クリニックで働く看護師に転職するには?仕事内容や年収なども解説

  • !

クリニック看護師転職

    看護師の職場としてクリニックはよく話題に上ります。転職先としても選ばれることが多い施設の1つですが、どのような魅力があるのか解説していきます。

    また、転職をするときにクリニックを選ぶメリットやデメリットを紹介します。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

クリニックで働きたい看護師は多い

クリニックは看護師が転職しようと思ったときによく注目されている職場です。入院設備を持っていないところがほとんどで、すぐにその場で対応できる範囲での診療をしているのが特徴です。

そのため、クリニックで働くと病院のように夜勤や休日出勤が必要なく、日勤のみの待遇で働ける魅力があります。

また、診療日通りの勤務日程になるのが基本で、休診日には安定して休みを取れるのが一般的です。希望すれば土日に休みを取らせてくれるクリニックも多いことから、プライベートの時間を充実させやすいのがメリットです。

それでも給料の水準は他の職種に比べると決して低くはないことから人気が高くなっています。

一方で、安定して働きやすい環境が整っていることから、クリニックで働く看護師は勤続年数が長めです。クリニックでは大病院ほど大勢の看護師を必要とせず、増員するケースもあまりありません。

そのため、求人が出るときには基本的には欠員補充になっていて、辞める人が少ない影響であまり求人がないのが実態です。求人が出たときには狙っている看護師が多いこともあってすぐに埋まってしまうのが一般的です。

看護rooでクリニックの求人を見る

クリニックで働く看護師の仕事内容・やりがい・大変なこと

クリニックで働く看護師は辞める人が少なく、求人も少ないと言われています。そんなクリニックで働く看護師の仕事内容など気になる人もいると思います。

ここでは、以下の3つについて説明していきます。

クリニックで働く看護師の仕事内容

クリニックで働く看護師の仕事内容は外来診療における医師の補助が主になります。初診の患者の問診をしたり、通院患者の注射や点滴、採血と検査をしたりする毎日になるというのが一般的です。

スケジュールとしては診療開始時間の30分から1時間前に出勤して備品の補充やカルテの整理をおこない、診療受付の開始と共に診療補助を始めます。

診療補助の合間を縫って電話などの問い合わせに対応したり、カルテに記入をしたりするのが通例です。

そして、午前の診療が終わったら休憩をしてまた午後の診察開始の30分程度前から備品やカルテの準備をします。

診療補助の業務を続けていき、午後の診察も終わったらその日のうちに記入すべき書類を一通り書いて1日が終わるというのが一般的です。

クリニックで働く看護師のやりがい

看護師がクリニックで働くやりがいとして、医師とも患者とも距離が近いことが挙げられます。医師と密接にコミュニケーションを取りながら診療補助をすることができるので、きちんと連携して診療に寄与しているという自覚が生まれます。

また、患者からも気軽に話しかけてもらえることが多く、1人1人の考えに寄り添った医療サービスを提供できるのが魅力です。

患者に街中で出会って挨拶されることも多く、地域社会に愛されるような仕事をしたいという気持ちも生まれます。

クリニックで働く看護師の大変なこと

クリニックには大変な面も決して少なくはありません。看護師の人数は少ないので診療補助だけでもかなり幅広いスキルを要求されます。

「業務の種類が多くて混乱してしまって大変だった」という口コミもあるほどで、臨機応変にやるべきことを順序良くこなしていける能力が求められます。

また、人間関係についての悩みもしばしばあるので注意する必要があります。「傲慢な医師との付き合いが大変」「少人数でずっと同じ空間にいるので人間関係が壊れたら困ると思うとストレスがあります」といった口コミも目立ちます。

職場のメンバーに合うかどうかが気分よく働けるかを大きく左右する要素なのです。

クリニックの看護師になるには

クリニックの看護師になるには必要なスキルや経験を身につけて求人を探し出して応募することが必要です。その上で押さえておきたいポイントを紹介していきます。

まず重要なのはクリニックにも色々な診療科があり、その選び方によって求められるスキルにも違いがあります。典型的な診療科としては以下のものが挙げられます。

  • 一般内科
  • 消化器内科
  • 耳鼻咽喉科
  • 皮膚科
  • 整形外科
  • 呼吸器内科
  • 泌尿器科
  • 美容外科
  • 美容皮膚科
  • 産婦人科

どのクリニックでもその診療科の看護師に求められる広いスキルを持っている人材を探しています。病院と違って高度な医療機器を使える必要はないものの、診療や検査によく使われる医療機器は使いこなせることが必要です。同一の診療科での外来対応の経験が豊富な看護師ほど重宝されています。

また、心理カウンセラーなどの患者対応のためのスキルを持っていると高く評価してもらえることがよくあります。

他にも、クリニックでは即戦力を求めているということも念頭に置いておく必要があります。クリニックでは病院のように大勢の看護師を雇っているわけではないためのプリセプター制度のような教育システムを整えるのが困難です。

看護師の数も必要最小限に抑えられていることから、現場で教えながら働いてもらうということが難しく、即戦力でないと足手まといになってしまいます。

ただ、大手医療法人のクリニックでは新卒の教育体制を整えていることがあり、新卒や第二新卒程度であれば採用してもらえることもあります。資格の優劣よりも戦力かどうかを重視する傾向が強いので准看護師でも歓迎しているクリニックが多くなっています。

クリニックで働く看護師の平均年収は496万円

2020年7月17日時点の医療ワーカーの「全国の看護師の平均年収」によると、看護師全体の平均年収は518万円という統計データがありますが、クリニックの場合には496万円でやや低めになっています。

平均年収
クリニック 496万円
訪問看護 572万円
病院 549万円
企業 535万円
介護施設 501万円

月収に換算するとボーナスを考慮しなければ41.3万円、ボーナスが4ヶ月分出るとすると月収が31万円でボーナスが総額124万円になります。

なお、年収について見てみると病院では549万円、訪問看護では572万円、介護施設では501万円、企業では535万円です。他の施設と比較してみると比較的給料は低い水準にあることがわかります。

看護師の年収について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

診療科別平均年収

2020年7月10日時点の医療ワーカーの「全国の看護師の平均年収」によると、診療科別平均年収は以下のようになります。

診療科 平均年収
産婦人科 592万円
美容皮膚科 578万円
呼吸器内科 569万円
循環器内科 562万円
消化器内科 560万円
一般内科 541万円
アレルギー科 538万円
精神科 533万円
小児科 532万円

ただ、診療科による違いもあります。もっとも典型的な一般内科のクリニックは給与水準が低めになっています。それに比べると循環器内科や消化器内科、呼吸器内科は高めの水準です。産婦人科や美容皮膚科はとくに年収が高めになっているので魅力です。

逆に精神科、小児科、アレルギー科などは一般内科と同等かやや低い水準になっています。あくまで平均的な傾向ではあるものの、クリニックの診療科を選ぶときに参考にしてみてください。

クリニックで働くデメリットはある?

クリニックではワークライフバランスを重視しやすいのはメリットですがデメリットもないわけではありません。

診療や看護の在り方が基本的には院長の意向によって決まるので、クリニックごとに方針も雰囲気もかなり違いがあります。それが自分に合っていないとストレスを抱えながら働くことになるのがデメリットです。

「医師が良いかどうかで働きやすいかどうかが変わってきます」「ドクターの思い通りになるように頑張らないといけないのが大変です」といった口コミもあります。

現場の状況をきちんと把握して、転職先を決めることが前向きに働ける環境を手に入れるために欠かせないのです。

クリニックの求人が多い転職サイト

クリニックの看護師への転職では、求人の倍率が高いため、自分に合った診療科に転職するのは正直難しいです。

自分にマッチしたクリニックの求人を探すなら、転職サイトの利用がオススメです。

転職サイトを利用することで、転職者の求める条件と、その人の持っているスキルや経験から、希望にマッチした病院を紹介してくれます。他にもプロのアドバイザーが必要な履歴書作成や面接対策など、転職活動のあらゆる面をサポートしてくれます。

とはいえ、転職サイトのサービスは担当するアドバイザーによって質が変わります。そのため、転職サイトを利用するときは2〜3社同時登録することがオススメです。複数の転職サイトに登録することで、自分に合うアドバイザーを効率良く探せます。

看護師さんにおすすめの転職サイト

多数のサイトで人気No1を獲得!
迷ったら登録すべき転職サイト。

※対応エリアが関東・関西・東海に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能な 看護のお仕事医療ワーカー への登録がおすすめです。

ポイント

  1. 東証一部上場企業の実績に自信あり
  2. 面接対策を強化したい人におすすめ
  3. 高年収、年間休日130日以上、日勤のみなど、様々な求人を保有

看護roo!
に相談する

6万件以上の求人数を保有!
全国の求人を取り扱い。

ポイント

  1. LINEで気軽に相談可能
  2. 職場環境の情報収集に強みあり。長く働ける職場を探したい人におすすめ
  3. 情報収集だけでも利用可能

看護のお仕事
に相談する

年間転職実績1万人以上!
あなたの希望にあった求人の紹介が可能

ポイント

  1. 住まいの地域に関係なく全国の看護師をサポート
  2. 応援看護師、訪問看護師、イベントナースなど、幅広い求人を保有
  3. webカウンセリングを利用可能、コロナ禍でも安心

医療ワーカー
に相談する

看護師の転職に役立つ関連記事

転職を目指す看護師におすすめの関連記事を載せておきますので、こちらも合わせて参考にしてください。

看護師向け転職サイトの参考文献

記事を書く際に参考にしたデータやサイトなどを掲載しておきます。

看護師に人気の転職サイト