年間休日130日以上の会社に転職するためには?どんな業界なら可能?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

年間休日の平均は約110日

求人票に記載されている「年間休日」
その会社が定める年間の休日数のことを指しており、会社ごとの規定によって定められています。

会社ごとに休日が何日あるかは異なるわけですが、共通のルールもあります。

①法定休日は毎週少なくとも1日、または4週を通じて4日以上
②労働時間の上限は週40時間

1日の労働時間を8時間として計算をすると、年間休日は最低でも「105日」ないといけないことになります。
ちなみに厚生労働省の調査によると、2017年の平均は108.3日でした。

この年間休日ですが、夏季休暇や年末年始休暇は会社が就業規則で「休日」と定めていれば年間休日に含まれます。
国民の祝日、ゴールデンウイーク、シルバーウイーク、会社創立記念日なども同様です。

一方で有給休暇は、労働基準法で定められた「法定の休暇」ではあるものの、会社が定めているものではありません。

したがって、同じ会社で働いていても人によって付与される日数や取得できる時期が異なり、年間取得日数には個人差があることから、有給休暇は「年間休日」に含まれません。

年間休日130日の内訳

1年は365日ですから、年間休日130日ということは、ざっくり考えると、年間の1/3がお休みということになります。

どのような構成になるか考えてみましょう。

暦上多少のズレはあるものの1年は52週間なため、土日完全休みの企業であれば年間休日が104日になります。
そして、ゴールデンウイーク、夏季休暇、年末年始休暇が採用されていると仮定し、これらを土日含まず3日前後と考えると、だいたい110日~115日。
そこに祝日を加えると「年間休日120日」

転職希望者の多くが希望する水準はこの年間休日120日です。

それを超える年間休日130日。
上記に加えて、会社独自の休暇制度(アニバーサリー休暇など)や、そもそも長期休暇が長い、などの要因が考えられます。

また最近では週休3日制を導入する企業も出てきましたね。
年間休日130日はこのような構成になることが多いみたいです。

年間休日130日以上は全体のわずか1.2%

1年の1/3がお休みの「年間休日130日」
やはりそう簡単に見つかる条件ではないようです。

転職サイト大手DODAで「年間休日130日」と検索してみると
ヒットするのはわずか50件ほどで約1%という結果となりました。

年間休日130日以上の職種とは?

お休みが少なくて、毎日お疲れの方からすると、そんな企業の存在は信じられないかもしれませんね。

しかし数は多くないものの、そのような企業は存在しており、
厚生労働省の「平成28年度就労条件総合調査の概況」によると
年間休日130日以上の企業割合は以下のようになります。

教育、学習支援業 8.8%
情報通信業(以下IT)3.2%
不動産、物品賃貸業 1.6%
金融業、保険業 1.5%
建設業 1.4%

最上位は「教育・学習支援業」
塾や幼稚園の先生などが多いようです。

年間休日の130日のメリット・デメリット

お休みが多い=とてもハッピーなこと、と多くの方は捉えることでしょう。
確かに休みが多いことで、選択肢が増えることもあるでしょう。

しかし、一方では
・労働時間が短くなるため給与が安い
・年間休日は多いがその分平日の労働時間が長い
・そもそもそのような転職先が少ない
などのデメリットも存在します。

年間休日120日なら比較的容易に転職可能です

当然ですが、年間休日130日より120日のほうが、転職先として多くの選択肢を持つことができます。
働き方改革が叫ばれて久しく、しっかりと休日を取得することを推進している企業も増えてきています。

末永

年間120日以上の休日がある企業への転職を考えるならば、転職エージェントに複数登録することをオススメします。

なぜなら、年間130日の求人は約1%ということからわかるように、転職においてはできるだけ多くの求人に会えることが鍵となるからです。

なので、圧倒的な求人の数を誇る、リクルートエージェントマイナビエージェントdoda の利用をオススメします。

10個の求人の中から、あなたに合った求人を選ぶのと、100個の求人の中から、あなたに合った求人を選ぶのとでは、どちらの方があなたに合った求人を見つけられるかは明白ですよね。

さらに、もしあなたが女性だった場合には@type女性の転職エージェントにも相談すると良いでしょう。

@type女性の転職エージェントは、女性に特化した転職エージェントです。なので、構造上女性の求人が集まりやすい傾向があり、求人の中にUSJの求人がある可能性が高いです。

35歳以上のハイクラス・ミドル層の方の場合にはビズリーチJACへの相談もおすすめです。

なぜかと言うと、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaには少ない年収600万円以上の求人を数多く揃えているのがビズリーチJACだからです。

まとめ

先ほども申し上げましたが、結論から申しますと、転職するためには圧倒的求人数を誇るリクルートエージェントマイナビエージェントdodaへの相談をおすすめします。

なぜかと言うと日本で最大級の求人を最も多く持っているのがリクルートエージェントマイナビエージェントdodaだからです。

もう少し詳しく説明しますね

企業には非公開求人というものが存在します。つまり、企業のホームページでは公開していない求人が沢山あるのです。

非公開求人は転職エージェントの求人のうちの9割を占めます。

そのような非公開求人も含めて、最も多くの求人を持っているのがリクルートエージェントマイナビエージェントdodaなのです。

10個の求人の中から、あなたに合った求人を選ぶのと、100個の求人の中から、あなたに合った求人を選ぶのとでは、どちらの方があなたに合った求人を見つけられるかは明白ですよね。

さらに、もしあなたが女性だった場合には@type女性の転職エージェントにも相談すると良いでしょう。

@type女性の転職エージェントは、女性に特化した転職エージェントです。なので、構造上女性の求人が集まりやすい傾向があり、求人の中にUSJの求人がある可能性が高いです。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!