整形外科看護師の転職事情|やりがいや平均年収なども徹底解説!

聴診器 スマホ メガネ 看護師 医師

整形外科は看護師の転職先として、数ある医療機関の中でも人気があります。

ここでは、気になる整形外科看護師の仕事内容ややりがい、平均年収などを紹介します。

整形外科看護師の仕事内容・やりがい・大変なこと

まず最初に、整形外科看護師の仕事内容に加えて、そのやりがいと仕事における大変なことを順に紹介していきます。

整形外科看護師の仕事内容

整形外科では、急性期における治療だけでなく、その後の回復期や慢性期、さらには終末期に至るまで、患者の幅広いステージにおける看護が求められます。

また、整形外科にやってくる患者の多くは、介助を必要とする人たちなので、彼らが手術などを経てスムーズに日常生活を送れるようにサポートするのが仕事です。そのため、生活の全般において手厚く介助をおこなったり、リハビリなどを担う他の職種との間の連携を担うのも、整形外科の看護師の重要な役割の1つです。

加えて、整形外科では、ギプスやコルセットなどを使って身体の固定をおこなったり、直達牽引や介達牽引といった措置をおこなう機会が頻繁にあり、それらの介添えをおこなうというのも仕事内容の一部となります。

さらには、手術時のドレーン管理やフィジカルアセスメントなどを担当する場合もあります。麻酔などで患者に注射をおこなう場合もあるので、そのためのスキルも看護師には求められます。

具体的な1日の勤務のイメージとしては、8時半ごろに夜勤の看護師からの引継ぎを受けるところから業務を開始し、午前中は患者の検温などをおこなったうえでオペ室への送り迎えを担当します。

その後、昼食の配膳や食事介助をおこない、午後は患者のリハビリのサポートなどを担当し、看護記録を記したうえで、夕方に夜勤の看護師に引継ぎをおこなって勤務終了です。

整形外科看護師のやりがい

整形外科看護師の仕事内容は、非常に多岐にわたり、求められるスキルも高度なものが多いのですが、そこで働くことを通じて得られるやりがいは、他の医療機関に勤めていては得られないようなものがあります。

数あるやりがいの中でももっとも大きいものは、何といっても患者の回復を自らの働きで強力にバックアップできるという点です。

整形外科にやってくる患者が抱える怪我は、基本的にはしっかりと治療すれば回復できるものが大半です。

また、他の医療機関と比べて若い患者が多いというのも整形外科の特徴です。そのため、未来のある若者たちが、元気に退院していく様子を見守れるというのは整形外科看護師ならではのやりがいだと言えます。

整形外科看護師の大変なこと

やりがいがある一方で、大変なこともあります。とくに、高齢の患者は寝たきり状態が続くと、そのまま回復できなくなる恐れがあるため、いかに介助を通じて離床できるようにするかがポイントとなります。

また、身体が弱っていて転倒しやすいため、慎重に介助しなければなりません。

とくに、認知症を患っていると、言う通りに行動してくれないので、その分看護師にかかる負担は大きくなります。当然ながら患者の介助は肉体労働なので、体力的にも大変です。

整形外科看護師になるには

整形外科看護師になるためには、看護学校を卒業して、看護師資格を取得する必要があります。

そのうえで、整形外科のある医療機関などに就職し、専門的な知識やスキルを身につけなければなりません。

勤務先

整形外科のある医療機関は、大学病院や総合病院などの大規模なところから、個人で営んでいる小規模なクリニックに至るまで多岐にわたります。

また、それ以外にもスポーツによる怪我を専門にしているクリニックや整形外科に特化している医療機関も存在します。

求められる基本的なスキルに差はありませんが、例えばスポーツクリニックであれば、様々なスポーツごとにどのような身体の使い方をするかを把握しておかなければなりません。

他にも、高齢者専門のクリニックの場合には、患者の身体に負担を掛けないような介護術を身に着ける必要があるなど、医療機関ごとに少しずつ求められるスキルは異なります。

必要な資格や経験

整形外科看護師に必須の資格は、看護師資格だけなので、それさえあれば新卒でも就職は可能です。

もっとも、キャリアアップを図るには、それだけでは十分ではありません。日本運動器看護学会認定運動器看護師や骨粗しょう症マネージャー、回復期リハビリテーション看護師といった整形外科に関する資格には様々なものがあるので、それらを取得することによって、より専門性を高められます。

ただし、単に資格があればよいというわけでなく、実務で使えるスキルを身に着けるために、ある程度の経験も必要です。

整形外科看護師のメリット・デメリット

整形外科看護師の仕事はやりがいが多いものの、デメリットも存在します。

ここからは、整形外科看護師として働く際のメリットとデメリットについて解説します。

メリット

メリットとして以下の2つがあります。

  1. 解剖学についての豊富な知識を獲得できるという点
  2. 他の医療機関などで働く際にも役に立つ、汎用的なスキルを身に着けられるという点

整形外科では、骨折や肉離れなど、人間の骨格や筋肉、神経などに関わる怪我などの治療を主に担うため、そこで看護師として働いているうちに、自然と解剖に必要な知識が得られるようになっています。

また、整形外科の看護師が主に担う患者の介助という役割は、他の医療機関でも少なからず必要とされますし、高齢の患者に対応した経験などは、同じく高齢者がよく訪れる内科などでも有効に活用できます。

デメリット

デメリットとして以下の2つがあります。

  1. 腰痛を発症するリスクを伴うという点
  2. 患者と長期の関係を構築するのが難しいという点

整形外科看護師は、重い患者を介助するために身体を酷使するケースが少なくないため、どうしても腰に大きな負担がかかります。

そのため、しっかりケアをしないでいると、ヘルニアなどに悩むことになります。

また、整形外科に通う患者が患っている怪我などは、比較的短期間で治癒できるものが多いため、長くても2〜3ヶ月ほどで通院しなくてよい状態になります。

内科などであれば1年以上にわたって闘病を続けるケースもあるため、長期にわたって同じ患者を担当することも珍しくないのですが、整形外科の場合には、そのような機会はあまりありません。

整形外科看護師の平均年収は559万円

2020年7月28日時点の医療WORKERの「全国の看護師の平均年収」によると、整形外科看護師の平均的な年収水準は、559万円ほどであるとされています。

看護師の平均年収が518万円であることと比べると、整形外科の看護師は比較的多くの給与を得ています。

もっとも、整形外科で働けば、誰でもこのレベルの収入が得られるというわけではありません。というのも、ここで紹介した金額はあくまでも平均値ですので、実際にはそれよりも多くもらっている人もいれば、少ない人もいるのです。

例えば、日勤と夜勤を比べると、当然ながら後者のほうが給与はよいため、同じ整形外科看護師であっても、夜勤シフトに組み込まれている人のほうが、そうでない人よりも高収入になる傾向にあります。

また、給与水準は都道府県によっても違ってきます。例えば、患者の多い都市部の医療機関の場合は、比較的高い給与を支払う場合が多いのに対し、地方の医療機関ではそこまでではないケースは少なくありません。

少しでも多く収入を得たいというのであれば、都市部で夜勤のある医療機関に勤める、というのも1つの方法です。

看護師の年収について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事看護師は年収はどのくらい?施設や勤務形態による違いも大公開!

整形外科看護師はこんな人に向いている

メリットやデメリット、やりがいなどから整形外科看護師に向いているのは、看護師として専門的なスキルを身に着けてキャリアアップを図りたいと考えていることに加え、自分の体力に自信があり、患者の回復を目に見える形でサポートすることを希望する人です。

逆に、体力に不安があったり、専門性を追求するよりも、汎用的なスキルを身に着けたいと考えているような人には、整形外科看護師はあまり向きません。

整形外科看護師に転職するなら転職エージェントがおすすめ

整形外科看護師への転職では、転職サイトなどを利用して求人を探すことは可能なものの、サイトに記載されている情報だけで職場が自分にマッチしているかを判断することは難しいですよね。

自分にマッチした求人を探すなら、転職エージェントの利用がオススメです

転職エージェントは転職者の求める条件と、その人の持っているスキルや経験から、希望にマッチした病院を判断してくれます。他にも必要な履歴書作成や面接対策など、転職活動のあらゆる面をサポートしてくれます。

とはいえ、転職エージェントのサービスは担当するエージェントによって質が変わります。そのため、転職エージェントを利用するときは2〜3社に同時登録することがオススメです。複数のエージェントを登録することで、自分に合うキャリアアドバイザーを効率良く探せます。

医療系特化型エージェント

年間2万人以上の看護師が利用する転職サイト

ポイント

  1. 好条件の求人を厳選してご紹介
  2. 実績豊富な転職のプロが担当
  3. 希望条件にピッタリ合った求人を提案

看護rooに
相談する

利用した看護師の満足度は業界トップクラス!
求人数も豊富で非公開求人を数多く取り扱っています。

ポイント

  1. 利用した看護師の満足度96%!
  2. 現場の看護師さんからヒヤリングしたリアルな情報が知れる
  3. 医療系転職サービスを複数展開しているので信頼できる

マイナビ看護師に
相談する

4年連続支持率No.1の転職サービス
転職成功実績は3万件以上!

ポイント

  1. あなたにぴったり合った求人を厳選してご紹介
  2. 残業・人間関係など内部の情報も提供
  3. 給料交渉・退職交渉を徹底サポート

医療ワーカーに
相談する

全国の主要な医療機関を網羅!
希望に合った求人が見つかる転職サイト

ポイント

  1. 全国12万件以上の求人を保有
  2. アドバイザーの対応満足度No.1 (ネオマーケティング調べ)
  3. 各地域に特化したアドバイザーが対応

看護のお仕事に
相談する

多くの看護師に支持されている転職サイト!

ポイント

  1. 登録者限定で非公開求人を紹介
  2. 日本最大級の医療機関の情報量
  3. 上場企業が運営しているのでセキュリティは万全

ナースではたらこに
相談する

医療系求人数No.1の転職サイト
利用者満足度は96%!

ポイント

  1. 転職成功でお祝い金をプレゼント
  2. LINEで無料転職サポートが受けられる
  3. 2万件以上の看護師求人を保有

ジョブメドレーに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

看護師に人気の転職サイト