看護師は転職回数が多くても大丈夫!経験を活かす選考のコツ紹介!

  • !

パソコンを操作する看護師

    一般的に転職回数が増えるほど、転職は難しくと思われがちなものの、看護師は転職回数が多くてもそれほどデメリットになりません。

    本記事では、看護師の転職に対して、過去の転職回数が与える影響を解説します!

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

看護師の転職回数は多くても不利になりにくい

一般的には転職回数が多い人は長く働く気持ちがないと思われがちなものの、看護師はその限りではありません。

なぜなら看護師は専門スキルを持っているため、複数の転職経験で磨かれたスキルを持っている人材だと認識されるためです。

実際に、看護師では2〜3回程度の転職回数は珍しくなく、5回ほどの転職をしている人もいます。

とはいえ転職回数が多いと、転職をしてもすぐに辞めてしまうのではないのかと思われるのは事実なので、むやみに転職回数を増やさないようにしましょう。

とくに、勤続1年未満の転職はキャリアに傷をつける可能性があります。採用してもすぐに辞めるのではないかと思われてしまう可能性があるからです。

基本的には短期での離職を繰り返さないようにしつつ、面接のときに転職した理由をきちんと説明できるように準備しておけば、転職は難しくありません。

【年齢別】看護師の平均転職回数とその理由

看護師向け転職サイト「ナースフル」で発表された看護師の転職回数の年齢別データは以下の通りになっています。

年齢 転職回数
0回 1回 2回 3回 4回 5回以上 平均
20代 45.8% 30.1% 16.9% 0% 6.0% 1.2% 0.9回
30代 23.0% 21.2% 24.1% 14.6% 8.8% 8.4% 2.0回
40代 11.7% 12.5% 25.0% 18.8% 13.3% 18.8% 2.8回
全体 23.9% 20.3% 23.1% 13.1% 9.5% 9.9% -

このように20代で1回は転職している人が半数以上を占めていて、40代では9割近い人が転職を経験しています。

また、5回以上の転職をする人も全体の約1割になっていて、かなりの人が積極的に転職をしていることがわかります。

よくある転職理由は「結婚や出産などの家庭事情に合わせて職場を変えたい」や「給料を上げたい」などです。

他に「仕事の内容が合わないと思った」「職場の人間関係でトラブルがあった」といったケースもあります。

転職回数の多い看護師が選考を突破するコツ

転職回数が多くて不安がある看護師の人も、しっかりと対策をすれば選考に突破できる可能性は十分にあります。

転職回数の多い看護師が転職するときのコツは以下の2つです。

ここからはそれぞれについて解説します。

一貫性のある説明が大切

転職を繰り返してきている看護師にとって重要なのは、今までの経歴を一貫性のあるストーリーにして説明することです。

転職回数が多いときには面接で退職理由や転職理由、志望理由を問われます。

その際に今までの経歴を加味して、「自分はこういう方向性でキャリアを積んできていてこの職場がベストだと考えました」と一貫性をアピールすれば、志望動機に信頼性が生まれます。

また、前職の経験を活かして新しい職場に貢献したい気持ちを見せるのが効果的です。

過去に一貫性のあるストーリーが思いつかないときは、転職回数が多くなった経験を反省して前向きに新しい職場で働き続けていきたい意志を伝えるのも良い方法です。

その際、転職理由として人間関係のトラブルなどを隠す人は多いです。しかし、人間関係による退職は隠さずに伝えましょう。素直に伝えることで誠実さをアピールできます。

ただ、他人の責任を批判するような話し方はしないようにしましょう。見方によっては上司や同僚の非難をする人、自分にも責任があることを認めない人だと思われてしまう可能性があるからです。あくまで客観的な状況を伝えるだけに留めておくのが無難です。

職務経歴書は省略せずに記載

職務経歴書は省略せず丁寧に記載して、それぞれの職場で何を担当し、どんな経験を積み、どのようなスキルを習得したのかを端的に伝えましょう。

職務経歴を正しく書くことで、自分の磨いたスキルをアピールすることができるからです。

また、職務経歴書には決められたフォーマットがなく、自由に構成することができるものの、よく用いられている形式を利用するのが良いでしょう。

具体的には、逆時系列または時系列で職歴を説明していくのが通例で、2~3行で職務内容を要約したあと、実際におこなった業務やそれによって得られた成果、習得したスキルなどについてわかりやすく記載するといった形式です。

ここでも一貫性が重要なので転職回数が多い人ほど時系列にして、全体をストーリーに仕立てるのが効果的です。

何を伝えたいかをまず最初に示してから、詳しい説明をしていくという流れで経歴を書くと人材としての魅力が伝わりやすくなります。

なお、職務経歴書には習得しているスキルや資格についてリストアップしてまとめておくのが通例です。職務経歴との対応関係がわかるように記号で割り振っておくと、それぞれのスキルについてどのくらいのレベルかをイメージしてもらいやすくなります。

職務経歴書の書き方について詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

関連記事看護師向け!転職の履歴書と職務経歴書の書き方完全マニュアル!

【看護師向け】自分にあった転職先の見つけ方

看護師が自分にマッチした転職先を探すときには、自己分析から転職先に求める条件をできるだけ網羅的にリストアップして、優先順位を決めることがオススメです。

年収はいくら以上、休日は週休2日制、勤務形態は3交代制か日勤のみなど、項目別に条件を決めていきましょう。平均残業時間がどのくらいか、昇給があるか、有給休暇をどのくらい取れるかも具体的に考えておくと候補を決めやすくなります。

また、これから育児の時期を迎えるなら育児休暇の取得率や院内託児施設が利用できるかといった点も条件に加味するのが大切です。

条件のリストを作り上げたら、譲れない条件、できれば満たしていて欲しい条件などという形で優先順位を付けましょう。この準備をして求人を見てみると希望条件を満たす職場からの求人かどうかを判断しやすくなります。

転職回数の不安はキャリアアドバイザーに相談しよう

自分の転職回数に不安を持つ人は、転職サイトを用いてキャリアアドバイザーに相談するのがオススメです。

キャリアアドバイザーは転職回数が多い人向けに、転職理由の伝え方や履歴書・職務経歴書の書き方をレクチャーしてくれます。

また、ワークライフバランスや勤務地、年収などの希望をヒアリングすることで、その希望を満たすキャリアや求人も紹介してくれます。

とはいえ、サービスの仕組み上、サポートの質は担当するアドバイザーによって変わるので、自分にマッチした人を探すには2〜3社程度の複数登録がオススメです。

看護師さんにおすすめの転職サイト

多数のサイトで人気No1を獲得!
迷ったら登録すべき転職サイト。

※対応エリアが関東・関西・東海に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能な 看護のお仕事医療ワーカー への登録がおすすめです。

ポイント

  1. 東証一部上場企業の実績に自信あり
  2. 面接対策を強化したい人におすすめ
  3. 高年収、年間休日130日以上、日勤のみなど、様々な求人を保有

看護roo!
に相談する

6万件以上の求人数を保有!
全国の求人を取り扱い。

ポイント

  1. LINEで気軽に相談可能
  2. 職場環境の情報収集に強みあり。長く働ける職場を探したい人におすすめ
  3. 情報収集だけでも利用可能

看護のお仕事
に相談する

年間転職実績1万人以上!
あなたの希望にあった求人の紹介が可能

ポイント

  1. 住まいの地域に関係なく全国の看護師をサポート
  2. 応援看護師、訪問看護師、イベントナースなど、幅広い求人を保有
  3. webカウンセリングを利用可能、コロナ禍でも安心

医療ワーカー
に相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

看護師に人気の転職サイト