手遅れ!?転職したいけどスキル・キャリアがない30代の転職攻略法を解説

転職したいけどスキルがない 30代

    【30代必見】この記事は転職したいけどスキルがない・キャリアがない30代はスキルの棚卸しをおこない、ポータブルスキルを見つけましょう。弊社オリジナルの30代の転職難易度表を基に30代に求められるスキルや、ポータブルスキルの見つけ方を解説しています。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

転職したいけどスキルがない30代は今すぐ行動すべき!

転職エージェント末永 末永

転職したいけどスキルがないと悩む30代は、迷っている暇はありません!

転職市場では年齢と経験が何よりも重視されます。そのため、30代は今までのキャリアを見直し、キャリアの方向転換をする最後のチャンスです。

「いつか」「30代後半になるまで」など悠長なことを言うのはやめてすぐに行動に移しましょう。

ここでは、30代の転職の現実やスキルやキャリアがない30代はどう転職活動を進めるべきかを解説していきます。

大前提、転職市場では「30代」はネックになる

大前提、転職市場では年齢がシビアにみられます。

なぜ年齢の壁があるかというと、転職市場は「何歳からでもやり直せる」ということはなく、年齢と年齢相応の実務経験やスキルによってシビアに判断される世界だからです。

転職市場では常に「既存の社員」と「他の候補者」と比較されます。

既存社員と比較される場合、新卒入社した社会人歴2〜3年目の若手でさえ、社内で実務経験を積んでいるので「経験者」として認められます。ただ一方で経験が浅いため、ポテンシャル採用をされることもよくあります。

一方で30代は、ポテンシャル採用はほとんどされず、その会社で働いてきた3〜10年のベテランを相手に競争しなくてはいけない、というのが現実です。

ゆえに、将来性のある若手や経験者を相手に戦わなくてはならないので、スキルのない30代の転職は難しいとされています。

転職エージェント末永 末永

そのため30代でスキルがない場合、転職を成功させるにはそれ相応の戦略を練り、対策をする必要があります。そこでおすすめなのがキャリアのプロに相談することです。

マジキャリは30代に特化したキャリアコーチングサービスです。

元転職エージェントや元人事など転職活動に関する知識が豊富なキャリアコーチと、自己分析やキャリアの設計、面接対策をはじめとした実際の選考対策をおこないます。

転職エージェント末永 末永

弊社の運営するマジキャリ転職エージェントが運営する唯一のキャリアコーチングサービスであるため、転職を見据えている人にはうってつけのサービスといえます。

マジキャリではただいま初回無料面談をおこなっております。ぜひお気軽にご相談ください。

転職したいけどスキルがない30代におすすめ

  • マジキャリ
    キャリアコーチがあなたの理想像を叶える転職活動をサポート!

スキルがない30代後半はかなり厳しいのが現実

先ほど、30代の転職は厳しいということをお伝えしましたが、30代後半にもなると、もっと難しくなってしまいます。

以下、年代と転職難易度の表です。

年齢 評価 内容
30歳〜33歳 業界・職種経験はあって当たり前、マネジメント経験があれば◎。なければ未経験だとかなり難しい
34歳〜36歳 業界・職種経験、マネジメント経験はあって当たり前。なければ未経験だとほぼ不可能
37歳以上 × そもそも転職自体が難しい。よほどの専門性やマネジメントの高い実績がないと難しい。

ただ、ここで注意して欲しいのがスキルがない30代後半の転職は「不可能」ではなく「難しい」と言うことです。

転職エージェント末永 末永

諦めるには早すぎます!

というのも、株式会社データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査」によると、人手不足に陥っている企業はコロナ禍以降、顕著に増えています。

人材不足

出典:株式会社データバンク「人手不足に対する企業の動向調査

つまり転職先がない、というわけではなく企業が欲しい人材を採用できないという状態にあるのです。

だからこそ、「企業はどういう人材を求めているのか」「自分がアピールできることは何か」をしっかり言語化し、考えた上で戦略的に転職活動を進めることで可能性はあります。

スキルがない30代はポータブルスキルを見つけよう

転職エージェント末永 末永

スキルがない30代はポータブルスキルをアピールしましょう。

なぜなら、実は誰もがスキルは持っているのにそれを自覚していないだけだからです。

仕事におけるスキルというのはテクニカルスキルとポータブルスキルの二つに分けて考えることができます。

スキルについて

  • テクニカルスキル
    業務をおこなう際に必要な専門スキルのこと(営業力、マーケティング力など)
  • ポータブルスキル
    特定業務に紐づかずどの業務にも汎用できるスキルのこと(ビジネスマナー、ビジネス文書作成など)

30代で転職におけるスキルがないと悩む人の多くがテクニカルスキルをみて、自分にはスキルがないと悩んでいます。

しかし、これまでに業務の経験を経て培ったポータブルスキルというのは誰にでもあるはずです。

30代であればテクニカルスキルがなくてもポータブルスキルを見て採用してくれる可能性があります。

また、テクニカルスキルについても社内では特段目立つスキルではなくても、外部から見たら貴重なスキルの場合があるので転職エージェントなどのキャリアのプロに一度相談してみることをおすすめします。

30代の転職支援実績が豊富

  • マジキャリ
    自己分析で強みの言語化〜転職活動をサポート!

スキルがない30代が転職をする時のリスク

ここでは、スキルがない30代が転職をする時に起こりうるリスクを紹介します。

スキルのない30代が転職するとなるといくつかリスクが伴うのは当たり前です。

転職活動中や転職後にギャップを感じないためにも事前に把握しておきましょう。

スキルがない30代は、年収が下がる

スキルがない30代が転職すると、紹介される求人や選考が通る仕事はほぼ100%年収が下がります。

なぜなら、年収は「年齢相応の実務経験・スキルがあるか」をもとに決まるからです。

企業はスキルのない30代に対して高い給与を払ってまで、採用したい訳ではありません。

当たり前ですが、企業は若くて自社ビジネスに精通している人を取りたいので、スキルのない30代はそもそも内定を取るのが難しい上、内定をもらえたとしても年収は下がります。

スキルがない30代は、雇用形態が変わる可能性がある

スキルがない30代が転職すると、今までは正規雇用だったけど非正規雇用でしか採用されないというケースもよくあります。

なぜなら、企業はスキルのない30代をわざわざ正規雇用でとるメリットはないからです。

厳しいことを繰り返しますが、スキルのない30代にわざわざ高い給与を払ってまで採用しようと考える採用担当者はいません。

今はスキルのあるビジネスパーソンがフリーランスや業務委託として、スキルの対価として給与をもらっています。

そういった人と比較すると、スキルがない30代はより安価に済ませたいので、非正規雇用やパートタイムなど雇用形態が変わる場合があります。

スキルがない30代は、年下上司にあたる可能性がある

スキルがない30代が転職した場合、上司が年下になるケースがあります。

当然ですが、転職先では新入社員ですから実年齢は関係ないため、上司が年下になるケースも珍しくありません。

終身雇用制度が崩壊した今、年齢や勤続年数によって役職がつく訳ではなく、スキルによって昇給したり役職がつきます。

なので、スキルがある若手が上司となることはよくあるので、年上だからといって威張らず、新しいことをたくさん吸収する姿勢で仕事に取り組みましょう。

スキルがない30代が転職を成功させるために必要なこと

スキルがない30代が転職を成功させるために、以下のポイントを押さえておきましょう。

即戦力として使えるスキルがなくても、過去の経験が役に立つかもしれません。

転職エージェント末永 末永

転職は年齢の壁が高いのは事実ですが、何も挑戦せずに悲観的になるのはまだ早いですよ。

自己分析を通して自分のスキルを見つける

30代で転職したいと考えている方の中には「過去の経験や経歴に自信がない、自分にはスキルがない」と思い込んでいる方が多いです。

転職エージェント末永 末永

誰にでもこれまでの業務の経験を経て培ったスキルが必ずあります。


そのような自分の強みやスキルを見つけて、うまくアピールすることが転職において重要になります。

だからこそ自己分析でこれまでの業務の中で培った自分だけの強みやスキルを見つけて、別の業界や別の会社にも活かせるように言語化をすることが転職成功の秘訣です。

自己分析を進める際に、以下の質問を参考にしてみてください。

しっかり考えるべき5つの質問

  1. 今回なぜ転職活動を開始しようと思ったのか
  2. なぜ現職・前職を選んだのか。その際にはどういった基準で企業を選んだのか
  3. 転職先を選ぶ上で、どういった観点・方向性で企業・仕事を探しているのか。その理由
  4. 転職先の選定要件を3点あげるとしたら、それはなにか。またその理由
  5. 今回の転職で実現したいことはなにか

とはいっても、自己分析を1人でしていると答えが堂々めぐりになってしまったり、結局自分の潜在意識まで追求することができずに浅い答えで終わってしまうことが多々あります。

転職エージェント末永 末永

面接官もプロです。そのためその人自身が本当にそれを思って話しているか、自分を客観視できているかはすぐに見抜かれてしまいます。そこで自己分析は一度プロと一緒におこなうことをおすすめします。

手前味噌で恐縮ですが、マジキャリは、プロとのマンツーマンで徹底的な自己分析ができるキャリアコーチングサービスです。

相談者のこれまでの経験を徹底的に深掘り、その行動の背景にある思考や傾向を見抜き、言語化します。

そのため、自己分析を通して自分自身のことを把握できるだけでなく、それに基づいた自分にとって最適なキャリア設計をすることができます。

またマジキャリを運営するアクシスは、業界で唯一、転職エージェントも運営しているためキャリアに関する知見が豊富にあります。

そのため、転職活動の面接対策や面接で話せるキャリアプランの設計もプロと一緒におこなうことが可能です。

マジキャリはただいま初回面談無料キャンペーン中です。ぜひお気軽にご相談ください。

転職したいけどスキルがない30代におすすめ

  • マジキャリ
    自己分析を通じてあなただけのスキルの発見やキャリアプランの設計をサポート!

未経験でも採用されやすい業界・仕事に挑戦する

30代でスキルがないのであれば、比較的未経験でも採用されやすい仕事につくのも良いでしょう。

なぜなら、未経験でも採用されやすいということは特別なスキルが必要とされないケースが多く、働きながらスキルを身に付けたり資格を取れるチャンスがあるからです。

転職エージェント末永 末永

新卒でリクルートに入社し、これまで数千人の転職支援を行った私がおすすめする業界は以下です。

未経験でも採用されやすい業界・仕事

  • 営業
  • 販売
  • 事務
  • 介護 など

これらの職種は特別なスキルを必要としないかつ、人手不足な職種なため未経験でも採用を行なっているケースが多いです。

ただ、人手不足な業界というのは比較的ブラック企業が多いので注意してください。

たとえ、ブラック企業であったとしてもスキルをつけることができれば次の転職に望みをつなげるのですがスキルもつかないブラック企業の場合結局スキルがないと悩むことになるので、ありたい将来像からどのようなスキルが必要か、そしてそのスキルを得られる職場かを考えて求人を選定しましょう。

転職したいけどスキルがない 30代

転職条件をMUSTとWANTで切り分けて考える

30代はただでさえ転職活動が難しいので、MUST(必須条件)とWANT(理想条件)を切り分けて考えないといけません。

例えば、30歳で未経験職に転職したい場合、以下のように切り分けて考えることができます。

MUST

WEBマーケティングの実務経験

WANT

年収360万

スキルのない30代が転職する際に、あれこれと条件を上乗せするのは現実的ではないです。

自分の立ち位置を自覚して、絶対に譲れない条件と、ある程度妥協できる条件を分けて考えましょう。

現職でマネジメント経験を積む

30代でスキルがないけど転職したいと悩むのであれば、まず現職で身につけられるスキルはないか改めて考えてみましょう。

「すぐに転職できないなんて…」と思うかもしれませんが、先ほども申し上げたように30代こそスキルなしでは転職がかなり難しいのが現実です。

30代となるとマネジメント経験が求められるので、現職でマネジメント経験が積めないか、マネジメント経験を積むには何をすれば良いか上司に相談してみてください。

実務経験がなくても、異業種でのマネジメント経験があるかないかでも、転職成功率は変わりますよ。

プロに転職活動をサポートしてもらう

転職エージェント末永 末永

スキルのない30代はプロに転職活動をサポートしてもらいましょう。

何度も述べているように、転職市場において会社側は30代の求職者に一定以上の職務経験とマネジメント経験を求めます。

そのため20代の後半から未経験での求人は減り、30代ではかなり少なくなります。

40代ではほぼ不可能といってもいいほどに減少するのが現実です。

なので30代が仕事で自分のやりたいことを見つけることができる最後のチャンスになるのです。

転職エージェント末永 末永

30代の皆さんはこれから1日1日が重要になってきます。そこで「転職するか迷っている‥」「転職したいけどどうしたらいいかわからない」という人は一刻も早くマジキャリに相談してみてください。

というのも、30代が自分の現状と理想とのギャップを知り、難関の選考を突破する際に自己分析と選考対策が必要になりますが、マジキャリはその両方に強みがあるからです。

マジキャリではキャリアのプロであるコーチとの対話の中で自己分析をします。コーチが過去の経験や現在の思考を自然に引き出してくれるため、自分でも気付かないうちに潜在的な思いや理想像を言語化することができます。

転職エージェント末永 末永

自分を徹底的に深ぼるため、最終的に納得感のある理想像やキャリアプランが描ける上に、面接の場で自信を持って自分をアピールすることができるようになります。

さらに業界で唯一転職エージェントを合わせて運営しているキャリアコーチングサービスであり、社内に転職やキャリアの知見が豊富にあるため、転職活動の書類選考対策や面接対策もおこなってもらえます。

マジキャリでは初回限定無料面談をおこなっております。ぜひ一度お気軽にご相談ください。

何がしたいかわからない30代の人へ

スキルがない30代が転職できた事例

繰り返しますが、スキルがないけど30代でも転職は可能です。

ここでは、スキルがない中でも転職できた30代の事例をご紹介します。

人物 30代・男性

アパレル販売→リクルート系列会社


ビジネスコミュニケーションに苦手意識があり、結論から話せないことが多かったので話し方の練習を沢山おこないました。

また、面接では現職でどんな成果を出したのかを重点的に話すことで、成果にコミットできる人材という点をアピールしました。

人物 30代・男性

フィットネス受付→無形商材・営業職


前職では、職種柄「結果にコミットする」ような材料があまりなかったため、お客様のニーズを汲み取り、接客をした経験を熱量を込めてアピールしました。

このままだと、今後のキャリア選択が難しかったので、30代でキャリアチェンジをし、無形商材の営業職に挑戦します。

スキルがない30代が転職するときのNG行動

スキルがない30代は、転職できるか不安だからといって以下の行動をしないように気をつけましょう。

実際にやろうとしていないか、やっていないか照らし合わせて読んでみてください。

転職したいけどスキルがない30代が、とりあえず応募するのはNG

転職は、あなたの強みと会社のニーズが合致すれば内定、というお見合いのような仕組みに合っているので闇雲に応募しても意味がありません。

転職活動は戦略的に進めなければいけないのです。

とりあえず片っ端から応募しても、あなたの強みと会社が求めるものが一致しないと選考は通過しないので、お祈りメールが来るたびに落ち込んでしまいます。

また、書類一つにしても応募企業ごとに志望動機や自己PRを、その会社に合わせて多少変える必要があります。

なので、とりあえず応募しても、ひたすら落ちる上に労力が奪われてしまいます。

転職エージェント末永 末永

スキルのない30代がまずするべきことは自己分析で強みを言語化することです。

やたらめったら企業に応募するのではなく、「どんな強みがあるか」「強みを活かしてどんな企業で活躍できそうか」を考えた上で転職活動を進めないと難航してしまいます。

転職エージェント末永 末永

「自分に強みなんてない…」「どうせ自分なんて…」と不安に感じる30代も多いのではないでしょうか?

転職エージェント末永 末永

「転職したいけどスキルもないし不安」と悩む30代におすすめしたいのがマジキャリです。

マジキャリはプロがマンツーマンで自己分析をおこない、あなたの強みややりがい、価値観をもとにどのような仕事だと活躍できそうか?スキル開発ができそうか?を一緒に考えてくれます。

さらに書類添削や面接対策までしてくれるので転職活動に自信がない30代も安心です。

転職エージェント末永 末永

今なら無料面談をおこなっているので一度ご相談ください。

転職したい30代におすすめ

  • マジキャリ
    自己分析からキャリアプランの設計、内定獲得まで一貫サポート!

転職したいけどスキルがない30代が、とりあえず資格の勉強をするのはNG

スキルのない30代は、転職のためにとりあえず資格を勉強するのは時間が勿体無いのでおすすめしません。

医師や弁護士など資格が必要な専門的な仕事を除いて、転職において重要視されるのはどんな資格を持っているかではなく実務経験なので、資格の勉強はあまり意味がありません。

また、転職において年齢というのはかなり重要な指標であるということはこれまでお伝えしてきました。

一般的に資格の取得は30時間から4000時間程かかると言われています。

今日という日が1番若いのに、ただでさえ30代は年齢の障壁がある中で、時間をかけて資格の勉強をするのは得策ではありません。

また、転職市場において最も重要視されるのは経験のため、難関資格を除き資格を持っていても過度に評価を受けるということはありませんよ。

資格について知りたい人はこちらの記事も合わせて読んでみてください。

転職したいけどスキルがない30代が、友人・家族に転職相談をするのはNG

スキルがない30代は、プロではない友人や知人に転職相談をするのは控えましょう。

なぜなら、彼ら・彼女らは転職やキャリアのプロではないため、どうしても相手の価値観や経験に基づいたアドバイスしかできません。

例えば、「スキルがないけど転職できるのかな」という悩みに対して、転職市場のことをよく理解していないと「まだ30代で将来まだ長いし、それを考えたら若いから行けるよ!」といった想像のアドバイスしか来ない可能性があります。

スキルがない30代が転職するには、転職エージェントやキャリアコーチなど、プロに相談することをおすすめします。

「転職したいけど誰に相談すればいいかわからない」「転職相談先の選び方がわからない」と悩む人は、おすすめの相談先を紹介している以下の記事を参考にしてみてください。

【プロがぶっちゃけ】転職したいけどスキルがない30代での転職しやすい職種・業界の評価

ここでは、転職したいけどスキルがない30代がよく「転職しやすい」と言われてる業界や職種を解説します。

転職エージェントやキャリアコーチングを運営する、私末永がプロの視点で正直に解説していきます。

転職先として気になっている業界・職種があればぜひ参考にしてください。

営業職

転職エージェント末永 末永

もっともおすすめしたい職種は無形商材の法人営業です。

無形商材の法人営業とは、無形商材と呼ばれる形のない商品やサービスを法人に対して提案営業する仕事です。

不動産や電子機器などの有形商材と違って、無形商材は商材を見たり触ったりできないことが大きな特徴です。

具体的な無形商材の業界としてはIT・Web、コンサルや金融、広告、人材といった業界が挙げられます。以下は有形商材と無形商材、個人営業と法人営業の違いを図で表したものです。

有形商材 形のある商品・サービスを扱う
無形商材 形のない商品・サービスを扱う
個人営業 toC営業
法人営業 toB営業

基本的に転職市場では即戦力の人材が求められるのですが、営業職はそれ以外の専門職と比較するとキャッチアップするのが早く、本人の適性に左右される部分があります。そのため、多くの企業で未経験者も採用しています。

また、営業職はマーケティングやエンジニアのように専門的なテクニカルスキルは身につきにくいですが、コミュニケーション能力や課題解決力など、どの業界・職種でも横転して使えるポータブルスキルを身につけることができます。

ゆえに、無形商材の営業職はキャリア選択肢が多く、転職難易度もそこまで高いわけではないので、転職したいけどスキルがない30代にかなりおすすめの職種です。

こちらの記事では、無形商材の営業職について解説しているので、営業職についてもっと知りたい30代はこちらの記事もあわせて読んでみてください。

転職エージェント末永 末永

とはいっても再三申し上げているとおり、対策しないで合格するような甘い世界ではありません。

自分が何から始めるべきか、何をしたらいいのかわからない人はまずはプロに相談してみましょう。

自分の強みは何か、その業務でどう活かせるのか、どんなスキルを身につけたら市場価値が上がるのかを言語化し、30代の転職活動を手厚くサポートします。

転職したい30代におすすめ

  • マジキャリ
    キャリアコーチがあなたにあったキャリアプランの設計をサポート!

事務職

正直、事務職の正社員採用は少なく、転職難易度は高いのでおすすめしません。

安定のイメージがある事務職は女性に人気があり、希望する職種として真っ先に上がるのですが、正社員での採用は少なく転職するのは難しいです。

現在、転職市場は売り手市場と言われていますが、事務職に限って言えば買い手市場であることが現実です。

企業は事務職に専門性の高いスキルは求めておらず、採用した人材に大きな成果や実績を期待していない会社が多いのです。

基本的に人材を採用するということは、その人が成果を出し、会社の利益に繋げることを期待しています。例えば、営業職なら営業をすることで商材が売れ、結果として会社の収益アップに繋がります。

しかし、事務職はサポート業務を担当するため、直接収益に繋がるような業務はほぼありません。

さらに事務職を正社員で採用するのはコストもかかってしまうため、派遣で人材を補っている企業が多いのが実情です。

事務職についてこちらの記事でも解説しているので、気になった人はぜひ参考にしてみてください。

サービス・販売職

サービス・販売職は専門的なスキルは必要とされず、コミュニケーション能力や臨機応変に対応するスキルが求められるので未経験でも転職は可能です。

厚生労働省の「一般職業紹介状況(令和5年4月分)」によると、サービス業の有効求人倍率は2.82倍となっており、人手不足が深刻な業界・職種の一つです。

確かに未経験でサービス・販売職への転職は売り手市場なのでハードルが低いですが、その分、過酷な労働環境や不規則な休みなどで長期的に働くことが働くことも問題視されています。

将来やりたいことや目的の手段としてサービス・販売職へ転職し経験を積むのであれば問題ないですが、「転職しやすいから」という理由での転職は中長期的に将来活かせるスキルや経験を積みにくいので、あまりおすすめできません。

配送・流通業界

配送・流通業界は慢性的に人手不足が続いており、転職難易度は低いです。

注意したいのが、転職難易度は低くスキルのない30代でも転職すること自体は可能ですが、転職のプロとしておすすめはできません。

国土交通省の「物流を取り巻く動向について」では、年々EC市場が拡大していることがわかります。

EC市場の拡大により、ドライバーの需要が高まりましたが、人手不足問題が解消されないまま宅配便や配送物の量の増加は右肩上がりのため、転職後も慢性的な人手不足問題にぶつかってしまうでしょう。

転職すること自体は可能ですが、「入ってからのキャリアはどうするか?」「次転職する時にどのようなスキル・経験を活かせるか?」という観点で見た時におすすめの業界ではありません。

建設業界

建設業界も忙しさが原因で慢性的な人手不足に陥っています。

スキルのない30代でも転職は可能ですが、他の業界と比較した時に薄給だったり、体力を求められたりと厳しい業界といえます。

JAGフィールド株式会社が建設業界に従事している男女に対しておこなった「働き方への満足度調査」では、7割近くの人が転職を検討したことがあると回答しています。

また、どのような時に転職を検討したのかTOP3は以下のような結果でした。

給料が上がらない時 27.8%
休みが取れない時 25.8%
人間関係に煩わしさを感じた時 25.1%

出典:【建設業界1,086人に満足度調査を実施!】転職検討者は68.2%と判明!転職を検討している理由とは…!?

建設業から転職を考える背景や動機は人それぞれですが、実際に筆者がこれまで転職支援をしてきた中で、建設業から転職を考える人の背景には以下のような傾向がありました。

建設業からの転職を考える人の背景

  • 仕事のストレスや疲れが長期的に続くため、バランスの良い生活を送りたいと考える人
  • 建設業は現場が多く、外出が多いため、家族やプライベートに影響を与える人
  • 専門性やスキルアップの観点から、他の業界に興味を持つ人
  • 建設業の給与水準や待遇が他の業界に比べて劣っていると感じる人

スキルがないけど転職に成功する30代後半の特徴

今まで数千人の転職・キャリア相談に乗ってきた私、末永がどのような人であれば転職に成功するか解説していきいます。

ぜひあなた自身と照らし合わせて参考にしてみてください。

徹底的な自己分析をしている

徹底的な自己分析をおこない、自分の強み・弱み・やりがい・苦痛を言語化できている30代は転職活動を成功させることができます。

というのも、転職活動というのは企業と転職者のマッチング作業なので、転職者が自分のアピールポイントや強みをしっかり言語化できているかというポイントが重要です。

30代の転職はすでに働いた経験があるかと思うので、現職までの仕事の経験を棚卸して、言語化し、転職理由を洗い出しましょう。

30代が自己分析で明確にすべきこと

  • 自分に合った環境や仕事
  • やりがいや苦痛
  • 強みや弱み
  • 現職を辞めようと思っている理由

転職エージェント末永 末永

自己分析をしなくても転職活動はできますが、30代は自己分析をしないと大失敗する可能性が高いです。

自己分析のやり方がわからないというまま、なんとなく自己分析をして、転職活動を進めるとミスマッチに繋がります。

転職エージェント末永 末永

「絶対に転職に失敗したくない!」という人は中でもマジキャリというキャリアコーチングサービスに相談することをおすすめします。

マジキャリでは、これまでの多くの人のキャリア相談に乗ってきた知見をもとに、プロのコーチがその人の適性や思考の癖を客観的に判断してくれます。

そして、それを元にキャリアの設計をしたり選考対策をすることができるため、自己分析で見つけた自分のスキルをアピールし、間違いのない転職活動をすることができます。

転職エージェント末永 末永

次項で取り上げますが、徹底的に自己分析をすると、これまで曖昧だった転職目的を明確にアピールすることができるようになるため、より転職成功する確率が高まります。

初回面談は無料で実施中です。ぜひお気軽にご相談ください。

おすすめのキャリアコーチングサービス

  • マジキャリ
    自己分析を通して、理想のキャリアの実現や転職活動をサポート!

明確な転職目的がある

すでにキャリアプランをしっかり作り込んでおり、「将来こうなるために、この会社で⚪︎⚪︎の経験を積みたい」という明確な転職目的があれば、スキルのない30代でも転職を成功させることができます。

もちろん、現状への不満は大事です。

しかし、厳しいことを言うようですがそれだけで転職すると「逃げ」の転職活動になるので、転職の動機が「現職の不満」だけだと絶対に失敗します。

というのも、現状の苦痛から逃げようとすると、今の会社とは真逆の業務内容や会社に走ろうとするからです。

たとえ真逆の業務内容や会社に転職したとしても、今までの経験を活かすことができなかったり、また新たな不満が発生するリスクが高いです。

中長期的に市場価値を上げつつ、生き生きと働くことができないので「転職成功」とは言えません。

スキルのない30代で転職を成功させたいのであれば、将来のゴールやゴールのための具体的な行動を言語化し、キャリアプランを設計しましょう。

転職したいけどスキルがない30代におすすめの相談先

ここでは、転職したいけどスキルがない30代むけに頼るべき相談相手をおすすめ順に紹介します。

どこが自分に合っていそうか、どこであればより転職の成功率を上げられそうか考えてみてください。

スキルがない30代には、キャリアコーチングがおすすめ

転職したいけどスキルがない30代に最もおすすめなのがキャリアコーチングです。

キャリアコーチングとは、専任のコーチとマンツーマンで面談をおこない、自己分析をしたり、自分のキャリアについての悩み相談やキャリア設計をしてもらえるサービスです。

キャリアコーチングがおすすめな理由は、30代の転職では「即戦力になれるかどうか」が問われるためです。

30代での転職を成功させるには、どれだけ自分が即戦力として活躍できるかをアピールすることが大事になってきます。

転職エージェント末永 末永

転職エージェントなどのサービスでは内定までの転職サポートはあリますが、自己分析に対するサポートは手厚くありません。


それに対してキャリアコーチングでは、自己分析から選考対策までそれぞれにあったプランで手厚くサポートしてくれます

以下の記事ではキャリアコーチング12社を徹底比較し、どんなサービスがおすすめか紹介しているのであわせて読んでみてください。

転職したいけどスキルがない30代は、転職エージェントがおすすめ

転職エージェントに登録することで、たくさんの求人を紹介してくれます。

求人選定や書類作成など、エージェントを頼ることで一人でやるよりスムーズに進めることができますよ。

ただ、転職エージェント・人材紹介会社を選ぶ上で最も重要なのは、自分と相性の良いキャリアアドバイザーと出会えるかどうかです。

他サイトの記事では、求人数やサポート内容で優秀な転職エージェントを選ぶべきと書いてある場合もありますが、どの転職エージェントを選んでも結局は担当者次第です。

サービスとしての評判は良かったとしてもサポートするのは人なので、そこにはスキルの差や個人同士の相性が存在します。選ぶべきは転職エージェントではなく、キャリアアドバイザーだということです。

転職エージェントの選び方について、以下の記事に詳しく書いてあるので気になった人はあわせて読んでみてください。

転職したいけどスキルがないと悩む30代へ

転職したいけど、30代でスキルがないから自分は転職できないと諦めてませんか?

「スキルがないから転職できない?」

「もう手遅れなんじゃないか?」

と不安に感じている方は多いと思います。

転職エージェント末永 末永

実際にスキルがない30代の転職は厳しいという現実があります。


なぜなら30代の転職は即戦力で採用されるため、これまでの経験やスキルが見られます。

転職エージェント末永 末永

だからこそキャリアのプロの力を頼るべきということです。

プロの力を頼ることで、一人では難しいキャリアの棚卸をおこない、ポータブルスキルの発見のサポートをしてくれます。

スキルがない30代の転職は、まずは過去の経歴を振り返って、何ができるのかを明確にすることから始める必要があります。

ただ、一貫してお伝えしたいのが、誰にでもこれまでの業務の中で培った強みやスキルが必ずあるということです。

転職エージェント末永 末永

転職がうまくいく人とうまくいかない人の違いは、自分の強みやスキルに気付くことができているか、気付くことができていないかです。

キャリアコーチングは、自己分析を通じてキャリアの棚卸やあなたの強みを見つけ、転職活動までサポートしてくれるサービスです。

キャリアコーチは、元採用担当者、元転職エージェント、キャリアコンサルタントといったキャリアのプロが揃っているので、企業は求職者に対して何を求めているのか、どういうアピールをしたら良いかなどアドバイスをしてくれます。

30代の転職は自己分析を通じて「あなたの強み」「できること」を明確にした上で、その強みやできることを求めている企業とのマッチングを戦略的に行う必要があります。

そこで、自己分析にかなり力を入れているマジキャリというキャリアコーチングサービスをおすすめします。

マジキャリは、転職活動を行う上で自己分析は必要不可欠と考えているので、他のキャリアコーチングサービスと比較してもかなり自己分析に注力しています。

  マジキャリ 他社
回数 6回 3回
1回あたりの時間 1.5時間 1時間

しかし、30代の転職の難易度が高いからこそ、マジキャリの予約が殺到しています。

そのため、30代の自己分析を得意とするコーチの枠がすぐに埋まってしまうのが現状です。

転職エージェント末永 末永

ただ、この記事をここまで読んでくれたあなたは、この記事から無料面談を予約することで、30代特化のコーチを優先的にご案内します。

コーチを優先的にご案内できるのは1日15名までなので、気になった人はお早めにお問い合わせください!

下のオレンジボックス「マジキャリに相談する」から無料面談の予約ができます。

マジキャリ

転職を前提としないキャリアコーチングサービス
徹底した自己分析からキャリアプラン設計まで、圧倒的な価値を提供します!

ポイント

  1. 徹底した自己分析やキャリアの棚卸し
  2. 中長期的なキャリアプランの作成
  3. 自社の基準を満たしたキャリアのプロのみ対応

マジキャリに相談する

転職したいけどスキルがない30代によくある質問

人物 相談者

転職したいけど、何がしたいかわかりません。

転職エージェント末永 末永

転職したいけど、何がしたいかわからない人は以下の3点を考えていてください。

転職したいけどスキルがない人は以下を考えるべき

  • 興味のある仕事を絞り込む
  • 仕事内容からやりがいを見出す
  • 自己分析をおこなう

転職で何がしたいかわからない、やりたい仕事がわからない人は、自分が幸せになるための仕事選びをすると良いです。

この際に仕事選びにおいてのズレ、誤解があると、余計に悩んでしまいキャリアのミスマッチを生んでしまいます。

そうならないために大切なのは「仕事とは何か」をきちんと認識しておくことです。

人物 相談者

30代で必要なスキルは何ですか

転職エージェント末永 末永

30代は必ずマネジメントスキルが要求されます。

マネジメント経験がない人は、最低限、まずは今持っているポータブルスキルを見つけることから始めましょう。

人物 相談者

30代での転職は手遅れですか

転職エージェント末永 末永

30代前半であれば、まだ間に合いますが、そう簡単なことではないことを覚悟してください。

冒頭でもお伝えしましたが、転職において年齢と年齢相応の経験が求められます。

なので、30代で年齢相応のスキルや経験を積んでいる人はそこまで難しいわけではないですが、経験・スキルに不安を感じる人はキャリアコーチングなどプロに相談してみましょう。

転職において自己分析は必要不可欠なので、不安な人は以下の記事も読んでみてください。

line

line

  • マジキャリ