看護師向け!転職理由や退職理由を伝える際のポイントを解説!

看護師の転職理由退職理由の伝え方について注意すべきポイントや表現の工夫の仕方についてご紹介しています。

面接対策をしっかりとおこない、内定獲得率をあげたい人必見です。

看護師の面接で転職理由・退職理由を伝える際のポイント

看護師の面接の際に1番悩むのは、転職理由・退職理由をどう伝えるべきかということでしょう。とくにはじめて転職をする人には、後ろめたさを感じて本音と建て前を上手に使い分けるのが難しく、伝え方に迷うケースが多く見られます。

ですが、転職者はそれまでの経験があるため、病院側にとってぜひとも欲しい人材です。いくつかのポイントを押さえれば、優位に面接を運ぶことができます。

看護師の面接で転職理由・退職理由を伝える際のポイントとして、以下の3点を押さえておくのが大切です。

  1. 客観的に聞いていて納得感のある理由か
  2. 早期離職の心配はないか
  3. できるだけポジティブな理由に転換して話す

転職を考える看護師の多くが、実はネガティブな理由で職場を辞める決意をしています。それをそのまま伝えるのではなく、相手に納得のいく形で話すことが最大のポイントです。

建前とは嘘をつくことではなく、表現をポジティブなものに転換することです。それでは、具体的にどう建前を用いればよいのか見ていきましょう。

看護師によくある転職理由・退職理由と面接での回答例

看護師の転職理由・退職理由として多く挙げられるのは、以下のような点です。

  • 残業が多い・夜勤がつらい・給与が低いなどの労働環境や賃金に関する理由
  • 人間関係に悩んでいる
  • 思うような看護ができず仕事の達成感がない

これらの転職理由・退職理由を面接ではどのように回答すればよいのか、見ていきます。

労働環境や賃金が理由の場合

労働環境や賃金が理由の場合、1番気をつけたいのはその理由が納得の行くものかどうかという点です。

とりわけ労働環境の悪さは、残業の頻繁さや夜勤のつらさなど、一般的に納得の行きそうな理由であるため、一見伝え方に工夫はいらないように思えます。

ですが、単に給料が低いから、残業や夜勤が多いからなどと伝えるのでは、ウチの職場でも同じ理由で辞められてしまうかも…という懸念を面接官に与えてしまいかねません。ですので、面接のために表現を工夫することが是非とも必要なのです。

ポイントは、客観的に見てもかなりつらい状況であるという点を相手に理解してもらうことです。客観化のためにもっとも有効なのは数字です。

月の平均勤務時間や、それに見合った賃金が支払われているか等の数字を可能な限り用意しておくことは重要です。

これらの数字を面接官に示した上で転職理由・退職理由を話せば、主観的な印象は拭うことができます。全国平均などと照らし合わせる必要は必ずしもありません。

転職を希望する病院は、以前の職場よりも労働環境や賃金の点で優れていることが前提です。以前の職場状況の悪さを客観的に伝えることで、この病院に転職したい意志を表現できれば十分です。

【回答例】

以前の職場よりも自分の仕事に対して適切な評価と待遇をしてくださると思ったからです。

以前の職場では月の残業が平均40時間近くでしたが、残業手当は多くても3~4万円程度であり、手当がまったく支払われない月もありました。

加えて残業による疲労も溜まり、日々の仕事に十分取り組めないことが続いてしまいました。

そのような待遇の結果、自分の仕事が適切に評価されていないのではないかと疑問を持ったのが、まず転職を決意した理由です。

人間関係が転職理由・退職理由の場合

看護師が転職を希望する理由として、人間関係や職場の雰囲気の悪さは意外と多いものです。

人間関係が転職理由・退職理由の場合、重要なポイントは他責になっていないかどうかという点です。

上司や同僚とウマが合わなかったことを、彼らの悪い点を挙げて伝えてしまうと、この人と一緒に働きたくないなという印象を持たれてしまいます。

前職場での人間関係を伝えるときには、単なる愚痴のようなものにはしないよう気をつけることが大切です。

自分への内省を挟みつつ、次の職場ではこういう環境でこういう努力をしたいなどという希望を前向きに伝えましょう。

【回答例】

前職場では、看護師同士の連携や協力を上手くはかれなかったというのが大きな理由です。

看護師の仕事の忙しさを理由にチームワークを取ろうとしなかったため、互いのミスを責め合うような形になってしまいました。患者だけでなくチームの一員も気遣う心の余裕を持つことが、結果的によい仕事につながるのだと学びました。

この学びを糧に、次の職場では良好な人間関係をはかり、良い雰囲気の職場づくりを実践しようと考えています。

仕事のやりがいやスキルアップが転職理由・退職理由の場合

やりがいやスキルアップが転職理由・退職理由の場合、それ自体が前向きな理由に思われるため、素直に伝えればいいのではと考えがちです。

しかし、やりたい仕事ができない、スキルアップしたいとそのまま話しても、実力が足りないだけではないのかという疑問を抱かれてしまう可能性があります。

ですので、どういう風に働きたく、なぜ今の職場ではそれが実現できないのかなどの理由をしっかり伝えることで、納得されるような形に表現して行くことが大切です。

また改善を申し出たりしたか、など前職場で実践した背景を伝えておくと、転職理由・退職理由が明確に浮かび上がるので簡単に入れておくとよいでしょう。

【回答例】

自分のスキルや知識を身につける環境が整っていなかったためです。

以前の職場では年功序列が一貫しており、長く務めている人とそうでない人との間で日常の業務内容に差があり、固定されていました。

私がプリセプターを担当した際に改善を申し出ましたが、認められませんでした。年齢によって日常的な業務内容が決められている以上、さらなるスキルアップはしばらく望めないとその時感じたのが、転職を決意した大きなきっかけです。

早期離職の場合の転職理由・退職理由を伝える際のポイント

1~3年未満で早期退職されてしまった人には、普通の転職の場合とは違った難しさと後ろめたさがあり、どのように伝えるか迷うことも多いでしょう。

早期退職の場合、先ほど説明したポイントを押さえると共に、転職理由・退職理由について伝える際の工夫が必要です。

もっとも重要なのは、早期退職してしまった理由を自分なりに反省し、次の職場ではどのように改善していくかをしっかり伝えることです。

ここでも客観的な伝え方は大切です。単に自分を卑下するのではなく、職場環境や待遇などを分析し、表現を工夫していきましょう。

退職してしまった、という1点を問題として気後れしてしまいがちですが、客観的な理由に加えて改善の意志や熱意、ポテンシャルについて話すことができれば、転職者と同じ土俵で面接に臨むことができます。

また、早期退職についてはこちらの記事も参考になります。ぜひ一度ご覧になってください。

関連記事1年目の新人看護師が転職を成功させるポイントを徹底解説!
関連記事看護師2年目でも転職できる?失敗しないためのポイントを伝授!
関連記事看護師3年目の転職成功術!良い求人を探す秘訣とは?

転職理由・退職理由はウソをつかず「本音」で伝えよう

転職理由・退職理由を伝える際に大切なのは、ウソをつかず「本音」で話すということです。

ネガティブなことを言うのは気が引けるという理由で面接にウソをつく人もいるかと思います。

ですが、大抵のウソは挙動から面接官に伝わってしまうことが多く、また回答している内に矛盾が生じてしまうリスクもあります。

本音で話すというのは、単に自分の不満を述べるのではなく、そこから何を学んだかを抽出し、より建設的な転職理由・退職理由を話すということです。建前とは表現方法の工夫であり、ウソをつくことではありません。

面接対策をしっかりおこないたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事面接対策をしたい看護師必見!失敗しないポイントを大公開!

面接を突破して希望の病院に転職するために

内定獲得率をあげるために、転職エージェントを利用するのもオススメです。キャリアアドバイザーと相談することで、あなたに合った病院を客観的に探しだし、マッチングしてくれます。

選考の対策などの相談にも乗ってもらえたり、病院にあなたの人柄を含めて推薦してくれもしますので、とても心強い存在です。

転職エージェントは転職者の求める条件と、その人の持っているスキルや経験から、希望にマッチした病院を判断してくれます。他にも必要な履歴書作成や面接対策など、転職活動のあらゆる面をサポートしてくれます。

とはいえ、転職エージェントのサービスは担当するエージェントによって質が変わります。そのため、転職エージェントを利用するときは2〜3社に同時登録することがオススメです。複数のエージェントを登録することで、自分に合うキャリアアドバイザーを効率良く探せます。

医療系特化型エージェント

年間2万人以上の看護師が利用する転職サイト

ポイント

  1. 好条件の求人を厳選してご紹介
  2. 実績豊富な転職のプロが担当
  3. 希望条件にピッタリ合った求人を提案

看護rooに
相談する

利用した看護師の満足度は業界トップクラス!
求人数も豊富で非公開求人を数多く取り扱っています。

ポイント

  1. 利用した看護師の満足度96%!
  2. 現場の看護師さんからヒヤリングしたリアルな情報が知れる
  3. 医療系転職サービスを複数展開しているので信頼できる

マイナビ看護師に
相談する

4年連続支持率No.1の転職サービス
転職成功実績は3万件以上!

ポイント

  1. あなたにぴったり合った求人を厳選してご紹介
  2. 残業・人間関係など内部の情報も提供
  3. 給料交渉・退職交渉を徹底サポート

医療ワーカーに
相談する

全国の主要な医療機関を網羅!
希望に合った求人が見つかる転職サイト

ポイント

  1. 全国12万件以上の求人を保有
  2. アドバイザーの対応満足度No.1 (ネオマーケティング調べ)
  3. 各地域に特化したアドバイザーが対応

看護のお仕事に
相談する

多くの看護師に支持されている転職サイト!

ポイント

  1. 登録者限定で非公開求人を紹介
  2. 日本最大級の医療機関の情報量
  3. 上場企業が運営しているのでセキュリティは万全

ナースではたらこに
相談する

医療系求人数No.1の転職サイト
利用者満足度は96%!

ポイント

  1. 転職成功でお祝い金をプレゼント
  2. LINEで無料転職サポートが受けられる
  3. 2万件以上の看護師求人を保有

ジョブメドレーに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント