カルビーへ転職する方法って!?気になる評判や年収を大公開!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

ポテトチップスなどは、自宅で映画などを見ていると無性に食べたくなるといったことは、誰しもが経験のあることではないでしょうか?

今回は、菓子製造メーカー大手の「カルビー」に転職を検討している方向けに「カルビー」への転職ノウハウをレクチャーしていきます。

カルビーって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

カルビーは食品製造販売事業をしている菓子製造メーカーです。スナック菓子部門では、カルビーとジャパンフリトレーが一部製品を製造しています。ジャパンフリトレーはカルビーの100%子会社です。そして原材料の調達会社としてカルビー食品とカルビーポテトという会社があります。中国、韓国、タイ、アメリカにも会社があり現地で製造・販売をしています。

カルビー製品を分類すると3つの分類に分かれます。まずはポテトスナック系、ポテトチップス、じゃがりこなどの製品があります。そして小麦スナック系、かっぱえびせん、チーズビットやおさつスナックの製品を製造しています。最後にコーン系スナック。マイクポップコーンを代表とした製品を製造しています。

カルビーの直近の業績や今後の事業課題

業績は好調に推移しています。年々売上高を伸ばしています。課題としては、原材料のじゃがいもの不作に影響を受けやすいということです。耳にしたことが多い方もおられるかと思いますが、北海道でのじゃがいもが不作だった影響で一時、ポテト系スナックが製造出来ないという事態に発展したケースがあります。

次に海外市場でのシェア拡大を命題としています。国内市場には今後大きな成長が見込めないとして、海外市場での売り上げを全体の30%まで引き上げる中長期計画を発表しました。そのためには、競争力のある価格を実現しなくてはなりません。なので、製造工程の効率化に投資するとしています。

カルビーの仕事内容・職種

生産技術職、研究開発職、営業職、商品企画職に大きく分類されます。

生産技術技術職

生産技術技術職は、工場での製品の製造、設備の整備や設備の投入などが仕事内容です。

研究開発職

研究開発職では、じゃがいもの成分分析や、未利用資源の開発研究を行っています。

営業職

営業職は、原材料の調達や小売店への卸しを行っています。

商品企画職

商品企画職は、新製品の開発や、既存製品のリニューアルを企画しています。

カルビーの仕事のやりがい

文系職のやりがいは、今後注力していく海外事業に携われるところです。特に中国との関わりが深く、新規開拓の営業をすることが仕事内容なので、海外で活躍したい人にとってはいい環境になっています。

また理系職はエンジニアと研究者とがいます。エンジニアは工場にどのような設備を整えればもっとコスト削減が出来るか。より高品質な製品が作れるかを考えるのがやりがいになっています。特徴的なのは研究開発にも注力していることです。食の安全を担保するために日々、自社製品の原材料について研究を行い、主にじゃがいもの未だに知られていない自然の力を引き出すべく研究に打ち込める環境があります。

カルビーの評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

評判は悪くないと言えるでしょう。社員の方のクチコミでは、昨今経営者が変わったことから、利益重視の傾向が強くなっているという情報が見受けられました。評価体系が数値化され、そこに反発を感じる社員の方が多いようです。良くも悪くも日系企業です。

日本国内では知らない人はいない会社なので、営業もしやすい一方で、旧態依然とした意志決定の遅さ、海外展開の遅さが指摘されています。食の安全に気を配っており、品質重視の製造理念があります。その理念が良く働いている一方で、競争力のある価格設定に課題があります。

カルビーの面接・SPIなど選考難易度

中途採用の面接では前職の職務経歴について詳しく突っ込まれる傾向にあるようです。なぜこの業績を残せたのか。その時にした工夫はなんだったのか。

など、自分の職務経歴書に書いてある内容に基いて面接が行われるようなので、きちんと職務内容を頭の中で整理しておく必要があります。

カルビーの年収相場(給与)は?

平均年収は750万円程度の水準です。30代になると500万円前後となります。主任に就任すると年収は650万円まで上がります。また、平均年収は年々増加傾向にあり、伸びています。部長に昇進すろと1000万円まで年収が上がります。

カルビーに転職をするには?

カルビーへの転職は転職エージェントの利用をオススメしています。

なぜなら、転職エージェントを利用することで、カルビーに転職するための成功率を高めることができるからです。

転職エージェントは、カルビーに転職するための、履歴書・職務経歴書の添削や、面接対策、面接日程の調整の代行など、転職活動におけるあらゆるサポートを行います。

なので、転職は優秀なキャリアアドバイザーと巡り会えるかが肝になってきます。

したがって、スキルや経験が豊富なキャリアアドバイザーに会うためにも、転職エージェントには複数登録しましょう。

転職エージェントには2〜3社に登録することをオススメしています。

転職エージェントに登録をした後に、直接面談をして、自分と合うキャリアアドバイザーを絞り込みましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25