仕事を辞めた方がいいサイン14選!当てはまったら転職すべき!

仕事を辞めた方がいいサイン

    しんどいけど仕事を辞めていいのかわからない…など仕事の辞めどきがわからず悩んでいる人は多いです。

    本記事では仕事を辞めた方がいいサインと続けた方がいいケースについて紹介しています。後悔しない選択ができるように辞める前にぜひ確認してみてください。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

転職エージェント末永 末永

今の仕事に不満や不安を感じて仕事を辞めたいと感じている方は多いのではないでしょうか。

ただ、そのような方は同時に「本当に仕事を辞めていいのか…」「今辞めたら後悔するのでは…」という不安も抱えているはずです。

そこで、本記事では、仕事を辞めた方がいいケースと、まだ続けたほうがいいケースについて詳しく解説します。

仕事を辞めた方がいい場合には、さまざまなサインがあなた自身から発せられています。それらのサインを14パターンにまとめたので、サインを見逃さず、後悔しない選択ができるように辞める前にぜひ確認してみてください。

仕事を辞めた方がいいサインに気づかず仕事を続けるとどうなる?

仕事を辞めた方がいいサインを見逃して仕事を続けてしまうと、仕事が苦痛に感じるようになり、最終的には精神的に病んでしまう危険性が高まります。最悪の場合、休職になるか復職できなくなるまで追い込まれるケースもあります。

転職エージェント末永 末永

以前支援したお客様の中に、自分に合わない職場で働き続けたことで、メンタルヘルス不調になってしまったという人がいました。

一度メンタル不調に陥ったことで、働くこと自体がトラウマになったり、自分の適性に合う仕事がなかなか見つからず、転職活動が難航していました。」

実際に厚生労働省によると、過去1年間にメンタルヘルス不調により連続1ヶ月以上休職または退職したビジネスパーソンは年々増加しています。

仕事 辞めた方がいいサイン

仕事のストレスが原因で発せられるサインに気づけずに仕事を続けてしまうと自分でも気づかないうちに体調不良になってしまいます。

転職エージェント末永 末永

だから、そのサインに早めに気づいて自分に合った仕事で定着・活躍できる仕事を見つけましょう。

自分に合った仕事を見つけるにはまず自己分析が必要になります。自分がどんな仕事・環境が合っているのかを把握することで初めて自分に合った仕事を見つけることができます。

転職エージェント末永 末永

そこで、メンタルヘルス不調や仕事が苦痛に感じてしまう前にマジキャリに相談してみてください。

マジキャリでは今の仕事を辞めた方がいいのか、辞めない方がいいのかを今後のキャリアと自己分析の内容を踏まえてアドバイスをしてくれます。

マジキャリでは現在無料面談を実施しているので、後悔する選択はしたくないという人はぜひ一度相談してみてください。

仕事でメンタル不調を感じている方向け

  • マジキャリ
    今後のキャリアと自己分析の内容を踏まえてアドバイス

辞めどき?仕事を辞めた方がいい14のサインを紹介!

仕事を辞めた方がいいサインは、体調面や精神面、環境などさまざまあります。ここでは、仕事を辞めた方がいいサインを14個まとめました。

自分に当てはまっているサインがないか確認してみてください。

これらのサインを見逃さず、辞めるタイミングを間違えないようにしましょう。

サイン1.出勤前に体調が悪くなる

出勤前に体調が悪くなることは、仕事を辞めた方がいいサインの一つです。

仕事へのストレスや不満が原因で、身体に様々な不調が現れ始めることがあります。

仕事に対する精神的な負担が大きくなると、他にも体調面でのサインが発せられます。以下に当てはまる人は要注意といえるでしょう。

  • 朝起きられない日が続いている
  • 夜も目が覚めてしまったり、寝れない
  • 休んでても疲れが取れない
  • 自然と涙が出てくる
  • 休みの日も仕事が頭に出てくる
  • 食欲が出ない
  • イライラしてしまう

このように、身体の不調は仕事を辞めるべきかを考える重要なサインです。自分の健康を守るためにも、このような症状が見られたら、職場環境を見直すことをおすすめします。

サイン2.仕事に成長を感じられない

転職エージェント末永 末永

仕事で成長を感じられないことも仕事を辞めた方がいいサインに当てはまります。何となく目の前にある仕事をこなしていて、仕事で成長している実感がないと辞めたいと感じやすいです。

成長を感じられない主な原因は、スキルアップの機会が不足していることや挑戦的なプロジェクトに参加できないことにあります。

長期間同じ職務に就き、新しい知識を学ぶチャンスが少ない場合、キャリアの停滞を感じるかもしれません。例えば、毎日が同じ事務作業しかできていない場合、仕事に成長もやりがいも感じられないでしょう。

このような状況の人は、環境を変えて自己成長を求めたり、自分なりの目標を設定して仕事に取り組むのがおすすめです。

サイン3.仕事への意欲がなくなる

仕事への意欲がなくなるのは、仕事を辞めた方がいい重要なサインです。

長期間にわたり仕事のモチベーションが低下している場合、これは単に疲れや一時的な不満以上の問題を示しています。仕事の内容や職場環境、またはキャリアアップに対する不満が原因であることが多いです。

例えば、毎朝起きるのが億劫で、仕事中も時計を見ては帰宅時間を待ちわびるようになったり、仕事中のミスも気にならなくなったら、それは仕事への情熱が失われている証拠といえます。

仕事への意欲がなくなった場合は、自分のキャリアについて真剣に考え、新しい機会を求める時期かもしれません。自分に合った仕事を見つけることで、再び仕事への情熱を取り戻すことができるでしょう。

サイン4.メンタル不調に陥っている

職場でのストレスが原因でメンタル不調を感じ始めたら、それは仕事環境が自分に合っていないサインです。

転職エージェント末永 末永

長時間労働や人間関係の悩み、過剰なプレッシャーなど、仕事の要因がメンタルヘルスを害することは珍しくありません。

そんなときは、自分に合った別の職場や仕事を見つけることで、精神的な健康を保ち、より充実したキャリアを送ることが可能です。自分に合った職場や環境、働き方を見つけることで、仕事の満足度とプライベートの質を高めることができるでしょう。

転職エージェント末永 末永

しかし、自分に合った業界や職場がなにか分からないと悩む方も多いでしょう。そこでおすすめなのが、キャリアコーチングサービスのマジキャリです。

過去の経験を深掘りしてく中であなたに合っている職場や仕事を見つけていきます。今の職場以外なら大丈夫だろうと考えて何となく仕事選びをしてしまうと、転職後に同じ状況を繰り返してしまう可能性が高いです。

そこでマジキャリでは、転職やキャリアに関する知見も豊富で、自己分析のサポートも手厚くサポートしてくれるため、今度こそ自分に合った仕事で仕事にやりがいを持って取り組めるようになります。

今なら、1回のセッションを無料で体験できるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

自分に合った業界や職場が分からない方向け

  • マジキャリ
    自己分析を通してやりたいことや向いてる仕事の発見をサポート

サイン5.他にやりたいことができた

他にやりたいことが見つかったら、それは転職を検討すべきサインです。

自分の本当にやりたいことが見つかると、今の職場での仕事に対するモチベーションが低下し始めることがあります。この変化は、自分のキャリアについて深く考え、新たな方向性を模索するきっかけです。

例えば、趣味が本格的なビジネスに発展する機会があったり、全く異なる分野でのキャリアに魅力を感じ始めたりすることがこれに当たります。

転職エージェント末永 末永

新たに興味や情熱を感じることがあれば、それを追求することをお勧めします。自分のやりたいことを見つけたら、それに向かって進む勇気を持つことが、より満足のいくキャリアへの鍵となるでしょう。

サイン6.会社の将来性に不安を感じる

会社の安定性や成長性に疑問を持ち始めたら、自分のキャリアについて考え直すタイミングかもしれません。

経営状態の悪化や業績の低下、市場の変化への対応不足など、会社の未来に対する不安を感じることがあるかもしれません。これらの兆候は、会社側が自分の目指すキャリアビジョンや生活の安定性に対する要求を満たせなくなる危険性を示しています。

転職エージェント末永 末永

特に、業界内での競争激化や技術革新の遅れが見られる場合、会社の将来性が不透明になりがちです。これは、自分のスキルや経験をより評価してくれる、新しい環境への転職を検討する良い機会といえるでしょう。

安定した成長を遂げる企業で、自分の能力を存分に発揮することが、長期的なキャリア構築に繋がります。

サイン7.仕事や会社に対する価値観が変わった

仕事や会社に対する価値観が変わった時は転職を考えるべきだといえます。

価値観が変わるということは、自分の中で何かが成長し、新たな目標や夢が生まれている証拠です。

その自分の新たな目標や夢と会社の目指す方向が大きく異なる場合、これから先仕事に対する満足度やモチベーションが低下する可能性が高くなります。

例えば、自分が社会貢献やワークライフバランスを重視するようになったのに、会社が売り上げを優先し、仕事重視の働き方を求められた場合、このギャップを埋めるのは難しいでしょう。

仕事や会社に対する価値観が変わったら、一度それを明確化し、自分に合った環境を考えましょう。

転職エージェント末永 末永

このとき、転職は必ずしも必要ありません。社内の部署移動などでも働き方は大きく変わるので、自分に合った解決策を考えてみましょう。

サイン8.ハラスメントが横行している

ハラスメントが横行している職場は、すぐにでも転職を考えるべきです。

転職エージェント末永 末永

ハラスメントはどのようなものであっても許されるものではありません。仕事の生産性を下げるばかりか、あなた自身の健康を害する恐れもあります。

もしも職場でのハラスメントが常態化しており、それが黙認されている場合、その環境を改善することは非常に困難です。このような状況下では、新しい職場を探すことが精神的な健康とキャリアの両方にとって最善の選択といえます。

ハラスメントが横行する職場は、この時代では生き残っていくことが難しく、自身の幸福とキャリアアップのためにも、より良い職場環境を求める勇気を持ちましょう。

サイン9.成果が正当に評価されない

自分の努力や成果が公平に評価されていないことに気づいたら、それは仕事環境を見直すべき時です。

努力しても評価されない環境では、やりがいを感じることが難しく、モチベーションの低下につながります。特に、上司からの妬みや仕事内容の軽視など、不当な評価の背景にはさまざまな理由がありますが、これらは職場の評価システムが機能していない証拠です。

例えば、明らかに成果を上げているにもかかわらず、「簡単な仕事だから」という理由で評価が低い、または「できて当たり前」とされる場合、自分の能力や努力が適切に認められていない状態といえます。

転職エージェント末永 末永

そのため、自分の成果が正当に評価されないと感じたら、自分を正しく評価してくれる新しい職場を探すことが、キャリアの満足度を高めるために重要です。自分の価値を理解してくれる環境で働くことが、仕事へのモチベーションを維持し、さらなる成長へとつながるでしょう。

サイン10.年収が上がらない・下がる

年収が上がらない、または下がるのも、転職を考えるべき重要なサインといえます。

そのような状況は、あなたのスキルや成果が会社に適切に評価されていない、または会社の経営状態が悪化している可能性があることを意味します。どちらにせよ、今後のキャリア形成にとってマイナスの影響を及ぼす可能性が高いです。

給与の上がらない状況にある場合は、自分のスキルをより評価してくれる環境を求めて転職を検討することが賢明です。より良いキャリアのために、適切な評価を受けられる場所を探しましょう。

サイン11.優秀な社員が次々辞めていく

優秀な社員が続けて退職する場合、会社の環境や体制に問題がある可能性が高いです。

優秀な社員は会社の状況を正しく理解している可能性が高いため、その会社の将来に不安を感じているのかもしれません。また、優秀な社員がいなくなることで、会社の業績や他の社員へのモチベーションにも悪影響を与えるため、負の連鎖で会社の状況はより悪くなる可能性があります。

転職エージェント末永 末永

優秀な人材の流出が見られる場合、あなたの成長と今後のキャリアのために、より良い職場を探しましょう。

サイン12.職場の人間関係が良くない

職場の人間関係が良くない場合、それは仕事を辞めた方がいいサインの一つです。

転職エージェント末永 末永

人間関係が悪化すると、仕事のパフォーマンスに大きな影響を及ぼします。人間関係が良好でないと、本来の業務に集中することが難しくなり、生産性が低下します。

例えば、同僚や上司とのコミュニケーションがうまくいかず、常にストレスを感じる状態では、仕事の質もモチベーションも下がります。このような状況は、長期的なキャリア形成にも悪影響を及ぼすでしょう。

メンタルヘルスの観点から見ても、あまり良くない状況です。

そのため、職場の人間関係が原因で居心地の悪さを感じている場合は、社内異動や転職で新たな環境に挑戦することをおすすめします。よりポジティブな職場環境は、仕事の満足度とキャリア成長を促進させるでしょう。

転職エージェント末永 末永

ただ、仕事を辞める前に、まずは自分のコミュニケーションの取り方を変えてみたり、社内の人に相談するなどできることをしてから転職を考えましょう。それによって解決できるケースもあります。

サイン13.社内に尊敬できる人がいない

仕事を辞めた方がいいサインには、社内に尊敬できる人がいない場合も挙げられます。

尊敬できる上司や同僚がいることは、自己成長やモチベーションに大きく関係します。尊敬できる人から学び、刺激を受けることで、仕事に対する情熱や目標を持つことが可能です。

「この人のようになりたい!」「この人みたいに活躍したい!」と思える上司や先輩がいる場合、仕事が厳しくてもその環境で成長しようというモチベーションがわきます。しかし、そのような目標がないと、その職場でのキャリア目標を明確に描けず、あなたが尊敬できる人と同じキャリアを歩むことが難しい可能性が高いです。

そのため、職場内に尊敬できる人物がいないと感じたら、自分の理想とするキャリアを実現するための環境選びとして転職を検討してもよいでしょう。

サイン14.労働環境が劣悪

残業が多すぎる、休日出勤が当たり前など、労働環境が悪い場合も仕事を辞めた方がいいサインの一つです。

劣悪な労働環境は、従業員の健康を害し、ワークライフバランスを崩壊させます。このような状況で長期的に働くのは困難で、もし働いたとしても精神的・身体的な問題を引き起こす危険性が高くなるためおすすめしません。

転職エージェント末永 末永

労働環境が劣悪な場合は、自分の健康と将来を守るためにも、より良い環境を求めて転職を検討するべきです。

あなたの職場が、ブラック企業に当てはまっていないか以下の記事を参考に確認してみましょう。

今の仕事を続けた方がいいケース

今すぐに転職を考えた方がいいケースとは反対に、今辞めると後悔するケースもあります。

ここでは、今の仕事を続けた方がいいケースについて解説します。

これらのケースをあなた自身の状況と照らし合わせて、転職すべきか今の職場に残るべきか冷静に判断しましょう。

辞める理由が「辛い」だけ

「辛い」という理由だけで仕事を辞める決断をする前に、その原因を深く掘り下げてみることが重要です。

仕事をしていく中で、業務量が負荷オーバーとなったり、厳しい上司のもとで叱責されて「辛い、もう嫌だ…」と感じることは多くの人が経験することです。しかし、多くの場合、このような状況は一時的なものであり、乗り越えることでさらなる成長につながる可能性があります。また、新たなスキルや耐性を習得するチャンスと捉えられるかもしれません。

転職エージェント末永 末永

例えば、新しいプロジェクトや役割に直面して「辛い」と感じる場合でも、その経験が将来的にあなたのキャリアにとって大きな財産となる可能性があります。

そのため、「辛い」だけを理由に転職を考える前に、現状を改善するための具体的なアクションを考えるべきです。問題の原因を特定し、解決策を模索することで、より満足のいくキャリアを送ることが可能になるでしょう。

ただし、精神的に辛くなってしまっている場合はその限りではないため、一時的な辛さなのか、根本的に逃れられない辛さなのかをよく見極めることが大切です。

改善のために行動してない

不満を感じていても、その解決のために具体的な行動を起こしていないなら、転職を決めるのは考え直した方がいいでしょう。

職場に対する不満や問題は、業務プロセスの改善や、上司・人事部との相談など、さまざまなアプローチで解決できる可能性があります。「もうダメだ…」と思っても、誰かに相談したり、具体的なアクションを起こすことで状況を好転させることも少なくありません。

例えば、業務の負荷オーバーを感じている場合、タスクの優先順位付けについて上司と相談したり、人事部に人員応援の相談をすることで解決の糸口が見つかるかもしれません。また、キャリアパスに不満がある場合は、キャリア開発のためのトレーニングや新しいプロジェクトへの参加を希望することも一つの手段です。

転職エージェント末永 末永

まずは「自分で何かできないか?」を考えて行動し、それでも解決の見込みがなければ転職を検討してもいいでしょう。それすらやらずに転職してしまうのは、もったいないです。

転職しなくても辞めたい理由を改善できるに越したことはないため、まずは対策を考え行動することが大切です。

一時的な感情の場合

一時的な感情に基づいて仕事を辞める決断をするのは、慎重に考える必要があります。

職場の人との不和により、「もう辞めたい」と感じることは誰にでもあるかもしれません。しかし、これらは一過性の感情であり、時間とともに解決する可能性が高いです。

例えば、嫌いな上司から評価されない、無理難題を押し付けられるなどの状況は、確かにストレスが溜まります。しかし、部署異動の申し出や人事部への相談など、状況を変えるための行動を取ることで問題が解決することもあります。

カッとなって転職を考える前に、まずは現状を改善するための選択肢を探ることが重要です。それでも問題が解決しない場合は、他の選択肢を含めて転職を検討する必要があるでしょう。

昇進や昇格が控えている人

昇進や昇格が控えている場合は、今の仕事を続けた方がいいでしょう。

昇進や昇格は、あなたのキャリアにおいて大きな実績となります。これらの機会を利用することで、履歴書にも実績として加えることができます。

転職エージェント末永 末永

昇進や昇格は転職活動でも有利に働くことが多いです。より良い条件での転職が可能になるだけでなく、次の職場での役職や待遇の交渉においても、有効な武器となり得るでしょう。

そのため、昇進や昇格が控えている場合は、少なくともそのポジションを経験してから転職を検討することをおすすめします。転職にも有利になるし、新たなポジションで働くことで、現職の魅力を再確認できるかもしれません。

年齢に合った市場価値がない人

年齢に見合った市場価値がない場合、まずは現職を続けながら、資格取得や経験を積むなどスキルアップを目指すべきだといえます。

年齢が上がるにつれて、転職市場での価値は経験やスキルに大きく左右されます。特に、現在の職場で特定のスキルが不足している、または「社内ニート」や「窓際族」となっている場合、転職で同等またはそれ以上の条件を求めるのは難しいかもしれません。

転職エージェント末永 末永

若い頃とは異なり、ある程度の年齢になってからの転職は、実力主義の環境下ではより厳しい評価に直面する可能性があります。しかし、現職でスキルアップに努め、明確な実績を作ることで、転職市場での価値を高めることが可能です。

年齢に見合った市場価値がないと感じる場合は、現職を続けながらスキルの向上を図り、実績を積み重ねることが賢明です。

転職エージェント末永 末永

仕事を辞めたいけど、次の転職先を見つけるために何から手をつけたらいいかわからないという場合は、マジキャリに相談するのがおすすめです。

マジキャリは、スキルがない20代・30代や未経験業種への転職に強みがあるため、今の自分に自信がない・スキルがない人でも納得のいく仕事選びができます。

この先どのような仕事・経験を積むべきか、その前にどんなスキルを習得しておくべきかなどを踏まえたプランを設計していきます。

現在無料面談を実施しているので、一人で悩まず、まずは一度相談してみてはいかがでしょうか。

転職したいけれどスキルがなくて悩んでいる20代・30代向け

後悔しないために!辞める前に確認すべき8つのこと

いざ仕事を辞めて転職したとしても、後悔する転職となったら本末転倒です。

ここでは、後悔しない転職のために、辞める前に確認すべきポイントについて解説します。

これらの内容を事前に準備し、後悔しない転職を目指しましょう。

1.勢いで辞めない

勢いで職を辞めることは、転職後に後悔する可能性が高くなります。

一時的な感情やストレスによる判断は、長期的なキャリアプランやライフスタイルの重要なポイントを見落とす危険性があります。転職活動は計画的におこなうべきであり、勢いで辞めた後に計画を立て始めるのは遅すぎるといえるでしょう。

仕事のストレスや人間関係の問題で辞めたいと感じた場合

  1. 信頼できる同僚や上司に話を聞いてもらう
  2. 休暇を取って心身をリフレッシュさせる
  3. メンタルヘルスの専門家に相談する

上記のような問題を解決するためのステップを踏むべきです。

可能な解決策を考える時間を持ち、一時的な感情に流されず、将来を見据えた決断を心掛けましょう。

2.辞める理由を明確にする

辞める理由を明確にすることは、後悔しない転職のために極めて重要です。

「なんとなく」や「気分で」の転職は、次の職場でも似たような不満や問題にぶつかる可能性が高いです。自分が何に不満を感じ、何を求めているのかを具体的に把握することで、同じ悩みを繰り返さず、より良い職場選びが可能になります。

例えば、仕事の内容や職場の人間関係、キャリアアップ、給与やワークライフバランスなど、辞めたいと思った具体的な理由をリストアップし、次の職場選びの基準とします。これにより、自分にとって本当に重要な条件を満たす職場を見つけることができるでしょう

自分自身の現状とニーズのギャップを正確に理解することで、より満足度の高いキャリアを築くことができます。

3.辞めるメリデメを整理する

転職を考える際には、現職を辞めることのメリットとデメリットを冷静に整理することが重要です。

現職に対する不満が先行している場合、その悪い面ばかりが目につき、転職先の良い面だけを過大評価してしまいがちです。

しかし、完全にあなたの条件を満たす転職先はなく、新たな問題や課題が待ち受けている可能性はあります。転職先のデメリットを考慮していないと、転職後にミスマッチを感じて「こんなはずじゃなかった…」となってしまうかもしれません

そのため、現職を辞めることのメリットだけでなく、失うものやリスクや、転職先のデメリットなど全体を見渡すことで、より現実的な判断が可能になるでしょう。

感情に流されず、客観的な視点で自身のキャリアと生活を考えることが、後悔のない転職につながります。

4.今の職場で改善できないか考える

転職を考える前に、現在の職場での状況を改善できるかどうかを真剣に検討することが重要です。

転職を考えるということは、今の職場に何かしらの不満がありますよね。まずはその不満に対して「転職をせずとも自分でなんとかできないか?」と考えてみましょう。

タスクの多さや人間関係が問題の場合、転職をせずとも部署異動やチーム異動、目標設定の仕方を変えるなどの工夫で解決できる場合があります。

転職エージェント末永 末永

もし今抱えている問題が解決でき、現職で満足のいくキャリアを送れるのであれば、それに越したことはありません。改善を試みても、問題が解決しない場合に転職を検討するのが賢明なアプローチといえるでしょう。

5.信頼できる人に相談する

転職を考える際は、信頼できる人に相談することが非常に有効です。

自分一人では見落としがちな視点や、転職のリスク、そしてその決断が自分のキャリアにどのように影響するかについて、貴重なアドバイスをもらうことができます。また、相談を通じて、自分の理想やキャリアに対する価値観を、客観的に再確認する機会にもなります。

例えば、現職の不満点を理由に転職を考えている場合、信頼できる人に話をすることで、その不満が解決可能なものなのか、それとも根本的な価値観の違いに寄るものなのかを見極める助けになるはずです。また、彼らからの助言により、転職先で求めるべき条件や環境についても明確になるでしょう。

転職エージェント末永 末永

転職を考える際には、自分の考えだけに頼らず、信頼できる人々に相談し客観的な視点を得ることで、後悔のない転職の決断につながるでしょう。

6.キャリアコーチングに相談する

仕事を辞めた方がいいか悩んでいる際は、キャリアコーチングに相談するのがおすすめです。

キャリアコーチは、個人の強みや適性、価値観を深く理解し、それを踏まえた上での職業選択をサポートしてくれます。また、履歴書の書き方や面接対策など、具体的な転職活動のアドバイスもしてくれるため、「転職したいけど何からやればいいかわからない…」という方には最適な相談先といえます。

また、キャリアコーチングは転職を前提としないアドバイスが受けられるため、まだ転職するか不透明な場合でも、最適なキャリアサポートが期待できるでしょう。

転職エージェント末永 末永

中でも、仕事を辞めた方がいいか自分でもわからないのであれば、マジキャリに相談するのがおすすめです。

まず、今の現状を深掘りして、仕事を辞めた方がいいか悩んでいる原因についてコーチと一緒に整理していきます。マジキャリのコーチは人材領域に精通したプロで、これまで数千人のキャリアサポートをしてきた経験もあるため、あなたの現状を客観的に見て、転職すべきかどうかのアドバイスをしてくれます。

さらに面談内であなた自身が納得のいくキャリアを一緒に設計していくため、この先も仕事を辞めるべきか悩むことなく自分で意思決定することができます。

転職エージェント末永 末永

転職はそれ自体が目的ではなく、あくまで手段の一つです。あなたが幸せなキャリアを送るために、最適な手段を提供してくれるマジキャリに一度相談してみてはいかがでしょうか。

今なら無料面談キャンペーンをおこなっているので、今の自分の状況や悩みを話して、辞めた方がいいのか・続けた方がいいのか相談してみるのもおすすめです。

仕事を辞めた方がいいか悩んでいる方向け

7.在職中に転職活動をする

在職中に転職活動を行うことは、リスクを最小限に抑えつつ次のキャリアに進むための有効な戦略です。

仕事を辞めてからの転職活動は、収入が途絶えるためプレッシャーが大きく、焦って不適切な職を選んでしまうリスクがあります。在職中に転職活動をすれば、落ち着いて慎重に次の職場を選ぶことができ、自分に合った条件の職を見つけやすくなるでしょう。

在職中に転職活動をする場合、現職の業務時間外に履歴書の更新や求人情報の検索、面接の準備などをおこないます。また、転職エージェントの利用も一つの方法で、専門のアドバイザーからキャリア相談や求人紹介を受けることができます。

転職エージェント末永 末永

焦らず、十分な準備をするためにも、在職中から転職活動を進めましょう。

8.退職理由はポジティブに伝える

転職面接で退職理由を伝える際は、ポジティブな表現を心掛けることが重要です。

ネガティブな退職理由をそのまま伝えると、「同じ理由で再び辞めるのではないか」と懸念され、転職先の採用担当者に不安を与えかねません。一方で、退職理由をポジティブに表現することで、過去の経験から学び、成長する意欲があることを示すことができます。

例えば、「人間関係に不満があった」場合は、「チームワークやコミュニケーション能力をより発展させる機会を求めています」というように表現します。また、「仕事の内容に不満があった」場合は、「新しい分野での挑戦を通じて、さらにスキルを広げていきたい」と伝えることで、前向きな姿勢をアピールできるでしょう。

過去の経験を肯定的に捉え、それを踏まえた上での新たなステップへの意欲を伝えることが、転職成功の鍵となります。

仕事を辞めたいけど迷っている人はマジキャリがおすすめ

本記事では、今の職場で悩んでいる方のために、仕事を辞めた方がいいサインや、逆に辞めない方がいいケースなどを解説してきました。

仕事を辞めるか続けるかは、人生においても大きな決断です。そのため、慎重に考える必要があるのは当然ですが、慎重に考えすぎて転職できず心身を壊すケースや、転職の適齢期を逃すケースは少なくありません。

転職エージェント末永 末永

そのため、「仕事を辞めようか迷っている」「転職したいけど自分が何をしたいか分からない」という方は、マジキャリなどのキャリアコーチングサービスに相談するのがおすすめです。

仕事をやめるべきか、現職を続けるべきかは、あなたが今置かれている状況と、あなたが今後のキャリアをどうしたいかによって答えが変わります。

マジキャリは、転職エージェントを10年以上運営するアクシス株式会社が提供しているため、キャリア知見やサポート実績が豊富で、さまざまな状況の相談者から悩みを聞き、それを解決に導いてきました。

それらのキャリア知見や業界知識を活用し、あなたの最適なキャリアの方向性を、一緒に導いてくれます。

転職エージェント末永 末永

さらに、今回転職する場合は一緒にあなたが定着・活躍できる仕事選びをおこない、現職に残る場合は今の会社で何を改善するのか・どのようなアクションを取るのかを具体的に考えていくので不安はなくなるでしょう。

今の仕事を辞めたいけれど、踏ん切りがつかない、その後のキャリアが心配だという方は、ぜひ一度相談してください。今なら無料キャンペーンをおこなっており、1回のセッションが無料で受けられます。

マジキャリ

転職を前提としないキャリアコーチングサービス
徹底した自己分析からキャリアプラン設計まで、圧倒的な価値を提供します!

ポイント

  1. 徹底した自己分析やキャリアの棚卸し
  2. 中長期的なキャリアプランの作成
  3. 自社の基準を満たしたキャリアのプロのみ対応

マジキャリに相談する

line

line

  • マジキャリ