ロート製薬へ転職!事前に知っておくべき8ポイント!

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は日本を代表する製薬会社のロート製薬についてまとめてみました。

ロート製薬への転職をすでに考えている方は転職エージェントのビズリーチの利用をオススメします!

ロート製薬って何している会社?

「ロート製薬」という名前はだれもが聞いたことのあると思います。ロートブランドの目薬などは有名ですね。ではそれ以外には何をしている会社なのでしょうか?

ロート製薬株式会社は、1899年に前身である「信天堂山田安民薬房」として大阪で創業しました。現在は大阪本社の他に東京、名古屋など全国7都市に事業所、三重県伊賀市と京都府木津川市に工場、研究所などを持っており、連結従業員数は6,600を超えます。

ロート製薬は一般用目薬では国内トップシェアを誇りますが、その他にも以下の事業を展開しています。

国内ヘルスケア事業

  • 目薬、アイケア「Vロート」「アルガード」など
  • スキンケア「極潤」「ハダラボ」など
  • 外皮薬「メンソレータム」など
  • 内服薬「パンシロン」「トラベルミン」など

国内百貨店、専門店事業

  • スキンケアブランド「episteme(エピステーム)」
  • ビューティカウンター「ロートビューティヘルスサイエンス」

アグリ、再生医療事業

  • レストラン、都会型野菜農園、リラクゼーションサロンなど
  • Smart Camp(スマートキャンプ)うめきた」「Smart Camp(スマートキャンプ)東京」

海外事業

  • メンソレータム社(米国)、(ベトナム)、(インドネシア)はじめ各エリアに現地法人を置き世界110か国以上にネットワーク

このようにロート製薬は一般用医薬品(OTC医薬品)やスキンケア製品を主力商品としており、医療用医薬品には一切参入していませんが、「総合ヘルス&ビューティケア」企業としてグローバルに展開している企業と言えます。

ロート製薬の直近の業績

それではロート製薬の近年の業績はどうなっているでしょうか?

ロート製薬の売上高は2012年3月期には1203億円でしたが2016年3月期には1670億円までに成長しています。2017年3月期は1546億円と7.4%減となりましたが、今期の見通しは1585億円と回復の兆しを見せています。また、営業利益も同様に今期回復傾向にあります。

ここまで好調に推移してきたロート製薬の売り上げが伸び悩んだ要因としては、中国経済の減収とはじめとする新興国の売り上げ減が挙げられ、セグメント別の売り上げ前年比では国内に次ぐシェアを持つアジア地域では18.8%の減収でした。

しかしここへ来て中国経済の回復傾で、ベトナムで売り上げが好調。

また環境やニーズの変化に対応した新商品の開発なども進めているなど、複合的な事業展開を行っているロート製薬は様々な施策を講じることで再増収への道を整備しているのではないかと考えられます。

ロート製薬の仕事内容・職種

では、ロート製薬にはどのような職種があるのでしょうか?

ロート製薬では現在、HP上で下記の職種を募集(キャリア採用)しています。

製剤開発職(スキンケア)(大阪本社勤務)

  • スキンケア領域における製剤開発業務

品質管理職(三重県勤務)

  • 品質管理業務

再生医療企画職(東京支社勤務)

  • 再生医療分野の事業戦略企画、実行

海外品質管理品質保証職(大阪本社勤務)

  • 海外の製品製造委託先・原材料サプライヤーの管理担当
  • 海外の子会社工場のQA/QCマネージャー候補

営業職(国内各事業所勤務)

  • ドラッグストア、スーパーマーケット、ホームセンター、GMSに対する企画提案

その他、非公開で転職エージェントを通じて採用活動をしている可能性もあります。

ロート製薬はその他の特徴として「カムバック・リベンジ採用」というものがあります。これは、ロート製薬を退職した元社員や以前選考で不採用になった人材が対象となります。

ただし、他社を経てスキルアップしていることが採用の前提となりますので、難易度が下がるというわけではないようです。

ロート製薬は他の大企業と比較して「見える」求人が多いように思えますが、選考は厳しいものであると予想されますのでしっかり情報収集をされることをお勧めします。

ロート製薬の仕事のやりがい

それではロート製薬の仕事にやりがいはどういったところでしょうか?

ロート製薬では職種に限らず「手を挙げる」文化で、やる気のある社員はどんどん仕事や裁量を任せるといった風潮があります。若手であっても積極的に意見を言うことができる点がモチベーションへとつながっているケースがよくみられます。

また、研究や製造開発に携わっている職種では、自分が関わった商品が店頭に並んでいることに誇りを感じることが多いようです。

このようにロート製薬は自社商品のブランド力や若手であっても積極的に登用する社風がやりがいとなっているようです。

ロート製薬の評判・社風・カルチャー・口コミ(転職会議)

次にロート製薬の社員の評判はどうでしょうか?

ロート製薬は、福利厚生やワークライフバランスにおいて高い評価がされています。

若干部署によってもばらつきがありますが、休日、有給休暇は問題なく取得でき、産休育休の取得率も高いとの声が大半です。

社内の雰囲気は、職位に関係なく「~さん」付けで呼び合い、周囲とのコミュニケーションも取りやすいという声もある一方、意思決定がトップダウン型であるの声もありました。

ロート製薬は伝統のある大企業ですので、一部では保守的な考え方もありますが、若手を積極的に登用したりワークライフバランスにも取り組むといった先進的な取り組みを行っている企業であり、どの面をクローズアップするかによって社員の捉え方も大きく変わってくるのではないかと考えます。

ロート製薬の面接・SPIなど選考難易度

ロート製薬の選考は、「書類選考」⇒「面接(数回)」といたってシンプルなフローで行われるのが一般的で筆記試験はあまり行われていません。(ただし職種やタイミングなどによってこの通りではない場合もあります。)

面接では多くの場合、自身のキャリアビジョンについて深く聞かれます。特徴的な質問や奇をてらった質問はあまりないようです。

ロート製薬の中途採用は、面接を重視し、オーソドックスは質問をすることで、じっくりと人間性を評価しているのではないでしょうか。企業研究はもとより、ご自身の今までの職務経験や今後のキャリアについてしっかり整理したうえで選考に臨まれることをお勧めします。

ロート製薬の年収相場(給与)は?

ロート製薬の平均年収は2016年度で約650万円、過去5年ほぼ横ばいです。

年代別の年収は

  • 20代 ~500万円程度
  • 30代 ~600万円程度
  • 40代 ~750万円程度

となるケースが多く、他の製薬会社と比較すると若干低めですが、他社と違い一般用医薬品が主力商品であるのと、契約社員の割合が高いことも影響しているようです。

また、中途入社の場合は職種や入社時の評価によっても変わってきますので転職エージェントなどでしっかり情報収集をして臨まれることをお勧めします。

高年収層の多い製薬会社への転職を考えている方は、ハイレイヤー向けのビズリーチの利用をオススメします!

ロート製薬に転職をするには?

ロート製薬などの大企業の求人は、大手の転職エージェントか、大企業に強い中小エージェントに非公開求人として、依頼する事が多いです。

以下でロート製薬への転職にオススメの転職エージェントを紹介しておりますので、ぜひご活用ください!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

しかし大手の転職エージェントでも担当になるキャリアアドバイザーによって得意、不得意もあるので、まずは複数の転職エージェントへ登録をしてみて一番自分に合うエージェントを見つけるよう能動的に動けるよう意識しましょう。