スバルへ転職(中途採用・求人)するには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永雄大です。

車が好きで、自動車メーカーへの転職をしたいとお考えの人も多いのではないでしょうか?

今回は「スバル」への転職を検討されている人向けに「スバル」への転職ノウハウをレクチャーしていきます。

スバルって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

スバルは自動車の製造・販売をする自動車事業と航空機機体やヘリコプターの製造・販売をする航空宇宙事業とを行っています。利益のおよそ80%は自動車事業によるものです。

スバルと言えば、アイサイトで有名なのではないでしょうか。スピードが出ている状態から前方への衝突を未然に防ぐ制御システムの開発で世に知られています。

スバルは「あらゆる人にあらゆるシチュエーションで安心・快適なドライブを提供すること」を目指しています。なので、安全性にこだわるお客様に選ばれている車メーカーと言えるでしょう。

スバルの直近の業績や今後の事業課題

2017年3月期は業績が悪化しました。研究開発費の増大や為替の影響を受けたようです。しかし、肝心の自動車販売台数は着実に伸びを示しており、特に北米でのシェア拡大が進んでいるようです。自動車販売台数のほぼ70%は北米での販売台数となり、海外で高く評価されているのがスバルと言えそうです。

今後の課題は、やはり北米市場でもっと支持を得られるかどうかなのではないでしょうか。スバルは来年度に向けて増産を決めています。それは、北米で人気のブランドが主です。

また、研究開発費の増大をどう捉えるかも課題と言えそうです。安全性はもちろん重要なことですが、コストをかけようと思えばいくらでもかけられる領域なので、そこは経営者の手腕が問われる分野なのではないでしょうか。

スバルの仕事内容・職種

事務系総合職と技術職に分かれています。

事務系総合職

事務系総合職は営業・マーケターとして、市場分析や販促活動の企画運営をする仕事。調達・購買として自社製品製造に必要な資材の調達をする仕事。生産管理者として生産計画の立案や部品の発注・在庫管理を行う仕事。などが上げられます。これらは3〜5年のジョブローテーションによって変わっていきます。

技術職

技術職は自社製品の開発・生産を仕事にする機械に携わる仕事と、画像認識技術のシステム開発に携わる仕事とがあります。

スバルの仕事のやりがい

事務系総合職

事務系総合職の方の場合、世の中に自社製品が使われている時に、やりがいを感じるようです。特に車は一見して自社製品かどうか分かるので、自分の担当エリアでよく目にするようになった時にやりがいを感じる方がおられました。

技術職

技術職の方は、現在販売されている製品に搭載されている技術に甘んじることなく、開発を進められる環境にやりがいを感じるようです。新しいことにどんどんとチャレンジさせてもらえる制度が整っています。

スバルの評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

評判は良好と言えるでしょう。評価体系も年功序列と成果主義のハイブリッドで評価してもらえるので、安定と努力の2つの要素から判断されますので、納得感ある働き方が出来る会社です。

社風としては、どの社員でもチャレンジ出来る社風です。手を上げれば例え社歴が短くても若くても責任ある仕事を任される文化があります。また、先端技術に携われるのでチャレンジングな人材が評価されるカルチャーがあるようです。

スバルの面接・SPIなど選考難易度

選考難易度は高くないと言えるでしょう。事務系総合職は中途採用が行われていますし、技術職は細かく分類され、その分野の実務経験がある人材を積極的に採用しています。質問内容はごく一般的な質問が多く見られました。「なぜスバルを選んだのか」という質問には明確に応える必要がありそうです。

国内に同業他社がひしめく中でなぜスバルなのかを問われた時にはっきりと違いが分かっていない人は採用とはならないようです。前述の通りですが、安全性にこだわりがあり、なおかつ新技術開発に注力している企業なので、その点を知っている必要があるでしょう。

スバルの年収相場(給与)は?

平均年収は650万円程度です。他の自動車メーカーよりワンランク下の水準となっています。しかし、ボーナスは年2回6ヶ月支給されますし、年功序列と実力主義の2つの側面から評価してくれるので、転職組でも年収アップは見込めます。

スバルへ転職をするには?

スバルへの転職は、大手の転職エージェントか、中小エージェントに非公開求人として、依頼する事もあります。

またスバルへの転職は、コーポレートサイトから直接申し込むことも可能ですが、その後のキャリアプランを一人で考えるのはミスマッチが起こる原因でもあります。仮に転職に自信があったとしても、転職エージェントは無料でサポートをしてくれるので、受けた方がいいでしょう。また自分一人では面倒な面接の日程調整や対策をしなければならず、そのような手続きを代わりにしてくれるなどマイナスにはなりません。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

一般的な転職の流れ

①転職サービスへの登録

申し込みフォームに、転職希望時期希望勤務地職種年収などを入力し、申し込みを完了させます。

②求人状況の確認・サービスのご連絡

申し込み内容を見て、転職エージェントは保有している求人のなかから紹介可能な求人を調べます。申し込みから一週間以内で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。

なお、求人の状況によっては、面談や相談サービスを受けることが難しい場合もあります。

③キャリアアドバイザーとの面談・相談

面談では、業界、職種に精通した専任のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、これまでの経験や希望条件を確認し、求人の紹介やキャリアプランの提案を行います。

日程調整やキャリアアドバイザーと直接会えない場合は、電話面談も可能です。

④求人紹介・書類添削・面接対策

面談によって方向性が明確になったら、転職エージェントが保有している求人企業の紹介が始まります。お申込みいただいた方の力を最大限に発揮できる企業を中心にご紹介しています。

求人の9割は一般の転職情報サイトや求人誌には掲載されない非公開求人。いままで見つけることのできなかった求人に出会えるかもしれません。

採用担当者が思わず読みたくなるような職務経歴書の書き方や、「採用したい!」と思わせる面接テクニックのアドバイスもサポートのひとつです。

「模擬面接」を実施し、希望企業に「採用したい!」と思わせるような面接テクニックをレクチャーしています。

⑤応募・書類選考・面接

応募したい企業が決まったら、意思をしっかりと確かめた上で、キャリアアドバイザーが推薦状と共に推薦します。

また、面接日程の調整だけでなく、内定時期をできるだけ揃えるといった調整もキャリアアドバイザーが行います。

⑥内定・退職交渉・入社

内定が決まったあとの、入社日の調整や円満退社のための手続きのアドバイスなども、キャリアアドバイザーがサポート。入社や退職にあたり、困ったことがあれば遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。