年収1000万円に到達します。

海外赴任の場合は給与が20〜50%あがるようです。

旭化成の仕事のやりがい

大きなプロジェクトに携われることがやりがいになっているようです。旭化成の製品は全世界で使われており、その先端性が評価されています。

化学プラントのような大きな工場の設計から稼働まで携わることが出来るので、「あのプラントは私が設計したんだ」と言える会社です。チームを導く役割として行動出来るのが魅力なのではないでしょうか。

旭化成の勤務地は?転勤はある?

引用元:旭化成HP

勤務地は「関東」「中部」「関西・西日本」に分かれます。

総合職は転居を伴う転勤の辞令があるようです。

旭化成の社風は?激務?(転職会議)

旭化成の社風

現場の声を大切にする企業内文化があります。社歴に関係なく物事を発言出来る環境があり、大きな仕事も若手に回ってくるチャンスがあります。

また個性を尊重する企業でもあると公式ホームページに記載してあります。ベテランであろうが新入社員であろうが目的達成のためになら自由に発言する。それが最良のチーム作りにつながっていくとしています。なので評判は非常に良いです。

旭化成は激務?

結論から申し上げますと、部署によります。

メーカーは一般的にホワイトなイメージを持たれるイメージを持たれる方が多いかもしれません。

しかし、一般にホワイト企業だと思われていても、部署によっては「毎日終電ギリギリで帰宅。。」といったケースがあります。

希望する部署がある方は、転職の前に口コミなどで、評判を調べてみることをおすすめします。

旭化成の選考難易度は?(中途倍率)

転職難易度は高い

製造業のようなメーカーは、一般的に新卒を大量に採用し、育成する傾向があります。
給料も平均年収と比べてかなり高く、離職率も低いです。

従って、求人あたりの倍率が高く、結果として転職の難易度が高くなります。

旭化成の面接は?(採用情報)


志望動機や現在の仕事への取り組みについて深堀りされるようです。

特徴的なのは、営業職、技術職共に高い知識力が問われるので、営業職にも専門分野を設けていることです。

一般的なメーカーであれば文系職を採用して、商材を覚えさせていくという方針ですが、旭化成は採用の段階で高いハードルを求めています。

特に中途採用はその色が濃く反映されています。扱っている商材が全世界で先進の技術を盛り込んだ製品なので、専門知識がないと売れません。

また技術職においても、大学で何をどこまで研究していたかを重視するので、入社するのは難しい会社です。

転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説

募集している職種は?

(2018年6月現在の採用情報)
大企業なので仕事内容は多岐に渡ります

気になる職種がありましたら、ぜひチェックしてみてくださいね、

実際に、旭化成へ転職をするには?

結論として、エージェントの利用をオススメします

末永

旭化成への転職は、コーポレートサイトから直接申し込むことも可能ですが、事業が多角化しており、同じ職種でも業務内容や求められるスキルが異なるケースがあり、ミスマッチが起こる原因になります。

転職エージェントは無料でサポート(日程調整・書類の作成・面接対策)をしてくれます。

したがって、転職に対してそこまで前向きでは無い場合でも、一度転職エージェントに相談することをすべきだと考えています。

ただ、大手の転職エージェントは人数も多く実際のところ担当になるアドバイザーの質によって左右されます。なので転職エージェントには2〜3社登録することをオススメします!!

どのエージェントを利用すべきか

結論から申し上げますと、旭化成への転職を考える場合、大手エージェント三社(リクルート、マイナビ、doda)に登録するのがオススメです!

「3つなんて流石に多すぎるでしょ、」と正直感じたと思います。ですが、これにはちゃんと理由があります。

旭化成のようなメーカーでは、記事の最初でも触れましたが、新卒で一括採用した人材を育成し、終身雇用まで保護する、という採用方式があります。その結果、多くの枠は新卒に当てられ、中途採用からとる枠はとても少ないのです。

そもそも、求人というのは、企業の状況次第でオープンしたりクローズしたりと動きが激しいものです。

そのため、旭化成の希望の求人が入ってくるチャンスはとても限られていて、オープンしたと思ったらすぐにクローズしてしまった、なんてことはザラなのです。

また、旭化成側も、エージェント会社に求人紹介をお願いするとき、「今回はdodaだけ」「この求人はリクルート限定で行こう」というような偏りが出るケースも少なくありません。

数少ない求人にありつくチャンスを少しでも広げるためには、様々なエージェントに登録し、求人がオープンになる瞬間を網を大きく広げて待ち、即座に対応できるような状態に身を置く必要があるでしょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

女性の転職支援に特化した転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

研究・開発職、プラント職にオススメの転職エージェント

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント
  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

※以下2社は、直接旭化成の転職に対応していない場合があります。ですが、

・旭化成への転職条件を満たしていなくて、他企業を経由して経験を積んでからの挑戦を考えている人

・そもそも、旭化成以外の企業もたくさん見て見たい!

という方々に適したエージェントになります。

一般的な転職の流れ

①転職サービスへの登録

申し込みフォームに、転職希望時期希望勤務地職種年収などを入力し、申し込みを完了させます。

②求人状況の確認・サービスのご連絡

申し込み内容を見て、転職エージェントは保有している求人のなかから紹介可能な求人を調べます。申し込みから一週間以内で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。

なお、求人の状況によっては、面談や相談サービスを受けることが難しい場合もあります。

③キャリアアドバイザーとの面談・相談

面談では、業界、職種に精通した専任のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、これまでの経験や希望条件を確認し、求人の紹介やキャリアプランの提案を行います。

日程調整やキャリアアドバイザーと直接会えない場合は、電話面談も可能です。

④求人紹介・書類添削・面接対策

面談によって方向性が明確になったら、転職エージェントが保有している求人企業の紹介が始まります。お申込みいただいた方の力を最大限に発揮できる企業を中心にご紹介しています。

求人の9割は一般の転職情報サイトや求人誌には掲載されない非公開求人。いままで見つけることのできなかった求人に出会えるかもしれません。

採用担当者が思わず読みたくなるような職務経歴書の書き方や、「採用したい!」と思わせる面接テクニックのアドバイスもサポートのひとつです。

「模擬面接」を実施し、希望企業に「採用したい!」と思わせるような面接テクニックをレクチャーしています。

⑤応募・書類選考・面接

応募したい企業が決まったら、意思をしっかりと確かめた上で、キャリアアドバイザーが推薦状と共に推薦します。

また、面接日程の調整だけでなく、内定時期をできるだけ揃えるといった調整もキャリアアドバイザーが行います。

⑥内定・退職交渉・入社

内定が決まったあとの、入社日の調整や円満退社のための手続きのアドバイスなども、キャリアアドバイザーがサポート。入社や退職にあたり、困ったことがあれば遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。

転職エージェント に絶対相談すべき10個の理由