リクルートエージェントの面談はどんな感じ?準備すべきものなども解説!

リクルートエージェントの面談はどんな感じ?準備すべきものなども解説!

    本記事ではリクルートエージェントの面談がどんな感じなのか気になる方へ向けて、リクルートエージェントの面談を受けた人の評判・口コミについて紹介しています。

    また、リクルートエージェントの面談の内容・流れや面談前に準備するもの、面談でやってはいけないことなどについても詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら
リクルートエージェントの基本情報
運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://www.r-agent.com/
電話番号 0120-070-585
業種 全業種
求人数 613,800件(2024年5月時点)
対応地域 全国
登録免許 有料職業紹介:13-ユ-313011

【評判・口コミ】リクルートエージェントの面談はどんな感じ?

リクルートエージェントに登録するか悩んでいる方や面談に予約するか迷っている方の中には、面談がどんな感じなのか気になる方もいると思います。

特に、転職が初めての場合には「何を話せばいいのだろう?」「転職しようとしていることについて何か言われるんじゃないか?」と不安に感じる方もいるのではないでしょうか?

ですが、基本的にリクルートエージェントのキャリアアドバイザーとの面談は「自分のことについて知ってもらう場」「転職の不安や疑問を解消する場」として考えておきましょう。

また、リクルートエージェントの面談がどんな感じなのか、実際に面談を受けた求職者の評判・口コミを紹介するので参考にしてみてください。

評判・口コミ

20代・男性<br>満足度:★★★☆☆

20代・男性
満足度:★★★☆☆

リクルートエージェントのオフィスは開放感があって面談ではリラックスして話ができました。希望をヒアリングしてくれた後に今までの経験や年齢に合う求人も提案してもらえたことで自分の市場価値がどれくらいなのかわかったので、転職活動も堅実に進めることが出来ました。


当方は自己分析が不十分だった為、悩みの解消には至らず不採用でしたが、幅が広い分野・客観的な提案を求める利用者にとっては価値のある時間がじっくり得られると思いました。

評判・口コミ

20代・女性<br>満足度5:★★★★★

20代・女性
満足度5:★★★★★

キャリアカウンセラーの方がとても親切で私の前職での悩みや嫌だったことを熱心に聞いてくれて、悩みを聞いた上で希望に合う求人を探してくださったので安心して任せられました。


私は未経験から管理栄養士として働きたいと話をしたところ、管理栄養士の求人は現状少ないので自分のペースで探しながら資格取得を目指していきましょうとアドバイスをしてくれて今後の転職活動の計画もスムーズに立てていくことができました。


また、転職先に私からは聞きにくいこともズバッと確認してくれたり、選考期間中も履歴書や職務経歴書の添削や転職理由や面接の質問に対する回答のフィードバックもしてくださり、自信をもって面接に挑んでアピールできました。

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントサービスで転職支援実績も豊富なため、過去の転職支援のノウハウを活かして求職者に最適な提案や転職支援をしてくれます。

そのため、初めての転職や未経験の業界への転職をしたい方でも相談しやすくて、利用してよかったという評判や口コミもよく聞きますよ。

転職エージェント末永 末永

面談はもちろんのこと、リクルートエージェントの評判・口コミについては下記の記事でも詳しく紹介しているため、参考にしてみてください。

リクルートエージェントの面談方法

リクルートエージェントの面談には「対面面談」「電話面談」「オンライン面談」がありますが、それぞれ実際に面談をする際にはキャリアアドバイザーとの距離感の感じ方が変わってきます。

もちろん、どの面談方法でもキャリアアドバイザーが丁寧に対応してくれますが、対面・電話・オンラインでメリットやデメリットもあるので自分に合う方法を探していきましょう。

対面面談

対面面談はキャリアカウンセラーと直接顔を合わせて話ができて面談内で求人紹介をされる際にも一緒に見ながら希望条件の擦り合わせができますし、必要に応じて履歴書や職務経歴書の添削のアドバイスも直接受けることができます。

ですが、対面面談はリクルートエージェントの本社や支社に赴く必要があるため、近くに拠点がないと面談がしづらいといったデメリットもあったため、最近では電話面談やオンライン面談を希望する方も増えています。

それでも「対面の方が安心」「電話面談やオンライン面談よりも対面面談が良い」という方もいるため、対面でキャリアアドバイザーと顔を合わせて話がしたいと感じる人は対面面談を活用していくのがおすすめです。

転職エージェント末永 末永

転職エージェントによってはコロナの影響で対面面談を中止しているところもありますが、リクルートエージェントでは対策をしっかりした上で対面での面談も実施しています。

電話面談

電話面談は対面面談と違い場所を選ばずに面談ができるため、平日夜・土日しか対応できない方や近くにリクルートエージェントの拠点がない方が活用しています。

電話面談は騒音が気になる場所や電波の悪い場所を避ければ基本的にどこでも対応できて、ある程度コミュニケーションが取れれば十分に意思疎通はできますし、オンライン面談のようにネット環境も必要ないので気軽に面談ができるメリットです。

ですが、サービス説明やコミュニケーションは電話だと伝わりづらかったり、面談中には求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削もしづらいというデメリットもあるので、面談で求人紹介や転職支援も希望する場合はオンライン面談の活用がおすすめです。

転職エージェント末永 末永

リクルートエージェントの電話面談の流れについては下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてくださいね。

オンライン面談

オンライン面談はネット環境に接続できれば自宅からでも面談をすることができ、対面と同じくキャリアアドバイザーの顔を見ながら面談ができるので、電話だと顔が見えなくて不安だと感じる方にもおすすめの面談方法です。

また、画面共有でサービス資料を見ながら説明をしてくれるため理解がしやすく、求人紹介も画面共有やチャットを活用して行えるため利便性も高いのがオンライン面談のメリットとなっています。

ですが、ネット環境がないとできない点やオンラインツールに慣れていない人は使い方が分かりづらいなどのデメリットもありますが、最近ではZoomやSkypeを利用したことのある人も増えているのでメリットを感じる人の方が多いです。

転職エージェント末永 末永

オンライン面談は自宅からでも面談ができ、画面共有で情報の擦り合わせができて良いと感じる人も多いため、3種類の面談方法の中でもオンライン面談を利用している人が増えています。

転職エージェント末永 末永

オンライン面談は事前に面談のためのURLが送られてくるので、指定の時間になったらURLへアクセスして面談を進めていきます。


ですが、もし面談直前になってもメールが届いてない場合は、担当キャリアアドバイザーに問い合わせてURLを送ってもらうようにしましょう。

リクルートエージェントへの
登録はこちら(公式サイト)

リクルートエージェントの面談内容・流れ

リクルートエージェントの面談の流れ

リクルートエージェントでは求人紹介や転職支援を受けるためにはキャリアアドバイザーとの面談を実施する必要がありますが、転職が初めての人の中には面談でどんなことをするのか気になると感じる人もいると思います。

そこで、本項ではリクルートエージェントのキャリアアドバイザーとの面談の内容や流れについて紹介していくので、どのようなことが行われるのか事前に確認していきましょう。

転職エージェント末永 末永

キャリアアドバイザーとの面談では自分のことを知ってもらったり、不安や疑問を解消するための場なので、事前に情報を整理しておくなどスムーズに話ができるように準備しておきましょう。


また、面談では嘘をついたり話を誤魔化したりせずにネガティブなことも素直に話してアドバイスをもらうと転職に対する不安を解消することにもつながるでしょう。

1.お互いの自己紹介

はじめに、面談を担当するキャリアアドバイザーの経歴などの自己紹介を受けた後に、求職者自身も簡単な自己紹介をしていきます。

この後にしっかりと詳しい経歴などについて確認をするため、ここでの自己紹介は名前と挨拶程度で十分ですが、キャリアアドバイザーが世間話をしてきた場合には普段の会話と同じように受け答えしていきましょう。

自己紹介は求職者の緊張をほぐすためのアイスブレイクも兼ねていますが、初対面の第一印象や性格、コミュニケーション能力の程度を見ていることもあるため、すぐに会話を終わらせるのではなくある程度コミュニケーションをとることも大切です。

転職エージェント末永 末永

また、自己紹介の段階で今までの転職経験の有無や転職サービスの利用経験を確認して、リクルートエージェントの簡単なサービス紹介をすることもあります。

2.職務経歴・スキルなどのヒアリング

自己紹介をした後には、求職者の職務経歴やスキルについてヒアリングしていきますが、経験・スキル・実績は求職者のレベルを知るために必要な情報なので、細かく聞かれると考えておきましょう。

具体的には、直近の業務経歴・キャリアの軸となった経歴の詳細・仕事を通して身につけてきたことや実績・仕事で工夫してきたこと・大変だったことややりがいを感じたことなど、キャリアアドバイザーが気になったことを中心に確認していきます。

経験・スキル・実績について話をする際には、できる限り何も知らない相手にもイメージしやすいように数字を用いて説明していくと、より正確にスキル感を伝えることができるでしょう。

キャリアアドバイザーも特定の業界や職種の転職に精通した人が対応してくれるので、どんな説明でもある程度理解はしてくれますが、中にはイメージしづらいこともあるので、分かりづらい箇所は意識的に噛み砕いて説明していくことが大切です。

転職エージェント末永 末永

専門的な会話をする際には相手の反応も見ながら話を進めていき、キャリアアドバイザーへ正確に情報を伝えることで、最適な求人の紹介や転職サポートが受けやすくなるので意識していきましょう。

3.自身の強みやアピールポイントの掘り下げ

職務経歴やスキルについて確認した後には、求職者の強みやアピールポイントについて確認をしていきます。

転職経験がある人であればある程度自身の強みやアピールできるポイントは把握しているのでスムーズに進みますが、転職が初めての人や職務経験が少ない人の場合には必要に応じて自己分析のサポートもしていくことになるでしょう。

転職活動を進めていく上で強みやアピールポイントを正確に把握できているかは重要な要素で、履歴書や職務経歴書を作成する際にも自己PRで必要ですし、面接でも自分の強みを理解しているかで話の説得力も変わってきます。

そのため、もし自分の強みやアピールポイントが曖昧な場合には、素直に話して自己分析のサポートをしてもらうことで、その後の転職活動を円滑に進めていくことにもつながります。

転職エージェント末永 末永

また、自己分析の方法について詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

4.転職理由やキャリアビジョンの共有

次に、求職者の転職背景や理由、将来のキャリアビジョンに関する確認をしていきます。

転職背景や理由では「なぜ今の会社を辞めたい・転職したいと感じたのか」「辞めたい・転職したいと感じた具体的な出来事」についてヒアリングしていき、転職理由には必ずある不満や不安を明確にするために掘り下げて話を聞かれることも多いです。

また、将来のキャリアビジョンは転職の軸や希望条件も関係する部分なので、話を聞いて求職者の中で大切にしている価値観や実現したいことの確認をして、転職支援の方針の参考にしていきます。

もし求職者のキャリアビジョンが曖昧な場合には、転職でどのようなことを実現したいのか、そのために必要なことや優先すべきことは何かといったことまで掘り下げて求職者の転職目的や軸、優先度の高い希望を明確にしていくこともあるでしょう。

転職エージェント末永 末永

転職理由によって転職サポートの方針を変えることもあるためキャリアアドバイザーは深掘りして聞いてきますが、詮索しているわけではなく正確に求職者の考えを知るための作業だということは覚えておいてください。


また、転職理由や現在の状況、キャリアプランを確認した上で、現在の仕事を頑張った方が良いと感じた場合には、理由と一緒にこれからの方針に関するアドバイスをもらうこともできますよ。

5.希望職種や希望条件・年収などのヒアリング

ここまで求職者の転職支援のために必要な情報について確認をしてきましたが、最後に求職者へ求人を紹介するために必要な希望職種・希望条件・希望年収について確認していきます。

希望職種・希望条件・希望年収に関して、まず求職者の中で重要視している条件を確認した上で、具体的な数値や優先順位について確認していき、希望する条件がスキルや経験と比較した上で適切なのかどうかをチェックしていきます。

希望条件は求人紹介において重要な情報ですが、スキルや経験に対して希望年収が高すぎる場合や希望条件にこだわりすぎると紹介できる求人の幅が狭まってしまうため注意が必要です。

そのため、希望条件や希望年収を伝える際には希望する条件が適切なのかどうか、どの程度の条件なら求人の紹介がしやすいのかといった点もキャリアアドバイザーに確認しながら話を進めていくと良いでしょう。

転職エージェント末永 末永

もし、転職の軸や希望条件が曖昧な場合には自己分析ができていない可能性が高く、そのまま転職活動を進めてしまうとミスマッチが発生してしまうリスクもあるため自己分析のやり方がわからない人は積極的にサポートしてもらうことが大切です。

6.提案可能な求人の紹介

希望条件について確認した後には、現時点で紹介できそうな求人をいくつか見繕って提案してみて、希望条件とのマッチ度や所感を確認しながら擦り合わせをしていきます。

リクルートエージェントでは幅広い選択肢の中から希望の求人を選んでもらうことを重きにおいていますが、面談は時間も限られているので優先度の高い条件を絞って求職者に理想に近い求人はどのようなものなのかを確認していくことが多いです。

また、提案された求人が気に入った場合にはそのまま応募もできますし、面談後に紹介された求人と比較してから応募することもできるので、面談の場では今後のミスマッチを防ぐためにすり合わせをしていくという感覚で話をしていくと良いでしょう。

ここでも、希望条件を擦り合わせるのは良いですが理想に近い求人を探そうとして、違う点ばかり伝えてしまうと紹介のハードルが高くなってしまって、面談後に紹介される求人が少なくなってしまうので注意が必要です。

転職エージェント末永 末永

提案された求人について伝える際には「この条件は必須」「他にどの要素があれば応募したいと思えるのか」という視点で伝えていくとイメージが共有しやすいのでおすすめです。

7.今後の進め方などの相談

最後に、面談後の連絡方法や連絡が取れる時間帯の確認と今後の転職活動の進め方や特に意識してサポートして欲しい点などについてのすり合わせをしていきます。

連絡方法や連絡が取れる時間帯は求職者によって希望が変わるため、お互いにすれ違いにならないようにしっかりと希望を伝えておき、今後の転職活動において特にサポートして欲しいことがあればこの時点で伝えておきましょう。

具体的には「職務経歴書を添削して欲しい」「面接が苦手なので対策のアドバイスが欲しい」「模擬面接がしたい」などサポートしてもらうために時間が必要なことは事前に伝えておくことで調整してもらいやすくなります。

また、転職に対する不安を抱えている場合には相談に乗ったり、今後のキャリアプランに関してどのようなスキルを磨いていくと市場価値が上がるのかも聞いてみると転職市場を考慮した上でのアドバイスをもらうこともできるでしょう。

転職エージェント末永 末永

面談では全て伝え切らなくても後になって伝えることができるので問題ありませんが、不安なことや疑問点は早い段階で確認・相談して解消しておくとより円滑に転職活動を進めていくことにつながります。

リクルートエージェントへの
登録はこちら(公式サイト)

転職エージェントとの面談について、さらに詳しく知りたい人は下記の記事も読んでみてくださいね。

リクルートエージェントの面談に関するよくある質問一覧

ここまで、リクルートエージェントの面談がどんな感じなのか、面談方法や具体的な内容・流れについて紹介してきましたが、リクルートエージェントの面談に関してよくある質問についてまとめたので気になるものがあればチェックしてみてください。

以下の質問一覧は、本記事の最後にある「リクルートエージェントの面談に関するよくある質問」の内容になります。

リクルートエージェントで面談するメリット

リクルートエージェントの面談を面倒に感じる人も多いとは思いますが、面談は求人紹介や転職支援をしてもらうためにも必須事項なので、リクルートエージェントで転職活動をしたい人は面談は必ず実施しましょう。

その上で、リクルートエージェントの面談を受けるメリットについて紹介していくので、参考にしてみてくださいね。

自己分析のやり方を教えてもらえる

リクルートエージェントの面談では求職者の経歴・スキル・強みなどのヒアリングをしていきますが、もしも話を聞いている中で自己分析が足りなければ少し話を掘り下げたり、自己分析のやり方に関するアドバイスをしてくれます。

また、その他にも履歴書や職務経歴書の添削をしてもらうこともできるので、リクルートエージェントの面談を受けることで、自己理解を深めて転職活動に必要な情報を整理することができるのです。

自己理解や自己分析は自分で考えただけでは難しいと感じる人も多いので、転職のプロであるキャリアアドバイザーから直接フォローやアドバイスをしてもらえるというのは、大きなメリットとして考えて良いでしょう。

また、リクルートエージェントでは面談だけではなく自己分析セミナーを受けることもできるので、初めての転職の人でも自分の強み・弱み・アピールポイントなどを正確に把握できるようになります。

転職エージェント末永 末永

実際に、自己分析が足りていなくて不採用続きだったものの、リクルートエージェントの面談を通して自分の強み・弱みなどを把握できたことで、前よりも選考の通過率が上がったと感じる人もいるようです。

キャリアプランを相談できる

リクルートエージェントの面談では、求職者のキャリアビジョンについてヒアリングしていきますが、その際に将来のキャリアプランが曖昧だった場合には必要に応じてキャリアプランの相談をすることもできます。

例えば「将来実現したいと考えていること」「希望するキャリアを実現するために必要なこと」「どのような働き方がしたいのか」「具体的にどのような計画で立てればいいのか」といったことについて情報の整理をしていきます。

また、キャリアプランを立てるためには逆算思考で目標設定をする必要があるため、どのように情報の整理と目標の設定をしていけばいいのかといった具体的なキャリアプランを立てるための方法についてアドバイスをもらうこともできるでしょう。

キャリアプランの相談といっても面談の場だけでは解決できない可能性が高いので、面談では「キャリアに関する考えの整理」と「キャリアプランを立てるために必要なこととやり方」について聞いておくと、面談後に自分でキャリアプランを立てやすくなるためおすすめです。

転職エージェント末永 末永

「何も決めていないから相談できない」「こんなことを打ち明けても良いのだろうか」なんて不安や悩みを抱いている人も、気軽に相談してくださいね。

その場で希望にマッチする求人を探してもらえる

リクルートエージェントの面談では、求職者の希望条件を確認した後にその場で希望にマッチする求人を探して一緒にどのような求人が理想・希望に近いのかを擦り合わせていくことができます。

希望条件をもとに具体的に実際に求人を見て所感を聞くことで、どのような求人が最適なのか、実際の希望条件の優先順位などを確認する目的もあるので、求人を紹介してもらえたら自分の中で感じたことを素直に伝えていきましょう。

基本的に求職者からヒアリングをした上で提案しているので、よほどのことがない限り的外れな求人を提案されることはなく、実際にも納得感のある求人提案を受けることができたという口コミも多く見受けられました。

ですが、求人を提案して希望と擦り合わせても求職者の細かい希望で応募するしないは変わってくるため、紹介された求人に対して「どの要素があれば応募したいと思えるのか」「応募しないと判断した部分」を中心に共有していくと良いでしょう。

転職エージェント末永 末永

あまりにも的外れな求人を紹介された場合は、自分の希望などがうまく伝わっていないケースが考えられますので、改めて希望条件について具体的に伝えていきましょう。

リクルートエージェントの面談を受ける前に準備するもの

リクルートエージェントとの面談をする前に準備に使えるチェックシートを用意したので、ぜひ活用してみてください。

履歴書
職務経歴書
源泉徴収票など
なぜ転職したいのか(転職理由)
転職して何をしたいのか
(将来のビジョン)
筆記用具
すでに応募している企業の求人票
興味がある求人リスト
マイク付きイヤフォン
Wi-Fi環境

転職エージェント末永 末永

面談では現在の年収と希望年収について確認されるため、現在の給与・年収を聞かれたときにすぐ回答できるように源泉徴収票も用意しておきましょう。


また、年収を確認する場合には、額面での給与はどれぐらいで、各種手当を入れるとどうなるのかなど細かい条件の擦り合わせにも活用できますよ。

また、電話面談やオンライン面談を希望する場合は、当日利用するパソコンやスマートフォンの他に、マイク付きイヤフォンも用意しておくと良いでしょう。

職務経歴書を作成するときのコツ

リクルートエージェントで面談を受ける際には、履歴書と職務経歴書は最低限準備しておき、口頭だけではなく経歴を可視化して理解してもらいやすい状態を作ることが大切です。

職務経歴書がなくても面談は実施できますが、口頭で職務経歴や具体的な経験・スキル・実績について話す必要があるため、求職者側も情報整理できていなければなかなか伝わらずに面談がうまく進まない可能性もあるため注意しましょう。

また、職務経歴書の作り方がわからないという方でも、リクルートエージェントでは職務経歴書を簡単に作ることができる「職務経歴書エディター」を提供しているのでまずはエディターの流れに沿って情報を入力して作成することから始めましょう。

そして、職務経歴書を作成する場合には以下のポイントを意識することでより具体的でわかりやすい職務経歴書を作成できるので作成時の参考にしてみてください。

職務経歴書を作成するコツ

  • 職務概要・自己PR・保有スキル・保有資格の項目を用意
  • 希望職種への転職で活かせるスキルや経験の項目も追加
  • 職歴の欄には会社名・所属期間・担当業務・実績まで記入
  • 実績は数値を用いて誰がみてもわかりやすいように記載
  • 職歴では意識したこと・工夫したことを記載

転職エージェント末永 末永

職種によってどのような職務経歴書の書き方をするのが良いのか変わってくるので、もしも作成していてわからない場合にはまず作成しておいてから面談でキャリアアドバイザーに添削してもらうのがおすすめです。

面談の服装は自由だがビジネスカジュアルかスーツが適切

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーとの面談をする際に服装に悩む人もいるかもしれませんが、基本的にはビジネスカジュアルかスーツが適切な服装になります。

もちろん、面談は服装自由なので私服でも構いませんが、私服がダサい・派手・個性が強いとどうしても相手に与える印象が悪くなってしまうので、誰にみられても問題ない服装であるビジネスカジュアルやスーツが望ましいでしょう。

キャリアアドバイザーとの面談であれば正直服装は気にしなくても問題ありませんが、印象自体は企業へ紹介する際に重要な人柄の一要素なので、信用を得るためにも意識していくことをおすすめします。

転職エージェント末永 末永

何気ない言動が相手に与える印象を左右することも多いですし、キャリアアドバイザーは何気ない言動を見ていることも多いです。


そして、企業に紹介しても問題がない人材か見極めている可能性も高いので、面談の段階から信用を得られるような服装を意識することが大切です。

面談の時に聞きたいことや話す内容を整理しておく

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーとの面談は1時間程度で実施されることが多く、時間が限られているため事前に面談の時に聞きたいことや話す内容を整理しておきましょう。

特に、転職理由・職務経歴・強み・転職の軸・希望条件などの必ず聞かれる内容に関しては、事前に情報をまとめて整理しておくことでスムーズに話すことができるようになります。

キャリアカウンセラーも面談する際にしっかりと準備してきたかどうかは話をすればわかるので、場合によっては面接をする時にもしっかりと準備をする人かどうか、コミュニケーション能力に問題ないかも確認しています。

転職エージェント末永 末永

もちろん、キャリアアドバイザーとの面談はそこまで堅苦しい場ではないですが、求人を紹介しても問題がないかを確認するために行われている側面もあるので、普段から意識して対応していくことが大切です。

リクルートエージェントの面談でやってはいけないこと

リクルートエージェントでキャリアアドバイザーとの面談でやってはいけないことがいくつかあるため注意しておきましょう。

面談でやってはいけないこと

  • 経歴/職歴の詐称・給与/年収額の詐称
  • 高圧的な言動や恫喝まがいな言動
  • キャリアアドバイザーを口説く
  • 面談時間を過ぎているのに話し続ける

上記の4つの行為をやってしまうと、継続的なサポートが難しいと判断されて、リクルートエージェントからサポートを断られる可能性があります。

特に、経歴・職歴・年収の詐称をしたり、恫喝まがいな言動やキャリアアドバイザーを口説くなどの迷惑行為をした場合には、紹介してもトラブルになる可能性が高いため問題行動が発覚した場合には支援を打ち切りする可能性も高いです。

また、詐称をしたことで求人企業や転職エージェントに損失が出てしまったら、最悪の場合損害賠償請求をされてしまう恐れがあるので、安易な気持ちで嘘をついたり意図的に詐称してよく見せようとする行為は絶対にやめてください。

虚偽申告はリクルートエージェントの利用規約でも禁止されているので、やってはいけない行為を確認するためにも利用規約に目を通しておきましょう。

リクルートエージェントの面談を上手く活用する方法

リクルートエージェントでキャリアアドバイザーと面談をする際には基本的にキャリアアドバイザーが主導で話を進めていきますが、求職者は受け身になってしまうとせっかくの時間がもったいないです。

そのため、転職活動を進めるにあたってリクルートエージェントの面談を上手く活用する方法について紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

転職に関する気になることは積極的に聞いてみる

転職活動を進めていく上で転職に関する不安なことや気になることがあれば積極的にキャリアアドバイザーに聞いてみることをおすすめします。

リクルートエージェントではできる限り求職者の要望に沿って転職支援をしようと努力してはくれますが、実際のところ要望がなければ求人紹介や職務経歴書の添削、面接対策のフォローなど転職活動の重要な部分の支援だけになることが多いです。

そのため、転職で気になることを聞いたり、不安なことがあって相談に乗って欲しい場合には求職者からアプローチしていかなければ対応はしてくれない可能性が高いということは覚えておいてください。

その上で、自分からアプローチすれば応募する際に社風・職場環境など企業に関する情報や求人選びのコツが聞けたり、面接前に模擬面接をしてもらってアドバイスをもらうこともできるでしょう。

転職エージェント末永 末永

転職支援の中にもコア業務とノンコア業務があり、キャリアアドバイザーとしてはコア業務である求人紹介や面接対策に時間を使いたいという心理が働いているということは覚えておきましょう。

転職に関する相談や面接対策は積極的にサポートしてもらう

基本的にキャリアアドバイザーは複数の求職者のサポートをしており、成果に結びつくコア業務を中心に仕事をしているので、自分から希望しなければ最低限の転職支援しかしてもらえない可能性があります。

そのため、転職相談・職務経歴書の添削・企業情報の共有・面接対策・模擬面接などリクルートエージェントが提供している転職支援は必要に応じて自分からアプローチをかけていきましょう。

特に、選考対策は苦手な部分を重点的に対策して欲しいなどの要望を伝えておけば具体的なアドバイスをもらえますし、面接官の受け答えに自信がないのなら模擬面接の回数を増やしてもらうことも可能です。

転職活動はあくまで求職者が主体的に行動していく中で、キャリアアドバイザーから転職支援を受けて転職の成功率を上げていくのが正しい形なので、受け身にならずに必要だと感じたことは積極的にサポートしてもらうようにしましょう。

転職エージェント末永 末永

最低限の転職支援といっても求職者の転職を成功させるために優先度が高い業務という認識なので、転職に必要なサポートはしてくれるので安心してくださいね。

求人探しの幅を広げたい人は他社の転職エージェントの併用もおすすめ

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントサービスで130万人以上の求職者が登録しており、求人数も61万件以上と業界最大級の求人を保有しています。

そのため、リクルートエージェントだけでも十分に転職活動を進めていくことができますが、転職エージェントには他で扱っていない独自の非公開求人があるため、求人探しの幅を広げるためにも複数の転職エージェントを併用するのがおすすめです。

そして、転職エージェントを併用する際には3社〜5社程度に登録しておいて、利用してみて希望に沿った求人を紹介してくれるエージェントを2社〜3社に絞っていくと、最適な求人を効率的に見つけていくことができるでしょう。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。 幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

UZUZ

多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

UZUZ

おすすめポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒアリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

ハタラクティブ

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ハタラクティブ

おすすめポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

マイナビIT AGENT

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

マイナビIT AGENT

おすすめポイント

  1. エンジニアがスキルアップできる求人多数
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

ウィルオブテック

年収UPがデフォルト!ITエンジニアのキャリアアップに特化した転職エージェント

ウィルオブテック

おすすめポイント

  1. 専属2名体制による多角的な視点からのサポート!
  2. ハイクラス求人含めITエンジニア向けの求人が常時数千件以上!
  3. 年収UPを前提とした転職支援!過去に年収150万円以上UPした転職実績あり

ウィルオブテックに
相談する

リクルートエージェント(IT)

エンジニアの求人も豊富に保有している
国内最大級の定番エージェント

リクルートエージェント(IT)

おすすめポイント

  1. エンジニア求人は業界最大の10万件以上!
  2. プログラマーや品質管理、社内SE、テクニカルサポートなど人気の職種を網羅
  3. 専門のアドバイザーチームがあり、IT・Web業界ならではのサポートが充実

リクルートエージェント(IT)に
相談する

レバテックキャリア

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

レバテックキャリア

おすすめポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリアに
相談する

転職エージェントについて、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もチェックしてみてください。

リクルートエージェントの面談に関するよくある質問

リクルートエージェントとの面談でよくある不安・悩みや質問をいくつかまとめてみました。

リクルートエージェントを使って転職したい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

リクルートエージェントで面談を予約するにはどうすればいい

人物 転職者

リクルートエージェントで面談を予約するにはどうすればいいですか?

転職エージェント末永 末永

リクルートエージェントに登録して2日〜7日ほどでメールもしくは電話で面談予約に関する連絡が来ます。


なので、そこで面談方法の希望や希望の日時を伝えることで面談の予約ができますよ。

リクルートエージェントの面談は日時の指定はできますか

人物 転職者

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーとの面談では日時の指定はできますか?

転職エージェント末永 末永

リクルートエージェントへの会員登録した後に2日〜7日でメールか電話で連絡が来るので、希望を伝えれば希望する日時での予約はできますよ。


また、メールの案内ではWeb上での面談予約も可能なので、スケジュールで空いている日程を選択して予約することも可能です。

リクルートエージェントの面談方法にはどんなものがありますか

人物 転職者

リクルートエージェントの面談方法にはどんなものがありますか?

転職エージェント末永 末永

リクルートエージェントの面談方法には「対面面談」「電話面談」「オンライン面談」があり、求職者の希望で選択ができます。


なので、もし近くにリクルートエージェントの拠点がない場合は電話面談やオンライン面談での実施もできるので安心してください。

リクルートエージェントの面談は平日の夜や土日でもできますか

人物 転職者

リクルートエージェントの面談は平日の夜や土日でもできますか

転職エージェント末永 末永

リクルートエージェントの面談は平日の夜や土日にも対応していますよ。


時間帯は平日の夜は19時〜21時までなら対応してもらえる可能性はありますし、土日を希望する場合にも日時次第では調整できるケースも多いためまずは相談してみると良いでしょう。

リクルートエージェントの面談での服装はどうすればいいですか

人物 転職者

リクルートエージェントとの面談はどんな服装が良いですか?

転職エージェント末永 末永

リクルートエージェントとの面談はスーツかオフィスカジュアルが好ましいです。迷ったらスーツを選ぶのが無難ですし安心ですよ。

転職エージェント末永 末永

オンライン面談の場合、上半身だけ身だしなみを整える人がいると思いますが、何かの拍子で全身が映ってしまう可能性があります。


第一印象を悪くしないためにも、身だしなみは全身整えるようにするのが大切ですよ。

リクルートエージェントとの面談で服装に悩んでいる人は下記の記事もチェックしてみてください。

電話面談やオンライン面談を面談を受ける場所はどこが良いですか

人物 転職者

リクルートエージェントとの面談を受ける場所はどんなところがいいのでしょうか?

転職エージェント末永 末永

リクルートエージェントとの面談は、周囲の音を拾わないような静かな場所がおすすめです。


オンライン面談をする場合はWi-Fiの接続が良好な場所を選ぶと良いですね。

リクルートエージェントの面談キャンセルする方法は

人物 転職者

リクルートエージェントとの面談をキャンセルしたいのですがどうすればいいでしょうか?

転職エージェント末永 末永

リクルートエージェントとの面談をキャンセルしたい場合は、電話またはメールで連絡をするのが良いです。

転職エージェント末永 末永

また、数日前からわかっている場合はメールで連絡すると良いでしょう。体調不良など直前のキャンセルは、電話で断りを入れるほうが確実ですよ。

リクルートエージェントとの面談に遅刻しそうになったらどうすればいいですか

人物 転職者

リクルートエージェントとの面談に遅刻しそうな場合はどうしたら良いですか?

転職エージェント末永 末永

リクルートエージェントとの面談に遅刻しそうな場合は電話で連絡すると良いです。


電話をする際には「なぜ遅れるのか」「どれぐらいには面談を開始できるのか」も合わせて伝えるようにしてくださいね。

面談での担当者の印象が悪かったのですが担当変更はできますか

人物 転職者

リクルートエージェントとの面談で、担当者の印象が悪いと感じたのですがどうしたら良いですか?

転職エージェント末永 末永

印象が悪いと感じたら相性が合わない可能性が高いです。そのため、担当キャリアアドバイザーの変更をリクルートエージェントに申し出てみると良いでしょう。

転職エージェント末永 末永

リクルートエージェントはもう使いたくないという場合は、他の転職エージェントの利用もぜひ検討してみてください。

おすすめの大手総合型転職エージェント

  • doda
    顧客満足度No.1!サポートが手厚い定番エージェント
  • マイナビエージェント
    20代支持率No.1!若手を採用したい企業の求人が多数

正社員経験が少ない人におすすめエージェント

  • UZUZ
    平均12時間以上の手厚いサポート!高卒・既卒・フリーターからの正社員転職に強み
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント!未経験から挑戦できる求人多数
  • マイナビジョブ20’s
    未経験OKの求人が7割以上!新卒支援実績No.1のマイナビによる20代向けエージェント
  • キャリアスタート
    入社後定着率92%!転居サポートや転職交流会など選考対策以外のサポートも充実

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

  • ビズリーチ
    年収600万円以上の求人が多数!企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く
  • JACリクルートメント
    国内3位の規模を誇る転職エージェント。年収600万〜1,500万円以上の案件を多数保有

エンジニアにおすすめ転職エージェント

  • マイナビIT AGENT
    マイナビのコネクションを活かした、人気企業求人や社内SEなどの求人が多数
  • ウィルオブテック
    ITエンジニア専門エージェント!2名の専属アドバイザーが年収アップをサポート
  • リクルートエージェント(IT)
    国内最大の定番エージェント!エンジニアやIT業界の求人も多数保有
  • レバテックキャリア
    ITエンジニア経験者向けのハイクラスIT求人が多数!キャリアUPを狙うエンジニア定番のエージェント

リクルートエージェントの評判や口コミって実際のところどうなんですか

人物 転職者

リクルートエージェントを実際に利用した人の評判・口コミって実際のところどうなんですか?

転職エージェント末永 末永

リクルートエージェントを利用した人の評判・口コミを知りたい人向けに徹底解説した記事を用意しています。


実際の口コミも掲載しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

line

line

人気の転職エージェント