ホンダ(本田技研工業)は平均年収822万円|新卒初任給・賞与ボーナスも紹介!

ホンダ(本田技研工業)は平均年収822万円|新卒初任給・賞与ボーナスも紹介!

    大手自動車メーカーの本田技研工業株式会社の平均年収や新卒初任給がどれぐらいなのか現役転職エージェントが徹底解説します。

    また、職種別や年代別、競合他社と比較した給与水準、残業時間や賞与ボーナスについても社員の口コミ評判を交えながら分かりやすく紹介します。

    給料以外に福利厚生や激務度を正しく理解し、就職・転職活動の際の企業分析として役立ててください。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は1,800万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

ホンダ(本田技研工業)の平均年収は822万円

2023年3月期の有価証券報告書によると、ホンダ(本田技研工業)の平均年収は822万円です。

dodaの「平均年収ランキング最新版(業種別)」を見てみると、ホンダ(本田技研工業)が属する自動車・輸送機器メーカー全体の平均年収は約472万円です。

業界全体の平均年収と比較しても、ホンダ(本田技研工業)の平均年収が高水準であることがわかります。

ホンダ(本田技研工業)の平均年収の推移

ホンダ(本田技研工業)の年収推移は以下になります。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数
2019年3月期 819万円 45.6歳 24.1年
2020年3月期 816万円 45.5歳 23.8年
2021年3月期 798万円 44.9歳 22.5年
2022年3月期 778万円 44.7歳 22.2年
2023年3月期 822万円 44.7歳 22.0年

出典:IR資料室

ホンダ(本田技研工業)の年収が高くなる理由は「トヨタに次ぐシェア」を誇っていることが考えられます。

ホンダ(本田技研工業)は自動二輪、自動車、オートバイの他にも小型ジェット機などを製造販売しており、国内外で高い販売実績があります。

過去にはホンダ(本田技研工業)の名前を高めた自動二輪車「スーパーカブ」の開発、F1のレーシングカー用のエンジンの開発、カーナビゲーションの開発などで知られ、大ヒットを生み出すと共にその高い技術力が評価されているのです。

現在でもその高い技術力を活かし、新しい様々な挑戦を続けています。業績が年収にも反映されるホンダ(本田技研工業)では、業績が好調であれば年収も上がることに期待できます。

また、業界全体でも「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」の開発が注目され、ホンダ(本田技研工業)も、積極的にCASE開発を進めています。

一方で、近年はサプライチェーンにおける部品の供給遅延、生産活動の停止、一部の販売店の営業休止、自動車の国内販売台数の減少といったマイナス要因もあります。

転職エージェント末永 末永

就職・転職難易度が高い企業に中途入社したいなら大手転職エージェントのキャリアアドバイザーに過去の転職決定者の学歴・経歴や面接対策方法を質問するのがおすすめです。

おすすめの大手総合型転職エージェント

ホンダ(本田技研工業)の職種別平均年収

2023年11月時点の転職口コミサイト「ライトハウス」に投稿されている年収データを参考に、職種別の平均年収を紹介します。

職種 平均年収 平均年齢
営業系 735万円 40.5歳
企画・事務・管理系 699万円 36.1歳
IT系エンジニア 681万円 35.0歳
電気・電子・機械系エンジニア 690万円 36.3歳

上記の職種別平均年収は現役社員・元社員の回答を元に算出されていますが、役職や在籍時期にもよって変わってくるので、参考程度に見てもらえればと思います。

ホンダ(本田技研工業)の年代別平均年収

2023年11月時点の転職口コミサイト「ライトハウス」に投稿されている年収データを参考に、年代別の平均年収を紹介します。

年代 平均年収 最高年収
25~29歳 510万円 640万円
30~34歳 638万円 900万円
35~39歳 746万円 1200万円
40~44歳 835万円 1200万円
45~49歳 938万円 1330万円
50~54歳 --- ---
55~59歳 1034万円 1500万円
60歳以上 850万円 1200万円

ホンダ(本田技研工業)は、年功序列の色が濃く、これまでは年齢・年次を重ねると給与が上がる仕組みをとってきましたが、近年では評価制度を変更し、階級などに応じ昇給していく仕組みに変わりました。

成果に応じた給与アップが期待できますが、役職が上がらないと給料が上がらないと感じている口コミも多く見受けられました。

ホンダ(本田技研工業)の役職別年収例

ホンダ(本田技研工業)のコーポレートサイトにある採用情報の待遇・福利厚生の情報を参考に、役職別年収例を紹介します。

あくまでも2023年11月時点での情報になるため、時期によって変わる可能性があります。

役職 年収 月収
メンバー 569万円~ 月給27万円~
チームリーダー 715万円~ 月給35万円~
係長クラス 847万円~ 月給41万円~
管理職 1,198万円~ 月給63万円~

ホンダ(本田技研工業)は、基本的に年収水準が高めになっていますが、役職が上がるにつれて成果に応じた報酬部分の比率が高くなっていきます。

転職エージェント末永 末永

求人サイトの求人情報だけでなく、転職口コミサイトも必ずチェックしましょう。求人情報や採用ホームページは良い部分しか書かれていません。入社後に後悔しないためにも確認が不可欠です。

気になる企業の情報を知りたい人におすすめのサービス

  • ONE CAREER PLUS
    企業の評判が集まる口コミサイト。選考内容や実際に働いている人の経歴が見れる
  • ビズリーチ
    年収600万円以上の求人が多数!優秀なヘッドハンターからのスカウトが届く

ホンダ(本田技研工業)と競合他社の年収比較

ホンダ(本田技研工業)と同じ自動車業界「トヨタ」「日産」「スズキ」「三菱」「マツダ」の5社との年収を以下で比較してみました。

各社とも2022年10月時点で提出されている最新の有価証券報告書の平均年収を元に比較しています。

企業名 平均年収 平均年齢
トヨタ自動車 746万円 34歳
日産自動車 752万円 37歳
本田技研工業 690万円 37歳
三菱自動車 623万円 36歳
スズキ 530万円 32歳

出典:ライトハウス

ホンダ(本田技研工業)は、競合のなかでも丁度中間の給与水準に位置していることがわかります。

販売実績でも、トヨタは販売台数が世界一を記録する業界を牽引する存在です。日産はルノー・三菱との3社連合で国内外の販売実績を伸ばしており、年収にもそれが現れています。

ホンダ(本田技研工業)は、販売台数が上位2社に及ばないものの、二輪車・四輪車共に国内外で販売実績があり、それがボーナスにも影響されるため、年収も真ん中に留まるかたちとなりました。

ただ、平均年収は正社員比率や売上業績によって変わってくるため、上記の年収比較は参考程度で見てください。

ホンダ(本田技研工業)の給与・評価制度

ホンダ(本田技研工業)の給与・評価制度について、ワンキャリアプラスの評判・口コミを一部抜粋しました。

評判・口コミ

30代・男性<br>	先進安全技術開発部

30代・男性
先進安全技術開発部

在宅手当と家賃補助がでるので、給与額よりもいい生活をすることができます。
基本的に年功序列で決まっていきます。特許等の見える成果があれば多少変わります。

ワンキャリアプラス

他にもワンキャリアプラスでは、ホンダ(本田技研工業)で働いている人が前職でどんな会社に勤めていたかなども見ることができます。ホンダ(本田技研工業)に興味がある人はぜひ登録してみてくださいね。

無料登録はこちら(公式サイト)

ホンダ(本田技研工業)は2023年2月に賃金引き上げを発表

ホンダ(本田技研工業)は2023年2月22日、従業員の賃金を引き上げると発表しました。

近年の物価高などで金銭面の負担が増していることをうけ、春闘での賃上げ要求に全面的に応えた形となりました。

具体的には、月額の基本給をこの30年で最も高い水準の1万2500円引き上げ、賞与は年間6.4ヶ月分が支給されます。

ただ、引き上げ額は全従業員一律ではありません。主に若手層に手厚い内容となっており、とくに大卒賃金は従来比10%の大幅増となります。

自動車業界は賃上げの動きが相次いでいるので、条件面が気になる人にはおすすめの業界ですね。

ホンダ(本田技研工業)の残業時間・ボーナス・福利厚生

平均年収とも深い関わりがあり、働く上で気になるホンダ(本田技研工業)の残業時間・ボーナス・福利厚生について詳しく紹介していきます。

残業時間

2023年11月時点の「ライトハウス」によると平均残業時間は月間26時間です。

基本給は平均的な水準であるものの、残業手当がつくことで給与水準が高くなっている社員もいるようです。

ただ、ホンダ(本田技研工業)の平均残業時間は比較的短めなので、残業代をアテにしないほうが良いでしょう。

ボーナス・賞与

ホンダ(本田技研工業)のボーナスは6月と12月の年2回支給されます

ホンダ(本田技研工業)の賞与は、1年で月給の6ヶ月分前後が支給されるとされており、年収の比率はボーナスが大きくなっているようです。賞与は業績によって左右されるため、直接年収の増減にも影響します。

福利厚生

ホンダ(本田技研工業)の福利厚生は手厚く、給与以外の諸手当がかなり充実しています。

諸手当 ●在宅勤務手当
●育児・介護手当
●住宅手当 他
制度 ●退職年金
●互助会
●特別見舞金
●財形貯蓄
●住宅共済会など
施設 ●社宅
●独身寮
●保養所
●健康管理センター
●スポーツ施設など

中途入社者に関しても社宅制度が適応され、1DKで8,000円~15,000円程度、2DKで15,000円~25,000円程度とかなり安く入居することができます。

ホンダ(本田技研工業)には労働組合もあり、働く環境についてはかなり整えられていると言えるでしょう。

離職率

年代 男性 女性 合計
2020年 2.3% 2.3% 2.3%
2021年 6.8% 4.0% 6.5%
2022年 6.0% 4.8% 5.8%

出典:パフォーマンスデータ

*定年退職を含む

ホンダ(本田技研工業)の年収に対する評判・口コミ

ホンダ(本田技研工業)の年収に対する評価を「ライトハウス」から集めてみました。

現役社員・元社員が年収に対して、どのように思っているのか、参考にしたい人はぜひ目を通してみてください!

ホンダ(本田技研工業)の年収に対する良い評判・口コミ

評判・口コミ

男性・新卒入社<br>情報システム

男性・新卒入社
情報システム

昇給年1回、賞与年2回、家族手当、通勤手当、深夜早出残業等が整備されている。

ライトハウス

評判・口コミ

男性・新卒入社<br>研究開発

男性・新卒入社
研究開発

30代半ばまでは基本的に年功序列。管理職の手前まではほとんどの人が昇進することがてきると思う。評価は良くも悪くも仕事ぶりを反映したものとは言えず安定的に上がっていく印象。一応評価に段階はあるものの、都合で決まっている印象。

ライトハウス

評判・口コミ

男性・新卒入社<br>サービス職

男性・新卒入社
サービス職

育児手当が2万円/月/人と手厚い。自己啓発手当も5万円/年と手厚い。

ライトハウス

ホンダ(本田技研工業)の年収に対する悪い評判・口コミ

評判・口コミ

男性・中途入社<br>企画職

男性・中途入社
企画職

チーフには平均して30歳でなるイメージ。ただ、それまでは高くても基本給が月25~26万程度なので結婚や子育ては厳しい。

ライトハウス

評判・口コミ

男性・新卒入社<br>開発管理

男性・新卒入社
開発管理

昇進や昇格は実力主義を謳っていますが、ある程度の年齢にならないと昇格試験を受けさせてもらえません。昇格試験を受けるにあたっての明確な基準は存在せず、管理職の裁量に委ねられています。

ライトハウス

評判・口コミ

男性・新卒入社<br>車両開発

男性・新卒入社
車両開発

入社後しばらくは最終学歴間の差が歴然と存在しており、特に高卒で仕事がバリバリできる人にとっては不満がたまりやすい。若年層の納得感が得られる評価・給与制度に改善していく必要性を感じる。

ライトハウス

ホンダ(本田技研工業)の会社情報・新卒初任給

ホンダ(本田技研工業)の会社概要と採用情報について紹介していきます。

社名 本田技研工業株式会社
所在地 東京都港区南青山2-1-1
設立 1948年(昭和23年)9月
代表者 取締役 代表執行役社長 三部敏宏
事業内容 二輪、四輪、汎用製品の製造・販売事業、ロボットや航空機などの新規事業の開発など
従業員数 連結204,035名/単独36,111名

(2022年3月31日時点)

新卒採用の初任給

ホンダ(本田技研工業)では「事務系(総合職)コース」「技術系コース」で新卒採用をおこなっています。

職種 初任給
事務系
(総合職)
営業
生産管理
購買
人事
知的財産
法務
経理・財務
ITなど
学部卒:222,300円
修士了:248,800円
技術系 先進技術開発
開発
生産技術(エンジニアリング)
DX/ITなど
高専卒:222,300円
学部卒:222,300円
修士了:248,800円

事務系・技術系共、採用方法として「職種別採用コース」と「ポテンシャルコース」があります。

「職種別採用コース」は、希望する職種・配属先を特定して応募する方法で、「ポテンシャルコース」は入社後に職種・配属先を決定していきます。

自分の適正などに合わせた採用方法が選べるのもホンダ(本田技研工業)の特徴ですね。

ホンダ(本田技研工業)の中途採用情報や転職しやすい人の特徴について知りたい人は、以下の記事も読んでみてください。

ホンダ(本田技研工業)への転職を成功させるコツ

dodaの「転職人気企業ランキング(2022年)」の16位にランクインするほど人気があり、年収も高いホンダ(本田技研工業)への転職を考えているのなら、転職エージェントを利用すると良いです。

なぜなら、転職エージェントではホンダ(本田技研工業)の非公開求人を保有している可能性があるからです。また、ホンダ(本田技研工業)の選考に合わせた応募書類の添削、面接対策なども無料でおこなってもらえます。

ただ、転職エージェントによって保有している求人やサポートに違いがあるので、まずは以下で紹介する転職エージェントの中から2〜3社に複数登録をして、実際にキャリアアドバイザーに会ってみた上で、サポートを任せるエージェントを絞り込むと良いです。

また、転職するべきか迷っている人は、ホンダ(本田技研工業)のような企業からスカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがおすすめです。

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

メーカーエンジニアの転職に特化した転職エージェント

マイナビメーカー AGENT

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの人は、業界特化のマイナビメーカー AGENTへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

マイナビメーカー AGENT

おすすめポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカー AGENTに
相談する

line

line

人気の転職エージェント