看護師悩みランキング14選!新人が辛いこと・大変なこと

看護師に多い悩み11選|解決方法と転職すべきかを徹底解説!

    多くの看護師が抱えている悩みを紹介し、その解決方法も提案しています!

    また、転職すべきかするならその際の注意点も合わせて紹介します!

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

この記事では看護師の悩みについて徹底的に向き合っていきます。

「転職したいけど、まずは何からはじめたら良いの?」と悩む看護師さんがいれば下記の記事も合わせてご覧ください。

看護師悩みランキング上位14選

ここからは看護師の悩みを紹介し、その解決策を解説します。

今回のランキング作成は、レバレジーズ株式会社が行った看護師約1000人に聞いた【キャリアに関する意識調査】を元にランキングを紹介します。

調査結果の概要

  • 『キャリアについての悩みがある』看護師は81.7%
  • 『ずっと看護師を続けたい』と思う看護師は75.7%
  • 悩みの内容で多かった回答は、『人間関係』、『給与について』、『ライフステージの変化を含む今後のキャリアについて』

病棟勤務以外を考えている

病棟看護師は、2交替・3交替の勤務である傾向にあり、患者さんと一番近い存在なので、急患などの対応もしていく役割もあり、仕事量の多さや不規則な勤務体制から、精神的・身体的に負担を感じている看護師も多いです。

そんな環境を変えようと病棟勤務以外を希望し、転職を考えている看護師もいます。

しかし、衝動的に行動するのではなく、まずは病棟勤務以外で働くメリットとデメリットを整理してみてください。

病院以外に転職するメリット

  • 夜勤や残業がほぼなく、土日祝日にしっかり休める
  • 医療ミスや命に関わることのプレッシャーが少ない
  • ルーティンワークなど仕事で肉体的な負担が少ない

病院以外に転職するデメリット

  • 現場感覚が薄れて病院勤務への復職が難しくなる
  • 病院勤務の看護師よりも収入が低くなる

まずは、メリットとデメリットを把握し、自分は病院勤務と病院以外のどちらで働くのが合っているのかを考えてみてください。

転職エージェント末永 末永

転職すべきかどうか迷ったら、まずは転職エージェントに登録してプロに相談してみるのもおすすめですよ。


転職エージェントは相談だけでも登録することが可能なので、親身になって相談に乗ってくれます。

看護師の転職に特化したサービス

パワハラに悩んでいる

日本医療労働組合連合会が調査した「看護職員の労働実態調査報告書」によると、セクハラを受けたことがある看護師は15%、パワハラを受けたことがある看護師は34.5%となっていました。

パワハラとセクハラのような問題があれば、労働基準監督署内にある「総合労働相談コーナー」などで相談してみてください。どのように対処していくべきか相談にのってくれます。

それでも解決されない場合や度が過ぎたセクハラやパワハラを受けている場合は、転職を視野に入れても良いかもしれません。

職場の人間関係がつらい

看護師は職場の人間関係がつらいと感じている人が多い傾向にあります。

日本医療労働組合連合会が調査した「看護職員の労働実態調査報告書」では、看護師のストレスの原因としてトップにあげられているのが「仕事の量の問題」が48.7%、次いで「仕事の質の問題」31.8%と、「職場の人間関係」22.2%であることがわかりました。

人間関係の悩みは基本的に、まずは同僚や上司などに相談してみるのが良いです。ただ特定の人物に対して不満が募っているなら、本人と直接話してみるのも解決策としてはあります。

人間関係は看護師だけでなく、一般企業でも問題になっている場合もあるので、転職したからといって問題が解決できるとは限りませんが、職場を変える判断をしたほうがいいケースもあります。

どのような職場の雰囲気であるかなどをしっかり調査して転職先を選定するのがおすすめです。

転職エージェント末永 末永

パワハラ・セクハラなどの人間関係がつらいと感じたら、解決できるかを模索し解決できなかったら転職を選択するのも良いでしょう。


転職エージェントは相談に乗ってくれるだけでなく、求人先の雰囲気や人間関係なども確認し、情報共有してくれるので失敗しづらいです。

看護師の転職に特化したサービス

看護師の多くが感じている人間関係の悩みについて、以下の記事でもっと詳しく記載していますので、よかったら確認してみてください。

看護師が向いているのか分からない

とくに20代の新人看護師は、看護師が自分に向いているかわからないと不安を抱く傾向にあります。

看護師の仕事は2年目から自立を求められるだけでなく、医療の高度化・複雑化により看護師に求められる能力も高くなっています。

そのため、まだ未熟な看護師ほど看護師に向いているかに不安を抱きやすくなるのです。

もし、看護師に向いているか不安に感じたら転職を視野に入れ、自己分析をしてみてください。

自分の自信回復につながる可能性もあり、また様々な求人を見ていくことで自分に合いそうな職種も見つけることができるようになります。

以下の記事に看護師に向いていない人と向いている人の特徴をまとめているので、合わせて確認してみてください。

医療事故を起こしてしまうのが怖い

看護師の仕事は患者の命に関わるため、日々緊張感を持って業務に取り組んでいます。

しかし、そのプレッシャーに日々終われ、医療事故を起こしてしまうのではないかと不安を抱えている看護師も少なくないのです。

診療科目にもよりますが、救急医療などの現場では、とくにそのような恐怖を抱えやすくなります。

また医療事故に気を遣っていても、同じ病棟に長く勤務していると医療事故のリスクが高まるという報告もあります。

もし、仕事をすることで不安に襲われているなら、転職も考えてみるのも1つの方法です。

医療科目を変えて別の病院に勤めてみるなど、検討してみてください。

転職エージェント末永 末永

看護師向けの転職エージェントに相談すれば、各病院の診療科目に関しても知見があるので、転職する上でどのような診療科目がおすすめか相談に乗ってくれますよ。


もちろん、すぐに転職を検討していなくても相談だけでも大丈夫です。

看護師の転職に特化したサービス

もっと患者と関わりたい

看護師のなかには、もっと患者1人1人と関わって仕事がしたいと思っている人もいます。

そういった看護師は、患者と関わりを持てる職場に転職を検討してみてください。

とくに、デイサービスや訪問看護といった職種は、患者の1人1人に寄り添った看護ができる職種であるため、そういう環境を検討してみるのも1つの方法です。

退職したいのに退職させてもらえない

医療業界は人手不足が問題となっている業界です。

そのため、現在勤務してる病院を退職したくても、退職させてもらえず悩んでいる看護師もいます。

もし、そのような悩みを抱えていたら「退職時期を調整する」などして、病院側と交渉することが大切です。

病院側が一方的に退職を認めない場合を除き、交渉の仕方次第では希望通り退職できる場合があります。

退職する意思をすでに決めているなら、病院側に話すときは相談という形で話したりしていると、引き止めにあったり保留にされてしまう可能性があります。

転職エージェント末永 末永

もし転職エージェント経由で転職をしていたら、転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。


良い解決策などアドバイスしてもらえますよ。

看護師の転職に特化したサービス

退職の交渉術については、以下の記事に詳しく記載しています。

夜勤がつらい

看護師の勤務体制は日勤と夜勤があり、夜勤は看護師の大きな負担となっているのです。

夜勤の体制は、2交替で約16時間・3交替で約8時間など就業時間が異なり、月の夜勤の回数は3交替のほうが多くなります。どちらが自分に合っているかで夜勤を乗り越えることができますが、状況が変わってきているのも事実です。

シフトの組みにくさ、まとまった休暇が取れない点で3交替を廃止し、2交替に切り替えている病院も増えている背景もあり、夜勤の体制も変わってきているなかで、余計夜勤がつらいと感じてしまう看護師もいます。

もし夜勤がつらいと感じたら、夜勤のない職場に転職も検討してみることもおすすめです。

看護師の夜勤や勤務形態について、詳しくは以下の記事に記載していますので、気になる人は合わせて確認してみてください。

家族と過ごす時間が持てない

日勤や夜勤などの影響でライフワークバランスを上手くとれず、家族と過ごす時間がないなどの悩みがある看護師も多いです。

こういった悩みを持つ看護師は、転職することで環境を改善し、日勤のみのクリニックなど検討するのがおすすめです。

クリニックによっては、土日休みの職場もあるので、家族と過ごす時間は取りやすくなるのでワークライフバランスを取りながら働くことができるようになります。

仕事量・業務量が多すぎる

看護師では仕事量・業務量が多いことで悩みを抱えている看護師も多いです。

実際に、日本看護協会が行った「2021年看護職員実態調査」でも、残業をした看護師は全体の78.4%で、平均は月17.4時間の残業が発生していることがわかりました。

この数字をみても、業務過多を抱えている看護師が多いことが読み取れます。

もし業務を見直しして、改善がされなかった場合は、転職を視野に入れるのもおすすめです。

看護師の残業事情については以下の記事をご確認ください。

ブランクがあっても再就職は可能?

看護師はライフステージを迎え退職を選択する人も多いですが、その後、ブランクがあっても転職できるか不安を抱えてしまう傾向にあります。

ブランクがどれだけの期間があるかによりますが、看護師はブランクがあっても再就職しやすい職種です。

ブランクが2〜3年ほどであれば、再就職はそこまで難しくありません。ただブランクが5年以上になってくると、少し厳しくなってきます。また年齢を重ねていけばいくほど、再就職の難易度も上がります。

そういう人は、ブランクでも再就職しやすい求人、または派遣やスポット勤務など幅広い雇用形態で検討してみてください。

看護師としてブランクがある人におすすめな職場は以下にまとめていますので、ご確認ください。

年収・給与が低い

看護師のなかには年収・給与の低さに悩みを抱えている人もいます。

厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査」によると、看護師の平均年収は508万1,300円であることがわかりました。

この平均年収は医療業界でみるとやや低めになっており、看護師が年収が低いと感じてしまう要因にもなっています。

施設形態別に年収が変わるため、年収が低いと感じたら別の施設に転職するのも1つの方法ですが、看護師長など目指しキャリアアップする、年収の多い助産師を目指して資格を取るなども検討してみてください。

看護師の年収についてもっと詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてください。

始業前・終業後の残業が多い

看護師は、仕事の特性上始業前・終業後の残業が多い傾向にあり、それに悩みを持っている人もいます。

医労連の「2022年看護職員の労働実態調査」によると、始業前の20分程度前から就労し、終業後も20分〜50分程度残業をしている実態が浮き彫りとなりました。

看護師は「記録」や「情報収集」などの理由から、就業時間の前後で残業を余儀なくされています。

業務の効率化などに着手している病院もありますが、改善に望みが薄いと感じたら、転職も検討してみてください。

看護師の残業についてもっと詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてください。

コロナ禍に関する悩み

看護師の抱える悩みの1つにコロナ禍の影響があります。

コロナ禍で逼迫した医療体制に加え、自身の健康被害に不安を抱えながらの仕事であったため、看護師を辞めてしまう人が増え、人手不足が顕著となりました。

人手不足になると1人にかかる業務量が多くなり、さらに看護師の離職が多くなるという悪循環を呼んでしまいます。

こうした悪循環に悩みを抱えている看護師も少なくありません。

一時、コロナ禍は落ち着きましたが、人手不足が解消されないのであれば、転職も視野に入れてみるのもおすすめです。

看護師の転職に特化したサービス

看護師悩み【仕事を辞める基準】

看護師はさまざまな悩みを抱えていますが、それを解消するために転職を視野に入れる人も少なくないです。

看護師が仕事を辞めるべきかの判断基準する基準として、いかに当てはまるかを1度確認してみてください。

転職したほうが良い人

  • パワハラ又は暴力を受けている
  • 激務やストレスが原因で心身ともに限界がきている
  • 残業が多く常態化している
  • 給与が相場よりも異常に低い

もし当てはまれば、在籍年数に限らず転職を前向きに検討してみて良いです。

ただし、上記条件に当てはまらず、勤続年数又は実務経験が3年未満の場合は、できるだけ現職に留まるほうが無難です。

その理由には以下の要因があります。

3年以上経ってから転職したほうがいい理由

  • 退職金をもらえる規定が勤続年数3年以上の病院が多い
  • 勤続年数3年以上の経歴があると即戦力して登用してもらいやすい
  • 勤続年数が1年未満だと未経験枠となり転職が不利になりやすい

転職エージェント末永 末永

3年未満でも転職したいなら未経験求人を探すと転職の可能性が高まりますよ。

看護師の転職に特化したサービス

看護師悩み【転職先の選び方・注意点】

看護師が転職先を選ぶ際の重要なポイントと注意点を解説します。

以下の内容を確認して、実際に転職するときの参考にしてください。

自分にあっている病院かを調べる

求人先の医療機関・企業が自分に合っているかを調べてみることが重要です。

「職種」「仕事内容」「給与」の3点を中心に確認しながら、自分の希望する条件にマッチしているかを確認するとミスマッチを防げます。

なにより、転職しようと思った理由を明確にして、その悩みが解消されるのかを確認してみてください。

悩みが解消されなければ、同じことの繰り返しになってしまいます。

転職エージェント末永 末永

求人に関してもっと詳しい情報を知りたいなら転職エージェントを利用してみましょう


キャリアアドバイザーは求人情報をしっかり把握しているので、悩みが解消される求人か、条件にマッチするかをプロ視点で選定し、情報共有してくれますよ。

看護師の転職に特化したサービス

求人の見方については、以下の記事をご確認ください。

優先順位を整理して転職先を探す

悩みを抱えた看護師は、悩みを解消することを優先してしまい、他の条件を見落としてしまう場合があります。

例えば、残業がない職場を求めて見つけたとしても、「給与が低い」「業務内容が簡単すぎる」などの他の面でミスマッチを起こしてしまう可能性が高まります。

もちろん、すべての条件が揃う求人はありません。しかし、優先順位をつけて見つけるようにすると、希望に近い条件の求人を見つけやすくなります。

まずは条件を洗い出し、そこに優先順位をつけるようにしてください。

看護師の悩み相談におすすめの方法

悩みを抱えていて、その悩みが転職で解消されるか不安に思い、なかなか踏み出せない看護師も多いです。

転職するかどうか悩んだら、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

医療業界に精通しているプロのキャリアアドバイザーなら、転職すべきかを客観的にみてアドバイスをしてくれるだけでなく、転職をおこなう上でも力になってくれます。

転職エージェント末永 末永

1人で悩んでいても悩みは解消されません。思い切ってプロに相談してみると、良いアドバイスをもらえますよ。


女性だけでなく男性看護師さんの悩みにも親身になって相談にのってもらえます。

看護師の転職に特化したサービス

看護roo!転職

累計利用者数50万人以上!
迷ったら登録すべき転職サイト。

看護roo!転職

おすすめポイント

  1. 東証プライム市場上場会社が運営の安心感
  2. 2009年から運営!サービス開始から10年以上の実績
  3. 高年収、年間休日130日以上、日勤のみなど、様々な求人を保有

看護roo!転職に
相談する

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)

6万件以上の求人数を保有!医療機関やクリニックなど全国の求人を取り扱い。

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)

おすすめポイント

  1. LINEで気軽に相談可能
  2. 職場環境の情報収集に強みあり。長く働ける職場を探したい人におすすめ
  3. 情報収集だけでも利用可能

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)に
相談する

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)

年間転職実績1万人以上!
あなたの希望にあった求人の紹介が可能

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)

おすすめポイント

  1. 住まいの地域に関係なく全国の看護師をサポート
  2. 応援看護師、訪問看護師、イベントナースなど、幅広い求人を保有
  3. webカウンセリングを利用可能、コロナ禍でも安心

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)に
相談する

転職エージェントとは何か、看護師におすすめの転職エージェントランキングについて、詳しく知りたい人は下記の記事もチェックしてみてください。

看護師の悩み相談におすすめの掲示板

ここからは、看護師の悩み相談におすすめの掲示板、相談室をランキング形式で紹介します。

実際に会って相談するのはハードルが高いと感じる看護師さん向けに、電話で相談できる相談室も紹介しているので必見ですよ。

ランキング 特徴 公開求人数 連絡方法 雇用形態 対象年齢 エリア
1位 看護roo転職看護roo!転職

公式サイト

▶2009年から運営︎
・累計利用者数50万人以上
・便利な診断ツールあり
・看護師の転職体験レポート
82,730件 電話
メール
LINE
正社員
パート(非常勤)
契約社員
全国 全年代
2位 レバウェル看護レバウェル看護

公式サイト

▶最大級の求人数
・内部情報が充実
・2022年オリコン顧客満足度1位
・職場インタビュー求人
149,390件 電話
メール
LINE
正社員
パート
派遣
紹介予定派遣
全国 全年代
3位 看護師ワーカー看護師ワーカー

公式サイト

▶年間転職者実績1万人
・地方の看護師転職に強い
・17年以上もの支援実績
・トラベルナースやイベントナースの案件も豊富
62,160件 電話
メール
LINE
正社員
パート
契約社員
派遣
全国 全年代
4位 ジョブメドレージョブメドレー

公式サイト

▶会員数150万人を突破
・アフターフォローが充実
・スカウト経由の内定率1.7倍
・保育園など幅広い求人
40,530件 電話
メール
LINE
正社員
契約社員
パート
アルバイト
派遣
紹介予定派遣
全国 全年代
5位 ナース人材バンクナース人材バンク

公式サイト

▶年間10万人以上が利用
・2023年オリコン顧客満足度1位
非公開 電話
メール
LINE
正社員
契約社員
派遣
全国 全年代
6位 ナースではたらこナースではたらこ

公式サイト

▶逆指名制度
・24時間相談可能
・2022年オリコン顧客満足度1位
95,520件 電話
メール
LINE
正社員
パート
契約社員
全国 全年代
7位 ナースJJナースJJ

公式サイト

▶匿名での転職活動が可能
・看護師応援プロジェクトあり
33,760件 電話
メール
LINE
正社員
派遣
単発
全国 全年代
2024年1月時点の求人数

その他、看護師の悩み相談におすすめの掲示板、相談室は「もっと見る」内で紹介しています。

 もっと見る
特徴 公開求人数 連絡方法 雇用形態 対象年齢 エリア
8位 マイナビ看護師マイナビ看護師 ▶4年連続認知度No.1
・大手人材紹介会社が運営
・求人数・質に強み
・転職セミナーあり
59,400件 電話
メール
LINE
正社員
パート
契約社員
業務委託
全国 全年代
9位 MCナースネットMCナースネット ▶慈恵医大卒の医師が創業
・イベントナースの求人が多数
164,020件 電話
メール
LINE
正社員
契約社員
業務委託
全国 全年代
10位 スーパーナーススーパーナース ▶累計14万人の看護師が登録
・年間マッチング数は20万件以上
21,410件 電話
メール
LINE
正社員
派遣
紹介予定派遣
業務委託
全国 全年代
11位 eナースセンターeナースセンター ▶公益社団法人看護協会が運営
・看護師版のハローワーク
24,970件 電話
メール
LINE
正社員
非常勤
臨時雇用
全国 全年代
12位 ナイチンゲールナイチンゲール ▶対応がスピーディー
・単発案件が多数
8,010件 電話
メール
LINE
正社員
派遣
単発
全国 全年代
13位 ジョブデポ看護師ジョブデポ看護師 ▶年間2万人以上が利用 67,470件 電話
メール
LINE
正社員
パート
アルバイト
夜勤専従
全国 全年代
14位 ナースパワーナースパワー ▶創業39年の老舗転職サービス
・独自の短期応援制度あり
47,040件 電話
メール
LINE
正社員
パート
派遣
単発
紹介予定派遣
全国 全年代
15位 看護プロ看護プロ ▶友人にも紹介したい率が97.6%
・口コミなどの情報が豊富
9,000件 電話
メール
LINE
正社員
パート
派遣
関東・東海・中部 全年代
16位 キララサポート看護キララサポート看護 ▶運営会社は日本全国65ヶ所で保育園を経営
・医療や福祉業界の転職に詳しい
4,080件 電話
メール
LINE
正社員
パート(非常勤)
契約社員
派遣
紹介予定派遣
首都圏中心 全年代
2024年1月時点の求人数

看護師の悩みに関する質問【1問1答】

看護師がよく抱える悩みに関してよくある質問をまとめました。

悩み解消のための参考にしてみてください。

看護師が悩んでいることは何ですか?

人物 転職者

看護師が悩んでいることは何ですか?

転職エージェント末永 末永

厚生労働省が発表した看護職員就業状況等実態調査結果によると、看護師が悩んでいることは大きく以下の5つです。

  • 出産・育児
  • 結婚
  • 他施設への興味
  • 人間関係
  • 超過勤務

看護師の大変なことランキングは?

人物 転職者

看護師の大変なことランキングは?

転職エージェント末永 末永

看護師の大変なことランキングは以下の通りです。

  1. 上司・先輩・後輩などの職場の人間関係
  2. 残業や夜勤が多く休みも取りづらい
  3. ミスが許されないことへのプレッシャーが大きい
  4. 患者との意思疎通やコミュニケーション
  5. 患者と向き合うことで気持ちが沈んでしまうことがある

看護師が苦労するところは?

人物 転職者

看護師が苦労するところは?

転職エージェント末永 末永

看護師が苦労するところは大きく以下の5つです。

  • 体力的にハード
  • ギスギスした人間関係
  • 不規則な生活リズム
  • 人手不足で残業が多い
  • 医師と患者の板挟みになる

看護師のストレスランキングは?

人物 転職者

看護師のストレスランキングは?

転職エージェント末永 末永

看護roo!転職の調査によると、以下の通りです。

  1. 「仕事の量の問題」46.6%
  2. 「仕事の質の問題」30.3%
  3. 「職場の人間関係」28.4%
  4. 「仕事への適性の問題」19.8%
  5. 「事故の不安」11.9%

看護師を辞めて違う仕事へ転職できる?

人物 転職者

看護師を辞めて違う仕事へ転職できますか?

転職エージェント末永 末永

看護師を辞めて違う仕事へ転職することも可能です。


ただしまったくの未経験で異業種へ転職する場合は転職難易度が高くなります。看護師としてのスキルや経験を活かせる仕事を選んだほうが転職もしやすくなりますよ。

▲よくある質問に戻る

看護師が転職サイトを利用するメリット

人物 転職者

看護師が転職サイトを利用するメリットを教えてください。

転職エージェント末永 末永

転職サイトは利用すると、転職実績のあるプロのキャリアアドバイザーが面接対策や選考フォローなどをしてくれるので、転職成功率を上げることができます。


キャリア相談にものってくれるので、悩みを解消しながら転職を進めることもできますよ。

看護師の転職に特化したサービス

▲よくある質問に戻る

看護師の平均転職回数はどれぐらい?

人物 転職者

看護師の平均転職回数はどれぐらいか教えてください。

転職エージェント末永 末永

看護師の平均転職回数は3回です。


転職回数が多い少ないは年齢によっても変わりますが、基本的に専門職である看護師は、需要が高いため回数を気にしなくても転職はしやすいです。

▲よくある質問に戻る

看護師1年目でも転職しても良い?

人物 転職者

看護師1年目でも転職しても良いでしょうか。

転職エージェント末永 末永

看護師1年目で転職自体はすることができます。


ただし、スキルや経験が浅いと判断されてしまうので、未経験職種に応募していくと転職しやすいですよ。

看護師の転職に特化したサービス

▲よくある質問に戻る

line

line

人気の転職エージェント