2019.08.14

ロート製薬へ転職!事前に知っておくべき8ポイント!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

今回は日本を代表する製薬会社のロート製薬についてまとめてみました。

ロート製薬って何している会社?

「ロート製薬」という名前はだれもが聞いたことのあると思います。ロートブランドの目薬などは有名ですね。ではそれ以外には何をしている会社なのでしょうか?

ロート製薬株式会社は、1899年に前身である「信天堂山田安民薬房」として大阪で創業しました。

現在は大阪本社の他に東京、名古屋など全国7都市に事業所、三重県伊賀市と京都府木津川市に工場、研究所などを持っており、連結従業員数は6,600名を超えます。

ロート製薬は一般用目薬では国内トップシェアを誇りますが、その他にも以下の事業を展開しています。

◆国内ヘルスケア事業

  • 目薬、アイケア「Vロート」「アルガード」など
  • スキンケア「極潤」「ハダラボ」など
  • 外皮薬「メンソレータム」など
  • 内服薬「パンシロン」「トラベルミン」など

◆国内百貨店、専門店事業

  • スキンケアブランド「episteme(エピステーム)」
  • ビューティカウンター「ロートビューティヘルスサイエンス」

◆アグリ、再生医療事業

  • レストラン、都会型野菜農園、リラクゼーションサロンなど
  • 「Smart Camp(スマートキャンプ)うめきた」「Smart Camp(スマートキャンプ)東京」

◆海外事業

  • メンソレータム社(米国)、(ベトナム)、(インドネシア)はじめ各エリアに現地法人を置き世界110か国以上にネットワーク

このようにロート製薬は一般用医薬品(OTC医薬品)やスキンケア製品を主力商品としており、医療用医薬品には一切参入していませんが、「総合ヘルス&ビューティケア」企業としてグローバルに展開している企業と言えます。

ロート製薬の直近の業績

それではロート製薬の近年の業績はどうなっているでしょうか?

ロート製薬の売上高は2012年3月期には1203億円でしたが2016年3月期には1670億円までに成長しています。

2017年3月期は1546億円と7.4%減となりましたが、今期の見通しは1585億円と回復の兆しを見せています。また、営業利益も同様に今期回復傾向にあります。

ここまで好調に推移してきたロート製薬の売り上げが伸び悩んだ要因としては、中国経済の減収とはじめとする新興国の売り上げ減が挙げられ、セグメント別の売り上げ前年比では国内に次ぐシェアを持つアジア地域では18.8%の減収でした。

しかしここへ来て中国経済の回復傾で、ベトナムで売り上げが好調。

また環境やニーズの変化に対応した新商品の開発なども進めているなど、複合的な事業展開を行っているロート製薬は様々な施策を講じることで再増収への道を整備しているのではないかと考えられます。

ロート製薬の仕事内容・職種

では、ロート製薬にはどのような職種があるのでしょうか?

ロート製薬では現在、HP上で下記の職種を募集(キャリア採用)しています。

◆製剤開発職(スキンケア)(大阪本社勤務)

  • スキンケア領域における製剤開発業務

◆品質管理職(三重県勤務)

  • 品質管理業務

◆再生医療企画職(東京支社勤務)

  • 再生医療分野の事業戦略企画、実行

◆海外品質管理品質保証職(大阪本社勤務)

  • 海外の製品製造委託先・原材料サプライヤーの管理担当
  • 海外の子会社工場のQA/QCマネージャー候補

◆営業職(国内各事業所勤務)

  • ドラッグストア、スーパーマーケット、ホームセンター、GMSに対する企画提案

その他、非公開で転職エージェントを通じて採用活動をしている可能性もあります。

ロート製薬はその他の特徴として「カムバック・リベンジ採用」というものがあります。これは、ロート製薬を退職した元社員や以前選考で不採用になった人材が対象となります。

ただし、他社を経てスキルアップしていることが採用の前提となりますので、難易度が下がるというわけではないようです。

ロート製薬は他の大企業と比較して「見える」求人が多いように思えますが、選考は厳しいものであると予想されますのでしっかり情報収集をされることをお勧めします。

ロート製薬の仕事のやりがい

それではロート製薬の仕事にやりがいはどういったところでしょうか?

ロート製薬では職種に限らず「手を挙げる」文化で、やる気のある社員はどんどん仕事や裁量を任せるといった風潮があります。

若手であっても積極的に意見を言うことができる点がモチベーションへとつながっているケースがよくみられます。

また、研究や製造開発に携わっている職種では、自分が関わった商品が店頭に並んでいることに誇りを感じることが多いようです。

このようにロート製薬は自社商品のブランド力や若手であっても積極的に登用する社風がやりがいとなっているようです。

ロート製薬の評判・社風・カルチャー・口コミ(転職会議)

次にロート製薬の社員の評判はどうでしょうか?

ロート製薬は、福利厚生やワークライフバランスにおいて高い評価がされています。

若干部署によってもばらつきがありますが、休日、有給休暇は問題なく取得でき、産休育休の取得率も高いとの声が大半です。

社内の雰囲気は、職位に関係なく「~さん」付けで呼び合い、周囲とのコミュニケーションも取りやすいという声もある一方、意思決定がトップダウン型であるの声もありました。

ロート製薬は伝統のある大企業ですので、一部では保守的な考え方もありますが、若手を積極的に登用したりワークライフバランスにも取り組むといった先進的な取り組みを行っている企業であり、どの面をクローズアップするかによって社員の捉え方も大きく変わってくるのではないかと考えます。

ロート製薬の面接・SPIなど選考難易度

ロート製薬の選考は、「書類選考」⇒「面接(数回)」といたってシンプルなフローで行われるのが一般的で筆記試験はあまり行われていません。(ただし職種やタイミングなどによってこの通りではない場合もあります。)

面接では多くの場合、自身のキャリアビジョンについて深く聞かれます。特徴的な質問や奇をてらった質問はあまりないようです。

ロート製薬の中途採用は、面接を重視し、オーソドックスは質問をすることで、じっくりと人間性を評価しているのではないでしょうか。

企業研究はもとより、ご自身の今までの職務経験や今後のキャリアについてしっかり整理したうえで選考に臨まれることをお勧めします。

ロート製薬の年収相場(給与)は?

ロート製薬の平均年収は2016年度で約650万円、過去5年ほぼ横ばいです。

年代別の年収は

  • 20代 ~500万円程度
  • 30代 ~60万円程度
  • 40代 ~75万円程度

となるケースが多く、他の製薬会社と比較すると若干低めですが、他社と違い一般用医薬品が主力商品であるのと、契約社員の割合が高いことも影響しているようです。

また、中途入社の場合は職種や入社時の評価によっても変わってきますので転職エージェントなどでしっかり情報収集をして臨まれることをお勧めします。

高年収層の多い製薬会社への転職を考えている方は、ハイレイヤー向けのビズリーチの利用をオススメします!

ロート製薬に転職をするには?

ロート製薬などの大企業の求人は、大手の転職エージェントか、大企業に強い中小エージェントに非公開求人として、依頼する事が多いです。

以下でロート製薬への転職にオススメの転職エージェントを紹介しておりますので、ぜひご活用ください!

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。