2019.08.14

メーカー・製造系の営業職へ転職情報

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

営業職をしており、現在の働き方に疑問を感じていて転職を意識している人も多いのではないでしょうか?

営業職での転職といっても様々な業界や、相手とするクライアントや扱う商材によって方法も幅広いですよね。

中でも生産力や開発力を売りとしているメーカーや製造系業界は、日本らしい風土やカルチャーがあり、ワークライフバランスを考えて転職先の候補としてある人もいるでしょう。

今回はメーカーや製造業の営業職への転職を考えている人向けの転職ノウハウをレクチャーしていきます。

メーカーや製造業の営業職とは

メーカーへの就職というのは非常に人気があります。文系の方でもメーカー・製造業の営業職として就職したいという方も数多くいらっしゃるでしょう。

では、メーカーや製造業の営業職というのはどのようなスタイルで行っているのかポイントを説明いたします。

◆原則新規開拓・テレアポ営業はない

メーカーは例外を除いてたいていの会社が販路というものが整っています。

そのため、新規開拓ということはあまり必要ではなく、クライアントをしっかり掴んでおくということ、関係性を維持する営業というのが求められます。

◆代理店営業が主流

営業というとお客先に直接ものを売り込みに行くとお考えの方がいらっしゃるかと思います。

メーカー営業ももちろんそのような働き方をしますが、もう1つの側面として、納品対応を行う代理店との関係構築を行っていくのが求められます。

代理店とは、メーカーの代わりになり、クライアントに自社の製品を扱ってくれるいわば「身代わり」のような存在です。

そして、クライアントとの関係は、代理店がつないでくれます。クライアントとのつながりをもってくれる大事なもう1つの営業先といえます。

◆専門知識の高さが必要

メーカーの営業に求められるものは、自社の製品に関する専門的な知識を伝えるための「専門知識」です。

代理店がつないでくれた関係に基づき、自社の製品のメリットを語れるだけの専門知識が必要な存在であると言えます。

つまり、新規開拓やテレアポといった、営業職の辛い仕事の代表のような業務はあまりありませんがその代わり、関係構築と専門知識の高さが求められるような営業であると言えます。

メーカーや製造業の営業職の良さ

では、メーカーや製造業の営業の良さというのはどのようなところでしょうか。そのメリットについてご紹介いたします。

メリット①安定している

上述でもご紹介したように、製品があるため、販路がある程度確立されている営業なのがメーカー営業です。そのため、売り上げが安定しています。

また、売り上げもある程度安定しているため、ほかの業界と比較して待遇・福利厚生が良い傾向にあります。

メリット②社会貢献性が高い

無形商材と決定的に違うのは、モノがあるということです。そのため、粗悪品を作っている会社でなけれ非常に社会貢献性の高い仕事をすることができます。

そういった点でやりがいを感じることができます。

メリット③身近なもの、またそれに準じたものを商材とできるわかりやすさ

メーカーで扱っているものは、上述でもお伝えしたように「モノ」を扱うことです。

そのため、身近なものを扱うことができますし、電子部品のような一見わかりやすいものであったとしても、完成品のことを考えたときにはその一部を作っているという分かりやすい仕事なのもメーカーで働ける良さであると言えます。

その一方、モノありきで営業をする点は、営業マンとして営業スキルが下がる、多少失敗しても売れるという点で汎用性のない営業スキルしか身につかないというのはデメリットの1つであると言えます。

メーカーや製造業の営業職への転職理由

では、メーカー・製造業へ転職する理由としてはどのようなものが挙げられるでしょうか。以下ご紹介をいたします。

転職理由①新規開拓・テレアポがつらいから

人と接する仕事、外で仕事ができるというのは営業職のやりがいではあるといえますが、突撃訪問、テレアポなど無理やりアポイントを取り、商談につなげるというのが苦痛だという方が営業の世界には数多くいます。

特に、証券業、人材業等の無形商材においてはその要素が強いです。

そういった仕事から解放されるためにメーカーの安定した営業をしたいという求職者が数多く存在します

転職理由②商品がわかりやすい

分かりやすいもの、身近なものを売りたいと考えるという声は非常に多いです。

そのため、食品メーカー、電機メーカーといった日常生活の中にあるものを売りたいと考える方がメーカー・製造業に転職したいと死亡する傾向にあります。

また、近年はIOT(Internet of Things)に興味を持つ方も多く、そういったハイテクなものでかつ身近なものに興味を持つ方も増えています。

転職理由③労働環境が安定しているから

メーカーは無形の商材と比較し、働き方が安定していることに加え、福利厚生が充実しています。

給与もしっかりしているので安心して働けると考えてメーカーに転職したいと考える方も多くいらっしゃいます。

メーカーや製造業の営業職で転職の志望動機

では、志望動機としてどのようなことを伝えればいいのでしょうか。

あくまでも自身が今の会社での働き方に課題があり転職をするということになるため、自分の言葉にする必要がありますが、本編では一般的な内容を記載させていただきます。

志望理由①自信をもって目標数字を追いたい

メーカーで働くことにより、顧客に良いものを提供することができます。

そのため、営業職として課された目標の数字をに対し、自信もって追っていきたいと考えたためメーカーを志望するといった旨の志望動機を伝えるというも1つ良い志望動機として挙げられます。

本内容はどちらかといえば、無形業界出身の方にフィットする内容となります。

志望動機②身近なものの販売に関わり、やりがいを得たい

現職(前職)で扱っていたものがわかりにくいもの、エンドユーザーの顔が見えないといった点に着目し、エンドユーザーが使っていることを想像できるものを売ることでやりがいにつながるといった内容を伝えると納得感を面接官から納得感を得られます。

本内容は有形業界から同じような有形のメーカー・製造業を志望される方向けの内容となります。

志望動機③カレンダー通りの休み

意外かもしれませんが、この内容を加えてあげると、転職に関するリアリティというのが伝わる場合も少なくありません。特に不動産業界・ハウスメーカーの方はここに該当します。

ただし、重要なのはあくまでもこの内容だけ伝えても内定は勝ち取れません。

ものを売ることにやりがいを感じる、身近な製品を販売し、顧客満足を得られるが、家庭のことを考えるとこの業界で働くことが難しいため、やりがいを維持し、かつカレンダー通りの休みを得られる、仕事なのでたまの土日出勤は受け入れるというスタイルを「率直」に伝えるというのも、面接官から納得感を得やすい志望動機となります。

営業職への転職をお考えの方へ

志望企業への転職は、中途採用を行なっている企業であれば、コーポレートサイトから直接申し込むことも可能です。

しかしながら、その後のキャリアプランを一人で考えるのはミスマッチが起こる原因でもあります。仮に転職に自信があったとしても、転職エージェントは無料でサポートをしてくれるので、受けた方がいいでしょう。

また自分一人では面倒な面接の日程調整や対策など様々なことしてくれるためマイナスにはなりません。

各サービス毎に、特徴があるため今の自分が何を求めるかどうかを考え利用をしましょう。

また、大手の転職エージェントは人数も多く実際のところ担当になるアドバイザーの質によって左右されます。

そのため本当にメーカーや製造業の営業職への転職を成功させたいのなら、いくつか他のエージェントも見て判断を見極めるべきです。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。