ICU看護師とは?役割や給料からメリット・デメリットまで紹介!

  • !

ICU看護師

    この記事ではICU看護師の役割や給料、メリット・デメリットについて解説しています。

    他にも適性や就任するために取っておきたい資格についても詳しく解説しているので、興味のある人はぜひご覧ください。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

ICU看護師とは

ICUとは集中治療室という意味で、ICU看護師とは集中治療室に配属された看護師のことを指します。他の看護師と違い、重症患者の回復支援や人命にかかわる病気の治療をサポートするのが主な業務です。

ICUでは毎日、一刻を争う事態が多発するため、職場全体がピリピリした雰囲気に包まれがちです。責任感のある仕事ですので、プレッシャーも大きいものになります。

ですが反面、自分の能力を遺憾なく発揮し、医師とともに重症患者の命を救うICU看護師には、それに見合った大きなやりがいがあります。日に日に安定し、回復して行く患者の状態を見守るのは、とても喜ばしく充実した体験になるからです。

ICU看護師の役割

ICU看護師の役割として、以下のようなものがあります。

  • モニターなどを用いての患者の状態管理
  • 患者の異常の分析・早期発見(アセスメント)
  • 医療機器の操作
  • 入院生活の看護
  • 患者の手術前後でのケア
  • 患者の家族に対するサポート

容態の異常発見から手術後のケアまで多岐にわたる仕事をこなすICU看護師は、ミニドクターとも呼ばれ、高度な専門性が求められます。

また、ICU看護師には患者だけでなく、患者の家族もサポートしていきます。

ICUに入るということは、それだけ患者の容態が悪いことを暗示しており、不安になっているのは患者だけでなくその家族も同じです。家族の不安を取り除くためにも、ICU看護師には今おこなっている治療や患者の容態、回復する見込みなどを説明する必要があります。

ICU看護師のメリット・デメリット

ICU看護師の仕事はやりがいが多いものの、デメリットに感じる部分もあります。

ここからは、ICU看護師として働く際のメリットとデメリットについて解説します。

ICU看護師のメリット2選

ICU看護師のメリットとして以下の2つが挙げられます。

  • 様々なトラブルや状況変化に臨機応変に対応できる対応力が身に付く
  • 勉強が求められる環境なので、看護師としての知識・スキルが上がる

ICU看護師には毎日変化する患者の状況を把握し、容態の異常を早期に発見するアセスメント能力が問われます。

そのため、優れた判断力と臨機応変に対応できる力を身につけることが出来るのはICU看護師の大きなメリットです。

また、異常の発見には知識と観察眼はもちろん、モニターなどの医療機器についても詳しく知っている必要があります。病院内で医療機器の勉強会が開かれることも多く、看護師としての知識やスキルが向上します。

ICU看護師のデメリット3選

一方、ICU看護師のデメリットとして挙げられるのは、以下の3つです。

  • ICUの患者は容体が急変することも多く、少しのミスが患者に影響してしまうプレッシャーや緊張感がある
  • 重症な患者が多く、患者とのコミュニケーションが少ない
  • 一般の看護師より覚えることが多く、ついていくのが大変

先述の通り、ICUには重篤な患者が多くいます。そのためICU看護師には、一般の看護師以上に緊張感を持って業務を遂行する必要があり、業務に対するプレッシャーは非常に大きいです。

また、ICUには話すことができない患者が多いため、患者とのコミュニケーションは少なく、むしろ患者の家族に対するケアのほうが多くなります。

覚えなければならない知識もたくさんあるため、勉強が苦手だという人には難しいかもしれません。

ICU看護師の平均年収は550万円

2020年7月30日時点の医療ワーカーの「全国の看護師の平均年収」によると、ICU看護師の平均年収は550万円ほどとされており、月給に換算しておよそ45万円となります。

2020年に厚生労働省がおこなった賃金構造基本統計調査によると、一般の看護師の年収が491万円であるため、ICU看護師は比較的高い年収といえます。

これには24時間体制で看護するICU看護師の性質上、夜勤が多くなることが大きな理由です。また、病院によってはICU看護師に対して特別な手当をつけるところもあります。

ただし、残業が少ないために残業代が出にくいという点は心得ておきましょう。他の診療科との比較では、例えば呼吸器外科や乳腺外科など、600万円近くの年収がある診療科もあります。

ですが、その他の多くの診療科よりもICU看護師の年収は上回っており、看護師全体の中では高めの水準であるといえます。

看護師の年収について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もぜひご覧ください。

ICU看護師になるには

ICU看護師になるには看護師として勤務してきた経験と知識が必要です。小さなミスが患者の生命にかかわるため、新人がいきなり配属されることはほとんどありません。

就任するために特別な資格は必要ありませんが、ICU看護師を目指すには看護師としての知識量をアピールする必要があるため、以下の資格は取得しておきましょう。

  • BLS(一次救命処置資格)
  • ACLS(二次救命処置資格)

BLSとは急な心肺停止や呼吸停止が発生した際に、AEDなどを用いてその場でおこなう心肺蘇生処置のことです。医療従事者だけでなく、一般にも広く普及している資格で難易度もそこまで高くありません。

講習を受け、筆記試験と実技試験に合格すれば取得できるので、医療従事者であれば取っておきたい資格です。

ACLSは医療従事者が専門の器具を用いておこなう心肺蘇生処置のことです。BLSよりも高度な知識とスキルがなければ、取得することは難しいでしょう。

認定団体によってはBLSを取得していることが要件に含まれている場合もあるので、ACLS取得を目指す際は注意してください。

ICU看護師に向いている人

看護師の中でもデータをもとに推測するのが得意な人、臨機応変な判断力を持つ人はICU看護師の適性があるといえるでしょう。

重篤な患者にとって、異常の早期発見が何より大切であり、ICU看護師には医療機器や医師の回診から得た情報を見て即座に分析するスキルが求められるからです。

また、ICU看護師は覚えることが多いため、複雑な医療機器の使い方や医療知識を意欲的に学べる人もICU看護師の適性があるといえます。

医療機器は日々進歩し、新しい機器を導入する際にはその使い方を学び直す必要があります。これらの複雑な機械に精通するための勉強を怠らない、知識欲の旺盛な人はICU看護師に向いているでしょう。

ICU看護師に転職するなら転職サイトの利用がおすすめ

ICU看護師への転職を考えているなら、転職サイトを利用してプロのアドバイザーに相談するのがオススメです。

プロのアドバイザーは転職者の求める条件と、その人の持っているスキルや経験から、希望にマッチした病院を判断してくれます。他にも必要な履歴書作成や面接対策など、転職活動のあらゆる面をサポートしてくれます。

とはいえ、担当するアドバイザーによってサポートの質が変わりますから、以下におすすめする2〜3社の転職サイトに同時登録するのが良いでしょう。

看護師さんにおすすめの転職サイト

多数のサイトで人気No1を獲得!
迷ったら登録すべき転職サイト。

※対応エリアが関東・関西・東海に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能な 看護のお仕事医療ワーカー への登録がおすすめです。

ポイント

  1. 東証一部上場企業の実績に自信あり
  2. 面接対策を強化したい人におすすめ
  3. 高年収、年間休日130日以上、日勤のみなど、様々な求人を保有

看護roo!
に相談する

6万件以上の求人数を保有!
全国の求人を取り扱い。

ポイント

  1. LINEで気軽に相談可能
  2. 職場環境の情報収集に強みあり。長く働ける職場を探したい人におすすめ
  3. 情報収集だけでも利用可能

看護のお仕事
に相談する

年間転職実績1万人以上!
あなたの希望にあった求人の紹介が可能

ポイント

  1. 住まいの地域に関係なく全国の看護師をサポート
  2. 応援看護師、訪問看護師、イベントナースなど、幅広い求人を保有
  3. webカウンセリングを利用可能、コロナ禍でも安心

医療ワーカー
に相談する

看護師の転職に役立つ関連記事

転職を目指す看護師におすすめの関連記事を載せておきますので、こちらも合わせて参考にしてください。

看護師向け転職サイトの参考文献

記事を書く際に参考にしたデータやサイトなどを掲載しておきます。

看護師に人気の転職サイト