スバルは平均年収658万円|新卒初任給・賞与ボーナスや残業時間も紹介!

スバルは平均年収658万円|新卒初任給・賞与ボーナスや残業時間も紹介!

    自動車・航空機・宇宙関連機器を製造する大手メーカー「株式会社SUBARU」の平均年収や新卒初任給がどれぐらいなのか現役転職エージェントが徹底解説します。

    また、職種別や年代別、競合他社と比較した給与水準、残業時間や賞与ボーナスについても社員の口コミ評判を交えながら分かりやすく紹介します。

    給料以外に福利厚生や激務度を正しく理解し、就職・転職活動の際の企業分析として役立ててください。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

スバルの平均年収は658万円

2023年3月期の有価証券報告書によると、SUBARU(スバル)の平均年収は658万円です。

dodaの「平均年収ランキング最新版(業種別)」を見てみると、SUBARU(スバル)が属する自動車業界全体の平均年収は488万円です。

ちなみにスバルの勤続年数と平均年齢は以下のようになっています。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数
2019年3月期 652万円 38.4歳 15.7年
2020年3月期 640万円 38.4歳 15.5年
2021年3月期 651万円 38.9歳 16.0年
2022年3月期 645万円 39.1歳 16.0年
2023年3月期 658万円 39.3歳 16.1年

出典:有価証券報告書

業界全体の年収と比較すると約170万もの差があり、SUBARU(スバル)のほうが平均年収が高いことが分かります。

スバルの年収が高くなる理由

SUBARU(スバル)の平均年収が高い理由として安定した売上高を出していることが挙げられます。

2016年3月期から2018年3月期と比べると2019年3月期の売上高が下がっているものの、3兆1605億1400万円で、ここ数年間は2兆から3兆の売上高をキープしています。

年収が高いのは利益を社員に還元しているからということがわかります。

中途入社でスバルの平均年収はもらえるのか

中途採用でSUBARU(スバル)に転職した場合、必ず平均年収と近しい金額が支給されるわけではありません。

金額は経験や能力、前職の年収を考慮の上で決定されるので、場合によっては転職によって年収が下がることもあります。

なるべく年収を下げないためには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。専任のキャリアアドバイザーが求職者と企業の期待値調整から年収交渉の代行までおこなってくれます。

転職で希望する年収に近づけたい人は、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職エージェント末永 末永

就職・転職難易度が高い企業に中途入社したいなら大手転職エージェントのキャリアアドバイザーに過去の転職決定者の学歴・経歴や面接対策方法を質問するのがおすすめです。

おすすめの大手総合型転職エージェント

スバルの職種別平均年収

2024年1月時点の口コミ・評判プラットフォーム「ライトハウス」に投稿されている年収データを元に、独自の方法で職種別平均年収を算出してみました。

職種 平均年収 平均年齢
営業系 589万円 34.7歳
企画・事務・管理系 632万円 36.8歳
電気・電子・機械系エンジニア 517万円 31歳
その他 444万円 30.2歳

SUBARU(スバル)でもっとも年収が高い職種は企画・事務・管理系で632万円、低いのはその他の444万円です。

SUBARU(スバル)の主な事業内容は自動車ならびにその部品の製造、修理及び販売、航空機、宇宙関連機器並びにその部品の製造、販売および修理ですが、専門性が高い技術が求められる職種が年収が高いというわけではなさそうです。

とはいえ上記の職種別平均年収は現役社員・元社員の回答を元に算出されていますが、役職や在籍時期にもよって変わってくるので、参考程度に見てもらえればと思います。

スバルの年代別平均年収

2024年1月時点の転職口コミサイト「ライトハウス」に投稿されている年収データを参考に年齢別の平均年収を紹介します。

年代 平均年収 最高年収
25~29歳 449万円 600万円
30~34歳 770万円 -
35~39歳 589万円 850万円
40~44歳 636万円 1,000万円
45〜49歳 785万円 1,010万円
50〜54歳 750万円 1,150万円

上記の年代別平均年収は現役社員・元社員の回答を元に算出されていますが、残業時間やポジションにもよって変わってくるので、参考程度に見てもらえればと思います。

スバルの新卒社員の初任給

2024年1月時点で公表されている、2023年4月入社のスバルの新卒社員の初任給について詳しく紹介していきます。

スバルの新卒採用では技術系と事務系のどちらかを選んでエントリーしますが、どちらも新卒の初任給に差はありません。

学歴 平均年収
修士修了 25万5000円
大学卒 23万4000円
高等専門学校(専攻科)卒 23万4000円
出典:スバル新卒採用サイト

厚生労働省による令和4年賃金構造基本統計調査の結果によると、新卒の平均初任給は228,500円でした。

スバルの1年目の給料は標準的であると言えます。

スバルと競合他社の年収比較

SUBARU(スバル)と同じ大手自動車メーカー「トヨタ自動車」「ホンダ」「日産自動車」「マツダ」「スズキ」の5社との年収を以下で比較してみました。

各社とも2024年1月時点のライトハウスが公開している年収データを元に比較しています。

企業名 平均年収 平均年齢
日産自動車 749万円 36.2歳
トヨタ自動車 742万円 33.8歳
ホンダ 695万円 36.7歳
マツダ 589万円 34.5歳
スバル 552万円 32.1歳
スズキ 528万円 31.6歳

出典:ライトハウス

競合の中で最も年収が高いのは、日産自動車の749万円、低いのはスズキの528万円です。

競合といっても手がけている事業や展開しているサービスに違いがあります。とくにボーナスの割合が大きい企業は、業績に連動されるため、年収が高くなる傾向があるのです。

平均年収に違いはありますが、転職した企業で何をしたいのかを考えた上で、転職先を選ぶといいでしょう。

スバルの残業時間・ボーナス・昇給制度

SUBARU(スバル)の残業時間・ボーナス・昇給制度について、以下で詳しく紹介します。

SUBARU(スバル)の残業時間・残業時間

SUBARU(スバル)の残業時間は月間平均25.2時間となっており、残業代は4~10万円程度との口コミが多く存在しました。

みなし残業ではなく残業代や休日出勤手当は、支給されていることがわかります。

SUBARU(スバル)のボーナス・昇給制度

SUBARU(スバル)の賞与は7月と12月の年に2回で、昇給が4月の年1回です。

ボーナスは年間5~6ヶ月分が支給されており、業績が好調であればボーナスも高くなる傾向のようです。

また、福利厚生制度も充実しているのもポイントです。社宅や社員食堂などの利用も可能です。

スバルの年収に対する評判・口コミ

SUBARU(スバル)の年収に対する評価を集めてみました。現役社員・元社員が年収に対して、どのように思っているのか、参考にしたい人はぜひ目を通してみてください!

良い評判・口コミ

人物 20代・機械系エンジニア

歳をとったり、役職を上げていけばそれなりの給料がもらえます。残業手当は1分単位で出るので、残業をやればやるほど給料が増える仕組みです。

人物 20代・電気系エンジニア

低くても年間5ヶ月分くらいはもらえます。労働組合を通しているので業績があまり良くなくてもそれなりにもらえます。

人物 30代・物流系

経験がなくても最初から、それなりに高い給料が貰えるので給与面では良いと思います。派遣に関しては、一定の期間で手当てもあるので、大きな収入もあります。

悪い評判・口コミ

人物 30代・機械系エンジニア

競合と比べると、どうしても年収が見劣りします。実際に給料が安いと他社に転職していく若手が非常に多い。業績は良いので給与に反映して欲しいという意見が多い。

人物 20代・電子系エンジニア

昇格してもあまり給料が上がらないというので、みんな残業することで生活費を賄っている印象があります。営業利益率が高いのは社員の給料を抑えているからなのではないかと思ってしまいます。

人物 20代・営業職

基本給が少ない。年収は悪くないように見えて、月々の収入が安いため、生活は楽とは感じない。月給が改善される望みは薄い。

スバルへの転職を成功させるコツ

SUBARU(スバル)などの有名企業や高年収企業への転職を考えるなら、転職エージェントを利用することをおすすめします

転職エージェントを利用することで、志望企業の選考に合わせた書類添削や面接対策などをおこなってくれます。

これらのサービスは無料で利用できるので、業界事情・仕事内容についてもアドバイスしてくれるため、登録しておいて損はないです。

ただ、キャリアアドバイザーのスキルには差があるので、まずは以下で紹介する転職エージェントの中から2~3社に複数登録をして、実際にキャリアアドバイザーに会ってみた上で、サポートを任せるエージェントを絞り込むと良いです。

また、転職するべきか迷っている人は、スバルのような大手企業からスカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがおすすめです。

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

メーカーエンジニアの転職に特化した転職エージェント

マイナビメーカー AGENT

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの人は、業界特化のマイナビメーカー AGENTへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

マイナビメーカー AGENT

おすすめポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカー AGENTに
相談する

line

line

人気の転職エージェント