リクルートコミュニケーションズへの転職|面接難易度や年収をプロが解説

リクルートコミュニケーションズは、広告代理店の側面を持っています。

転職を検討されている人向けに、リクルートの元社員が選考の対策や年収、評判、福利厚生について徹底的に解説します!

この記事を読んで選考対策をしましょう!

リクルートコミュニケーションズの選考情報

世の中的には高いレベルを求めていますが、リクルートでは経験やスキルはそこまで重視しておらず、代わりに人物面を高い目線で選考しています

そのため、リクルートコミュニケーションズの選考の中では、面接が何よりも重視されています。

リクルートコミュニケーションズにエントリー後の流れは、以下の通りになります。

  1. 書類選考
  2. SPI・筆記試験
  3. 一次面接(人事もしくは現場マネージャー)
  4. 最終面接(部長もしくは役員)

基本的に面接は二次までありますが、エンジニアの場合は専門職のため、三次面接まであることもあります。

選考についての詳しいポイントは、以下の記事に詳しく書いてありますので参考にしてみてください。

関連記事リクルートの面接で聞かれることは?元社員が質問集を大公開!

リクルートコミュニケーションズの面接で多い質問例

まず、リクルートは一般的な企業の面接と少し違い、志望動機を聞かれることはありません。

面接官は、面接を通して転職者の価値観を知りたいと思っています。そのため自分軸をしっかりと持って、質問に答えていくことが大切です。

実際に、リクルートコミュニケーションズの面接で多い質問例をいくつかご紹介します。

  • 今までで1番印象に残っている出来事・頑張ったと思えることはなんですか?
  • 今まで取り組んできたことで、自分なりに工夫し、成果に繋げた経験があれば教えてください。
  • 入社して未経験の仕事をされる中で、壁にぶちあたった際、どのように対応しますか?なぜそう考えるのですか?

人によって聞かれることは違うので、必ずしも上記の事項が聞かれるというわけではありませんが、参考にしてみてください。

[完全無料]リクルートの採用事情について知る元社員の筆者が作成した想定質問集と蓄積された転職ノウハウで選考通過率UP!

リクルートコミュニケーションズに対する口コミ

実際に、リクルートコミュニケーションズへ正社員として転職した人に、リクルートコミュニケーションズの仕事についてインタビューしてみました。

リクルートコミュニケーションズで実際に働いている人たちの声を聞くと、仕事に関して意識の高い人が多く「成長」することを重視して働いているようですね。

ディレクター・女性

年齢はあまり関係なく、どんな人にも成長を与えてくれる会社です。社内はフランクな感じで、上司部下関係なくコミュニケーションが取れます。


ただ、仕事が大好きな人の集まりなのでオーバーワークになり気味な気はしますね…。仕事量が多いとすぐに疲れてしまうという人には、ツラく感じてしまうかもしれません。

ディレクター・男性

学生サークルっぽいノリで、和気あいあいとした雰囲気です。仕事に対して意識の高い人が多いので、仕事をサボっているような人も見当たらないです。


自分がこなしたミッションを、まるで自分のことのようにみんなが喜んで祝福してくれるので、また仕事を頑張ろう!みんなのために仕事をやり遂げよう!と強く思える会社です。

制作・女性

仕事の難易度と成果達成率で給与が決まるので、とてもやりがいがあります。働いている人は男性より女性が多く、産休や育休もしっかりと取れます。


ただ、正社員は転勤することがあるかもしれないので、今後のビジョンをしっかりと考えながら働く必要があります。

広告制作・男性

「成長」を常に意識する会社です。自分から提案し、意識高く仕事に取り組んで、どんどん成長していかないと、取り残されていってしまう感じがします。


意思表明をしっかりとしないと、自分はこんな仕事がしたいんじゃない!と思ってしまうかもしれませんね。仕事に対して提案力のある人の人が、どんどん成長しています。

[無料]リクルートコミュニケーションズへの転職サポートの実績多数!年間相談実績3000人のアクシスに相談してみませんか?

リクルートコミュニケーションズに転職後のキャリア形成は?

リクルートコミュニケーションズを転職したあとは、大手広告代理店や、マーケティングコンサル会社、デジタルマーケティング代理店などが挙げられます。

転職先
大手広告代理店 電通、博報堂など
マーケティングコンサル会社 デロイト、アクセンチュアなど
デジタルマーケティング代理店 サイバーエージェント、アイレップなど

エンジニアの場合は本人の志向に応じて、技術を極めたスペシャリストになるか、サービス企画を担うゼネラリストになるか、キャリアプランを選ぶことができます。

事業分野が様々な会社ですから「自分は何をやりたいのか、どのように成長したいのか」を常に意識することが重要です。

以下の記事でリクルートに転職した後のキャリアについて詳しく書いていますので、あわせて参考にしてください。

関連記事リクルート卒業後のキャリア形成とは?なぜ成功する人が多いの?

リクルートコミュニケーションズの仕事内容・職種

リクルートコミュニケーションズは、リクルートグループの宣伝・流通・業務設計・デジタルマーケティング・カスタマーサポートを一手に担っている会社で、リクルートグループの広告代理店とも言えるでしょう。

グループ会社と、顧客とのコミュニケーションをデザインし、リクルートグループを支えています。

リクルートグループには、人材・美容・食・旅行・結婚・住宅など、様々な分野の事業会社がありますが、横断的にグループ会社の事業に関わっています。

リクルートコミュニケーションズの職種は大きく分けて4つあります。

  • ディレクター
  • プロダクトマネジメント
  • 企画統括
  • 事業戦略

ディレクター

ディレクターは顧客ごとに解決すべき課題を設定し、コミュニケーションプランニングの企画・実行指揮により、広報戦略やブランド形成を支援します。

クライアントの抱える課題を踏まえて、マッチングすべきターゲットは誰か、何を伝えるべきか、どうやって伝えるべきかをあらゆる角度から考え、コミュニケーションプランを形にしていきます。

また、ブレーンと呼ばれるコピーライター・デザイナー・カメラマンなどは、社外の専門家と具体的な制作物などを作成していく役割があります。

プロダクトマネジメント

プロダクトマネジメントは、メディア制作フロー設計・組織構築・運用支援をし、商品企画~営業~制作まで、一連の流れがスムーズになるように業務を組み立てていきます。

こんなメディアをつくりたい、もっと効果を向上させたいといった要望に対して、仕組みや業務の設計・構築などを通して改善していきます。

メディア設計では、コストは適性なのか?など、様々なケースを考え、最善の方法を提案します。

企画統括

企画統括は、組織が掲げている事業目標達成に向けた各種戦略を立案・運用することが役目です。

部門の業績推移判断のために指標を定めたり、組織として新たな価値を発揮できるよう、半期や年間という単位でテーマ設定や管理をおこないます。

組織運営の方針を固めながら、経営に対して提言・起案できる機会もあります。

事業戦略

事業戦略では、リクルートの事業会社と二人三脚となり、クライアントとカスタマーのマッチングを生み出す最適な仕組みを設計していく役割があります。

リクルートのビジネスにおける「未来の基盤」を創り出すポジションとして活躍できます。

電話やメールのみの非対面の営業モデルや、その他サービス提供内容・領域は様々です。

︎[完全無料]10時間以上の選考対策で納得のできる転職を実現。転職サポート申し込みはこちらから

リクルートコミュニケーションズの平均年収

リクルートコミュニケーションズに中途で入社すると、約540万円からスタートします。

入社後、活躍していくと約600〜700万円くらいに上がります。

マネージャーに昇格すると、約1000万〜1200万円ほどになります。

リクルートコミュニケーションズだけでなく、リクルートホールディングス全体の年収をまとめたので、参考にしてみてください。

関連記事【元社員が暴露】リクルートホールディングスの年収を大公開!

リクルートコミュニケーションズの労働環境

リクルートコミュニケーションズで働くとなると、労働環境はとても気になるポイントだと思います。

以下では、労働環境についてまとめてみました。

  • 社風
  • 残業時間
  • 福利厚生

社風

リクルートは大手企業でベンチャー的な社風なので、どこの企業へ行っても馴染みやすいです。

上下関係があまりなく、学生サークルのようなノリで、皆さんが思っているよりもフラットな組織です。

一般企業と比較して、リクルートは特殊なカルチャー・社風と言われています。

残業時間

広告代理業ということもあり、開発・制作物があるため、リクルートグループの中では忙しくなりがちな業態ではあります。

納期前後はとくに忙しいですが、家に帰れないということはなく、22時頃には帰宅できるという感覚です。

福利厚生

雇用形態によって福利厚生は異なりますが、リクルートコミュニケーションズには、一般的な企業とは少し違う福利厚生があります。

  • サンクス休暇
  • 産休・育休制度
  • 在宅勤務制度
  • 育児・介護短時間勤務制度
  • 事業内保育園
  • 子育てサポート制度
  • 女性活躍推進制度

サンクス休暇

サンクス休暇は、従業員本人や家族の誕生日、結婚記念日などに年1回休暇を取得でき、サンクスファミリーギフトという手当を支給してもらえます。

産休・育休制度

仕事と育児を両方充実させながら、安心して出産・育児ができるよう休暇・休職制度があります。

産前6週間〜産後8週間の産前産後休暇はもちろん、子どもが1歳になる月まで育児休職を取得することができます。

在宅勤務制度

仕事と育児・介護などを両立させたいと考える社員を応援するため、在宅勤務制度を用意しています。

育児中の社員を中心に、多様な働き方が増えています。

育児・介護短時間勤務制度

育児や介護をしながらも、仕事を充実させたいと考える従業員を支援するために、短時間で勤務できる制度を用意しています。

事業内保育園

高い成長意欲を持ちながらも、保育環境が整っていない社員が安心して職場復帰をおこなえるよう、本社のグラントウキョウサウスタワー内には事業内保育園を併設しております。

子育てサポート制度

厚生労働省が制定している、次世代育成支援対策推進法に基づく認定制度です。

行動計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たしていると認定された会社が使用を許可されている「くるみん」マークを取得しています。

女性活躍推進制度

厚生労働省が制定している、女性活躍推進法に基づく認定制度です。

一定の基準を満たし、女性の活躍推進に関する実施状況等が優良な企業が認定される「えるぼし」にて、最高ランクの「3段階目」の認定を受けています。

[完全無料]転職エージェントは企業の採用担当と繋がりがあるので、ネットには出ていない独自の求人を多数保有しています。転職相談はこちらから。

20代でリクルートコミュニケーションズへの転職を希望する人へ

転職エージェントの立場から現実をお伝えすると、特定のスキルを持っていない人が30歳を超えて転職をするのは厳しいです。

反対に20代で転職をしてキャリアアップを考えている人は市場価値を伸ばせるチャンスです。

なぜなら、前向きな思考を持っている人は想像以上に評価されるからです。

とくに無形商材の法人営業経験があれば転職において評価が高くなります。

リクルートコミュニケーションズの選考では、考え方や価値観・スタンス・意欲などの人物面を大切にしています。

弊社では自社で独自に作成したオリジナルの質問シート(*1)を活用して、面接前にご本人の志向性の言語化をお手伝いしています。

弊社エージェントサービスでは、市場価値を伸ばせる無形商材法人営業職の求人を多数保有しております。

20代というキャリアにおいて大事な時期は今しかありません。

本気でキャリアアップを目指しているという人は、ぜひ弊社エージェントにご相談ください。

リクルートを目指す20代のための転職エージェント

ポイント

  1. リクルートを目指す人に向けた転職支援!
  2. リクルートグループへの転職実績多数!
  3. 元リクルート出身者のノウハウを活かして内定獲得をサポートします!

【無料】転職サポート申し込み

*1:
この質問シートは、リクルートへ多数の紹介決定実績があり、リクルートグループの中途採用面接官の経験もある著者自身が、面接で質問されることが多い内容をまとめたものです。

質問シートは、弊社にご相談された転職者のみにお渡ししておりますが、一部内容をこちらの記事「転職は自己分析が決め手!」にて公開しております。

弊社の転職支援サービスに興味がありましたら、よろしければご一読ください。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。