大同生命保険株式会社に転職(中途採用・求人)するには?

The following two tabs change content below.
末永 雄大

末永 雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回の記事では、大同生命への転職を考えている人に事業内容から仕事内容、年収までの転職に関する情報をまとめました。

大同生命保険って何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

大同生命は会社名からもお分かりの通り、生命保険会社です。

従来の生命会社は、個人をメインに顧客獲得活動を行い、事業を展開していますが、大同生命は中小企業や個人事業主をメインに顧客獲得を行っている点が特色です。

中小企業を会員とする団体や、税理士・公認会計士が加盟している団体と提携し、個人事業主や中小企業のオーナーに対し営業活動を行っています。
売り上げの9割が企業からの売り上げであり、その点において他の生命保険会社との差別化を図っています。

また、企業外活動についても非常に力を入れており、特に障害者のスポーツ支援は最も力を入れている企業であるといえます。
その活動が認められ、2015年には東京都スポーツ推進認定制度のモデル企業の13社の中に入りました

大同生命保険の直近の業績

大同生命の業績は2014年から横ばいです。

横ばいというと一見成長のない会社であると思われるかもしれませんが、同社の経常利益は9000億円から1兆円ということで高い利益を常に出し続けており、非常に安定して収益を出せている会社であるといえます。

大同生命保険の仕事内容・職種

大同生命ではどんな業務があり、どのような方が活躍されているのかという点についてもご紹介いたします。

同社の多くを占めるのは「営業職」です。
新規契約および、既存契約者のフォローをするライフプランナーとして、多くの方が活躍されています。

営業職は下記4つのセクションに分けられます。

  1. 税理士法人
  2. TKC税理士法人
  3. 代理店担当
  4. 企業福利厚生プランナー

1〜3は対象顧客に対して、保険商品の提案がメインですが、4は企業の福利厚生において自社の商品を提案をするセクションにです。

営業職以外にも、お客様から預かっている資産を運用する「資産運用担当」、保険や年金の適正な掛け金や支払い金を決定する「アクチュアリー」、契約に関する管理を行う「契約担当」など数多くの職種が存在します。

大同生命保険の今後の事業課題

保険ビジネスの最大の難しさは、景気に左右される点です。

景気が悪ければ、保険商品を買いたいという人も減りますし、景気低迷による株価の暴落や不動産価格の低迷は、これらを運用することで利益を増やしている保険会社にとっては大きな打撃となります。

一方で、景気が良好である近年においても、売り上げは横ばいになっています。
これは、日本の人口および経済人口が減少傾向にあることが要因の一つと考えられます。
今後も日本の人口減少は続くため、市場を日本に置いていても売り上げは必然的に落ちてきます。

そのため、海外での市場にも目を向けていかないと、さらなる成長はおろか、現状維持さえも厳しくなってきます。
そういった観点から海外戦略を進めていくというのが今後の事業課題であるといえます。

大同生命保険の将来性は?

大同生命保険の将来性は十分にあります。
なぜなら、顧客は日本企業の7割を決める中小企業です。そのため、個人相手の生命保険会社と異なり、競合との差別化もできますし、雇用も安定しているため、ノウハウをもった社員が定着するのも会社として非常にプラスです。

課題は海外事業の展開ですが、逆に言えば伸びしろであるとも言えます。

海外事業展開が道半ばであっても売り上げが安定しているということから、安定した売り上げを背景に、新たな事業展開ができる企業体力を有している会社であり、将来性も十分あると言えます。

大同生命保険の仕事のやりがい

大同生命で働く仕事のやりがいはどのようなものがあるのでしょうか。
3点ご紹介いたします。

1、研修や資格習得の補助などを積極的に行っている

同社では、1年目の入社時研修・フォロー研修、4年目の研修、役職者の研修など年次ごとに研修を積極的に行っています。また、資格取得を奨励しており、資格補助の制度も整っています。

そのため、業務以外のところでも自身が成長できるだけの環境が整っています。

2、中小企業を支えるビジネスモデルであり、社会貢献性が高い

同社のビジネスは上記でも説明したように、クライアントは中小企業、および個人事業主がメインです。
自社の商品を販売することにより、中小企業の経営リスクや倒産リスクを軽減させるようサポートしてます。

加えて、間接的ではありますが障害者スポーツの支援も会社全体で行っています。
これらの環境からも非常に社会貢献性の活動を行っている会社である点も社員のやりがいにつながっています。

3、経営者と話することが多く、そこから学ぶことが多い点

普段の生活において、当然ながら経営者と話す機会というのはなかなかありません。
しかし、同社のビジネスは中小企業のオーナーや個人事業主であり、そういった方から考え方、経営理念などを直接学ぶことができ、刺激を得られることも非常に多いです。

同社で働くやりがいとして挙げている方も非常に多くいらっしゃいます。

大同生命保険の評判・社風・カルチャー・クチコミ・福利厚生

評判・社風・カルチャー・クチコミ・福利厚生についても、以下で3点ご紹介させていただきます。

1、目標意識の高い社員が多い

大企業ではありますが、そこにあぐらをかくことなく全社的に高い目標をもって働いている社員が多いです。
また、職場全体で協力する社風が出来上がっているので、目標に向かって頑張ることができるのが特徴となっています。

2、福利厚生が整っている

総合職においては、退職金制度や有給、家賃補助、引っ越し手当てなどが充実しています。
退職金や家賃補助を行う会社が減っている中、福利厚生の面でも非常に働きやすい会社であるといえます。

3、女性が働ける環境が整っている

同社ではもともとは女性の管理職の方が少なかったのですが、女性の管理職の数は年々増えており、男女問わず出世ができる環境が整えられてきています。

加えて、産休・育休の取得、および時短勤務に関しても奨励しており、子育て中の方でも活躍できるような制度を整えています。

こういった点で女性の働きやすい会社であるといえます。

大同生命保険の面接・SPIなど選考難易度

大同生命は基本的に新卒文化の強い会社です。
そのため、企業福利厚生プランナーを除いて、中途採用を積極的に採用している会社ではありません。

新卒採用においては4回の面接とSPIという高いハードルが設定されており簡単に入社できる会社ではありません。

その一方、企業福利厚生プランナーについては、一般的な「生保レディ」という位置づけであり、面接・試験というような選考が行われていません。
チャレンジしたい方に対しては門戸を広げています。

仕事に興味がある方は積極的にチャレンジしてみると良いでしょう。

大同生命保険の年収相場(給与)は?

大同生命における総合職の平均年収はおおよそ700万円前後、一般職の場合は500万円弱程度です。

昇給においては、給与テーブルが整備されており、20代のうちは決して昇給幅が高いとはいえませんが、その時期を超え、キャリアを積んでいけば着実に年収が上がっていくようなシステムになっています。

また成果を出せばその分年収にも反映され、成果には応えてくれます。
安定という点でも、努力を認めてくれるという点でも非常に良い会社であるといえます。

大同生命への転職をお考えの方へ

大同生命への転職は、大手の転職エージェントか、中小エージェントに非公開求人として、依頼する事もあります。

コーポレートサイトから直接申し込むことも可能ですが、その後のキャリアプランを一人で考えるのはミスマッチが起こる原因でもあります。
仮に転職に自信があったとしても、転職エージェントは無料でサポートをしてくれるので、受けた方がいいでしょう。
また自分一人では面倒な面接の日程調整や対策をしなければならず、そのような手続きを代わりにしてくれるなどマイナスにはなりません。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、優秀なキャリアコンサルタントに出会うためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきだと考えています。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?