激務だけど高収入!?金融系SEの仕事内容・年収について

金融系SEの仕事内容

金融系SEと言えば、銀行や証券会社、保険会社といったなどの金融業に関わる開発を行うSEを指します。

その仕事内容は、一口に言えば金融業で利用される業務システムの開発ですが、銀行関連であれば入出金の管理などを行う勘定系システム、保険会社関連であれば保険料や契約内容の管理システム、というように、扱うシステムは業種によって様々です。

関わる業種やサービスによって重視するポイントも少しずつ違ってくるため、SEとして柔軟な対応が求められます。

金融系SEについて「激務」という印象を持たれている方もいらっしゃるかも知れませんが、労働状況としては一般的には残業や徹夜、休日出勤などが常に続くわけではありません。

しかし、金銭や証券などの重要なものを管理するシステムを扱うため、不具合が発生すると大きな損害が生じ、企業のや銀行の社会的信用も失われる可能性があります。

故に 不具合を出さないような綿密な設計や開発、テストが求められるプレッシャーや、不具合発生時には時間帯や曜日を問わず早急な対応が必須になることなどが、「金融系SE=激務」というイメージが持たれる所以かも知れません。

金融系SEの魅力

金融系SEは、銀行ATMや証券取引システムといった金融には欠かせないシステムを扱います。

仮にこのようなシステムが稼働しなくなったら、社会の日常が立ち行かなくなる、といっても過言ではありません。金融系SEが不具合なく様々なシステムを開発、保守しているお陰で社会が成り立っているともいえるでしょう。

不具合がなくて当たり前であり、表舞台で目立つことはなかなかない職種ですが、システム開発を通して社会を支えていると実感できる点は金融系SEの大きな魅力です。

また、次項にも関連しますが、他のエンジニアに比べて年収が高いという点も金融系SEの魅力の一つです。他業種に携わるエンジニアに比べても、金融系SEの仕事単価に対する満足度は高い傾向にあると言われています。

金融系SEの平均年収

Tech総研が30代のエンジニアを対象に行った調査では、金融・保険系のソフト系エンジニアの平均年収は各業種の中で最も高い744万円という結果が出ています。同調査のソフト系エンジニア全体の平均年収が525万円であることを踏まえても、金融系SEの年収はかなり高い傾向にあると言えます。

この年収の高さの要因としては、人手が少なく金融系SE自体が希少な存在であることに加え、システムを開発する上でミスが許されない、という責任の重さが挙げられます。

銀行や証券、保険など、金融系SEが扱うシステムはいずれも不具合があれば社会や人々の生活に深刻な影響を及ぼすものばかりです。少しのミスも大きな命取りになるという重圧の中でSEとしての業務に臨まなければならないということを考慮すると、仕事単価や給与が高めに設定されているのも頷けます。

金融系SEに必要なスキル

金融系SEとして働くには、やはりまずはプログラム言語の読み書きができる必要があります。

金融系システムで一般的に使用されているのは、COBOL、C#、.NET、Javaなどの言語です。特に、古くからある金融系システムの多くはCOBOLで実装されており、実際に金融系ではCOBOLを必須スキルとしている求人も多く見られます。

COBOLは金融系のみならず行政システムや会計処理、事務処理に多く使用されており、今後もCOBOLエンジニアの需要は無くならないとも言われています。

COBOLをプロフェッショナルとしているエンジニアは決して多くはありませんが、金融系システムの開発をする上では重要な言語と言えるでしょう。このような言語でのプログラミングの他に、UNIXやLinuxを扱うことができれば、テストなど様々な業務に柔軟に対応することができます。

また、外部の企業や顧客とのやりとりを通じて一つのシステムを開発・管理するため、コミュニケーション能力も必要です。普段のやりとりから顧客の課題や要望を聞き出すヒアリング能力まで、円滑なコミュニケーションが可能な人材が重宝されます。

転職をお考えの方へ

この記事にたどり着いた方は、転職をなんとなく考え始めている人が多いの絵はないでしょうか。

転職の際には、転職エージェントの利用をオススメします。

転職のプロであるエージェントの知見をもらいつつ、一人で転職活動をするよりも、スムーズに転職できるでしょう。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25