看護師に向いてる人・向いてない人の特徴や病院以外の職場を紹介!

  • !

看護師に向いてる人・向いてない人の特徴や病院以外の職場を紹介!

    看護師の仕事は幅広く、勤務している職場によって異なるものですが、「自分には向いてない」などと悩んでいる人もいると思います。

    ここでは、一般に看護師に向いてる人・向いてない人の特徴や病院以外で活躍できる職場を紹介します。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

看護師に向いてる人の特徴・求められる適性

一般的に、看護師に向いている人には次のような特徴があります。

  • 強い責任感があり、健康で体力がある
  • コミュニケーション能力が高く、個人プレーに走らずうまく連携してチームプレーができる
  • 人を好きで、ホスピタリティがある
  • 理想を追い求めすぎず、向上心・学習意欲があり、常に技術や知識のブラッシュアップを常に心がけている
  • 気持ちの切り替えがうまく、精神的に強い
  • つらいときにうまく弱音を吐ける
  • 様々な状況や変化に適切に対応でき、優先順位を適切に判断できる

患者の命を預かる仕事のため、責任感がない人には任せられません。仕事中は忙しく動き回ることが多く、夜勤があったりシフト制で不規則な生活が続いたりするため、健康で体力があることも必要です。

患者やその家族から理不尽な叱責を受けたり、心を込めて看護した患者が亡くなったりと、時にはつらいことにも遭遇します。そのようなときでもひきずらず、うまく気持ちを切り替えられる精神面の強さがあることも必要です。

ただし、精神的にタフであることは求められますが、つらくないふりをして黙って抱え込むのではなく、時には素直に弱音を吐けるタイプのほうが向いています。

これは、つらい、苦しいといった気持ちを抱え込んでしまうと、ストレスから心身を弱らせてしまう恐れがあるからです。冷静に現状を受け止められ、看護の理想を追い求めすぎない性格であることも大切です。

看護師はチーム力や向上心も必要

看護師は他の看護師や医師、コメディカルと連携をとって患者の対応にあたる必要があります。そのため、チームで動くのが得意な人が向いています。

患者の症状をよく観察し、つらさや苦しさをくみ取って看護することが求められるため、コミュニケーション能力も必要です。

人が好きで、ホスピタリティにあふれる人であれば適職です。医療業界は常に進歩しているため、看護知識を学び続ける向上心があるのも向いている人の特徴に含まれます。

患者の容態や看護の状況は急な変化を見せることも多々あるため、臨機応変に適正に対応できる適応力があり、何を優先すべきかを決められる決断力があることも求められます。

看護師に向いてないかも…と思ってしまう瞬間

現役の看護師さんにインタービューしたところ、看護師に向いてないと感じるのは、次のようなときが多いようです。

  • 患者のケアや看護が思うようにできないとき
  • 先輩に怒られることが多く、同僚と比較しても自分だけ仕事ができていないように感じるとき
  • 仕事がつらくてたまらないとき
  • やりがいが感じられなくなったとき

看護師は肉体的、精神的にハードな仕事のため、誰しもがこのように感じる瞬間はあると思います。では、看護師に向いてないのはどのような人か説明していきます。

次のような性格では看護師に向いてない人とされます。

  • 気持ちの切り替えが得意ではなく、怒られたときや失敗したときにいつまでも落ち込んでしまう
  • つらくても周囲に相談できず弱音を吐けない
  • 看護の在り方に強い理想がある
  • 様々な変化にとっさに対応できず優先順位を決められない
  • 人が好きでない
  • あまり健康ではなく体力に自信がない

看護師はやりがいの感じられる仕事である一方、つらいことや嫌なことも多いです。気持ちを切り替えるのが下手で、嫌なことがあるといつまでも落ち込んでしまう性格では、仕事で最良のパフォーマンスを発揮することはできないです。

抱え込まず、周囲に弱音や愚痴を吐けることも大切です。理想とする看護があるのは、悪いことではなりません。

しかし、理想を追い求めすぎる性格であれば、現実とのギャップに悩んでつらく感じたり落ち込んだりしてしまいやすくなり、あまり看護師に向いてるとはいえません。

看護師の仕事は忙しく、様々なことを判断しててきぱきと対応する必要があります。変化に即対応できなかったり、優先順位を決められずおろおろしてしまう性格では、看護師の仕事は勤まりません。

また、人間に興味がなかったり好きではなかったりする場合も、患者のつらさがわからず適切な看護ができません。夜勤で不規則な生活になりがちなため、体力面の自信がない人はつらいかもしれませんね。

看護師に向いてないと思う理由は大きく2つに分けられる

「看護師に向いてないかも」と感じる理由としては、主に次の2つが挙げられます。

  • スキルや知識不足でうまく看護できず不安
  • 仕事をしていて楽しいときがなく、ひたすらつらい

看護師が向いてないと感じている人は、何が原因かを考えてみましょう。原因が判明すれば対処することは可能です。

転職エージェント末永 転職エージェント 末永

人間関係が上手くいかない、異動先の環境が合わないなど、看護師に向いていないと感じる原因が外部環境にあるなら、プロに相談してみてはいかがでしょう?

転職サポートつきの求人サイトを利用すると看護師の転職事情に詳しいアドバイザーが悩みや転職先の希望をヒアリングし、あなたの希望に合った転職先を紹介してくれます。

また、面接対策はもちろん、転職先との条件交渉もサポートしてくれるので、安心して転職することができますよ。

看護師の転職に特化したサービス

  • 看護roo!
    人気No.1サイトの定評アリ!面接対策を強化したい人におすすめ
  • 看護のお仕事
    LINEで気軽に相談可能、求人数は6万件以上!
  • 医療ワーカー
    日本全国の看護師に対応!3万件以上の転職サポート実績アリ◎

スキルや技術は経験を積むことで身についてくる

新人時代は誰でも知識やスキルが不十分でうまくいかないことが多く、「向いてないのでは」と不安になることはよくあります。

しかし、看護に必要な知識やスキル、看護師としての感覚は、実際に看護業務をこなしていく中で身についてくるものです。

働いているうちに次第に慣れ、以前は手間取った作業をスムーズにこなせたり適切な判断をすぐに下せるようになります。

また、看護師の仕事は勤務する診療科によって異なるものです。単純に、配属された診療科の仕事が向いてないこともありえます。

たとえば、小児科病棟で子どもの患者への対応が上手くできず悩んでいた看護師が、慢性期病棟に移ったら「丁寧にケアしてくれる良い看護師」と褒められるといったケースもあります。

「うまくできない、向いてないから辞めるべきではないか」と考えるのは早計です。

仕事がツラいという悩みは職場や働き方を変えることで改善できる可能性がある

望んで看護師になったのに、仕事がつらく楽しくない場合、職場や働き方に問題があることも多いです。

たとえば、上司が仕事をまともに教えないうえに、できない点はしつこく叱責するようなタイプであった場合、看護師の向き・不向き以前に仕事がつらいと感じて当然です。

看護業務自体よりも夜勤が多く不規則な勤務形態がつらくてたまらない場合は、働き方が合っていません。

そのようなケースでは、転職して職場を変えることで仕事が楽しくなる可能性があります。

看護師の職場は病院だけではない

看護師の職場は病院だけではありません。次のような場所でも看護師が求められています。

一定の規模の企業であれば、医務室や健康管理室を設け、医師や看護師を雇用しています。基本的に残業はなく、土日や祝日も休めるケースが多いです。

企業のコールセンターは、顧客からの自社製品や薬に関する問い合わせに答えます。製品や薬の深い知識が必要です。座ってする業務のため、体力的なつらさはありません。

介護施設では、利用者のバイタルチェックをおこなったり配薬管理や栄養管理を担当したりするのが主な仕事です。高齢看護や緩和ケアに興味がある人に向いています。

保育園では、子どもがケガをしたり体調を崩したりしたときのケアや保護者からの健康相談への対応が主な仕事です。健康だよりを作成するなどのデスクワークもあります。保育園によって異なりますが、保育士をサポートして保育を担うこともあり、子どもが好きな人に向いています。

検診ルームや献血所は、健診のサポートや採血が主な仕事です。とっさの判断力や対応力にあまり自信がなく、ルーティンワークが好きな人に適しています。

イベントナースやツアーナースは、音楽フェスティバルやマラソン大会などのイベントや修学旅行、研修旅行ツアーに同行し、急病人やケガ人がでたときに対応するのが主な仕事です。現地までの交通費や宿泊費は支給され、イベントや旅行好きの人に向いています。基本的に単発の仕事です。

看護師にどのような働き方があるのか、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もおすすめです。

看護師に向いていないと思う人には転職サイトがおすすめ

病院以外にも看護師が活躍できる場は多く、それぞれの業務内容は大きく異なります。自分に合った職場に出会えれば、楽しく働ける可能性があります。

看護師に向いていないと考えて辞めてしまう前に、職場を変えることを検討してみてください。職場を変えることを検討している人には転職サイトの利用を利用してプロのアドバイザーに相談してみましょう。

アドバイザーは転職希望者の求める条件と、その人の持っているスキルや経験から、希望にマッチした病院を判断してくれます。他にも必要な履歴書作成や面接対策など、転職活動のあらゆる面をサポートしてくれます。

とはいえ、転職サイトのサービスは担当するアドバイザーによって質が変わります。そのため、転職エージェントを利用するときは2〜3社に同時登録することがオススメです。複数の転職サイトを登録することで、自分に合うキャリアアドバイザーを効率良く探せます。

看護師さんにおすすめの転職サイト

多数のサイトで人気No1を獲得!
迷ったら登録すべき転職サイト。

※対応エリアが関東・関西・東海に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能な 看護のお仕事医療ワーカー への登録がおすすめです。

看護roo!

ポイント

  1. 東証一部上場企業の実績に自信あり
  2. 面接対策を強化したい人におすすめ
  3. 高年収、年間休日130日以上、日勤のみなど、様々な求人を保有

看護roo!
に相談する

6万件以上の求人数を保有!
全国の求人を取り扱い。

看護のお仕事

ポイント

  1. LINEで気軽に相談可能
  2. 職場環境の情報収集に強みあり。長く働ける職場を探したい人におすすめ
  3. 情報収集だけでも利用可能

看護のお仕事
に相談する

年間転職実績1万人以上!
あなたの希望にあった求人の紹介が可能

医療ワーカー

ポイント

  1. 住まいの地域に関係なく全国の看護師をサポート
  2. 応援看護師、訪問看護師、イベントナースなど、幅広い求人を保有
  3. webカウンセリングを利用可能、コロナ禍でも安心

医療ワーカー
に相談する

看護師の転職に役立つ関連記事

転職を目指す看護師におすすめの関連記事を載せておきますので、こちらも合わせて参考にしてください。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント