富士ソフトに転職するには?難易度や面接対策を大公開!

富士ソフトに転職したい人向けに、難易度や面接対策について解説しています!

また、採用や企業についての情報も合わせて紹介します!

富士ソフトの転職難易度

富士ソフトの転職難易度は、営業系、企画系、管理系により変わってきます。以下からどのような違いがあるのかを解説していきます。

営業系は法人営業の経験が必要

営業系の転職難易度はやや高く、法人営業の経験が3年以上必要なことがほとんどです。また、IT製品の営業販売の経験を求められることもあり、豊富な経験とスキルが必要になります。

とはいえ、営業系はITのベンチャー企業や中小企業での営業経験があれば転職できる可能性はあります。ただ、アピールできるだけの実績やスキルがなければ難しいです。

企画・管理系の転職難易度は高い

富士ソフトの企画・管理系職種の転職難易度は高いです。基本的に、同じ職種の経験を1〜3年以上求められます。さらに管理系の場合は、大学や大学院での研究実勢や論文発表の実勢をみられることもあります。

ですが、NTTデータNEC、大塚商会など富士ソフトと同レベルの企業での実務経験があれば、選考を有利に進められます。どの大手企業も、他社のノウハウや強みを自社に取り入れたいと考えており、富士ソフトも同じ傾向があるためです。

富士ソフトに転職しやすい人の特徴

富士ソフトに転職しやすい人の特徴を以下から解説していきます。

先ほど紹介した富士ソフトと同レベルの企業で勤務していた人を除き、以下の経験やスキルがある人は転職しやすいです。

詳しく紹介していきます。

開発の実務経験が豊富な人

富士ソフトのエンジニアで求められるのは、ハードウェア、汎用機器、Webアプリなどいずれかの開発経験です。2年以上の経験が必須なことがほとんどで、経験が豊富な人ほど評価されます。

また、開発業務といっても分野ごとに扱う言語は異なるため、面接時にどの言語を使用できるのかも合わせて伝えられると良いアピールになります。

IT製品を扱った法人営業経験がある人

富士ソフトはIT製品を活用した情報システムの提案や販売をおこなうため、IT製品を扱う法人営業経験が3年以上を転職の必須条件にしていることが多いです。

営業経験以外には、マイクロソフト製品の機能やライセンスプログラムの知識やスキルがあると、さらに評価されやすくなります。

IT関連の事業戦略経験が豊富な人

富士ソフトには営業企画業務のポジションがある場合があり、各部門ごとに課題を解決するために、IT関連の事業戦略経験が豊富な人が評価されやすくなっています。

計画達成状況や生産性などのデータを分析し、経営部門と課題解決にするため、統計分析に関してのスキルを持っていると良いです。

富士ソフトの面接の傾向・対策

富士ソフトの面接を受ける際は、以下の点を対策しておきましょう。

富士ソフトの面接では、基本的にイレギュラーな質問をされることがほとんどありません。志望動機や自己PR、経歴に関する質問など、予想できる範囲の質問が多い傾向にあります。

とはいえ、富士ソフトでは面接の回答を高い水準で求められるので、しっかりとした準備をしておく必要があります。また、回答内容以外にも人柄を重要としている特徴もあります。

では、以下から上記の対策内容について具体的に解説していきましょう。

自己分析、キャリアの棚卸し

自己分析、キャリアの棚卸しでは富士ソフトで活かせる、自分の経験とスキルを明確にしましょう。基本的に面接では経験とスキルを減点法式と加点方式で評価することがほとんどです。

求人内容に書かれている必須の経験とスキルでは減点法式、歓迎される経験とスキルは加点方式で評価されます。求人の募集要項を見て、どのような経験とスキルが求められるているのかを確認し、企業にとって適切な経験とスキルをアピールするようにしてください。

実績を詳細にまとめる

実績は、面接で伝えるだけでなく職務経歴書にも書けるように、詳細にまとめておくのが良いです。

例えば営業職なら、売り上げの実績や対応顧客数、企画や管理系であれば商品の制作やマーケティングに繋がった実績などです。実務的な実績をまとめておき、面接で詳しく話せるように準備しておきましょう。

企業理解

企業理解では、富士ソフトがどのような人材を求めているのかを求人やコーポレートサイトなどを見て理解しておきましょう。

富士ソフトの社風は「お客様の利益貢献」「社員同士の共助」「先進的なチャレンジ」の3つがあります。これらの社風をベースとして考え企業分析をおこなってください。

どのような人材が求めらているのかを考察し、富士ソフトが求めている人材に沿った面接対策をしておけば、内定獲得の確率が上がる傾向にあります。

もし企業分析や面接対策が苦手であれば、転職エージェントなどの転職支援サービスを利用するのも良いです。転職エージェントを利用するのであれば、以下の大手エージェントのどれかに登録するのがおすすめです。

おすすめの大手転職エージェント

また、転職するべきか迷っている人は、富士ソフトのような大手企業から直接スカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがオススメです。

富士ソフトの採用情報【求人情報】

富士ソフトの採用情報について、募集している職種と必須になるスキルや経験について以下から解説していきます。

募集職種

富士ソフトが募集している求人は大きく分けて「技術系」「営業系」「企画系」「管理系」の4つです。

以下から詳しく解説していきます。

技術系

技術系は、各種システムの企画、設計、開発、運用保守などが主な業務です。

その中でも分野が分かれていて、ハードウェア系、汎用機系、Webやビジネスアプリ系で以下のように業務内容が異なります。

  • ハードウェア系
    →携帯端末のシステム開発やプリンターなどの機器開発、デジタル家電などの開発業務

  • 汎用機系
    →金融会社や保険会社に関するクレジットカードのシステム開発、損害保険システム開発業務

  • Web・ビジネスアプリ系
    →金融・医療・流通・製造・公共・通信分野等のWebや業務アプリケーションの開発業務

営業系

IT製品の提案・販売を行う業務で既存顧客のフォローを中心に活動をしており、インフラ系・法人営業などで業務内容が以下のように異なります。

  • インフラ系
    →業種を問わない仮想化やセキュリティなどインフラ基盤の提案業務

  • 法人営業
    →全社の営業部門に展開する商材の選定・販売を行う仕組みの構築業務をおこなう

企画系

富士ソフトの企画系職種は、マーケティング調査、分析、戦略企画などで顧客のニーズを特定して商材を提案する業務を主としています。

社内情報を元に調査や分析をおこない、その結果に応じて営業担当者にプロモーションの戦略を提案するなど、ビジネスに大きく影響を与えるポジションです。

管理系

富士ソフトの管理職というと再生医療や製品管理など、様々な分野に分けられています。

管理職への転職を考えているなら、分野ごとに業務内容はもちろん必要な経験も変わってきます。自分が転職したい管理職の分野については、事前に富士ソフトの求人などを確認しておきましょう。

必須経験・能力

次に、上記で紹介した職種に求められる、必須経験やスキルを紹介していきます。

技術系

ハードウェア系・汎用機系・Webやビジネスアプリ系などいずれかの分野で2年以上の開発・技術経験が求められます。

分野ごとにプログラミング言語が異なるため、言語に対して知識が豊富であると評価が上がります。

営業系

営業職では、顧客に対して計画と立案ができる人材が求められます。

他には、数字に責任感を持てることやIT製品の営業販売の経験、3年以上の法人営業経験が必要です。

企画系

富士ソフトの企画系職種では、企画立案の実務経験が1年半以上必要です。

また、WardやExcelなど基本的なPC操作ができることも求められます。

管理系

管理系職種の中でも、再生医療の業務管理であれば医学博士や医学または生物学を大学などで学んだ経験が必須です。

他にも2年以上の事業会社での就業経験・細胞培養経験・無菌操作経験なども求められ、かなり狭き門と言えます。

コンサルタントなら、2年以上の社会人経験、基本的なPC操作ができ、未経験でも医療コンサルに興味があれば応募資格があるなど、割と緩めな設定になっています。

富士ソフトの企業情報

富士ソフトの企業情報について「事業内容」「年収」「社風」「福利厚生」の4つに分けて紹介していきます。

事業内容

富士ソフトがおこなう事業内容は大きく分けて以下の4つです。

詳しく解説していきます。

業務系ソリューション

富士ソフトの業務系ソリューションは、最先端業務ソリューションであり、個別システムの開発からクラウドまで、様々な技術を駆使したシステムを提供しています。

実際に、富士ソフトが提供しているソリューションをいくつか紹介しましょう。

  • 情報システムソリューション
    →自社のデータセンターを主軸として、プライベートなクラウド基盤でMicrosoftなど多様な情報システムソリューションをインテグレーションから運用サービスまでサポートしています。

  • 金融ソリューション
    →各金融機関の勘定系業務システム、情報系システム、インフラ関係など幅広いソリューションを提供しています。

組込・制御テクノロジー

ハードウェアの組み込からコントロールまで、幅広く質の高いテクノロジーを紹介しています。

富士ソフトが実際に提供しているテクノロジーを以下で紹介していきます。

  • 最先端の組み込み製品・開発力
    →ロボット・自動車・ハードウェア・ソフトウェアなど幅広い分野のシステムの開発をおこなっています。

  • 医療機器
    →CT・MRI・心電計・内視鏡など最先端の医療機器開発に対して、最新技術を提供しています。

  • モバイル(スマートフォン)
    →スマートフォンの通信制御やAndroidアプリケーションの開発などモバイルに関する組込・制御技術を提供しています。

グローバル

国外の顧客に対しても、開発・保守・運用・技術などを提供しています。

プロダクトサービス&アウトソーシング

富士ソフトが長年培ってきたノウハウを生かして自社プロダクトを生み出し、様々なサービスと組み合わせてサービスを提供しています。

その中で富士ソフトが提供しているプロダクト・サービスをいくつか紹介します。

  • ペーパーレスシステム
    →会議やプレゼンテーションで活躍するサービスを提供しています。主にドキュメントや動画で情報を管理し、紙の資料が出ないような商材を提案しています。

  • 総合教育ソリューション
    →校内放送や音楽教材コンテンツの配信、地震や津波情報の自動配信など学校生活をより快適にし、総合教育の貢献をしています。

年収

会社四季報ONLINEで調べたところ、富士ソフトの平均年収は594万円となっていました。また、平均年齢は36.2歳です。

以下で職種ごとの収入を紹介しています。

技術職 営業職 企画職 管理職
380万円~
650万円
400万円~
800万円
400万円~
800万円
400万円~
800万円

社風

富士ソフトの社風は、実力主義で昇進をしないと給料が上がらないという意見が多いように思います。

現在はリーマンショクの影響が続いていて、リーマンショク前よりも各種手当が半額になっているようです。ただ、リストラなどの処分はありませんでした。

女性の働きやすさに関しては、育休や産休を取得しても復帰をする人が多いようで、働きやすい環境が整っています。

福利厚生

有給休暇を積極的に取得するようにしている風土や、マイホリデー休暇という家族との記念行事の際に休みを取れるようするなど、プライベートを充実させやすいシステムを採用しています。消滅してしまった有給に関しては、別途特別手当が支給されるようにもなっています。

また在宅での勤務も可能で、育児中であったり介護をしていたりと、家の都合であまり出社できない人でも働きやすいように、柔軟な対応をしています。

語学留学やボランティア活動のために1年取得できる長期休暇制度が設けられていたりと、かなり休みの融通が効きやすい福利厚生が揃っています。

そのほかに独身寮・家族社宅の提供など社外でも過ごしやすい環境の提供をおこなっています。

富士ソフトへの転職を成功させる方法

富士ソフトへの転職を成功させるなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントは、一般に公開されていない非公開求人を保有しています。この手の企業は一般に求人を公開すると、応募が殺到してしまう大手や人気企業であることが多いです。

つまり、リクナビNEXTといった一般の求人サイトを見ていて富士ソフトの求人がなくても、転職エージェントなら求人を扱っている可能性があるということです。

また、転職エージェントは履歴書の添削や面接対策など、内定を獲得するためのサポートを徹底的におこなってくれます。実際、転職エージェントを利用した人の内定獲得率は高い傾向にあります。

実際に転職エージェントを使うなら、まず1社だけに最初から絞るのではなく、2〜3社同時登録するのが良いです。転職エージェントの質は、担当のキャリアアドバイザーによって大きく代わるので、自分に合うキャリアアドバイザーに効率良く出会うためにも、同時登録して使う転職エージェントを選ぶのがおすすめです。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント