ブリヂストンへ転職!押さえておきたい8ポイント

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永雄大です。

日本のメーカーは、海外に進出し技術力を評価されているメーカーが多いですよね。今回は自動車関連のタイヤで高い評価を得ている「ブリヂストン」へ転職を検討している人向けに「ブリヂストン」への転職ノウハウをレクチャーしていきます。

ブリヂストンって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

ブリヂストンは乗用車用、トラック・バス用、建設・産業・農業車両用、航空機用/二輪自動車用のタイヤ・チューブを製造・販売するメーカーです。2016年6月現在、世界26カ国に180以上の生産・開発拠点を持ち、150以上の国々で事業を展開しているグローバルな企業です。

ワールドワイドな働きに長く従事していた津谷 正明氏が取締役代表執行役CEO兼取締役会長ということもあり、今後ますます全世界に向けて事業を展開していくことが予見されます。

→【PR】20代や第二新卒でブリヂストンへの転職を検討しているなら、マイナビエージェント(20代・第二新卒の求人情報が豊富にある転職エージェント)への登録して転職相談をしましょう。

ブリヂストンの直近の業績や今後の事業課題

売上高が3兆円代で横ばいの推移を続けています。原材料の調達費が利益を左右するので、どう安定的な原材料の確保を行うかが課題になっています。良くも悪くも安定した利益を上げ続けています。品質にこだわっていることも課題の1つと捉えることが出来ます。

ブリヂストンは最高品質の製品を世に送り出そうという理念の元発展してきた会社ですが、同業他社と比較した時に価格面で競争力が弱く、価値提供が出来ていないと経営陣は明らかにしています。なので事業の効率化や、新技術開発やブランディング戦略に注力していくことで市場競争力の増強を図るとしています。

→【PR】ブリヂストンへの転職は、リクルートエージェントに転職申し込みをしてから進めることをオススメします。

ブリヂストンの仕事内容・職種

事務系と技術系に分かれています。

事務系

事務系は営業職と本社機能のバックオフィスとに分かれています。

営業職

営業職は自社製品のマーケティング戦略の構築、販売促進が仕事内容です。購買も存在し、タイヤの生産に必要な原材料の買い付けを行っています。

技術職

技術職は研究分野と生産分野に分かれています。研究分野はどうすれば、より環境に配慮したタイヤを作れるかを研究するのが仕事内容です。生産分野では、実際に工場で自社製品を製造するための機械を設計したり、製造に携わります。

→【PR】20代や第二新卒でブリヂストンへの転職を検討しているなら、マイナビエージェント(20代・第二新卒の求人情報が豊富にある転職エージェント)への登録して転職相談をしましょう。

ブリヂストンの仕事のやりがい

品質を重視する企業なので技術系の方が多く、自分が立てた仮説通りの性能を製品が発揮した時にやりがいを感じるようです。ブリヂストンは常に業界で最高品質を届けるということを命題にしている企業なので、タイヤの開発に特にこだわっている人が働いている印象を受けました。

→【PR】ブリヂストンへの転職は、リクルートエージェントに転職申し込みをしてから進めることをオススメします。

ブリヂストンの評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

あらゆる分野でダントツになること。これが社風と言えます。なので、ワールドワイドに活躍出来る人材が集まっています。業界のリーディングカンパニーとしてのプライドを持って働いているエンジニア気質の人が多いようです。ブランドイメージが重要な業界なので、コンプライアンスについては敏感になっているようで、顧客の声をしっかりと反映させた部署に優秀な人材を集めるカルチャーがあります。良くも悪くも日系企業と言える文化が根ざしているようで、大企業病とも言える意志決定の遅さや縦割りが今も残っており、そこに不満を持つ書き込みが見られました。

ブリヂストンの面接・SPIなど選考難易度

事務系営業職の場合面接では特に変わった質問をされることはなく、一般的な内容を問われるようです。志望動機や、前職でどのようなことをしてきたかを整理しておく程度でいいでしょう。

技術職になると業界知識についての質問もありました。ブリジストンはかつてF1にタイヤを提供していました。その時の代表担当者の名前を聞かれたり、前社での研究内容とブリジストンでの研究との関連性を問う質問があったという書き込みがありました。

ブリヂストンの年収相場(給与)は?

35歳で800万円前後と言われています。給与体系は年功序列制で、社歴によって徐々に昇給していくシステムです。様々な自動車メーカー相手にタイヤを販売しているので、これから大きな成長もなければ大きな下落もない給与と言えます。

ブリヂストンに転職をするには?

ブリヂストンへの転職は、大手の転職エージェントか、中小エージェントに非公開求人として、依頼する事があります。

またブリヂストンへの転職は、コーポレートサイトから直接申し込むことも可能ですが、その後のキャリアプランを一人で考えるのはミスマッチが起こる原因でもあります。仮に転職に自信があったとしても、転職エージェントは無料でサポートをしてくれるので、受けた方がいいでしょう。また自分一人では面倒な面接の日程調整や対策など様々なことしてくれるためマイナスにはなりません。

オススメの転職エージェントは、現在の年齢や転職サポートに求めるもので変わってはくるのですが、まずは今回紹介をする2社は見ておくべきです。

20代や第二新卒の人でブリヂストンへの転職を検討しているなら、「マイナビエージェント」と「リクルートエージェント」は外せません。2社とも転職業界で大手企業で、求人数など多くの企業を揃えています。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、優秀なキャリアコンサルタントに出会うためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきだと考えています。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

まずはここに登録すべし!定番エージェント!

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25