デイサービス看護師の仕事内容を解説!平均年収やメリットも紹介!

  • !

デイサービス看護師の仕事内容を解説!平均年収やメリットも紹介!

    夜勤がないなどの理由から、転職で人気なのがデイサービス看護師です。

    この記事では、デイサービス看護師という仕事のメリットやデメリット、労働環境や平均年収を詳しくご紹介していきます。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

デイサービス看護師とは

デイサービス看護師とは、日帰りで介護施設に通う高齢者に日常生活のサポートをする看護師のことです。

利用者のバイタルチェックなど健康管理が主な仕事内容になりますが、入浴時・食事などの生活補助、リハビリ・レクリエーションの対応といった介護業務をする役割もあります。

ここで、デイサービス看護師の一日のスケジュール例を見てみましょう。

9:00 出勤・利用者の出迎え
9:30 バイタルチェック
10:00 入浴前後の処置
12:00 昼食時の対応
13:00 休憩
14:00 業務記録作成
15:00 レクリエーション・リハビリ対応
16:00 利用者の見送り
17:00 片付け・翌日準備
18:00 退勤

デイサービスの人員配置

デイサービスは、厚生労働省によって利用者定員数に対するスタッフの人員基準が定められています。

スタッフとは以下5つの職種のことを指し、利用定員が10名を超える場合はいずれの職種も1名以上の配置が必要です。

必要な資格
管理者 なし(同敷地内であれば兼任可)
介護職員 なし
生活相談員 社会福祉士・介護福祉士・ケアマネジャーなど
機能訓練指導員 理学療法士・言語聴覚士・あん摩マッサージ師など
看護職員 看護師・准看護師

表のとおり、看護師はデイサービスに必要な人員の内の一人です。

利用者定員が10名を超える場合は1名以上の常勤看護師が必要ですが、10名以下の場合は看護職員又は介護職員どちらか1名の配置で基準を満たします。

また、近年の看護師不足を背景に、病院・診療所・訪問看護ステーションとの連携が可能になったため、密接かつ適切な連携が確保されていれば常勤でなくても良いとされています。

デイケアとの違い

デイサービスと似た職場にデイケアが挙げられます。そこで、デイサービスとの違いを解説しましょう。

デイサービスとデイケアの違いは医師が常駐しているかどうかです。

医師が常駐しないデイサービスは利用者の心身の健康維持を目的としているのに対し、デイケアは要支援・要介護者に対する医師診察や専門的なリハビリがサービスの目的となります。

入浴や食事の補助、レクリエーション活動はどちらにも共通しているサービスですが、デイサービスは医療業務がメインのデイケアと比べて介護に寄った仕事が多いと言えます。

デイサービス看護師の平均年収は約506万円

2021年4月14日時点の医療ワーカーの「全国の看護師の平均年収」によると、デイサービス含む日勤のみの看護師の平均年収は約506万円でした。一方、夜勤を含む常勤の看護師の平均年収は約538万円です。

デイサービス看護師は基本的に夜勤は無いため、病棟勤務などの看護師と比べるとどうしても給料は低くなってしまいます。

しかし、これはあくまで給与面では低くなっているだけで、デイサービス看護師も他の看護師と同じくやりがいのある仕事であるのには変わりありません。

看護師の年収について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてください。

デイサービス看護師のメリット・デメリット

給料が比較的低いとお伝えしたデイサービス看護師ですが、デイサービスならではのメリットもあります。デメリットと同時にお伝えしますので、デイサービス看護師に対するイメージをクリアにしていきましょう。

デイサービス看護師のメリット

デイサービス看護師として働くメリットは、夜勤がなく働きやすいことです。

夜勤がない分、病院勤務レベルの給料には達しにくいですが、一般の企業勤務と同じような時間感覚で働くことができます。

夜勤がないだけでなく、土日休みの施設も多いので比較的ワークライフバランスがとりやすいです。

また、デイサービス看護師は病院看護師と比べて精神的負担が少ないことも、人によってはメリットだといえます。病院勤務だと人の死に直面することは避けられませんので、必然的につらくなる仕事です。一方、デイサービス看護師は命にかかわる事態に遭遇する可能性がとても低いです。

利用者とのコミュニケーションを通じて信頼関係を築くのが楽しかったり、週1~3日といった条件で求人募集しているところならパートで仕事ができるのもメリットとして挙げられます。

デイサービス看護師のデメリット

デイサービス看護師のデメリットはやはり、夜勤がない分収入が少ないことでしょう。

夜勤がないので身体的な負担は少ないものの、給料面で好条件を見込むのは厳しいです。

他にも、看護師としてのスキルアップが図りにくいデメリットがあります。病棟勤務に比べて医療処置に出くわす確率が低いので、最新の技術を本格的に学びたいと思っている人には物足りないと感じるかもしれません。

デイサービス看護師の働きがい

ここからは、デイサービス看護師の働きがいについてお伝えしましょう。

まず、夜勤もなく専門的なリハビリや医療体制を取ることがほとんどないデイサービスは、看護師にとって働きやすい職場です。とはいえ医師がいない状態で仕事をすることに大変さを感じる場面もあります。

利用者の小さな変化を見逃すと、大きな事故に繋がってしまう可能性もあるので、常に利用者の動きに目を光らせておかなければならないのです。

ただ、デイサービス看護師は利用者に密着して看護するのが仕事ですので信頼を得られることにやりがいを見出している人が多いです。主に自宅で生活していて昼間のみ施設を利用している高齢者の相談役になれるので、誰かに信頼されている実感が得やすい仕事なのです。

デイサービス看護師に向いている人

デイサービス看護師に向いている人として最初に挙げられるのは、お年寄りと接するのが好きな人です。

65歳以上の利用者がメインとなるので高齢者との密接なコミュニケーションを取ることが大切になります。

また、夜勤が体力的にも精神的にも厳しい人に向いています。看護の仕事をしたいけれど夜勤がハードルになっている人は、基本的に日勤しかないデイサービス看護師を考えてみましょう。週1日〜3日出勤を可能とする施設も多いので、家事と仕事を両立させたい人にも向いています。

反対に、医療技術について真剣に勉強したい人や多少無理をしてでもお金をたくさん稼ぎたい人には不向きかもしれません。

看護師の夜勤について、さらに詳しく知りたい人は下記の記事もおすすめです。

デイサービス看護師に転職するなら転職サイトの利用がおすすめ

デイサービス看護師への転職では求人を探すことは可能なものの、その職場が自分にマッチしているかを判断することは難しいですよね。

自分にマッチした求人を探すなら、転職サイトを利用してキャリアアドバイザーに相談するのがオススメです

キャリアアドバイザーは転職者の求める条件と、その人の持っているスキルや経験から、希望にマッチした職場を判断してくれます。他にも必要な履歴書作成や面接対策など、転職活動のあらゆる面をサポートしてくれます。

とはいえ、担当するキャリアアドバイザーによってサポートの質が変わるので、転職サイトは2〜3社に同時登録することがオススメです

看護師さんにおすすめの転職サイト

多数のサイトで人気No1を獲得!
迷ったら登録すべき転職サイト。

※対応エリアが関東・関西・東海に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能な 看護のお仕事医療ワーカー への登録がおすすめです。

看護roo!

ポイント

  1. 東証一部上場企業の実績に自信あり
  2. 面接対策を強化したい人におすすめ
  3. 高年収、年間休日130日以上、日勤のみなど、様々な求人を保有

看護roo!
に相談する

6万件以上の求人数を保有!
全国の求人を取り扱い。

看護のお仕事

ポイント

  1. LINEで気軽に相談可能
  2. 職場環境の情報収集に強みあり。長く働ける職場を探したい人におすすめ
  3. 情報収集だけでも利用可能

看護のお仕事
に相談する

年間転職実績1万人以上!
あなたの希望にあった求人の紹介が可能

医療ワーカー

ポイント

  1. 住まいの地域に関係なく全国の看護師をサポート
  2. 応援看護師、訪問看護師、イベントナースなど、幅広い求人を保有
  3. webカウンセリングを利用可能、コロナ禍でも安心

医療ワーカー
に相談する

看護師の転職に役立つ関連記事

転職を目指す看護師におすすめの関連記事を載せておきますので、こちらも合わせて参考にしてください。

看護師向け転職サイトの参考文献

記事を書く際に参考にしたデータやサイトを掲載しておきます。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント