JTBの年収っていくら?残業代やボーナスについても徹底解説!

  • !

JTB ロゴ

    JTBの平均年収がどれぐらいなのか、転職のプロがズバリ解説します。

    また、職種別や競合他社と比較した給与水準、残業代・ボーナスなどについても分かりやすく紹介します。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

JTBの平均年収は約454万円

JTBは有価証券報告書がないので、今回は代わりにOpenWorkを参考にしたいと思います。

OpenWorkの情報によると、JTBの平均年収は約454万円です。

この平均年収の金額は、OpenWorkに口コミを寄せた回答者(257人)の平均年収です。

あくまでも2020年7月時点でのデータなので、時期によって変わる可能性があります。

dodaの「平均年収ランキング最新版(業種別)」を見てみると、サービス業界の平均年収は約367万円となっています。その中で旅行業界の平均年収は約338万円であるというデータが出ています。

JTBの平均年収は、業界の平均年収よりも高いことがわかります。

年に1度評価改定があるので、成果が評価されれば給与アップが見込めます。

JTBの年代別平均年収

JTBの年代別平均年収をLighthouse(旧カイシャの評判)のデータを元に算出した結果、各年代別の平均年収は以下のようになっています。

また、dodaが発表している「平均年収ランキング(年齢別)」の一般的な年代別平均年収も合わせて紹介します。

全体 JTB
20代 345万円 約250〜480万円
30代 442万円 約250〜350万円
40代 507万円 約550万円
50代 622万円 約850万円

20代は平均値ですが、人によっては平均値以下または平均値以上で、30代は平均よりも少なく、40〜50代は平均よりも年収が高くなっています。

回答人数や役職などによって平均年収は変わってくるので、参考として見てください。

【転職実績No.1!】大手企業への転職ならリクルートエージェント!

JTBの職種別平均年収

2020年7月時点のLighthouse(旧カイシャの評判)に投稿されている年収データを元に、独自の方法で職種別平均年収を算出してみました。

営業系 約416万円
企画・事務・管理系 約345万円
販売・サービス系 約275万円
専門サービス系 約300万円
IT系エンジニア 約350万円
マネージャー 約800万円

上記の職種別平均年収は現役社員・元社員の回答を元に独自で算出しており、もっとも高いのはマネージャーで約800万円、もっとも低いのは販売・サービス系で約275万円でした。

回答人数や回答者の役職などにもよって平均年収は変わってくるので、参考程度に見てもらえればと思います。

JTBと競合他社の年収比較

JTBと同じ旅行業界の「HIS」「クラブツーリズム」「日本旅行」の3社との年収を以下で比較してみました。

各社とも2020年7月時点でのOpenWorkを元に比較をしています。

JTB 約454万円
クラブツーリズム 約435万円
日本旅行 約414万円
HIS 約389万円

JTBと競合他社の平均年収を比較したところ、JTBが1番高いです。

とはいえ、どの企業も旅行業界の平均年収約338万円を上回っています。

ただ、平均年収は各企業の業務形態や事業内容などによって変わってくるため、上記の平均年収比較は参考程度で見てください。

転職
エージェント
末永

JTBのような大手企業への転職を考えている人には、リクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは、業界No.1の転職支援数を誇っており、実績のあるアドバイザーに選考対策をしてもらえますよ。

大手企業の求人が豊富な転職サービス

まだ転職するか迷っている人は、大手企業から直接オファーの届くビズリーチに登録しておくのも一つの手です。

JTBの残業代・ボーナス・昇給制度

JTBの残業代・ボーナス・昇給制度について、以下で詳しく紹介します。

JTBの残業代

JTBのコーポレートサイトによると、特別勤務手当があり、残業や休日出勤の場合は手当が出ます。

また、Lighthouse(旧カイシャの評判)によると、残業代は15分単位で支給され、マネージャーが厳しくチェックをするのでサービス残業はありません。

ただ、役職者は残業必須の雰囲気があるそうです。

JTBのボーナス・昇給制度

JTBのコーポレートサイトによると、賞与は年に2回あります。

また、Lighthouse(旧カイシャの評判)によると、昇給は年に1度、数千円ほどの昇給があるそうです。

昇給額が少ないと感じるかもしれませんが、旅行業界では良いほうだそうです。

JTBの年収に対する評判・口コミ

JTBの年収に対する評価を集めてみました。

現役社員・元社員が年収に対して、どのように思っているのか、参考にしたい人はぜひ目を通してみてください!

良い評判・口コミ

営業・男性

給料は確かに低いかもしれませんが、他の旅行会社と比べると自分のもらっている給料は多いほうだと思います。

土日だと手当をもらえるので、ありがたいです。土日仕事が多ければ、給料もそこそこ稼げます。

企画・女性

完全歩合制とまではいきませんが、実績や実力に応じて給料に差がつく制度を導入しているので、若くても頑張れば評価されます。

自分の部署のマネージャーは、成果を見てすぐに対応をしてくれて、給料もトントン拍子に上がっていきました。

悪い評判・口コミ

営業・男性

景気にかなり左右される業界なので、残業が少ない月は給料がかなり少ないです。とくに、コロナウイルスが流行っている時期は、本当に大変でした。

結婚していて家族を養わないといけない人は昇給していかないと厳しいですが、昇給もそう簡単にできないので、別の業界に転職してしまう人が多いです。

営業・女性

ノルマが達成できないと年収が下がるし、ノルマを達成すればするほど、ノルマが厳しくなっていくので結構ツラかったです。

その割に給料もそこまで高いわけではなく、モチベーションが上がりません。友人何人かと食事に行ったとき、自分だけ給料が低く、少し悔しい思いをしました。

【転職実績No.1!】大手企業への転職ならリクルートエージェント!

JTBへの転職を成功させるコツ

結論から言うと、JTBへ転職を考えている人は一度転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントではJTBの採用基準に合わせて選考対策を実施してくれるため、内定獲得率が上がるからです。

また、転職エージェントは大手企業から非公開の求人をもらっているケースもあるため、自分の希望にあった求人を探すという意味でも相談をおすすめします。

ただ、担当のキャリアアドバイザーによってサポートの質が異なるので、まずは2~3社複数登録して、そこから自分に合ったキャリアアドバイザーと転職活動を進めていくのがベストですね。

JTBの転職については以下の記事も合わせて見てください。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメント
に相談する

エンジニア・デザイナーの転職におすすめの転職エージェント

エンジニアの求人も豊富に保有している
国内最大級の定番エージェント

ポイント

  1. 転職者の約8割が利用するエージェント
  2. 求人数は業界No.1!全ての職種を網羅
  3. プログラマー・Webエンジニア、社内SEなど人気の求人も多数保有

リクルートエージェント
に相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント