東京海上日動への転職(中途採用)を成功させる方法をプロが解説

    社会人になった、結婚した、子供が生まれた、など「保険に入ろう」「保険を見直そう」というタイミングはいくつかありますよね。

    一方で「1番お得な保険って?」「どの保険会社がいいのか」など疑問に思うこともあるかと思います。

    本記事ではそんな保険会社の中でも、明治創業と特に古い歴史を持つ東京海上日動についての転職情報に触れていきたいと思います。

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

東京海上日動って何をしている会社?

正式には東京海上日動火災保険株式会社と言い、東京海上ホールディングスでは国内災害保険事業を運営するグループ会社という位置づけになります。

社名に火災保険とありますが、他にも幅広い種類の保険を取り扱っています。

  • 海上保険
  • 傷害保険
  • 自動車保険
  • 自動車損害賠償責任保険

保険に加入する人を集めて保険料をお預かりする、保障の対象(火災や事故など)となりえる事象が起きた場合、そこから保険料支払う、というのが簡易的な保険の仕組みです。

収入保険料としては2兆円(2016年度)を超えており国内に幅広く拠点を構えています。

国内に124営業部、403営業室・課・支社、21事務所、損害サービス拠点244ヵ所(国内)、代理店数は5万店(国内)となっています。

東京海上日動の直近の業績

収入保険料は2013年度より右肩上がりで上昇し続けています。

一方で、経常利益と純利益は2015年をピークにやや減少傾向です。

これは法改正に関連する競合企業の出現や、高齢化などに代表される市況の変化から支払額も一定数増えていることが予想できます。

詳しくはIRで確認することができます。

東京海上日動の募集職種・仕事内容

ホームページ上で採用情報を確認することはできませんでした。(2018年6月時点)

ただし、公開していないだけということもありますので、関心がある人は、最新情報をエージェントに聞いてみることをオススメします。

東京海上日動ホールディングス

ホールディングスの採用情報では複数のグループ会社での採用情報を確認することができました。

特に、テレビCMでもおなじみのイーデザイン損保株式会社で複数のポジションで採用活動をしているようです。

企画・マーケ関連、エンジニア、金融スペシャリスト、コールセンター関連などを確認することができます。

東京海上日動へ転職したい人にオススメの転職エージェント

東京海上日動へ転職したいのなら、転職エージェントの利用をオススメします。

なぜなら、東京海上日動のような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからです。

また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から面接対策までおこなってくれます。自分で直接応募するよりも内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

おすすめの転職エージェント

自分のスキルや経験が企業からどう評価されているか知りたい人は、ビズリーチに登録して企業からスカウトを待つのも1つの手です。

どんなスカウトが来るかによって、自分の市場価値や年収相場も測れるので、まだ転職を検討してない人にもおすすめです。

東京海上日動の将来性は?

国内におけるトップブランドであり、極めて盤石な地位を築いています。

競合他社と比較しても海外展開もかなり進んでおり、国内市場にのみ依存していない安心感もあります。

他にも金融事業や国内生保でもバランスよく利益をあげているため安心感の上、さらなるチャレンジができる土壌があります。

東京海上日動のやりがい

業界のトップである、リーディングカンパニーである、という点に誇りをもって働ける、といった口コミが目立ちます。

また、給与やボーナスの水準も高く、自身の頑張りがしっかりと報酬に反映される点もやりがいを感じるポイントと言えるでしょう。

東京海上日動の働く環境は?

社内勉強会なども活発で、自発的に学ぶ意欲がある人には素晴らしい環境といえるでしょう。

時期にも寄りますが過度な残業はなく、自分でバランスを考えながら業務を設計できます。

また、有給も取得しやすく、年に数回長期連休が取れる仕組みがあります。

東京海上日動の評判・口コミ

給与や福利厚生、勤務時間などに関してポジティブな口コミが多い印象です。

人間関係がややドライで、積極的に交流したいという人にはやや不満、といった趣旨の口コミを確認することができました。

東京海上日動の年収・給与相場

  • 営業職・営業サポート 年収400~500万円
  • 課長級 1000万円以上

基本給は業界の平均水準ですがボーナスが高いのと昇給により大幅な年収増が見込めるようです。

東京海上日動の面接・SPIなどの選考難易度

自身の強み・弱み、トラブル発生時の対応方法、失敗をどうとらえるか、など一般的な質問が多いようです。

これまでの経験をしっかりと棚卸して面接に臨みましょう。

東京海上日動への転職を成功させるための方法

転職エージェントを利用することで、東京海上日動への転職を可能性を高めることができるからです。

転職エージェントでは、東京海上日動に転職をするためにの書類の添削や、面接対策を無料でおこなってもらえるため、内定獲得率を高められる可能性があります。

しかし、キャリアアドバイザーの経験やスキルはばらつきがあるので質にばらつきがあります。

ただ、キャリアアドバイザーは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった相性の良いキャリアアドバイザーに当たるためには、複数の転職エージェントに登録をオススメします。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、まずは登録して実際にキャリアアドバイザーに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをオススメします。

また、転職するべきか迷っている人は、東京海上日動のような大手企業から直接スカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがオススメです。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという人は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビ金融 AGENTに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

女性にオススメの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント