薬剤師は転職サイトを選ぶな?使わないほうが良い人の特徴を徹底解説

薬剤師は転職サイトを選ぶな?使わないほうが良い人の特徴を徹底解説

    薬剤師は転職サイトを選ぶな、使わないほうが良いのかについて、現役エージェントが徹底解説します。

    逆に薬剤師が転職サイトを利用したほうが良い理由や使ったほうが良い人の特徴も紹介していきます。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

薬剤師は転職サイト・エージェントを選ぶなは間違い

薬剤師は転職サイト・エージェントを選ぶなというのを目にしたことがあると思いますが、実はそれは大きな間違いです。

薬剤師は転職サイト・エージェントを使わないのではなく、むしろ使ったほうが転職活動もスムーズに進められます

薬剤師は転職サイト・エージェントを選ぶなという認識の誤解を1つずつ解き明かしていきます。

連絡がしつこい

転職サイトは、キャリアアドバイザーからの連絡がしつこいので選ぶなという意見を持つ薬剤師もいます。実はこれも誤解であり、連絡がしつこい転職サイトばかりではありません。

そもそも転職エージェントは、求職者の採用が決まったら企業から成功報酬を受け取り利益を得ています。そのため、求職者に応募してもらい、選考に進んでもらう必要があるため、頻繁に連絡をしてしまうエージェントもいます。

その他にも、以下のような理由で連絡が多くなっているケースもあります。

連絡が多くなる理由

  • 求人先企業から連絡があった
  • すぐに見て欲しい連絡がある
  • 応募を検討して欲しい
  • わかりづらい回答への確認 など

もちろん、求職者の事情を考えずにしつこい連絡をするキャリアアドバイザーもいますが、ほとんどは求職者の要望に応えてくれるキャリアアドバイザーが多いです。

電話がしつこいと感じる場合は、連絡は電話ではなく、メールやLINEを中心にして欲しいと希望を伝えるようにしてください。

転職エージェント末永 末永

薬剤師の場合は、人手不足なので急いで採用したい企業が多いです。


その影響もあり、キャリアアドバイザーからの連絡がしつこいと感じてしまいやすくなりますが、しっかり自分の意思を伝えれば、連絡手段や時間なども考慮してくれます。まずは希望を伝えてみてください。

転職エージェントのビジネスモデルや事情についてもっと詳しく知りたい人は以下も記事も参考にしてみてください。

薬剤師の求人が少ない

転職サイトは薬剤師の求人が少ないから選ぶなという意見もあります。しかし、これは選んだ転職サイトが自分の希望とマッチしておらず、条件に合う求人に出会えていない可能性があります。

例えば、薬剤師に専門特化したエージェントを使っておらず、総合型の転職サイトだけを使っていれば、薬剤師の求人は少なくなります。また、中小規模の転職サイトはどうしても求人が少なくなる傾向にあります。

このように、薬剤師の求人がより多い転職サイト・エージェントを利用すれば、充分な求人に出会うことができるので、転職サイトを選ぶなというのが誤解であるとわかると思います。

転職エージェント末永 末永

薬剤師の仕事は専門職であるため、薬剤師の転職に特化した転職サイトを使うのがおすすめですよ。


なかでも大手の転職サイトはトップクラスの求人数を誇っているので、条件にマッチする求人が見つけやすいです。

薬剤師におすすめの転職エージェント

  • マイナビ薬剤師
    人材業界大手のマイナビが運営。手厚いフォローに定評アリ!
  • ファルマスタッフ
    東証プライム上場の日本調剤グループが運営!20年以上の実績と信頼
  • 薬キャリ AGENT
    薬剤師の登録者数No.1*!医療業界専門のエムスリーグループが運営 *エムスリーキャリア調べ

希望に合う求人を紹介してもらえない

キャリアアドバイザーに希望に合う求人を紹介してもらえないため、転職サイトを選ぶなと評価する薬剤師もいます。

キャリアアドバイザーに希望の求人を紹介してもらえないと感じたら、まずは自分の伝え方を見直してみてください。

もちろん、キャリアアドバイザーのマッチング力に問題があるケースもありますが、その前に自分の希望条件をわかりやすく伝えることも大切です。

薬剤師がキャリアアドバイザーに希望条件を伝えるときは以下を気をつけてみてください。

キャリアアドバイザーへ希望を伝えるコツ

  • 希望条件に優先順位をつける
  • 希望年収は現実的な範囲で伝える
  • 不満や愚痴は最低限にとどめる

転職エージェント末永 末永

残念なことですが、自分の希望条件にすべてマッチする求人はほぼないと考えてください。

自分の条件のなかでも「譲れない条件」「これだけは」というものを優先順位をつけて伝えると希望に近い求人を紹介してもらいやすくなります。

また、年収の伝え方も大切です。自分のスキルや経験を比較して、現実的な希望年収の範囲を伝えるようにしてください。もし、自分の適正年収がわからなければ転職エージェントと相談するのがおすすめです。

病院や企業の求人が少ない

薬剤師として病院や企業で働きたい場合、求人数が少なく、それで転職サイトを選ぶなと思ってしまう人もいます。

そもそも病院や企業の求人はドラッグストアや調剤薬局に比べると少なく、そこで活躍する薬剤師のポジションも多くありません。

厚生労働省が発表する「薬剤師統計の概況(2021年)」で、 施設・業務の種別にみた薬剤師数を見るとその少なさがわかります。

薬剤師数 割合
薬局 190,735人 58.9%
病院 56,585人 17.5%
診療所 5,878人 1.8%
医薬品関係企業 37,086人 11.5%

半数以上の薬剤師が薬局で勤務しており、病院や企業で働く薬剤師の割合が少ないです。

実際に、求人も欠員補充などがメインになるので、採用する人数もそこまで多くない傾向にあります。

もし求人があるとしても、応募が殺到しないように非公開求人になっている可能性が高いです。この非公開求人に出会うには、転職サイトに登録する必要があるので、病院と企業の求人に出会いたいなら、むしろ転職サイトを使ったほうが良いのです。

転職エージェント末永 末永

薬剤師領域全体で求人数は多くありません。


そのため、1件でも多く求人に出会うことが大切なので、使わないのではなく転職サイト・エージェントはむしろ複数登録して利用したほうが成功しやすくなりますよ。

薬剤師におすすめの転職エージェント

  • マイナビ薬剤師
    人材業界大手のマイナビが運営。手厚いフォローに定評アリ!
  • ファルマスタッフ
    東証プライム上場の日本調剤グループが運営!20年以上の実績と信頼
  • 薬キャリ AGENT
    薬剤師の登録者数No.1*!医療業界専門のエムスリーグループが運営 *エムスリーキャリア調べ

担当アドバイザーの知識不足

転職サイトを選ぶなと警鐘を鳴らす意見には、担当アドバイザーのサポート力が充分でない背景もあります。優秀なキャリアアドバイザーは薬剤師の転職支援実績や医療業界の知識量が豊富で、個人によって左右されます。

もし、担当アドバイザーの知識不足を感じたら、担当変更ができます。

担当変更は転職サイトの問い合わせフォームから依頼することができるので、各転職サイトの問い合わせ先を確認してみてください。

薬剤師が転職サイト・エージェントを利用するメリット

薬剤師が転職サイト・エージェントを利用するメリットについて詳しく紹介していきます。

薬剤師は転職サイトを選ぶなというのが誤解ということを解説してきましたが、具体的に転職サイト・エージェントを使うメリットを知っておくと、より上手く転職サイト・エージェントを活用できるようになり、スムーズな転職が実現できます。

無料ですべてのサービスを利用できる

転職サイトが提供しているあらゆるサービスは、すべて無料で利用することができます。

転職サイトが無料で利用できるのは、そのビジネスモデルに秘密があります。転職サイトは、求職者の入社が決まると成功報酬として求人元企業から手数料を受け取っています。

そのため、求職者側から金銭を受け取ることはありません。薬剤師の転職を無料で手厚く支援してくれるので、使わない手はありません。

将来のキャリアについて相談できる

転職サイトを利用すると、薬剤師としての将来のキャリアについてプロに相談することができます。

自分がこの先どのようなキャリアを歩むべきかによって、どの転職先にすべきかも変わってきます。また、自分が目指す将来像へ近道で辿り着くためにも、キャリアデザインしておくことは非常に大切です。

キャリアアドバイザーであれば、薬剤師や医療業界への転職市場について詳しく、プロ視点で自分の描くキャリアを歩むためにどうするべきかなど、具体的にアドバイスしてくれます。

もし、転職サイトを選ぶなというのを真に受けてしまうと、自分1人でキャリアに向き合っていかなければならないので、かなり遠回りしたキャリアプランになりかねません。

自己分析から強みを活かせる求人を紹介してもらえる

転職サイトを利用すれば、自己分析から強みを活かせる求人を紹介してもらえるので、今後活躍しやすい環境に転職できるようになります。

キャリアアドバイザーは、求人元の求める人物像を把握しており、どんな人が活躍している環境かも把握しています。その情報などを基に求人を紹介してもらうことができるので、マッチ度の高い求人に出会うことができるのです。

もし転職サイトを使わないで転職活動してしまえば、主観的な求人選定しかできないので、強みを活かせる求人に出会いにくくなります。

履歴書・職務経歴書の添削とアドバイスをしてもらえる

転職サイトを利用すれば、キャリアアドバイザーから履歴書・職務経歴書の添削とアドバイスを受けることができます。

書類選考は面接と違い求職者の顔や印象などを見ずに、書類だけで薬剤師としてのスキルや経験、人柄などを判断しなければならないので、しっかり作成しなければ書類選考を通過することは難しいです。

書類選考を突破するコツを熟知しているキャリアアドバイザーに相談すれば、書類選考通過率もグッと向上させることができますが、もし転職サイトを使わないと、チャンスも掴めなくなる可能性があります。

応募先に合わせた面接対策をしてもらえる

転職サイトを利用すれば、キャリアアドバイザーが応募先に合わせた面接対策を実施してくれます。

応募先がどのような質問をする傾向にあるのか、またどの点を知りたいを思っているかなどを具体的に共有してくれるので、面接の回答もスムーズになり、面接突破できる可能性がかなり高まります。

もし転職サイトを使わないと、自分で面接対策をしなければならなくなるので、時間もかかりますし正確な情報をピックアップするのはかなり困難になります。

薬剤師の面接対策についてもっと詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

日程調整や待遇交渉などを代行してもらえる

転職サイトを利用すれば、キャリアアドバイザーが求職者と求人先の間に立ち、日程調整などのやりとりや待遇交渉なども代行してくれます。

もし転職サイトを使わずに1人で転職活動をしていると、企業ごとに連絡が必要になり、また言いづらい給与や待遇などの条件交渉までしていかなければなりません。

転職サイトを利用すれば、複数の企業の連絡もキャリアアドバイザーが窓口になってくれるので集約して連絡してくれるので手間もなくなり、また条件交渉も上手くやってくれるので頼りになります。

面接に同行してもらえることがある

薬剤師向けの転職サイトを利用すると、キャリアアドバイザーが面接に同行してくれることもあります。

キャリアアドバイザーが面接に同行してくれ、面接で発言しやすいような雰囲気も作ってくれます。緊張しているなかで背中を後押ししてくれる存在は頼もしいの一言です。

転職サイトを使わないと1人で面接に挑むことになるので、心細い人は転職サイトを利用しキャリアアドバイザーに相談するのがおすすめです。

入職後のアフターフォロー

転職サイトを利用すれば、担当のキャリアアドバイザーが入職後のフォローもおこなってくれます。

新しい環境で仕事をしていれば、慣れない環境で新しい人間関係も構築していかなければなりません。そんな不難ななかでも、キャリアアドバイザーに相談できるため、入職後も安心して働くことができます。

転職サイトを使わないと、悩みを相談できる人がいない状況になります。

転職エージェント末永 末永

転職サイトを使わないとすべて1人でやらなければなりませんが、転職サイトを利用すればキャリアアドバイザーに転職活動を支援してもらえます。


さらに転職サイト・エージェントを使わないより、使ったほうが転職成功率が上がり、年収アップも実現しやすくなりますよ。


とくに薬剤師の転職支援実績が高い以下の3社がおすすめです。

薬剤師におすすめの転職エージェント

  • マイナビ薬剤師
    人材業界大手のマイナビが運営。手厚いフォローに定評アリ!
  • ファルマスタッフ
    東証プライム上場の日本調剤グループが運営!20年以上の実績と信頼
  • 薬キャリ AGENT
    薬剤師の登録者数No.1*!医療業界専門のエムスリーグループが運営 *エムスリーキャリア調べ

転職サイト・転職エージェントのメリットとデメリットについて、さらに詳しく知りたい人は下記の記事もおすすめです。

薬剤師におすすめの転職サイト・エージェント

世の中にはたくさんの転職サイト・転職エージェントがあります。このときに薬剤師に強いサービスでないと、使えない転職サイトにあたってしまう可能性があります。

ここでは薬剤師の転職に強いおすすめの転職サイト・エージェントを紹介していきます。

たくさんある転職サイト・エージェントの中から、自分に合ったサービスを見つけるためには下記で紹介するポイントを意識すると良いです。

  • 求人数
  • サポート内容と実績
  • プライバシーマークの有無

この3つのポイントを意識すれば、転職サイトを利用するメリットを余すところなく得られるようになります。

また、上記がすべて当てはまるのは以下の3社です。この3社は総合力が高いので、登録しておくのがおすすめです。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の公式サイト
運営会社
公式サイト
株式会社マイナビ
https://pharma.mynavi.jp/
求人数 公開求人:46,680件
対応職種 薬剤師
対応エリア 全国
拠点:東京・さいたま・千葉・横浜・札幌・仙台・名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡・鹿児島(面談可能拠点)
登録免許 有料職業紹介事業:13-ユ-080554
2024年5月時点の求人数

マイナビ薬剤師は、大手ならではの求人数と転職実績のある薬剤師特化型の転職サイトです。

大手マイナビが運営していることもあり、キャリアサポートの確かなノウハウを持ち、独自の情報網からしっかり求人元の情報もキャッチアップしてくれます。

また、非公開求人も全体の35%を占めており、企業や病院などの求人も出会いやすいです。

転職エージェント末永 末永

マイナビ薬剤師は、求職者の意向や気持ちを第一に考えてくれるので、無闇に転職を勧めることはしません。


転職サイトに懸念を感じ使わないと考えている人でも、マイナビ薬剤師なら懸念もなく利用することができるはずですよ。

こんな人におすすめ

●求人や支援実績が豊富な大手を利用したい人
●製薬会社に転職したい
●正社員の求人に応募したい
●質の良いサポートを受けたい

マイナビ薬剤師への
登録はこちら(公式サイト)

ファルマスタッフ

ファルマスタッフの公式サイト
運営会社
公式サイト
株式会社メディカルリソース
https://www.38-8931.com/
求人数 公開求人:50,940件
対応職種 薬剤師
対応エリア 全国
拠点:東京・横浜・埼玉 ・船橋 ・札幌・宮城・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡
登録免許 有料職業紹介事業:13-ユ-010743
労働者派遣事業:派13-010770
2024年5月時点の求人数

ファルマスタッフは、なるべく対面面談をし「お会いする姿勢」を大切にしている転職サイトです。

求職者1人1人と向き合い、マッチした求人を紹介することに力を入れているため、薬剤師の満足度もNO.1を誇っています。(日本マーケティングリサーチ調べ)

派遣やパートタイムなど様々な雇用形態の求人を保有し、ハイクラス求人なども見つけられるので、幅広い選択肢から求人と出会うことが可能です。

転職エージェント末永 末永

ファルマスタッフでは、大手薬局チェーン・日本調剤株式会社の教育ノウハウを活かした教育サービスも提供しています。


スキルアップやキャリアアップを目指したい薬剤師にもぴったりの転職サイトですよ。

こんな人におすすめ

●日本調剤グループが運営しているサービスを利用したい人
●調剤薬局に転職したい
●派遣やフリーランスの働き方も検討している人
●日本薬局学会主催のファーマシーセミナーを受講したい人

ファルマスタッフへの
登録はこちら(公式サイト)

薬キャリエージェント

薬キャリエージェントの公式サイト
運営会社
公式サイト
エムスリー株式会社(M3, Inc.)
https://pcareer.m3.com/
求人数 公開求人:20,660件
対応職種 薬剤師
対応エリア 全国
拠点:東京
登録免許 有料職業紹介事業:13-ユ-304437
労働者派遣事業:派13-305171
2024年4月時点の求人数

薬キャリエージェントは、医療関連ビジネスを展開するエムスリーキャリアが運営する転職サイトです。

年間20,000人以上の転職支援実績があり、薬剤師の転職ノウハウを活かした支援に定評があります。

非公開求人や市場に出ていない独占求人などを多く保有しているだけでなく、そのなかから少しでも求職者にマッチする求人を紹介してくれます。

転職エージェント末永 末永

薬キャリエージェントはマッチ度の高い求人に出会いたい薬剤師だけでなく、短期的に転職活動を成功させたい人におすすめです。


薬キャリエージェントは、最短即日で最大10件求人を紹介してくれるのでスピードを重視した転職活動も可能ですよ。

こんな人におすすめ

●ママ薬剤師や未経験、ブランクのある人
●病院に転職したい
●高年収の求人に応募したい

薬キャリエージェントへの
登録はこちら(公式サイト)

その他の薬剤師に強い転職サイト・転職エージェントランキングについては、下記の記事もチェックしてみてください。

薬剤師で転職サイト・エージェントを使ったほうが良い人の特徴

医療従事者の薬剤師は転職サイト・エージェントを使わなくても転職できますが、使ったほうが良い場合のほうが多いです。ここでは薬剤師で転職サイト・エージェントを使ったほうが良い人の特徴を紹介していきます。

薬剤師で転職サイト・エージェントは、転職したい薬剤師のサポートを全面的におこなってくれるだけでなく、キャリア相談にものってくれるので、以下のような人に向いています。

  • 転職活動が初めて
  • 未経験の業界・職種へ転職したい
  • 非公開求人を紹介してほしい
  • 1人での転職活動が不安
  • 転職活動にかける時間がない
  • 年収アップやキャリアアップしたい
  • 転職軸が明確になっていない

転職サイト・エージェントは非公開求人を保有しているので、選択肢を広げて活動したい人はまず使うべきです。

また、転職活動が初めての人、未経験業界や職種にチャレンジしたい人は、そもそも1人で転職活動するには情報量やノウハウが不十分です。その手助けとなるのがキャリアアドバイザーなので、自分の不足している部分を補ってくれます。

転職活動に時間がかけられない薬剤師も同様で、キャリアアドバイザーが手が回らないところを手伝ってくれるので、心強いサポーターを得られる気持ちを持てます。

このように、キャリアアドバイザーがサポーターとして転職支援や条件交渉してくれるので、1人で転職活動が不安な人、年収アップしたい人にも合っています。

また、キャリア相談などを細かく乗ってくれるのでキャリアアップしたい人、転職軸が明確でない人も転職サイトを使わないより使ったほうが良いです。

薬剤師におすすめの転職エージェント

  • マイナビ薬剤師
    人材業界大手のマイナビが運営。手厚いフォローに定評アリ!
  • ファルマスタッフ
    東証プライム上場の日本調剤グループが運営!20年以上の実績と信頼
  • 薬キャリ AGENT
    薬剤師の登録者数No.1*!医療業界専門のエムスリーグループが運営 *エムスリーキャリア調べ

薬剤師で転職サイト・エージェントを使わないほうが良い人の特徴

薬剤師で転職サイト・エージェントを使わないほうが良い人の特徴も紹介していきます。

転職サイト・エージェントは、転職支援をおこなってくれますが、以下のような人にはキャリアアドバイザーの支援をメリットに感じにくいので、転職サイトを選ぶなと言われます。

  • 自分のペースで転職活動したい
  • 志望企業が決まっている
  • 人の意見に流されやすい
  • 公務員薬剤師を目指している

転職サイト・エージェントを使うと、自分のペースで転職活動がしにくくなるので、自分で求人を選んで応募したい、自分で応募時期を調整していきたいなど、自分のペースで転職活動したい人は、転職サイトを使わないほうがいいです。

もっと言うと、キャリアアドバイザーも求職者の転職を支援しているとはいえ、自社で紹介した求人に応募・内定して欲しいと考えています。そのため、自社の求人を推す意見を出してきますが、その意見に流されやすい人は転職サイト・エージェントを選ぶなと言われる人です。自分の転職軸を持ってから利用するのがおすすめです。

また、志望企業が決まっている、公務員を目指している人も転職サイトを選ぶなと言われます。志望企業が決まっている場合には、転職エージェント経由より直接応募のほうを優先するケースもあるので、直接応募をしてみてください。公務員を目指している場合も同じく、基本的に直接応募で受付ているケースが大半なので、転職サイト・エージェントは使わなくても問題ないです。

薬剤師で転職サイト・エージェントを利用する流れ

薬剤師が転職サイト・エージェントを存分に使い倒すためには、実際に利用する流れを把握しておくことが大切です。

以下は転職エージェントの利用の流れになり、転職サイトの場合にはキャリアアドバイザーのサポートがつかないので、覚えておいてください。

会員登録・利用申し込み

まずは登録したい転職エージェントへの会員登録・利用申し込みをおこないます。

会員登録・利用申し込みは、以下の基本的なプロフィールを入力するだけなので、短時間で完了するケースが多いです。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 希望転職時期 など

会員登録が完了したら、登録した電話番号やメールアドレス宛に、キャリアアドバイザーとの面談案内が届くので、日程調整をおこなうようにしてください。

転職エージェント末永 末永

会員登録後の面談案内は即日届くことが多いですよ。

面談・ヒアリング

キャリアアドバイザーとの面談・ヒアリングが実施されます。

オンライン、対面、電話面談など方法は転職サイトによって異なるので、あらかじめ確認しておくようにしてください。

また、面談では以下のような内容がヒアリングされます。

  • 経歴・実績・スキル
  • 希望条件
  • 転職に関する悩み など

この面談の機会がキャリアアドバイザーと初対面になります。

自分の希望条件やこれからのキャリア、考え、転職活動に対する疑問や不安もしっかり包み隠さずに話し信頼関係を構築していくようにしてください。

転職エージェント末永 末永

希望条件はすべて余すところなく伝えても問題ありませんが、必ず優先順位をつけて伝えるようにしてください。


細かい条件にすべてマッチする求人は少なくなるので、選択肢を広げて検討していくためには優先順位をつけた伝え方がおすすめです。

求人紹介・応募

キャリアアドバイザーは面談で聞いた希望条件を元に、求人の選定をおこない、そのなかから厳選した複数の求人を紹介してくれます。

そのキャリアアドバイザーが厳選したなかから、実際に応募する求人を選んでいきますが、紹介してくれたすべての求人に応募しなければならないわけではないので、自分が応募したい求人だけピックアップしていきます。

転職エージェント末永 末永

もし希望条件に合わない求人、応募したくない求人があれば、その理由をしっかりキャリアアドバイザーに伝えてください。


そうすることで改めて求人を選定してくれたり、希望にマッチした求人が出てきたらすぐに連絡してくれるようになるので、転職活動もスムーズに運びますよ。

履歴書・職務経歴書の添削

応募先の求人が決まったら履歴書と職務経歴書を用意していきます。

まだ準備ができていない場合には、キャリアアドバイザーが作成のポイントなどアドバイスしてくれるので、そのアドバイスをもとに作成します。

また、既に履歴書と職務経歴書の用意があれば、より良い履歴書と職務経歴書になるようにキャリアアドバイザーが添削してくれます。

出来上がった履歴書と職務経歴書は、キャリアアドバイザーに提出し、キャリアアドバイザーから推薦状と合わせて求人先に送られ、書類選考がおこなわれます。

面接対策

書類選考が無事に通過したら、いよいよ面接になります。

その際、キャリアアドバイザーが面接対策をおこなってくれるので、キャリアアドバイザーのアドバイスに従って面接の準備をしていきます。

転職サイトによっても異なりますが、面接対策として以下のような内容があります。

キャリアアドバイザーによる面接対策

  • 模擬面接の実施
  • よく聞かれる質問内容の共有
  • 面接回答のコツ共有
  • 面接の失敗例
  • 逆質問のアドバイス など

面接対策の内容は、個人の熱意や求人先の状況などによっても異なるので、一概に上記のような内容を必ず実施されるわけではありませんが、求職者に有益な情報を提供してくれるのは変わらないので、ぜひキャリアアドバイザーに頼ってみてください。

面接・職場見学

薬剤師の場合は、キャリアアドバイザーが面接・職場見学に同行してくれることもあるので、事前に確認しておくようにしてください。

面接は複数回実施され、必要であれば職場見学を依頼することも可能です。

また、派遣などの雇用形態の場合には面接と職場見学の両方が同時におこなわれることもあります。

内定・退職・入社

面接がすべて完了したら晴れて内定を獲得できます。

内定後は、求人先から雇用条件を記載した内定通知書が届くので、よく確認をおこない、給与や待遇など条件に懸念があればキャリアアドバイザーに条件交渉を代行してもらうこともできます。

内定承諾後は、現職の退職交渉をおこないキャリアアドバイザーにスムーズな退職のためのアドバイスをもらうこともできます。

無事に入社したら新しいキャリアのスタートです。新しい環境で不安なことや困ったことがあれば、引き続き、キャリアアドバイザーに相談することもできます。

転職エージェント末永 末永

このように薬剤師向け転職エージェントを利用すると、応募から入社後までキャリアアドバイザーが手厚いサポートをしてくれます。


転職サイト・エージェントを使わないほうが良い人以外は、これらのサービスを使い倒したほうが転職活動も成功しやすくなりますよ。

転職サイトと転職エージェントの使い方、利用の流れについては下記の記事で詳しく解説しています。

薬剤師が気をつけたほうが良い転職サイト・エージェントの特徴

すべての転職サイト・転職エージェントが優良とは限らず、薬剤師が気をつけたほうが良い転職サイト・エージェントも存在します。

なかにはブラックな転職サイト・転職エージェントもあるので自分で見極めていく必要があります。見極めていくために、下記で紹介するブラックな特徴を事前に把握しておくと良いです。

  • 求人だけを大量に紹介してくる
  • 転職者の意向に沿ったキャリアカウンセリングをしてくれない
  • メールや電話対応のレスポンスが遅い
  • 連絡がつかない・放置される
  • 簡潔に伝えてくれない
  • 企業と意思疎通ができてない
  • 転職者の意思を無視して勝手に応募する

ブラックな転職サイト・エージェントは、希望からズレた求人ばかり紹介したり、求職者に寄り添ったサポートをしてくれません。

例えば、求人も紹介してくれるが意思を無視して勝手に応募されたなどは、直腸的な例です。

上記のような転職者を無視した対応をされた場合は、ブラック転職サイト・エージェントと言えるので、使わないようにしてください。

転職エージェント末永 末永

このようなブラックな転職サイトに出会ってしまった薬剤師が、転職サイトを選ぶなと評価している可能性がありますね。

ブラックで信用できない転職エージェントや評判について、さらに詳しく知りたい人は下記の記事もチェックしてみてください。

薬剤師が転職サイト・エージェントに関するよくある質問

薬剤師が転職サイト・エージェントに関するよくある質問をまとめました。

転職サイトを選ぶな、使わないという意見を見て、利用を迷っているなら以下の質問も参考にしてみてください。

転職サイトを使わなくても転職できる?

人物 転職者

薬剤師は転職サイトを使わなくても転職できますか?

転職エージェント末永 末永

事実、薬剤師は転職サイトを使わなくても転職すること自体は可能です。


しかし、スムーズに転職したい、より納得のいく転職をしたいなら転職サイトを利用したほうが成功しやすくなるので、転職サイト・エージェントを利用するのがおすすめですよ。

薬剤師におすすめの転職エージェント

  • マイナビ薬剤師
    人材業界大手のマイナビが運営。手厚いフォローに定評アリ!
  • ファルマスタッフ
    東証プライム上場の日本調剤グループが運営!20年以上の実績と信頼
  • 薬キャリ AGENT
    薬剤師の登録者数No.1*!医療業界専門のエムスリーグループが運営 *エムスリーキャリア調べ

▲よくある質問に戻る

転職サイトよりも直接応募のほうが内定を獲得しやすい?

人物 転職者

薬剤師は転職サイトよりも病院や企業の採用ページから直接応募のほうが内定を獲得しやすいですか?

転職エージェント末永 末永

直接応募のほうが優遇されるため転職サイトを選ぶなという意見があるのは事実ですが、実はこれもすべて誤解です。


もちろん直接応募を優先する企業もありますが、転職エージェントにしか求人を出していなかったり、転職エージェントの応募を優先する求人元もあります。そのため、必ずしも直接応募だけが有利に転職を進める方法ではありません。

▲よくある質問に戻る

転職サイトよりもハローワークを使ったほうが良い?

人物 転職者

薬剤師は転職サイトよりもハローワークを使ったほうが良いですか?

転職エージェント末永 末永

薬剤師はハローワークだけを使った転職では不十分です。ハローワークへの求人は無料で掲載ができるため、どんな事業所でも掲載することが可能です。


つまり、ブラック企業も求人掲載が容易にできてしまうので、ブラック企業を見極める必要があります。それは実に困難になるので、もしハローワークを利用したいなら転職サイトを併用し、キャリアアドバイザーから情報を得たほうが失敗しにくくなりますよ。

薬剤師におすすめの転職エージェント

  • マイナビ薬剤師
    人材業界大手のマイナビが運営。手厚いフォローに定評アリ!
  • ファルマスタッフ
    東証プライム上場の日本調剤グループが運営!20年以上の実績と信頼
  • 薬キャリ AGENT
    薬剤師の登録者数No.1*!医療業界専門のエムスリーグループが運営 *エムスリーキャリア調べ

▲よくある質問に戻る

転職サイトを利用するのに費用はかかる?

人物 転職者

薬剤師は転職サイトを利用するのに費用はかかりますか?

転職エージェント末永 末永

転職サイトを利用する際の利用料はかからず、求職者は完全無料で利用することができます。


無料で利用できる理由には、転職サイトのビジネスモデルにあります。転職サイトは求職者の入社が決まったら成功報酬として求人元から手数料を得ています。そのため、求職者は無料で転職サービスを利用できるのです。

▲よくある質問に戻る

途中で転職サイトが不要になったら

人物 転職者

途中で転職サイトが不要になったらどうしたら良いですか?

転職エージェント末永 末永

転職サイトの利用が不要になったら、転職サイトを退会するようにしてください。


ただし、転職サイトは退会してしまえばサービスを利用することができません。転職サイト・エージェントは求職者を支援してくれるサービスを提供しているので、自分はしっかりサービスを利用できているか、どのようなサービスを利用できるか、今一度確認してみてくださいね。

薬剤師におすすめの転職エージェント

  • マイナビ薬剤師
    人材業界大手のマイナビが運営。手厚いフォローに定評アリ!
  • ファルマスタッフ
    東証プライム上場の日本調剤グループが運営!20年以上の実績と信頼
  • 薬キャリ AGENT
    薬剤師の登録者数No.1*!医療業界専門のエムスリーグループが運営 *エムスリーキャリア調べ

▲よくある質問に戻る

転職サイトと転職エージェントの違い

人物 転職者

転職サイトと転職エージェントの違いについて教えてください。

転職エージェント末永 末永

転職サイトは、求人情報のみを提供しており求人の選定から条件交渉まで、すべて1人でおこなう必要があります。


一方、転職エージェントは求職者が入社まで、キャリアアドバイザーが徹底支援してくれます。つまり、このキャリアアドバイザーの有無が転職サイトと転職エージェントの大きな違いと言えますね。

▲よくある質問に戻る

line

line

人気の転職エージェント