ホンダの年収っていくら?残業代やボーナスについて徹底解説!

自動車 工場 修理 仕事 作業着 車 技術 男性

    ホンダ(本田技研工業)の平均年収がどれぐらいなのか、転職のプロがズバリ解説します。

    また、職種別や競合他社と比較した給与水準、残業代・ボーナスなどについても分かりやすく紹介します。

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

ホンダの平均年収は約816万円

2020年6月に公開された有価証券報告書によると、ホンダ(本田技研工業)の平均年収は約816万円です。

dodaの「平均年収ランキング最新版(業種別)」を見てみると、メーカー業界の平均年収は453万円となっています。その中で自動車/輸送機器メーカーの平均年収は477万円であるというデータが出ています。

ちなみにホンダ(本田技研工業)の勤続年数と平均年齢は以下のようになっています。

勤続年数 約23.8年
平均年齢 約45.5歳

ホンダ(本田技研工業)の平均勤続年数は、国税庁が発表している「民間給与実態統計調査(令和元年)」の平均勤続年数12.4年よりも、非常に長くなっていることがわかりますね。

PRESIDENT Onlineが発表している「平均勤続年数トップ300社ランキング2020」でも、ホンダ(本田技研工業)は13位にランクインしています。一方、ホンダ(本田技研工業)と同業種であるトヨタは740位となっています。

年収が高いホンダへ転職するには

ホンダ(本田技研工業)へ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。

なぜなら、ホンダ(本田技研工業)のような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからです。

また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から面接対策までおこなってくれます。自分で直接応募するよりも内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

大手企業への転職に強い転職エージェント

転職エージェントの他に、スカウト型の転職支援サービスに登録するのもおすすめです。

なぜなら、ホンダ(本田技研工業)だけでなく、同業他社の人事やヘッドハンターからオファーが届く可能性があるからです。

転職はしたいけど、希望する求人がない人は以下で紹介するビズリーチに登録し、オファーが届くのを待つのも1つの方法です。

スカウト型の転職支援サービス

  • ビズリーチ
    人事やヘッドハンターから直接オファーが届く!

ホンダ(本田技研工業)への転職を考えている人は、以下の記事も読んでみてください。

関連記事ホンダへ転職するには?本田技研工業株式会社の評判などを徹底解説

ホンダの役職別年収例

ホンダ(本田技研工業)のコーポレートサイトにある採用情報の待遇・福利厚生の情報を参考に、ホンダ(本田技研工業)の役職別年収例をご紹介したいと思います。

あくまでも2021年1月時点での情報になるため、時期によって変わる可能性があります。

役職 年収
メンバー 約450万円以上
チームリーダークラス 約650万円以上
係長クラス 約800万円以上
管理職 約1,200万円以上

ホンダ(本田技研工業)は、基本的に年収水準が高めになっていますが、役職が上がるにつれて成果に応じた報酬部分の比率が高くなっていきます。

ホンダの年代別平均年収

ホンダ(本田技研工業)の年代別平均年収を転職会議のデータを元に算出した結果、各年代別の平均年収は以下のようになっています。

また、dodaが発表している「平均年収ランキング(年齢別)」の一般的な年代別平均年収も合わせて紹介します。

全体 ホンダ
20代 348万円 約350万円〜約500万円
30代 444万円 約450万円〜約650万円
40代 510万円 約600万円〜約900万円
50代 613万円 約650万円〜約1,000万円

上記の平均年収の表を見てみると、ホンダ(本田技研工業)の年代別平均年収はどれも高くなっていることがわかりますね。

ホンダ(本田技研工業)は基本給の水準が高くなっていることに加え、30代からはさらに年収水準が上がっていく傾向が見られます。また、ホンダ(本田技研工業)は年功序列型のため、勤続年数や年齢を重ねていくほど、収入も安定していきます。

ホンダの職種別平均年収

2021年1月時点のOpenworkに投稿されている年収データを元に、独自の方法で職種別平均年収を算出してみました。

あくまでも2021年1月時点でのデータなので、時期によって変わる可能性があります。

営業系 約650万円
企画・事務・管理系 約667万円
電気・電子・機械系エンジニア 約617万円

上記の職種別平均年収は現役社員・元社員の回答を元に独自で算出しており、もっとも高いのは企画・事務・管理系となっています。反対にもっとも低いのは電気・電子・機械系エンジニアですね。

回答人数や回答者の役職などにもよって平均年収は変わってくるので、参考程度に見てもらえればと思います。

ホンダと競合他社の年収比較

ホンダ(本田技研工業)と同じ自動車メーカー業界「トヨタ」「日産」「マツダ」の3社との年収を以下で比較してみました。

各社とも2021年1月時点で提出されている最新の有価証券報告書の平均年収を元に比較しています。

トヨタ 約865万円
ホンダ 約816万円
日産 約810万円
マツダ 約664万円

この中でトヨタの平均年収がもっとも高くなっています。ホンダ(本田技研工業)は続いて2番目、そしてこの中でもっとも低いのはマツダですね。

マツダの平均年収が低くなってしまっているのは、入社後6年目までは給与が横ばいとなっており、また6年目までは役職につけないことが原因なのかもしれません。そのため、昇進するのも難しいようです。

ただ、平均年収は各企業の業務形態や事業内容などによって変わってくるため、上記の平均年収比較は参考程度で見てください。

ホンダの残業代・ボーナス・昇給制度

ホンダ(本田技研工業)の残業代・ボーナス・昇給制度について、以下で詳しく紹介します。

ホンダの残業代

ホンダ(本田技研工業)の残業代についてですが、採用情報には具体的な記載がありませんでした。ただ「残業20H/月込」と記載されており、諸手当の欄に「時間外勤務手当」とあるので、残業代はしっかりと支給してもらえます。

Openworkに寄せられている口コミをチェックしてみたところ、基本給に固定残業代(20時間分/月)が含まれているとの声が多く見られました。また、超過分も手厚く支払ってもらえるという声もありました。

ホンダのボーナス・昇給制度

ホンダ(本田技研工業)のボーナスについてもコーポレートサイトの採用情報をチェックしたところ、年2回(6月・12月)にありました。

一方、昇給についての記載は見当たりませんでした。ですが、給与改定は年に1回(6月)にあるようです。

ボーナス・昇給ともに経験などによって変動する可能性がありますので、あくまでも参考程度で見てくださいね。

ホンダの年収に対する評判・口コミ

ホンダ(本田技研工業)の年収に対する評価を集めてみました。

現役社員・元社員が年収に対して、どのように思っているのか、参考にしたい人はぜひ目を通してみてください!

良い評判・口コミ

人事・30代

基本給は評価に応じて年1回改定があります。業績次第ですが、とくに賞与の水準が極めて高いと思いますね。

基本給の水準もそれなりに高いですが、残業手当や家族手当などが手厚いです。

営業・40代

数年の差はあるものの、ある程度は年功序列で昇進していきます。

20代半ばまでは正直給与は低いですが、20代後半から30代前半で給与が一気に上がります。管理職は早い人であれば40歳くらいでなれます。

悪い評判・口コミ

開発・30代

基本的に年功序列です。日本全体で平均すれば高い部類ではあると思います。

ただ、同期のまったく仕事ができない人とも変わらないので、頑張りがいがないです。

事務・20代

若手の給料はかなり低い。大企業のせいなのか引かれる金額も多く、社宅の自己負担も大きい。

基本的に年功序列だけど社内試験に受かると昇進できる。でも本人の能力というより部署間の合格枠争いのようで、見ているこっちとしては違和感がある。

ホンダへ転職したいのなら

ホンダ(本田技研工業)への転職を検討しているのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。なぜなら、採用ページには掲載されていない求人を保有している可能性が高いからなんです。

また、転職エージェントではキャリアアドバイザーがあなたのキャリア相談に乗ってくれますし、応募書類の添削から面接対策までおこなってくれます。自分で応募するよりも万全に対策することができますよ。

ただ、キャリアアドバイザーのスキルには差があるので、まずは以下で紹介する転職エージェントの中から2〜3社に複数登録するのがベストです。実際にキャリアアドバイザーに会ってみた上で、サポートを任せるエージェントを絞り込んでみましょう。

転職するべきか迷っている人は、ホンダのような大手企業からスカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがおすすめです。

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの人は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント