小児科看護師のやりがいや魅力を解説!平均年収やメリットも紹介!

  • !

小児科看護師のやりがいや魅力を解説!平均年収やメリットも紹介!

    子供が可愛く感じて、小児科看護師に転職する人も少なくないと思います。

    そんな子供が病気で苦しむ時に治療し、回復の手助けをすることができる小児科看護師の魅力ややりがい、大変なことを紹介します。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

小児科看護師の仕事内容

小児科看護師の仕事内容は、その勤める病院によって大きく変わりますし、病棟か外来なのかによって職務内容は大きく変わってきます。ここでは、以下の3つについて仕事内容を紹介します。

外来

個人クリニックであっても大病院であっても、外来に勤める看護師の仕事には大差はありません。朝8時から外来が終わる17時頃までは来院する患者の対応をしていくことになります。

来院した患者に簡単な問診をして、医師の診察の補助をすることになりますが、小児科では子供が指示を理解してくれなかったり、暴れてしまうこともあるため、看護師の助力によってスムーズに診察を進められる面も非常に大きいと言えます。

病棟勤務

病棟勤務の場合は、入院している小児の面倒を見ていくことが仕事になります。朝8時に申し送りを受けたら医師と共に回診をおこない、日中は子供たちの食事のサポートをしたり、子供がお風呂に入るのであれば手伝うことになります。

17時頃に夜勤のスタッフに申し送りをするまでは、検査に付き添ったり、採血をおこなうなど忙しく動くことになります。

とくに小児科は子供が暴れてしまうこともあり、病棟でも看護師のサポートは非常に重要です。忙しく動き回っている合間を縫って、入院のための書類を作成したり、患児の家族に説明をする場に同席するなどの仕事をこなします。

夜勤

夜勤の時間帯は、子供たちが寝静まっているため時間があるかと思いきや、とくに神経を使う時間だと言われています。

子供は自分で症状を表現することが難しいため、泣いたり暴れたり、という形で不快を形にすることが多いのです。

夜間に子供が泣きだしたらそれは夜泣きではないかもしれません。夜間であっても、子供に何か変わった点はないかを客観的に観察することが必要になってきます。

交代で夜勤のスタッフが仮眠に入ることもありますが、病棟が騒がしい日は上手く休憩が取れないこともあります。

小児科看護師のやりがい・大変なこと

小児科看護師は多くのやりがいを感じられますが、一方で子供と触れ合う時間が長いため、大変なこともたくさんあります。ここでは、小児科看護師のやりがいと大変なことについて紹介します。

小児科看護師のやりがい

小児科看護師の多くが、やりがいを感じる瞬間はやはり患児が回復してくれた時だと言います。

子供好きの看護師がとくにそれをやりがいと感じているようです。デリケートな子供がきちんと治療を受けて回復できるよう、信頼関係を築いた努力が報われる瞬間でもあるのです。

小児科看護師の大変なこと

信頼関係を築かないといけないのは患児の保護者も同じであり、時に子供以上に保護者との信頼関係を築くことが難しく感じる人も多く、大変な点だと言えます。

小児科は小児の総合内科としての側面もあるため、子供に限定せず幅広い感染症や予防接種などの制度に関する知識も求められるのが大変な点だと言えそうです。

小児科看護師になるには

看護師が小児科に勤めるならどうすればいいのかは、クリニックのような小児科に勤めたいのか、大病院の小児科病棟に勤めたいのかで変わってきます。

また、クリニックや大病院以外にも小児と関わることができます。

クリニック

クリニックに勤めたいのであればクリニックからの求人に応募して採用されることで、小児科看護師になることができます。

クリニックに勤務すると部署を移動することがないため、そこで働き続けられれば長期にわたって小児科看護師としてのキャリアが積めます。

また、基本的に入院設備のない施設が多いクリニックで働くと外来に従事し続けることになるので、処置や子供をあやすテクニックは看護師として一生使っていけるでしょう。

大病院

一方、大病院の小児科に勤務したいのであれば、まずその病院に就職しなくてはなりません。病院という大きな規模での求人に応募して採用されると、その後に配属先の希望を問われることになります。

ここで小児科を希望して、それが聞き届けられれば晴れて小児科に配属されることになります。

しかし、他にも小児科を希望するスタッフがいる場合や、他に人員が不足している診療科があればそちらに配属されるかもしれません。

また、1度小児科に配属されたからといって、ずっと小児科に居られるわけではなく、他の病棟へと人事異動をすることもあります。大病院に就職すると、異動もあるので小児科だけを極めることが難しい可能性があります。

クリニックや大病院以外

小児を看る看護師、という点ではクリニックや病院にこだわる必要はないのかもしれません。

例えば、保育園が看護師を募集していることもあるので、そういった求人に応募することで子供と関わりながら看護師として活躍することができるかもしれません。

病児保育などを積極的におこなっているような保育園であれば、看護師としてのスキルアップにも繋がっていくと期待できます。

そういった病院以外から出ている求人に応募して子供と接しながら働く道がないか、探してみると良いでしょう。

保育園看護師について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

転職エージェント末永 末永

小児科に転職したい看護師さんは転職サイトを利用してプロのアドバイザーと一緒に転職活動を進めてみましょう。まず、転職サイトは保有する求人数が一般の求人サイトと比較して多いので、あなたが希望する求人と出会える可能性が高いです。


また、転職サイトを利用することでプロのアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれます。理想の求人情報を探すだけでなく、選考の対策なども無料でしてくれるので、安心して転職活動を進めることができますよ。

看護師の転職に特化したサービス

  • 看護roo!
    人気No.1サイトの定評アリ!面接対策を強化したい人におすすめ
  • 看護のお仕事
    LINEで気軽に相談可能、求人数は6万件以上!
  • 医療ワーカー
    日本全国の看護師に対応!3万件以上の転職サポート実績アリ◎

小児科看護師のメリット・デメリット

小児科看護師の仕事はやりがいが多いものの、デメリットも存在します。ここからは、小児科看護師として働く際のメリットとデメリットについて解説します。

メリット

小児科に勤める看護師のメリットとして、多くの人が挙げるのは子供に癒される点です。子供好きの人にとってはモチベーションが続きやすい環境です。実際、子供好きの人が小児科での勤務を志望していることが多いです。

毎日、回診の際など子供と接する機会はあるのですが、その時に拙い言葉で一生懸命話してくれたり、不意に笑顔を向けてくれたときには疲れが吹き飛ぶといいます。

また、小児看護という専門性の高い分野について学べることも魅力です。小児科は看護師としての専門性を高められ、よりスキルアップがはかれると人気がある診療科です。

デメリット

一方、小児科に勤務していると直面するつらい事柄もあると言います。とくに大きいのが病棟などで多い、子供の死に直面することです。

病気に打ち勝てず亡くなってしまう子供と、生前に築いた信頼関係の分だけ精神的なダメージは大きくなってしまい、しばらく気が重くなってしまうのです。

こればかりは慣れることがなかなかない、小児科で看護師をするなら避けられないものだと言います。

子供の死に直面した経験をどのように次の子供を救うために活かせるか、という点は小児科看護師に欠かせない視点かもしれません。

また、家族との関係性に悩むことも小児科で看護師をしていく上では避けられないものかもしれません。

子供に治療方針や病状を説明してもうまく理解できないことの多い小児科では、患児本人よりも保護者に対して説明することがより重要になってきますが、子供のことで過保護気味になってしまうことのある保護者とスムーズに信頼関係を築くことは時に困難を極めます。

どうすればきちんと伝わるのか、考えながら誠実に接していくことが求められます。

小児科看護師の平均年収は約532万円

小児科の看護師は給与の面で言えば、他の科に勤める看護師とはそれほど大差のない金額だと言えます。

務める病院や地域によって変わりますが、小児科の外来で言えば日勤のみになるので夜勤による手当の加算は得られず、2020年7月27日時点の医療ワーカーの「全国の看護師の平均年収」によると、平均年収は532万円程度になると言われています。

病棟勤務であっても、夜勤をこなして平均年収は570万円程度であるとされ、すべての科と比べても平均的な額に留まります。

小児科は急変する患者が比較的少ないため時間外勤務が少なく、手当による加算が得にくいのがその理由だと言えます。

小児科看護師はこんな人に向いている

小児科勤務に向いている看護師の特徴で欠かせないのは、子供好きということです。

子供の治療のために頑張れるモチベーション維持ができる人であれば、小児科に勤めても子供と上手に接しながら、活躍することができます。

しかし、子供と同じくらい接し方が上手にならなくてはならないのが保護者であり、子供だけでなく保護者ともしっかりコミュニケーションが取れなくてはなりません。

とくに保護者は子供のことでとても心配になっていますので、それを刺激せず納得させられるように、落ち着いて話せる度量と技術を持った人だと、とくに小児科で活躍することができるでしょう。

小児科看護師に転職するなら転職サイトがおすすめ

小児科看護師への転職では、一般の求人サイトなどを利用して求人を探すことは可能なものの、そこに記載されている情報だけで職場が自分にマッチしているかを判断することは難しいですよね。

自分にマッチした求人を探すなら、転職サイトを利用してプロのアドバイザーに相談することがオススメです

アドバイザーは転職者の求める条件と、その人の持っているスキルや経験から、希望にマッチした病院を判断してくれます。他にも必要な履歴書作成や面接対策など、転職活動のあらゆる面をサポートしてくれます。

とはいえ、転職サイトのサービスは担当するアドバイザーによって質が変わります。そのため、転職サイトを利用するときは2〜3社に同時登録することがオススメです。複数の転職サイトを登録することで、自分に合うアドバイザーを効率良く探せます。

看護師さんにおすすめの転職サイト

多数のサイトで人気No1を獲得!
迷ったら登録すべき転職サイト。

※対応エリアが関東・関西・東海に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能な 看護のお仕事医療ワーカー への登録がおすすめです。

看護roo!

ポイント

  1. 東証一部上場企業の実績に自信あり
  2. 面接対策を強化したい人におすすめ
  3. 高年収、年間休日130日以上、日勤のみなど、様々な求人を保有

看護roo!
に相談する

6万件以上の求人数を保有!
全国の求人を取り扱い。

看護のお仕事

ポイント

  1. LINEで気軽に相談可能
  2. 職場環境の情報収集に強みあり。長く働ける職場を探したい人におすすめ
  3. 情報収集だけでも利用可能

看護のお仕事
に相談する

年間転職実績1万人以上!
あなたの希望にあった求人の紹介が可能

医療ワーカー

ポイント

  1. 住まいの地域に関係なく全国の看護師をサポート
  2. 応援看護師、訪問看護師、イベントナースなど、幅広い求人を保有
  3. webカウンセリングを利用可能、コロナ禍でも安心

医療ワーカー
に相談する

看護師の転職に役立つ関連記事

転職を目指す看護師におすすめの関連記事を載せておきますので、こちらも合わせて参考にしてください。

看護師向け転職サイトの参考文献

記事を書く際に参考にしたデータやサイトを掲載しておきます。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント