管理職におすすめ転職サイト・エージェント8選!使い方のコツも解説!

管理職におすすめ転職サイト・エージェント8選!使い方のコツも解説!

    この記事では、管理職に強い転職サイト・エージェント8社を厳選して紹介していきます。

    未経験から管理職に転職するためのポイントや転職サービスの利用方法まで徹底解説します。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

管理職におすすめの転職エージェント5選

管理職の転職を成功させる上では転職エージェントを積極的に利用しましょう

なぜなら、人数が限られる管理職の求人は、公開求人よりも転職エージェントに登録した人のみが応募できる非公開求人で扱われることが多いからです。

エージェントを利用すべき理由

  • 行きたい企業の非公開求人も含め幅広く求人提案をしてくれる
  • 面談を行い自分が活躍できる業界/企業の提案をしてくれる
  • 応募する企業が決定した後も転職終了まで支援し続けてくれる

転職エージェントでは、今までの支援をもとに「あなたが転職したいと思えるような企業」選びから選考準備まで全て手伝ってくれます。

転職エージェント末永 末永

ただ、転職エージェントによって得意な領域は違いが出てくるので、その領域に強いところを選んだほうが転職を成功させやすいです。


とくにさまざまな求人を網羅する総合系から2社、1つの領域に強みを持つ特化型から1社の合計3社に登録することでより成功に近づけますよ。

管理職とは事業部のマネージャーポジションのことであり、総務や経理などの「管理部門」とは異なります

もし、管理部門への転職をお考えの場合、以下の記事をご覧ください。

ここからは転職エージェントを10年以上行っている私がとくに登録をおすすめする転職エージェントをご紹介いたします。

特徴 求人数
JACリクルートメントJACリクルートメント

公式サイト

✔高年収を目指せる
✔ハイクラス向け
常時15,000件以上
リクルートエージェントリクルートエージェント

公式サイト

✔求人数最多
✔大手総合型
✔全業界の広報職に強い
✔未経験OK
613,800件
dodadoda

公式サイト

✔第二新卒歓迎
✔大手総合型
✔全業界に強い
✔求人が豊富
279,990件
レバテックキャリアレバテックキャリア

公式サイト

✔高年収案件
✔各種エンジニア
✔デザイナー
21,940件
パソナキャリアパソナキャリア ✔女性に強み
✔手厚いサポート
✔ハイクラス
50,000件以上
2024年5月時点の求人数

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイクラス領域では最大手の転職エージェントです。高年収帯や管理職などの求人をメインで取り扱っています。

転職エージェント末永 末永

管理職経験者を対象としているので、年収600万円〜1,500万円以上の求人が多いです。今よりも年収を増やしたい管理職経験者におすすめです。

転職エージェント末永 末永

JACリクルートメントはサポートの質にも定評があります。細かく支援をしてほしい要望がある転職者にもおすすめのエージェントです。

運営会社
公式サイト
株式会社ジェイエイシーリクルートメント
https://www.jac-recruitment.jp/
得意領域

●ハイクラス層
EMC、コンサルティング・シンクタンク・事務所、金融、IT・通信・Web、メディカル・バイオ、建設・不動産等

求人数

公開求人数+非公開求人数:常時15,000件以上

対応エリア
拠点

●全国・海外
●東京/北関東/横浜/名古屋/静岡/大阪/京都/神戸/中国

2024年5月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

JACリクルートメントは日系企業の他に外資系企業の求人が多いのも特徴です。外資系企業の管理職も選択肢に入れたい人は利用してみると良いですね。

おすすめの人

●年収500万円以上で収入を増やしたい人
●マネジメント経験や一定の専門スキルがあり、キャリアアップしたい人
●外資系やグローバル企業へ転職を考えている人
●スペシャリストを目指したい専門職の人

登録はこちら
(公式サイト)

実際にJACリクルートメントを利用した人の口コミは以下にまとめてあります。

 もっと見る

評判・口コミ

30代・女性<br>満足度4:☆☆☆☆

30代・女性
満足度4:☆☆☆☆

私の意見や考えを尊重し、気持ちを理解した上で求人を紹介してくれたように思います。


JACリクルートメントは1人のキャリアコンサルタントが全行程をサポートしてくれるので、企業側に私の魅力を売り込んでくれました。求人自体は少ないのですが、しっかり向き合ってくれるので満足しています。

評判・口コミ

40代・男性<br>満足度5:☆☆☆☆☆

40代・男性
満足度5:☆☆☆☆☆

JACの良いところは求人の質が高いところです。待遇の良い案件が多く、普通に探したら見つからないような求人が多くありました。


担当者が親身になって私の希望にあう求人を探してくれ、さらにその求人へのアプローチも迅速でした。スキルや経験がないと選べる求人が少ないので、他の転職エージェントも併用すると良いと思います。

評判・口コミ

40代・男性<br>満足度5:☆☆☆☆☆

40代・男性
満足度5:☆☆☆☆☆

良い点は他の転職支援サービスとは一線を画す求人案件の質、細やかな転職支援があげられます。とくに英語力を活かした転職はニッチな市場になるので、そこに対応可能な点は高評価です。

JACリクルートメントへの
登録はこちら(公式サイト)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントはリクルートグループが運営する業界最大手の転職エージェントです。そのため、全業界の管理職の求人を取り扱っています。

転職エージェント末永 末永

希望する業界はなんであれ、管理職の求人が豊富にあるリクルートエージェント必ず利用することをおすすめします。

非公開求人はリクルートエージェントに登録しなければ紹介してもらえません。1件でも多くの求人に応募するためにもぜひ利用しましょう。

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://www.r-agent.com/
求人数 公開求人数:394,710件
非公開求人数:219,090件
管理職関連求人:24,101件
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡
2024年5月時点の求人数

おすすめの人

●管理職へ転職したい全求職者
●未経験から管理職へ転職したい人
●年収やキャリアアップしたい管理職経験者
●初めて転職エージェントを使う人
●充実した求人の中から選択したい人

公式サイトはこちら

doda

doda

dodaはリクルートの次に求人を保有する大手総合型転職エージェントです。非公開求人数は公表されていませんが、リクルートエージェントと同程度あると考えて良いでしょう。

転職エージェント末永 末永

こちらも全業界の求人に精通しているので、管理職の求人を網羅するためにdodaも必ず利用しておきたいエージェントです。

運営会社
公式サイト
パーソルキャリア株式会社
https://doda.jp/
求人数 公開求人数+非公開求人数:279,990件
管理職関連求人:33,793件
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡
2024年5月時点の求人数

おすすめの人

●管理職へ転職したい全求職者
●管理職を希望する第二新卒者
●未経験から管理職へ転職したい人
●1度に転職エージェントと転職サイトに登録したい人
●面接確約オファーで必ず面接を受けたい人

公式サイトはこちら

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは20万人が利用するITエンジニア・デザイナー経験者専門の転職エージェントです。経験者を対象としているのもあり、保有する求人の約8割が年収600万円以上のハイクラス案件となっています。

実際、レバテックキャリアを利用して転職した人の年収UP率は約80%となっており、270万円も年収が上がった実績があります。

転職エージェント末永 末永

レバテックキャリアは大手IT企業からWeb企業、ベンチャー企業、SIer、ソフトウェア、Webサービス、ITコンサルまで幅広い求人を取り扱っています。今の経験を活かしたい人は相談してみると良いでしょう。


また、支援実績の中にはSEからコンサルティングファームのITコンサルへ転職した例も多いです。SEの経験・知識を活かしてキャリアアップしたい人におすすめの転職エージェントです。

さらに正社員として企業に所属するのではなく、フリーランスの人にもおすすめです。レバテックキャリアはフリーランス向けのサービスも展開しているので、管理職だけでなくフリーランスへの転向も視野に入れている人は相談してみると良いです。

運営会社
公式サイト
レバテック株式会社
https://career.levtech.jp/
得意領域 IT/金融/メーカー/物流/メディア/不動産/その他
求人数 公開求人数:21,940件
リモートワーク・在宅:14,912件
副業:6,783件

アプリケーションエンジニア:1,869件
フロントエンドエンジニア:1,281件
社内SE:898件
データサイエンティスト:933件

管理職関連求人:3,783件
オンライン面談 オンラインも可能
対応エリア
拠点
関東エリア(東京・千葉・埼玉・神奈川)、関西エリア全域、九州エリア(福岡)
渋谷/名古屋/大阪/福岡
求人数は2024年5月時点

こんな人におすすめ

●エンジニアやデザイナーの経験者
●転職で年収UPしたい人
●フリーランスも検討している人
●エンジニアから管理職を目指したい人

登録はこちら
(公式サイト)

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは総合型転職エージェントの中でも管理職やマネージャー、年収700万円以上の求人を豊富に取り扱っています。

得意領域 製造業(メーカー)、IT・Web・通信、不動産・建設、商社、金融・保険、教育・人材ビジネス、医療・医薬品、流通・小売・サービス、マスコミ・広告など

パソナキャリアは女性の転職を支援する専門チームがあり、転職支援実績が豊富にあります。管理職での転職を考えている女性向けのエージェントだと言えます。

また、オリコン顧客満足度では3年連続で1位に選出されています。管理職で今よりも年収を増やしたい、キャリアアップをしたい人におすすめです。

運営会社
公式サイト
株式会社パソナ
https://www.pasonacareer.jp/
求人数 公開求人数+非公開求人数:50,000件以上
対応エリア
拠点
全国・海外
2024年5月時点の求人数

もしここまで見て悩むようだったらまずは同じ総合系転職エージェントの最大手であるリクルートエージェントに登録することをおすすめします。

管理職におすすめの転職サイト3選

転職エージェントの他に転職サイト(求人サイト)も管理職への転職で役立つサービスですが、単体で利用するのはおすすめしません。使うときは転職エージェントとセットで利用したほうが良いです。

というのも転職サイト(求人サイト)は求人情報のみを提供している場合が多いからです。転職エージェントのように希望にマッチする求人の提案、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、年収の代理交渉といったサポートはおこなっていません。

転職エージェント末永 末永

また、管理職のように人気があり限られたポジションはライバルが優秀である可能性が高く、容易に転職するのが難しいです。


プロのサポートを受けることで、自分の魅力を最大限アピールできるようになり、ライバルに差をつけられるようになります。

そこで管理職に強いおすすめの転職エージェントと同様に、転職サイト(求人サイト)も厳選してみました。それぞれの特徴と公開求人数を以下の早見表にまとめています。

特徴 求人数
ビズリーチビズリーチ

公式サイト

✔ハイクラス
✔求人が豊富
✔高年収
258,520件
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト

公式サイト

✔ハイクラス
✔求人が豊富
✔高年収
297,250件
dodaXdodaX ✔高年収案件
✔ハイクラス
✔IT・Web
47,820件
2024年5月時点の求人数

ビズリーチ

ビズリーチの画像

ビズリーチは転職を考えているすべての人におすすめのスカウト型転職サイトですが、とくにハイクラス層向けのサービスです。

転職エージェント末永 末永

管理職の経験を活かしてワンランク上のポジションへ転職したい人、年収500万円以上を目指している人におすすめです。


実はビズリーチは転職サイトだけでなく、転職エージェント・スカウトサービスの要素も併せ持つ転職支援サービスで、ヘッドハンターや企業の人事からのスカウトで転職を成功させた人が多いです。

転職エージェント末永 末永

また、ビズリーチに登録しているヘッドハンターは独自のコネクションで得た求人を取り扱っているので、大手転職エージェントや転職サイトにはないレアな案件を紹介してもらえる可能性があります。

登録したら絶対に利用しないといけないのではなく、良いスカウトが届くまで待つという使い方もできます。

運営会社
公式サイト
株式会社ビズリーチ
https://www.bizreach.jp/
得意領域

●IT・インターネット、メーカー、サービス、コンサルティング、流通・小売、金融、メディカル、不動産・建設、商社等

求人数 公開求人数+非公開求人数:258,520件
経営(事業企画・事業統括):5,837件
更新日 ●随時
2024年5月時点の求人数

おすすめの人

●管理職経験者、専門性の高いスキルを持っている人
●中長期的に大手企業へ転職を考えている人
●現在の年収が500万円以上の人
●自分の市場価値を知りたい人

登録はこちら
(公式サイト)

実際にビズリーチを利用した人の口コミは以下にまとめてあります。

 もっと見る

評判・口コミ

30代・女性<br>満足度4:☆☆☆☆

30代・女性
満足度4:☆☆☆☆

自分の登録した経歴を見て、いろいろな企業やヘッドハンターからスカウトが届きました。企業の人事からは面接確約のメッセージももらえ、自分の経歴に自信が持てました。


スカウトが届くので自分で求人を探す手間がないのも良いです。面接確約であれば時間も節約できるので使い勝手が良いと思います。

評判・口コミ

30代・男性<br>満足度4:☆☆☆☆

30代・男性
満足度4:☆☆☆☆

ビズリーチの良いところは書類選考が免除されるところだと個人的に思っています。最初に登録する経歴が職務経歴書代わりになるので、そこを細かく書く必要はありますが。

評判・口コミ

30代・男性<br>満足度4:☆☆☆☆

30代・男性
満足度4:☆☆☆☆

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトの草分け的な存在であり、登録しているヘッドハンター数も多いです。さらに求人はハイクラスな案件が多いのもよかった点です。


何よりも人事から直接スカウトがくるのが私にとっては1番のメリットでした。

ビズリーチへの
登録はこちら(公式サイト)

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトはリクルートグループが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイトです。ハイクラス・エグゼクティブ層の転職を専門としたヘッドハンターが管理職の経験を活かすにはどうしたら良いのかなど、キャリアの相談に乗ってくれます。

転職エージェント末永 末永

リクルートダイレクトスカウトでは年収800万〜2000万のハイキャリア求人を多く取り扱っています。管理職で培ってきた経験を活かし、さらなるキャリアアップを目指している人におすすめです。

転職エージェント末永 末永

管理職はポジションが限られており、基本的にハイクラス向けの求人は少ないです。管理職の経験を活かせる転職をするためにはビズリーチも合わせて利用するとレアな求人を逃すことはありません。

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://careercarver.jp/
得意領域 ●IT・インターネット、メーカー、流通・小売・サービス、コンサルティング・シンクタンク、不動産・建設、金融、商社、マスコミ・メディア等
求人数 公開求人数:297,250件
事業企画:11,580件
更新日 ●随時
2024年5月時点の求人数

おすすめの人

●ハイクラスやエグゼクティブ転職をしたい人
●短期集中で期限を決めて転職をしたい人
●副業顧問を考えている人
●年収やキャリアアップしたい人

登録はこちら
(公式サイト)

実際にリクルートダイレクトスカウトを利用した人の口コミは以下にまとめてあります。

 もっと見る

評判・口コミ

20代・女性<br>満足度4:☆☆☆☆

20代・女性
満足度4:☆☆☆☆

リクルートダイレクトスカウトはハイクラス人材向けのスカウト型転職サイトなので、20代若手の私には不向きなサービスでした。


しかし、将来のキャリアプランと照らし合わせたときに、どういう経験やスキルが必要なのかは求人票から読み取ることができたので、結果として利用してよかったと思っています。

評判・口コミ

20代・男性<br>満足度4:☆☆☆☆

20代・男性
満足度4:☆☆☆☆

高収入でハイクラス向けの求人がメインです。スカウトを送ってきたヘッドハンターとの相性も良く、いろいろな提案をしていただけました。ぼんやりとしたキャリアが話をすることで明確になり、自分にあった企業を選べました。

評判・口コミ

30代・男性<br>満足度4:☆☆☆☆

30代・男性
満足度4:☆☆☆☆

ハイクラスに特化した転職サイトなので、転職希望者もそれなりのスキルやキャリアが求められます。スキルやキャリアがある人であれば、登録して数日で数十件のスカウトがきます。

リクルートダイレクトスカウトへの
登録はこちら(公式サイト)

dodaX

dodaXの画像

dodaXのスカウトの種類

  1. 通常スカウト
    求職者の職務経歴書の内容が企業の応募条件を満たしている場合に、自動送信される一般的なスカウト
  2. プラチナスカウト
    ヘッドハンターが企業から預かる求人の中でも、とくに採用企業の戦略に影響を与える重要なポジションにとりわけふさわしいと判断した求職者だけに送られるスカウト
  3. ダイヤモンドスカウト
    dodaXがとくに高く評価するヘッドハンターにだけ送信が認められた別格のスカウト。秘匿性が高く、企業の枢要を担うポジションへのスカウト。
    送信する対象人数も厳格に限られていて貴重

プラチナスカウトは好条件・高待遇の非公開求人が多い傾向にあり、大幅な年収アップが見込めます。ダイヤモンドスカウトは、求職者の経歴やスキル、キャリアに強い興味や関心を持ったヘッドハンターから届くので年収交渉がしやすくなりますよ。

dodaXは届くスカウトの数やポジション、年収から自分の市場価値を把握できるため、転職先の選択肢を増やすことができます。逆に市場価値が低かった場合でも、自分に足りないスキルなども把握できるため、ネクストアクションが明確になりやすいですね。

転職エージェント末永 末永

少しでも求人の選択肢の幅を広げるために、ビズリーチリクルートダイレクトスカウトリクナビNEXTも併せて登録しておくと良いでしょう。

運営会社
公式サイト
パーソルキャリア株式会社
https://doda.jp/
業界・職種 経営・事業統括・管理統括/企画・管理/専門職/営業職/技術職/金融専門職など
求人数 公開求人数:47,820件
統括責任者:295件
対応エリア 全国・海外
登録ヘッドハンター数 5,000名以上(2024年5月時点)
更新日 随時更新
2024年5月時点の求人数

管理職の仕事内容・平均年収

ここでは、まだあまり管理職について詳しくない人向けに管理職の仕事内容と平均年収を解説していきます。

管理職の仕事内容と平均年収

管理職の仕事内容

管理職の仕事は、その名の通り業務やチームのメンバーを管理することです。設定した目標に向かって舵を切っていく司令塔のような役目をしなければなりません。

目標は「チームで頑張ってとにかく業績を上げよう!」という曖昧なものではなく「半年後に自分が属する事業部の売上を5%増加させる」のように、具体的な数字を交えた形で目に見える目標を設定する必要があります。

また、管理職は配属された部下の個性を見極めつつ、業務の中で能力やスキルが充分に発揮できるように指導管理をおこなっていく必要があり、数字やデータをもとにした説得、励ましなど、あらゆる方法を使ってモチベーションを引き出す工夫が必須となります。

管理職の平均年収

管理職に転職したいと考えている人の中には、キャリアアップ以外にも年収アップが目的という人も多いと思います。

そこで令和元年賃金構造基本統計調査を参考に、企業規模100人以上の企業における管理職の平均年収を以下にまとめました。

30〜39歳 40〜49歳 50〜59歳
係長 409万 451万 471万
課長 508万 531万 551万
部長 575万 642万 684万

上記のデータは、世の中にある100人以上の企業を対象におこなっているため給与が低くなりがちですが、大企業ほど昇給スピードが早く、規模の大きい外資系企業では、課長代理でも年収が800万円を超えるケースもあります。

管理職に未経験で転職するには

未経験から管理職になれる求人はないわけではありませんが、数は限られます。しかし、管理職に転職するために取れる手段はいくつかあります。

ここでは、未経験で管理職に転職するための手段について3つご紹介していきますね。

ベンチャー企業なども候補に入れる

1つ目にあげられるのがベンチャー企業なども候補に入れることです。

ベンチャー企業は、大企業に比べて若い年代が多く、実力主義な傾向があります。

ですので、実力があれば管理職経験がなくても管理職になれるでしょう。

転職エージェント末永 末永

その際、小規模のマネジメント経験などがあればアピールするのが良いでしょう。もし、アピールの仕方に自信がなければ転職エージェントに相談するのも1つの手ですよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

ベンチャー企業への転職に強い転職エージェントは、以下の記事で詳しく解説しています。

幹部候補者採用に応募する

2つ目は、幹部候補者採用に応募することです。

求人票を見てみると「幹部候補者採用」や「管理職候補採用」と記載されている求人があります。

こういった求人は将来、管理職にすることを視野に採用が行われるので一般的な求人よりも管理職になれる可能性があります。

ただ、もちろん管理職としての採用ではないので入社後も良い評価を受ける必要がありますね。

転職エージェント末永 末永

上記の求人も、マネジメント経験があれば評価に繋がりやすいです。自分の経験をしっかりと言語化できるように準備しましょう。

管理職を目指せそうな部署へ異動を希望する

3つ目は管理職を目指せそうな部署へ異動を希望することです。

たとえ転職時に管理職のポジションにつくことができなくても、管理職を目指せそうな部署へ異動を希望することで管理職につける可能性もあります。

なぜなら、企業内部でも業務の専門性にはばらつきがあるため、部署によって管理職になれる可能性が変わってくるからです。

また、異動をみずから願い出ることで管理職としての積極性をアピールできるので、チャンスを素早く掴むフットワークの軽さが大切です。

管理職の転職でエージェントを使うメリット

管理職の転職活動で転職エージェントを利用するのには、さまざまなメリットがあります。

実際にどのようなメリットがあるのかを以下にまとめてみました。

エージェントを利用する7つのメリット

  1. 非公開求人も紹介してもらえる
  2. 履歴書・職務経歴書の添削、作成アドバイス
  3. 質の高い面接対策で内定獲得率アップ
  4. 業界・職場のリアルを教えてもらえる
  5. 企業の人事に推薦してくれる
  6. 企業との日程調整・交渉の代行
  7. 年収・給料や雇用条件の交渉代行

管理職への転職でエージェントを利用する最大のメリットは非公開求人を紹介してもらえる点です。

というのも管理職の求人は公開求人よりも非公開求人のほうが多い傾向にあるからです。

転職エージェント末永 末永

管理職はチーム全体を統括するポジションです。企業の売上に大きな影響を与える可能性のある重大な役職ですので、非公開求人として転職エージェントに依頼している会社は多いです。


そのため、転職エージェントを利用すれば、通常では選択肢に入らなかった案件も候補に入れることが可能です。

また、大企業・有名企業の管理職は条件が良く応募が殺到してしまう求人も非公開求人になっていることが多いです。

これ以外のメリット・デメリットに関しては以下の記事で詳しく解説しています。詳しく知りたい人はこちらの記事もチェックしてみてください。

管理職に強い転職エージェントを選ぶコツ

管理職に強い転職エージェントを選ぶ際に大切なのは、同じタイミングで複数の転職エージェントに登録することです。同じタイミングで登録すれば、それぞれの転職エージェントを比較しやすくなります。

そもそも転職エージェントは基本的なサービスはどこも同じで、違いは得意な領域やサポートの手厚さ、キャリアアドバイザーとの相性だけです。

希望する業界の求人は多いのか、独自の独占求人を紹介してもらえるのか、担当キャリアアドバイザーとの相性は比較対象があればこそ判明するものです。

転職エージェント末永 末永

まずは求人が多い総合型転職エージェントのリクルートエージェントdodaの2社に登録し、さらに気になる1社に登録してみましょう。


その後は実際に面談を受けてみて、良いと思ったところに絞り込むと効率よく納得のいく転職を実現しやすいです。

転職エージェントの選び方や正しい複数利用法については、以下の記事で詳しく解説しています。

管理職に強いエージェントをさらに賢く使うコツ

管理職の転職でエージェントを上手に活用するコツですが、サポートを担当するキャリアアドバイザーを自分の味方にすることです。

どのエージェントを利用しても転職のサポートをしてくれるのはキャリアアドバイザーです。利用者からしたら同じ転職者なのだから、平等にサポートしてもらえるだろうと思いがちですが実は違います。

転職エージェントは無料で利用できるサービスですが、それは求職者だからです。求職者の代わりに求人企業が転職エージェントに成功報酬を支払っているのです。

転職エージェント末永 末永

つまり、求人企業が採用しそうな人材を紹介することが転職エージェントでは重要なのです。


このような事情があるので転職意欲が高く、利益に直結しそうな求職者に力を入れたくなってしまうわけです。

この転職エージェントの事情を理解した上で味方にできれば、優先的に良い求人を紹介してもらえたり、選考対策に時間をかけてもらえて納得のいく転職を実現できるでしょう。

転職エージェントを賢く使い倒す方法については以下の記事で詳しく解説しています。

転職エージェントを利用する際の流れ

基本的にどのエージェントでも転職エージェントを利用する際は主に以下の流れで進んでいきます。

転職エージェントの利用の流れ

各過程でキャリアアドバイザーが入り、すべてをサポートしてもらえるので非常に心強い存在だと言えます。

詳しいステップ

  • 利用申し込み・会員登録
  • 面談
  • 求人紹介・応募書類添削
  • 応募
  • 模擬面接
  • 書類選考・面接
  • 内定・退職交渉・入社

もちろん不安に感じやすい自己PRや転職理由などの最適な答え方、魅力的に見えるアピール方法なども選考対策ではアドバイスをしてもらえます。

さらに転職エージェントによっては入社後にアフターフォローをしてくれるところもあります。入社後に感じた悩みを相談できるので、不安がある人は事前に対応してもらえるか確認しておくと良いです。

転職サイトの利用の流れ

管理職であれば転職エージェントを利用することで、よりスムーズに転職活動を行うことができますが、求人の幅を広げたいのであれば転職サイトも一緒に利用するのがおすすめです。

転職サイトの利用の流れ
  1. 会員登録
  2. 求人検索(スカウトに返答)
  3. 応募書類作成〜応募
  4. 書類選考・面接
  5. 内定・意思決定
  6. 入社

ヘッドハンティング型転職サイトは自分で求人検索をすることもできますが、管理職の求人を持つヘッドハンターからのスカウトを待つのが一般的な使い方になります。

管理職の求人を持つヘッドハンターは登録された経歴・スキルを見て「この人は即戦力として活躍できそうか?」でスカウトを送るか判断しています。ぜひ、会いたいと思ってもらえるようにプロフィールは詳細に記入すると良いでしょう。

ちなみに管理職の求人を持つヘッドハンターからスカウトがきた場合、返信をすることで詳細な話を聞けるようになります。その際に転職エージェントと同様にヒアリングをされるので、自分の希望をしっかりと伝えるようにしてください。

明確な希望を伝えることで、条件にマッチする案件を紹介してくれます。その後は求人の応募や面接の調整をヘッドハンターがサポートをする流れになっていきますね。ただ、転職エージェントのように履歴書・職務経歴書の添削や面接対策は自分から申し出ないと手厚くサポートをしてもらえないこともあります。

転職エージェント末永 末永

ただ、サイトやスカウトの利用ではあまり手厚いサポートが受けられるわけではないので、転職のプロのアドバイスを受けながら管理職の知見も深めつつ転職活動を進めましょう。その際には大手3社の総合型転職エージェントの利用がおすすめです。

おすすめの大手総合型転職エージェント

管理職の転職に役立つ関連記事

管理職への転職に興味のある人におすすめの記事をご紹介します。

管理職に関連する記事

職種別おすすめ転職サイト・エージェント

転職したい職種がある場合は、以下の記事をご覧ください。

業種別おすすめ転職サイト・エージェント

転職したい業種がある場合は、以下の記事をご覧ください。

年代別おすすめ転職サイト・エージェント

年代別におすすめの転職サイト・転職エージェントをご紹介します。

line

line

人気の転職エージェント