老健に転職を検討する看護師の知っておきたいポイントとは?

  • !

老健に転職を検討する看護師の知っておきたいポイントとは?

    看護師が転職できる介護施設としてまず候補に挙げられることが多いのが、老健(介護老人保健施設)です。

    そこで今回は、老健で働く場合の看護師の仕事内容や平均年収、特養との違いを解説します。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

老健の看護師の仕事内容・やりがい・大変なこと

転職を検討している看護師の中には、介護施設への転職を検討する人も増えてきています。そんな看護師が転職できる介護施設の候補に挙げられるのが、老健(介護老人保健施設)です。

ここでは、以下の4つについて説明します。

老健とは

老健とは、介護保険を使って利用できる施設型の介護サービスのひとつで、何らかの理由で自宅での生活が困難になってしまった高齢者が入居することが多いとされています。

その目的は在宅に戻るためのリハビリとされていて、怪我や麻痺のある人にはリハビリをおこなって自宅である程度自立した生活ができるように援助していきます。

似たような施設型の介護サービスである特養は、何らかの理由で自宅で生活できなくなった人が長期的に入所するための施設です。

それに対して老健は在宅に戻ることを前提としているため、2ヶ月から3ヶ月など短期的な入所期間となっているところが特養との違いになります。

老健の看護師と特養の看護師の仕事内容の違い

老健で働く看護師がおこなう主な仕事内容としては、施設に入所している高齢者の健康管理と薬の管理が挙げられます。

また、褥瘡などの創傷がある入所者には入浴後などに創部の処置をおこなったり、経管栄養や留置カテーテルなどのカテーテル関連の管理、必要に応じて点滴や注射などの処置をおこなうこともあるようです。

老健の看護師と特養の看護師の仕事内容の違いは以下のようになります。

老健の看護師

  • 在宅復帰を目指した看護を提供。
  • 夜勤をすることがある。

特養の看護師

  • 最期まで施設で穏やかに過ごしてもらうことを目的とした看護を提供。
  • 夜勤をすることはなく、オンコール対応をする。

このような看護に関する考え方は、それぞれの施設で異なるので自分の考えやおこなっていきたい看護を踏まえて選ばなければいけません。

介護施設の種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

老健の看護師のやりがい

老健で働く看護師にとってのやりがいは、介護施設の中でも看護師のスキルを発揮することができる点入所していた高齢者が在宅に戻って生活することができる点が挙げられています。

一般的に介護施設での看護師は看護業務よりも介護業務が多く、看護師のスキルを発揮できないケースも多く見受けられます。

看護師としてのスキルアップは望めないものの、介護施設の中でも看護業務をしっかりすることができる点はやりがいにつながることが多いようです。

また老健は他の介護施設と異なり、最終的には在宅に戻るように支援していくことが目的の施設です。

このため一般の病院と同じように状態が改善した入所者は自宅に戻ることができるので、自分たちの看護や支援が入所者の在宅復帰に繋げられる点にやりがいを感じる看護師は向いていると言えます。

老健で看護師が働いていて感じる大変なこと

その一方で、入所者の入れ替わりが激しいためにゆっくり関わることができない点夜間に医師がいないので判断が難しい点が大変だ、辞めたいという人が多く見受けられます。

老健は長期入所ではなく短期入所の介護施設であり、病院に入院している患者よりも短期間で入れ替わっていきます。

このため一人一人の入所者にゆっくり関わる時間がなく、入所者の入れ替わりがあるたびに慌ただしい状況があるようです。

また老健では看護師が夜勤もおこなうのですが、病院と違って夜間は医師が常駐しているわけではありません。そのため入所者の体調に異変があった時にすぐに医師の指示が仰げず、対応が難しいところも大変だと言います。

老健の看護師になるには

老健の看護師になるには何か資格がいるのかなど、気になる人も多いと思います。ここでは、老健に新卒で働くことができるのか、准看護師と特定看護師はどうなのかを解説していきます。

看護師の資格があれば、新卒からでもなれるの?

看護師免許を取得したばかりの新卒の人でも、老健で働きたいと考えている人はいますよね。老健によっては新卒及び第二新卒でも募集・採用してくれるところはいくつかあります。

そのため、必ずしも新卒だから老健では働けないわけではありません。ただ老健は医療の場ではないため、施設によっては医療行為がほとんどおこなわれないところもあるようです。

そのような施設だと看護技術や知識を身につけることが難しいので、新卒看護師として老健で働きたいと考えている場合はどのようなキャリアを積んでいくのかという将来像も踏まえてある程度の心構えが必要になります。

准看護師でも老健で働くことは可能なの?

老健は正看護師でなければ働くことができないと思われがちですが、准看護師であっても問題なく働くことが可能です。

とくに病院などの医療機関での経験があれば、准看護師でも歓迎されることが多い傾向が見受けられます。

もちろん新卒の准看護師でも働くことは可能ですが、新卒の正看護師で働く場合と同様にある程度の心構えが必要となります。

介護施設で働くなら、特定看護師の資格を持っていると有益

介護施設において看護師の資格を持っている人はとても重宝される傾向があるのですが、特定看護師の資格を取得しておくことは有益であると考えられています。

理由としては、特定看護師は医師または歯科医師の判断を待たずに一定の診療補助をおこなうことができるためです。医師が常駐していない老健では入所者の体調に異変が起きた時、看護師に判断を要求されることが少なくありません。

そのような時に医師の指示を待たずに素早く判断して医療処置をおこなうことができる特定看護師であれば、緊急を要する事態でもスムーズに対応しやすくなります。

このため老健などの介護施設では特定看護師のスキルが役立つことが多いため、転職する前に取得を検討しておくことがおすすめです。

転職エージェント末永 末永

老健への転職を考えている人は看護師に特化した転職サイトを利用して求人を探すことをおすすめします。

リクナビネクストやマイナビ転職といった一般の転職サイトでは老健への求人情報が少ないので、看護師専門の転職サイトを利用した方が自分に合った求人を多く見つけることができます。

また、転職サイトを利用すると専門のアドバイザーがあなたの希望に合わせた求人を紹介してくれるので、転職した後のミスマッチも防ぐことができます。

看護師の転職に特化したサービス

老健の看護師のメリット・デメリット

老健の看護師の仕事はやりがいが多いものの、デメリットも存在します。ここからは、老健の看護師として働く際のメリットとデメリットについて解説します。

メリット

老健で働く看護師のメリットとして以下のようなことが挙げられます。

メリット

  • 介護のスキルや知識が身につく
  • 残業やオンコールの頻度が少ない
  • 日中、医師が常駐している

老健は介護施設なので、看護師は看護業務だけではなく介護業務にも携わります。そのため、介護のスキルや知識も身につきます。

また、急性期のような忙しさや緊急対応も少ないので、残業やオンコールの頻度も少ないこともメリットです。

他にも夜間は医師が常駐していませんが日中は常駐しているので、緊急の場合でも医師の指示を仰ぐことができて安心できる点は介護施設が初めてだという看護師や、新卒の看護師など緊急時の対応に慣れていない人にとっては大きな魅力ですよね。

デメリット

老健で働く看護師のデメリットとして以下のようなことが挙げられます。

デメリット

  • 看護師としてのスキルアップができない
  • 最新の技術を学べない
  • 入所者とじっくり向き合えない
  • 介護士との連携・コミュニケーションが難しい

老健は、在宅復帰のための短期入所を目的とした介護サービスの施設です。そのため医療処置をおこなう回数は病院と比較するとどうしても少ないですし、医療や看護の最新技術や知識が入ってきにくい傾向があります。

そうなると看護師としてのスキルは活かせても、今以上のスキルアップが難しいところがネックですよね。また、短期入所が基本なので入所者の入れ替わりが激しいことから、じっくり向き合って看護していきたいという人にはデメリットとなっています。

他にも、老健などの介護施設は介護士との連携やコミュニケーションが欠かせないのですが、介護士と看護師の線引きがあいまいになっている職場などでは人間関係のトラブルが起きることもあるようです。

その結果「介護士との連携・コミュニケーションが難しいことがある」デメリットも見られるので、職場の人間関係を確認しておくことが必要となります。

老健の看護師の平均年収は約450万円〜550万円

2020年7月10日時点の医療ワーカーの「全国の看護師の平均年収」によると、看護師の全国的な平均年収はおよそ518万円とされています。

ナースのRGENTの「ナース転職マガジン」によると、老健で働く看護師の平均年収は約450万円〜550万円です。

夜勤の有無によって異なることはありますが、夜勤がある場合は、病院勤務とほぼ変わらない年収(給料)になります。

しかし、夜勤手当やオンコール手当てが病院と比較すると低く設定されている老健が多いため、年収(給料)が下がってしまうこともあります。

看護師の年収(給料)について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もおすすめです。

老健の看護師と特養の看護師どちらが働きやすい?

老健の看護師と特養の看護師は、仕事内容に大きな違いはありません。そしてどちらの看護師にも、高齢者が好きであることが向いている条件として重要ですよね。

その上で老健の看護師に向いている人の特徴として、病院経験があって医療処置をしっかりやっていきたい人が挙げられます。老健は介護施設の中でも意外と医療処置が多いため、看護業務をしっかりこなしていきたいと考えている人に向いている環境です。

逆に医療処置をあまりしたくないと考えている場合は、特養のほうが働きやすいと言えます。

他にも夜勤でお金を稼ぎたい人は老健の方が条件に合っていますし、夜勤をせずにじっくり入所者と向き合いたい人は特養の看護師が向いています。

老健の看護師に転職するには転職サイトがオススメ

老健の看護師への転職活動には転職サイトを利用して専門のアドバイザーに相談することがおすすめです。

本来、自分1人でおこなわなければならない希望に合う求人探し、希望する医療施設とのやりとり、面接対策、雇用条件の交渉などをサポートしてくれます。

とくに医療業界の転職に特化した転職サイトは、看護師の転職に関するノウハウを豊富に持っているので、利用すれば頼もしい存在になることは間違いないでしょう。

ただ、転職サイトによって求人の量やサポートに違いがあるので、2〜3社に複数登録し、最終的に1番良いと思った1社に絞り込むと効率よく転職活動を進めることができます。

看護師さんにおすすめの転職サイト

看護師の転職実績No.1!「地域担当制」で希望エリアに詳しいアドバイザーがサポート

ナース人材バンク

ポイント

  1. 看護師転職の支援実績は年間10万人以上!
  2. 日本全国の求人を網羅し、各都道府県の担当キャリアパートナーがサポート
  3. 病院以外の働き方や今後の看護師としてのキャリアについても相談可能

ナース人材バンク
に相談する

6万件以上の求人数を保有!
全国の求人を取り扱い。

看護のお仕事

ポイント

  1. LINEで気軽に相談可能
  2. 職場環境の情報収集に強みあり。長く働ける職場を探したい人におすすめ
  3. 情報収集だけでも利用可能

看護のお仕事
に相談する

復職ナース応援宣言!
看護師転職ランキング顧客満足度第1位!

ナースではたらこ

ポイント

  1. 登録者限定で非公開求人を紹介
  2. 日本最大級の医療機関の情報量
  3. 2022年オリコン顧客満足度調査の顧客満足度第1位

ナースではたらこ
に相談する

看護師の転職に役立つ関連記事

転職を目指す看護師におすすめの関連記事を載せておきますので、こちらも合わせて参考にしてください。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント