看護師として向いてる科が知りたい人向け!診療科の選び方を解説!

  • !

看護師として向いてる科が知りたい人向け!診療科の選び方

    看護師として転職を考えているけど、自分にはどの科が向いているのか、選び方が分からない人がこの記事に辿り着いたのかと思います。

    そんな人向けに、人気の診療科と診療科ごとの仕事内容を紹介します!この記事で自分の性格から向き不向きを知りましょう!

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

看護師に人気の診療科とその理由

現役看護師に独自調査した結果、人気の診療科は以下のようになっていました。

整形外科 終末期が少ない
外科全般 忙しいけど手術が終われば退院など、入退院はっきりしていてスッキリ感がある
内科 様々な疾患を学ぶことができる
循環器 心臓や血管に特化していて心電図などに詳しくなる
脳外科 リハビリが学べる

自分が「看護師として向いてる科がわからない・・・」と悩んでいるなら、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

電話で気軽に相談できますし、あなたの希望をヒアリングした上で、合っている診療科のアドバイスやおすすめの求人の紹介を無料でしてくれます。

看護師の転職に特化したサービス

【診療科別】仕事内容一覧&こんな人に向いている

以下の診療科の仕事内容と向いている人の特徴(性格)を紹介していきます。

精神科

精神科の看護師は、主に患者とのコミュニケーションをおこないます。それというのも、精神科にくる患者は少し特殊で、薬の服用などを拒否してしまう人がいます。

そういった人には、まず信頼をしてもらうことが重要になるので。患者とのコミュニケーションは積極的におこなっていく必要があるためです。また、患者の状態を常に観察し医師への報告、患者のヘルスケア、患者への薬物投与などが業務内容になります。

精神科看護師には、以下の人が向いています。

精神科看護師に向いている人

  • コミュニケーションが得意な人
  • 他人を元気付けるのが好き
  • メンタルやヘルスケアに興味がある

小児科

小児科の看護師は、0歳から幅広い年齢の子供の検査介助や処置をおこないます。病院によっては15歳~16歳や18歳までを対象としています。まれに脳性麻痺のような、先天的な疾患を持っている20歳以上の人をケアする場合もあります。

また、検査や処置の説明を患者にするのも業務の一環です。その際、年齢の低い子供には分かりやすくするため、人形などを使ったりして説明することもあります。

小児科看護師には、以下の人が向いています。

小児科看護師に向いている人

  • 子供が好き
  • 子供とコミュニケーションをとれる
  • 自分にも子供がいて親心がわかる

整形外科

整形外科では、基本的に介助が必要な患者が多く、看護師はほぼすべてのヘルスケアをおこなう必要があります。

また、動けないことでストレスが溜まっている患者とのコミュニケーション、手術の準備や入退院の手続きなども業務内容に含まれます。

整形外科看護師には、以下の人が向いています。

整形外科看護師に向いている人

  • ヘルスケアに興味がある
  • 入退院が早くメリハリがある環境で仕事をしたい人
  • コミュニケーションが得意な人

オペ室

オペ室の看護師は、手術ごとに必要な機器のセッティング、手術中のオペレーションなどが主な業務内容になります。他にも、手術前後の処置、問診、薬品チェックもおこないます。

オペ室の看護師には、以下の人が向いています。

オペ室の看護師に向いている人

  • 仕事をスムーズにこなせる人
  • 最新技術を積極的に勉強できる人
  • 突発的な出来事に対応できる判断力がある人

ICU

ICU看護師のもっとも重要な役割は、患者の状態管理です。人工呼吸器や輸液ポンプなどの医療機器が、正常に作動しているかの確認もおこたってはいけません。状態の悪い患者が多いため、ヘルスケアもおこないます。

ICUの看護師には、以下の人が向いています。

ICUの看護師に向いている人

  • 観察能力のある人
  • 医療機器の知識がある人
  • 医療機器に関して自分で勉強できる人

眼科

眼科の看護師は、視力・眼底・視野などの検査をします。用具や器具の洗浄や補充も業務内容に含まれます。患者さんへの薬の処方や手術前の検査や準備もおこないます。

眼科は子供から老人まで幅広い年齢の患者をケアする必要があります。また、クリニックによってはパートの看護師を募集していることもあります。

眼科看護師には、以下の人が向いています。

眼科看護師に向いている人

  • 広い年齢層とコミュニケーションを取れる
  • パートとして働きたい人
  • あまり残業をしたくない人

婦人科・産婦人科

婦人科と産婦人科の業務内容として、主なものをいくつか紹介していきます。

婦人科

  • 患者への診察や処置
  • 手術前患者への説明と精神ケア
  • 薬や点滴の服薬管理や服薬指導など

産婦人科

  • 妊婦健診の介助・産後1ヶ月間の介助
  • 検査のための採血
  • 助産師の各種サポート

婦人科・産婦人科看護師には、以下の人が向いています。

婦人科看護師に向いている人

  • コミュニケーション能力がある人
  • 女性特有の悩みを解決したい
  • 同じ患者と長く付き合っていける

産婦人科看護師に向いている人

  • ヘルスケアができる
  • 退院後も患者と関わっていきたい
  • コミュニケーション能力がある

皮膚科

皮膚科の看護師は、アレルギー検査や水虫の処置などをおこないます。とはいっても、皮膚科にくる患者の症状は様々です。さらに病院やクリニックにより、業務内容が若干変わることもあります。

病院やクリニックによっては手術をおこなう場合もあります。その場合、看護師は手術のオペレーションを担当します。また、皮膚科も子供から老人まで幅広い年齢層の患者が訪れます。

皮膚科看護師には、以下の人が向いています。

皮膚科看護師に向いている人

  • 幅広い年齢層とコミュニケーションを取れる
  • 手術のオペレーション経験がある
  • 様々な病状に対応できる能力

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科看護師の主な業務内容は、診察や検査の介助、薬の服用方法や病気の説明などをおこないます。

病院によっては、手術や入院設備がある場合もあり、その場合は手術の介助や入院生活のサポートなどを担当します。また、耳鼻咽喉科も子供から老人まで様々な人が来院します。

耳鼻咽喉科看護師には、以下の人が向いています。

耳鼻咽喉科看護師に向いている人

  • 手術のオペレーションの経験がある
  • 患者のヘルスケアの経験がある
  • 幅広い年齢層とコミュニケーションがとれる

内科・外科

内科・外科といっても様々な診療科で別れています。具体的には以下の診療科があります。

内科

  • 消化器科
  • 循環器科
  • 呼吸器科
  • 腎臓科
  • 内分泌科
  • 糖尿病科
  • 膠原病科
  • リウマチ科
  • アレルギー科
  • 血液内科
  • 神経内科
  • 心療内科
  • 感染症科
  • 腫瘍科

外科

  • 一般外科(消化器外科)
  • 胸部外科
  • 呼吸器外科
  • 心臓血管外科
  • 乳腺外科
  • 甲状腺外科
  • 小児外科
  • 肛門科

上記のように、内科と外科は診療科がかなり多く、業務内容や向いている人は書ききれないため、興味がある診療科について調べてみてください。

人物 20代看護師

診療科ってこんなにたくさんあるんですね!でも多すぎて自分に向いてる科がどこなのか、正直決めきれません・・・。

転職エージェント末永 末永

もし、自分に向いている科に悩んでいるなら転職のプロに一度相談するのがおすすめです。


直近での転職を考えていなくても、転職しようか迷ってる段階からでも気軽に利用できますし、客観的な視点からあなたに合った診療科を判断してくれます。


以下で、看護師の分野に特化した転職サイトを紹介します。数多くの転職者をみてきたアドバイザーが、あなたに向いている科をきっと見つけてくれますよ。

看護師の転職に特化したサービス

看護師の転職サイトについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事もぜひご覧ください。

失敗しない診療科の選びかた

すでに行きたい診療科が決まっている人は、その道に進むのが良いです。逆にまだどこの診療科に転職しようか決まっていない人は、将来自分がどんな看護師になりたいのか、どういった看護をしたいのかで決めましょう。

自分の将来のために、必要な経験やスキルを身につけれる診療科を選ぶのが良いです。また、働きかたも診療科やクリニックにより変わります。自分のスタイルに合わせて転職先を選ぶようにしましょう。

現在の職場の労働環境が悪く、少しでも時間や体力的に楽な仕事をしたい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

自分に向いている病院・診療科目が分からないなら

自分にはどういった病院や診療科目が向いているのかが分からないなら、専任のキャリアアドバイザーが一緒に転職活動をサポートしてくれる転職サイトを利用するのがおすすめです。

何人もの看護師さんの転職サポートをしてきたアドバイザーが丁寧な面談を重ねた後、あなたの希望や適性に合っていそうな病院を第三者目線で紹介してくれます。

電話面談が中心なので忙しい皆さんでも気軽に面談を受ける事ができますし、コロナ禍でも安心です。

とはいえ、転職サイトによって保有している求人やサポートに違いがあるので、2~3社同時登録した方がより希望の求人に出会える可能性が高まります

以下に、プロの転職エージェントの立場から、オススメできる看護師に特化した転職サイトをいくつかピックアップしましたので、まずはこちらから3社程登録(すべて無料)をして、電話面談を受けてみると良いでしょう。

看護師さんにおすすめの転職サイト

看護師の転職実績No.1!「地域担当制」で希望エリアに詳しいアドバイザーがサポート

ナース人材バンク

ポイント

  1. 看護師転職の支援実績は年間10万人以上!
  2. 日本全国の求人を網羅し、各都道府県の担当キャリアパートナーがサポート
  3. 病院以外の働き方や今後の看護師としてのキャリアについても相談可能

ナース人材バンク
に相談する

6万件以上の求人数を保有!
全国の求人を取り扱い。

看護のお仕事

ポイント

  1. LINEで気軽に相談可能
  2. 職場環境の情報収集に強みあり。長く働ける職場を探したい人におすすめ
  3. 情報収集だけでも利用可能

看護のお仕事
に相談する

復職ナース応援宣言!
看護師転職ランキング顧客満足度第1位!

ナースではたらこ

ポイント

  1. 登録者限定で非公開求人を紹介
  2. 日本最大級の医療機関の情報量
  3. 2022年オリコン顧客満足度調査の顧客満足度第1位

ナースではたらこ
に相談する

看護師の転職に役立つ関連記事

転職を目指す看護師におすすめの関連記事を載せておきますので、こちらも合わせて参考にしてください。

看護師向け転職サイトの参考文献

記事を書く際に参考にしたデータやサイトなどを掲載しておきます。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント