看護師の残業は多い?忙しい診療科や解決方法を徹底解説!

看護師は残業の多い仕事だと思われがちです。 本記事は実際に、看護師はどれだけの時間を残業しているのか、どの診療科が残業時間が長いのかなどを解説します。

また、残業時間を減らすための対策も解説します!

看護師の平均的に30分以上は残業をしている

日本医療労働組合連合会の発表した「2017年看護職員の労働実態調査」によると、日勤や夜勤などの勤務形態によって違いはあるものの、看護師の残業時間は平均して30分以上はあります。

勤務形態ごとに詳しく説明すると、日勤で53分、2交代勤務の夜勤で33分、3交代勤務の準夜勤で34分、3交代勤務の深夜勤で37分がそれぞれ平均的な1日の残業時間です。

また、この残業時間は規定の就業時間をどれだけ超過して働いているのかを示した時間であり、始業時間前の労働は含まれていません。

始業時間前の平均的な労働時間は、日勤で28分、2交代勤務の夜勤で34分、3交代勤務の準夜勤で32分、3交代勤務の深夜勤で32分です。

1ヶ月あたり残業時間別の割合

医労連の「2017年看護職員の労働実態調査」によると、1ヶ月あたり残業時間別の割合は以下の通りです。

看護師の過労死ラインと言われる60時間以上の残業をしている人は0.8%いることがわかります。

残業時間 割合
なし 10.0%
5時間未満 22.2%
5〜10時間未満 10.0%
10〜20時間未満 18.7%
20〜30時間未満 11.7%
30〜40時間未満 4.7%
40〜50時間未満 2.1%
50〜60時間未満 1.0%
60〜70時間未満 0.4%
70時間以上 0.4%

サービス残業が当たり前?看護師の労働事情

労働事情についてさらに詳しく、シフトと残業時間の関係や、残業が多くなりがちな診療科、サービス残業の状況などを、医労連の「2017年看護職員の労働実態調査」に基づいて解説します。

1番残業が多いシフトは日勤

日勤など、シフトごとの残業率は以下の通りです。

終業後の残業は、夜勤などに比べると日勤のほうが多いこと、また、夜勤であればどのシフトであっても残業時間には大差がないことがわかります。

日勤 夜勤 準夜勤 深夜勤
60分以上の残業率 44% 25% 22% 25%
30分以上の始業前労働率 62% 58% 60% 55%

一般病棟は残業が多くなりがち

60分以上の終業時間後労働をしている割合が1番高い診療科は、一般病棟です。

一般病棟勤務の日勤看護師のうち58%は、60分以上の就業時間後労働をしています。

他には訪問看護が35.9%、手術室が31.5%、介護施設が25.8%であり、どれだけ日勤看護師の残業率が高いのかがわかります。

夜勤では、準夜勤、深夜勤、夜勤と3つのシフトすべてにおいても一般病棟で割合が高く、2番目に高いのは集中治療室です。

看護師の7割はサービス残業をしている

医労連のアンケートによると、看護師のうち不払い労働(サービス残業)をしている人は68.6%います。

月間での残業時間数には大きな違いがあり、5時間未満が29.5%、5時間以上10時間未満が19%、10時間以上20時間未満が9.7%です。20時間以上の割合も6.7%あるため、かなり長時間のサービス残業をしている看護師がいるとわかります。

サービス残業になりがちな業務はデスクワーク

看護師がサービス残業中にしている業務のほとんどはデスクワークです。

医労連によると、看護師がサービス残業中にしている業務のうちもっとも割合が高いのは「記録」の59.9%です。

その次は「情報収集」の51%であることからも、看護師はデスクワークを残業にしていることがわかります。

また、患者への対応も42.2%と高めで、突然対応を迫られたことで残業を申請することができないこともあるようです。

この他にも研修や各種委員会、機器の立ち上げなど、仕事の準備時間をサービスで残業している看護師もいます。

先輩看護師が教える残業を減らすための工夫3つ

弊社が独自にヒアリングした経験豊富な看護師によると、残業を減らすためにできる工夫は以下の3つです。

ここからは、それぞれについて解説していきます。

優秀な先輩を真似する

残業を減らすため、つまり業務時間内で仕事を終わらせるためには、現場でてきぱきと動いている先輩を見て学ぶことがオススメです。

先輩が何をしているか、どんなことを考えながら仕事しているのかを、よく観察して真似をしてみると、自分の仕事からも無駄がなくなっていき残業時間も短くなっていきます。

始業時間前労働を優先する

終業時間後の残業をしないためには、始業時間前労働時間を増やすことも1つの手です。

根本的な解決になっていないように見えるものの、事前に30分ほど業務準備をするだけでスムーズに仕事が進み、結果的に残業時間を30分以上減らすことも可能です。

協力関係を築き上げる

残業を減らすために、自分1人ではなく他の看護師と協力をすることも重要です。

多くの看護師が残業時間の長さに困っているので、そういった人たちと協力して普段以上の効率で仕事することができれば、残業時間を減らすことができます。

そのため、他の看護師との関係を良好にしておき、困ったときには助け合い、仕事をうまく分担して処理していけるようにしましょう。

労働環境を変えたいなら転職もアリ

看護師として働くやりがいは大きく魅力的ではあるものの、激務が原因で転職を考える人は多いです。

看護師を続けながら、激務を改善したい人は転職エージェントの利用がオススメです。

転職エージェントは多くの求人を持っているため、あなたの希望やこれまでの経験をヒアリングして、条件にマッチした求人を紹介してくれます。

とくに、看護師を専門とする特化型の転職エージェントは、看護師の転職に関するノウハウを豊富に持っているので、利用すれば頼もしい存在になるでしょう。

医療系特化型エージェント

利用した看護師の満足度は業界トップクラス!
求人数も豊富で非公開求人を数多く取り扱っています。

ポイント

  1. 利用した看護師の満足度96%!
  2. 現場の看護師さんからヒヤリングしたリアルな情報が知れる
  3. 医療系転職サービスを複数展開しているので信頼できる

マイナビ看護師に
相談する

4年連続支持率No.1の転職サービス
転職成功実績は3万件以上!

ポイント

  1. あなたにぴったり合った求人を厳選してご紹介
  2. 残業・人間関係など内部の情報も提供
  3. 給料交渉・退職交渉を徹底サポート

医療ワーカーに
相談する

全国の主要な医療機関を網羅!
希望に合った求人が見つかる転職サイト

ポイント

  1. 全国12万件以上の求人を保有
  2. アドバイザーの対応満足度No.1 (ネオマーケティング調べ)
  3. 各地域に特化したアドバイザーが対応

看護のお仕事に
相談する

多くの看護師に支持されている転職サイト!

ポイント

  1. 登録者限定で非公開求人を紹介
  2. 日本最大級の医療機関の情報量
  3. 上場企業が運営しているのでセキュリティは万全

ナースではたらこに
相談する

医療系求人数No.1の転職サイト
利用者満足度は96%!

ポイント

  1. 転職成功でお祝い金をプレゼント
  2. LINEで無料転職サポートが受けられる
  3. 2万件以上の看護師求人を保有

ジョブメドレーに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという人は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント