カゴメへの転職事情|中途採用情報や評判なども徹底解説!

調味料

    カゴメへ転職したい人向けに、転職難易度や中途採用情報、面接の傾向・対策などを現役のプロが徹底解説します。

    他にも気になる年収や評判・口コミなども合わせてご紹介します。

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

カゴメの転職難易度

カゴメの転職難易度は非常に高いです。

なぜなら、カゴメは新卒だけでなく中途にも人気がある転職先で、優秀な人材が求人に殺到するからです。実際に、dodaが発表している「転職人気企業ランキング2019」では70位にランクインしています。

また、カゴメは新卒を一括で採用し、そこからプロフェッショナルに育てる文化が色濃く残っているので、中途採用の募集はほとんどありません。

求人があったとしても、採用枠が少なかったり、契約社員としての雇用だったりします。その少ない採用枠に即戦力として活躍できる転職者が殺到してしまうので、転職難易度は非常に高いと考えて良いでしょう。

さらに、これらの求人は人手不足の人員補充がなされなければ募集は出ません。転職を考えるタイミングで求人と巡り会えるかどうかという点でも、転職難易度は高いと言えます。

カゴメの求人を見つける方法

カゴメのように人気がある大手企業は、少ない求人に応募が殺到してしまわないように、転職エージェントに求人を非公開で依頼している可能性があります。

また、新規プロジェクトに関する情報が求人票から漏れるのを防ぐために転職エージェントを利用するケースも多いです。

ちなみに非公開求人は転職エージェントに登録しなければ閲覧することすらできません。カゴメへの転職を考えている人は、まずは求人を見つける意味でも転職エージェントに登録するようにしましょう。

大手企業への転職に強い転職エージェント

転職エージェントの他に、スカウト型の転職支援サービスに登録するのもおすすめです。

なぜなら、カゴメだけでなく、他の食品メーカーの人事やヘッドハンターからオファーが届く可能性があるからです。

転職はしたいけど、希望する求人がない人は以下で紹介するビズリーチに登録し、オファーが届くのを待つのも1つの方法です。

スカウト型の転職支援サービス

  • ビズリーチ
    人事やヘッドハンターから直接オファーが届く!

カゴメの中途採用情報【求人情報】

2020年4月時点でカゴメの中途採用を募集する求人はありませんでした。

今後、中途採用を募集する可能性もあるので、カゴメへの転職を考えている人は定期的に採用ページを確認し、募集が出ていたらすぐに応募できる準備をしておくと良いです。

ただ、3年以内に大学・大学院、高等専門学校を卒業して、就業経験のない既卒なら既卒採用枠から応募することができます。

以下では、過去に募集されていたカゴメの中途採用情報と、既卒採用の求人情報について紹介します。

カゴメの中途採用情報

2020年4月時点で公開されている求人はないので、過去にリクナビNEXTに掲載されていた求人を紹介します。

この求人はカゴメの那須工場での募集となっており、雇用形態は契約社員となっています。契約社員での雇用であったとしても、カゴメには正社員登用制度があるので、実績をしっかりと残せば正社員を目指すことは難しくないです。

求める人材

  • 食に関わる仕事に興味がある人
  • 安心・安定の環境で働きたい人
  • 日本中で愛される商品の製造に携わりたい人

勤務地・勤務時間

  • 勤務地
    栃木県那須塩原市西富山30

  • 勤務時間
    【飲料の製造部門/交替制/実働7時間45分】
    7:00~15:45
    12:30~21:15
    21:15~翌7:00

給与

  • 16万6000円~18万2600円
    ※経験や能力を考慮

既卒採用の求人情報

2020年4月時点での既卒採用は総合職のみとなっています。

総合職は特定の職種ではなく、幅広い職種・勤務地で経験を積んでいきます。募集職種は研究技術系総合職と事務系総合職の2つです。

研究技術系総合職(研究・工場)

研究技術系総合職は初期の配属が、イノベーション本部か工場かで分かれています。

その後、本人の適性に応じて、商品開発、生産調達部門(生産管理・加工技術開発・エンジニアリング・原料調達・品質管理など)、宣伝、広報、経営企画、人事、財務・経理、海外業務などの業務に携わるが可能性あります。

事務系総合職

基本的には国内のスーパーマーケットなどの小売店、レストランなどの外食業態への営業担当からスタートします。

その後は、本人の適性に応じて営業、マーケティング、商品企画、宣伝、広報、経営企画、人事、財務・経理、海外業務などの業務に携わる可能性があります。

待遇

  • 初任給
    博士卒:246,320円 大学院卒・6年制大学卒:220,000円 4年制大学卒・高専専攻科卒(学位取得者):207,500円

  • 勤務時間
    本社・支店:フレックスタイム制
    工場:8:00〜16:45

カゴメの既卒採用についてさらに詳しく知りたい人は、採用情報ページも確認してみてください。

カゴメのような大手企業へ就職する方法については、以下の記事で詳しく説明しています。

関連記事既卒でも大手の内定をゲットできる?採用している企業一覧を大公開!

カゴメの面接の傾向・対策

カゴメの中途採用面接では、志望動機転職理由の他に以下の質問をされる傾向にあります。

  • カゴメのキャッチフレーズ
  • 長所と短所

カゴメのキャッチフレーズは質問されるので、事前にコーポレートサイトなどを見て企業研究をおこない、企業情報や事業展開を把握しておくようにしましょう。

また、自分のことを客観的に分析できるのかを把握するために、長所や短所といった転職者個人に関する質問をすることもよくあります。

自分がどういう人間で、どのようなスキル・経験があるのか、将来的にどうしたいのか、なぜカゴメに転職したいのかなど、自己分析で1つずつ明確にして、どのような質問でも答えられるように準備をしておくと良いです。

企業研究と自己分析のやり方について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事【保存版】企業研究のやり方を転職のプロが分かりやすく解説!
関連記事転職活動の自己分析のやり方と活かすコツをプロが伝授!【想定質問集付】

カゴメの企業情報

精度の高い面接対策をおこなうためには、カゴメの詳細な企業情報を得る必要があります。

カゴメがどのような事業をおこない、将来的にはどの分野に注力していくのか、また会社の経営状況はどうなっているのかなど、しっかり把握していれば面接で活用することができます。

さらにカゴメについて調べていれば、入社後に「想像と違った!」というミスマッチも防げます。

そこでカゴメの企業情報について「事業内容」「年収」「社風」「福利厚生」の4つに分けてご紹介します。

事業内容

カゴメは調味食品や保存食品、飲料といった食品の製造・販売をおこなっています。

5つに分かれている事業はそれぞれで食品に関わる事業を展開しています。5つの事業がどのようなことをおこなっているのか、以下でご紹介します。

食品事業 食品事業ではトマトケチャップ、トマトソース、パスタソースなどの調味料や、レンジ調理食品などの食品の開発・製造をおこなっています。
飲料事業 手軽に野菜が摂れるように飲料事業では、野菜ジュースやフルーツジュースなどの飲料の開発・製造をおこなっています。健康を意識した青汁や乳酸飲料も展開しています。
農事業 カゴメは野菜の加工食品や調味料だけでなく、自ら野菜の生産もおこなっています。最先端技術を使った自社菜園で高栄養価野菜も生産しています。
業務用事業 レストランなどの業務用向けに、調味料やソース、野菜飲料の開発・製造・販売をおこなっています。業務用冷凍食品として野菜のピューレや野菜のソテーなども展開しています。
通販事業 通販事業では野菜ジュース、サプリメント、スープなど、店舗では買えない商品の販売をおこなっています。

各事業の詳細について、さらに詳しく知りたい人はカゴメのコーポレートサイトも確認してみてください。

年収

2020年3月に提出された有価証券報告書によると、カゴメの平均年収は767万円でした

国税庁が発表している2018年の民間給与実態調査では、全国の平均年収は441万円です。カゴメと全国の平均年収では、カゴメのほうが高いことがわかります。

また、カゴメと同じ食品メーカーで有名な企業4社の平均年収を以下で比較してみました。それぞれ2020年4月時点の最新の有価証券報告書の年収を元に比較をしています。

会社名 年収
味の素 982万円
ハウス食品 817万円
キッコーマン 797万円
カゴメ 767万円
キユーピー 601万円

大手食品メーカーの中で、味の素の平均年収が圧倒的に高い結果となりました。

とはいえ、カゴメが低いというわけではなく、今回紹介した大手食品メーカーの中では平均的な年収相場だと言えます。

それぞれが展開している事業が異なるので、営業利益にも変動が出てきます。結果として、年収にも差が生じてしまうものです。

転職では年収も1つの指標になりますが、あくまでも参考に留めたほうが良いです。自分がカゴメで何をしたいのか、これまでの経験・スキルを活かせるのかも考慮しながら選んだほうが納得のいく転職ができますよ。

社風

カゴメは年功序列制が残る典型的な日本の企業です。昔ながらの新卒を一括で採用し、終身雇用を前提としています。

トップダウンな社風なので、決定するまでに時間がかかるという声もありました。

ただ、職場環境は堅苦しい雰囲気はなく、困ったことは相談しやすい風土が成熟しています。というのも定期的にコミュニケーションが取れるイベントを開催しており、社員同士が交流を持てるようになっています。

福利厚生

カゴメでは社員が仕事と生活のバランスが取れるように、様々な福利厚生を導入しています。

実際にどのような福利厚生があるのか、以下でいくつかご紹介します。

  • 各種社会保険制度
  • ウォーキングキャンペーン
  • 人間ドックの補助
  • メモリアル休暇
  • リフレッシュ休暇
  • 福利厚生倶楽部
  • 共済会
  • 社員持株会
  • 財形貯蓄制度
  • 住宅手当

カゴメは健康を意識した商品を取り扱っているのもあり、健康に関する福利厚生が用意されています。ウォーキングキャンペーンや健康器具の補助などは利用している社員も多いです。

また、カゴメは社内に冷蔵庫を完備し、社員の野菜不足を補うために自社で開発・製造をおこなっている野菜ジュースなどを無料で飲めるようにしています。

さらにカゴメは福利厚生倶楽部を導入しており、希望に合った福利厚生を選べる仕組みになっています。

カゴメの評判・口コミ

カゴメで実際に働いていた・働いている社員の評判・口コミをいくつかご紹介します。

カゴメへ転職しようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

カゴメの良い評判・口コミ

カゴメの良い評判・口コミをご紹介します。

30代・専門職

飲食業界の中では年収は高水準だと思います。

役職につくまでは一斉に昇給する感じで、管理職から差が出てきます。福利厚生も申し分ないぐらいですが、新幹線通勤の場合は条件を満たしてないと交通費が支給されないのが、ちょっと残念なところです。

20代・研究職

有給取得を推奨しているのもあって、非常に取りやすいです。

まるまる1週間休みを取っても嫌な顔をされないのが良いです。まとめて休みを取って、海外旅行へいく人も多いみたいです。

30代・管理系

出産後も働き続けられる会社です。産休・育休は整備されてますし、時短勤務も選択することができます。

基本的に優しい人が多く、子育てをしながら働く女性に理解があります。女性の管理職も増えていて、今後はもっと女性が活躍できる会社になるかと思います。

カゴメの悪い評判・口コミ

カゴメの悪い評判・口コミをご紹介します。

30代・企画

働き方改革は進んでいるが、一部の部署ではまだまだ残業が多い印象。

人手が足りず、常にいっぱいいっぱいの部署があれば、暇な部署もある。上手く人員を配置できていないような気がする。

20代・営業

仕事はルーティン化しており、やりがいを感じられない。

淡々と仕事をやりたい人には良いと思うが、自分から様々なことを提案していきたい人には向かないかもしれない。

20代・企画

新しいことにどんどんチャレンジして行こう!という社風の会社ではないです。

昔からある企業なのもあり、どうしても保守的……という感じがします。もっと挑戦しても良いと思っているのですが、堅実に事業を進めていくという人が多いです。とくに上層部は…

カゴメへの転職を成功させる方法

カゴメは転職者にも人気のある企業なので、正社員を募集する求人は非公開で転職エージェントに依頼しているケースが多いです。

この非公開求人は転職エージェントに登録しなければ、どのような求人があるのかすら分かりません。カゴメへ転職したい人は、これらの求人を把握するためにも転職エージェントに登録するようにしましょう。

また、転職エージェントではカゴメ以外の同業他社の求人も紹介してもらえる可能性があります。

ただ、転職エージェントによって保有している求人が異なるので、大手転職エージェントの中から2〜3社、特化型転職エージェントの中から1社程度複数登録することをおすすめします。そして、それぞれの求人やサポートの質を比較しながら、最終的にサポートを任せる1社を選ぶと効率よく転職活動ができます。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント