20代で転職を検討されている方へ


激務だけど高収入!?金融系SEの仕事内容・年収について

この記事の目次です!※目次をクリックすると移動します。

金融系SEの仕事内容

金融系SEと言えば、銀行や証券会社、保険会社といったなどの金融業に関わる開発を行うSEを指します。

その仕事内容は、一口に言えば金融業で利用される業務システムの開発ですが、銀行関連であれば入出金の管理などを行う勘定系システム、保険会社関連であれば保険料や契約内容の管理システム、というように、扱うシステムは業種によって様々です。

関わる業種やサービスによって重視するポイントも少しずつ違ってくるため、SEとして柔軟な対応が求められます。

金融系SEについて「激務」という印象を持たれている方もいらっしゃるかも知れませんが、労働状況としては一般的には残業や徹夜、休日出勤などが常に続くわけではありません。

しかし、金銭や証券などの重要なものを管理するシステムを扱うため、不具合が発生すると大きな損害が生じ、企業のや銀行の社会的信用も失われる可能性があります。

故に 不具合を出さないような綿密な設計や開発、テストが求められるプレッシャーや、不具合発生時には時間帯や曜日を問わず早急な対応が必須になることなどが、「金融系SE=激務」というイメージが持たれる所以かも知れません。

金融系SEの魅力

金融系SEは、銀行ATMや証券取引システムといった金融には欠かせないシステムを扱います。

仮にこのようなシステムが稼働しなくなったら、社会の日常が立ち行かなくなる、といっても過言ではありません。金融系SEが不具合なく様々なシステムを開発、保守しているお陰で社会が成り立っているともいえるでしょう。

不具合がなくて当たり前であり、表舞台で目立つことはなかなかない職種ですが、システム開発を通して社会を支えていると実感できる点は金融系SEの大きな魅力です。

また、次項にも関連しますが、他のエンジニアに比べて年収が高いという点も金融系SEの魅力の一つです。他業種に携わるエンジニアに比べても、金融系SEの仕事単価に対する満足度は高い傾向にあると言われています。

金融系SEの平均年収

Tech総研が30代のエンジニアを対象に行った調査では、金融・保険系のソフト系エンジニアの平均年収は各業種の中で最も高い744万円という結果が出ています。同調査のソフト系エンジニア全体の平均年収が525万円であることを踏まえても、金融系SEの年収はかなり高い傾向にあると言えます。

この年収の高さの要因としては、人手が少なく金融系SE自体が希少な存在であることに加え、システムを開発する上でミスが許されない、という責任の重さが挙げられます。

銀行や証券、保険など、金融系SEが扱うシステムはいずれも不具合があれば社会や人々の生活に深刻な影響を及ぼすものばかりです。少しのミスも大きな命取りになるという重圧の中でSEとしての業務に臨まなければならないということを考慮すると、仕事単価や給与が高めに設定されているのも頷けます。

金融系SEに必要なスキル

金融系SEとして働くには、やはりまずはプログラム言語の読み書きができる必要があります。

金融系システムで一般的に使用されているのは、COBOL、C#、.NET、Javaなどの言語です。特に、古くからある金融系システムの多くはCOBOLで実装されており、実際に金融系ではCOBOLを必須スキルとしている求人も多く見られます。

COBOLは金融系のみならず行政システムや会計処理、事務処理に多く使用されており、今後もCOBOLエンジニアの需要は無くならないとも言われています。

COBOLをプロフェッショナルとしているエンジニアは決して多くはありませんが、金融系システムの開発をする上では重要な言語と言えるでしょう。このような言語でのプログラミングの他に、UNIXやLinuxを扱うことができれば、テストなど様々な業務に柔軟に対応することができます。

また、外部の企業や顧客とのやりとりを通じて一つのシステムを開発・管理するため、コミュニケーション能力も必要です。普段のやりとりから顧客の課題や要望を聞き出すヒアリング能力まで、円滑なコミュニケーションが可能な人材が重宝されます。