【2024年5月版】保育士の転職先ランキング!おすすめの選ばれる職場・業種・職種は?

【最新版】保育士の転職先ランキング!おすすめの選ばれる職場・業種・職種は?

    この記事では保育士へのおすすめ転職先をランキング形式で紹介します。

    これまでの経験や資格を活かせる仕事や保育士からのキャリアチェンジができる業種も解説します。保育士が転職先を選ぶ方法や転職を成功させるコツも紹介しているので参考にしてみてください。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

保育士におすすめの転職先ランキング

保育士として働いている人の中には、今の保育園に居続けるのは嫌だけど、保育士の仕事は続けたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

そんな保育士さん向けに保育士として転職する際におすすめの転職先をランキングで紹介します。

どんな人におすすめかも含めてお伝えするので、転職を考えている保育士さんは参考にしてみてくださいね。

1位|公立保育園

保育士におすすめの転職先第1位は、公立保育園です。

中でも公立保育園への転職は、ワークライフバランスを重視する人におすすめです。

というのも、一般的に公立の保育園の方が私立保育園よりも福利厚生が充実していて、年収も年齢が上がれば上がるほど高くなります。

転職エージェント末永 末永

そのため私立保育園で働いていて給料や待遇に対して不満を感じているのであれば、公立保育園への転職を視野に入れるのもおすすめです。

公務員保育士の働き方や年収の違いについて詳しく知りたい人は下記の記事も参考にしてみてくださいね。

2位|大規模の私立保育園

保育士におすすめの転職先第2位は、大規模の私立保育園です。

大規模の私立保育園への転職は、保育士としてのスキルを高めていきたい人におすすめです。

大規模の私立保育園だと100名以上の子どもがいるので、様々な子ども達と接する中でコミュニケーションの柔軟性を身につけることができます。

転職エージェント末永 末永

また行事が頻繁にあるので、行事の企画〜運営までこなす中で企画力や推進力を身につける機会も多いですね。

3位|中小規模の私立保育園

保育士におすすめの転職先第3位は、中小規模の私立保育園です。

定員20名以上〜100名未満の保育園のことを「中規模」と定義しますが、子供一人ひとりに向き合った保育をしたいと考えている人におすすめの転職先です。

というのも、中小規模の保育園は園児の数が少ないので子どもと密に関わることができるからです。

転職エージェント末永 末永

中小規模の保育園では保育士が少なくて休みが取りづらかったり、業務負担がより大きくなるデメリットはあります。


ですが、「もっと子供に向き合った保育をしたい」と感じる人は、中小規模の保育園が合うケースもあります。

転職エージェント末永 末永

とはいえ、大規模にしろ中規模にしろ自分に合った保育園を見つけ出すのは大変ですよね。


そんな時は転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントは数ある求人の中から、あなたの希望をしっかりヒアリングした上で合いそうな保育園の求人をピックアップしてくれます。

さらに転職活動のサポートまで全て無料でおこなってくれるので、自分で進めていくのが不安な人は以下の転職サイトから転職エージェントに相談してみましょう。

保育士におすすめの転職サイト

  • 保育士ワーカー
    保育士領域トップクラスの支援実績!保育士の転職といえばこのサイト
  • 保育士人材バンク
    保育士人材バンク限定の求人多数!働きやすさなど独自の情報で転職成功
  • 保育士バンク!
    累計40万人が利用!LINEでの24時間相談や保育士転職コラム記事でいつでも転職活動
  • マイナビ保育士
    人材大手のマイナビが運営する保育士特化の転職支援サービス!

4位|認可外保育所・託児所

保育士におすすめの転職先第4位は、認可外の保育所・託児所です。

認可外保育施設は自分の得意分野を活かしたり、子ども一人一人とゆったり向き合いたい人におすすめの転職先です。

というのも認可外保育所には、英語教育やスポーツ、芸術を重視した独自の保育をおこなう施設や、夜間保育園・ベビールーム・企業内保育園など規模が小さい施設が多いからです。

転職エージェント末永 末永

認可外保育所の中には、認可を得る基準を満たしているものの独自の保育を維持するためにあえて認可を取らない選択をしている施設もあります。


そのため一概に認可保育園より労働環境が悪いわけではなく、保育士に人気の転職先です。

5位|療育施設

保育士におすすめの転職先第4位は、療育施設です。

療育施設は、保育士としての専門性を高めたりキャリアの幅を広げたい人におすすめの転職先です。

というのも、療育施設は障害を抱える子供達の生活を援助する施設なので、障害のある子どもと接する中で児童発達や障害児支援に関する知識が必要になり、専門的な知識や経験が身につくからです。

転職エージェント末永 末永

一般の保育園でも発達に障害を抱えた子供と関わる機会は意外と多いため、発達障害の分野に興味がある人は転職先の候補として考えてみましょう。

番外編|その他の保育士におすすめの転職先

保育士として働く場合には、「子育て広場」「児童館」「放課後児童クラブ」といった子供向け施設で働くという選択肢もあります。

それぞれの保育施設の概要

  • 子育て広場:0歳〜3歳を中心とした乳幼児が遊んで過ごせる場所。
    ※スタッフは乳幼児の見守りのほか、子育てに関する相談や講座をおこなう。
  • 児童館:0歳〜17歳までの児童が自由に来館して遊ぶ場所。
  • 放課後児童クラブ:保護者が仕事の間、子どもに遊びの場を提供したり生活の支援をする施設。

これらはライフワークバランスを重視する人におすすめの転職先です。

なぜなら、どの施設も乳児や児童と関わる仕事で保育士の経験が活かせますし、開設時間も決まっていて残業も少ないからです。

転職エージェント末永 末永

保育士におすすめの転職先へ転職する場合には、保育士向けの転職エージェントを活用すると希望に合う求人を見つけやすいので積極的に活用していきましょう。


また、保育士向けの転職エージェントでは、保育士経験のあるキャリアアドバイザーも在籍しているため、保育士のキャリアや転職に関する相談も気軽にできますよ。

保育士におすすめの転職サイト

  • 保育士ワーカー
    保育士領域トップクラスの支援実績!保育士の転職といえばこのサイト
  • 保育士人材バンク
    保育士人材バンク限定の求人多数!働きやすさなど独自の情報で転職成功
  • 保育士バンク!
    累計40万人が利用!LINEでの24時間相談や保育士転職コラム記事でいつでも転職活動
  • マイナビ保育士
    人材大手のマイナビが運営する保育士特化の転職支援サービス!

保育士の転職に強いおすすめ転職エージェント・転職サイトランキングは下記の記事参考にしてみてください。

保育士の経験や資格を活かせる転職先

ここでは保育施設以外に保育士の経験や資格を活かせる転職先をランキングで紹介します。

子供との関わりが少なくなることもありますが、保育士として働く人のサポートをしたり、保育士とはまた違った貢献ができる転職先もあるので参考にしてみてください。

1位|保育園運営会社

保育士の経験を活かせる転職先としておすすめなのが保育園運営会社になります。

保育園を運営している会社で働く場合には「総合保育士」「スーパーバイザー」「総合職」などの職種の選択肢がありますが、それぞれ以下のような役割や特徴があります。

  • 総合保育士
    保育園運営会社が運営している保育園の保育士として経験を積んでから、主任や園長として働くか本部スタッフで運営として働くかを選ぶことができる。

  • スーパーバイザー
    保育園の運営を円滑に進めていくためのサポート業務を行う。主に保育園運営のサポートや新規園の開園準備、行政対応や保育士の採用面接対応など幅広い仕事をこなす。

  • 総合職
    一般企業と同様に「営業職」「事務職」「人事」「広報」「運営管理」などの職種に分かれてそれぞれの役割の仕事を行う。

保育士として働きたい場合には総合保育士がおすすめですが、保育園の運営に携わったり、保育士以外の経験を積みたいと考えている人はスーパーバイザーや総合職で働くのもおすすめです。

スーパーバイザーとして働くためには保育士としての経験や実績が必要なので、転職してすぐに携わることができるわけではありませんが、キャリアアップの選択肢としてはおすすめなので、興味のある人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

保育園の運営会社の求人を探すなら保育業界特化型の転職サイトである保育士バンク!を利用するのがおすすめです。

保育士バンクはキャリアアドバイザーの転職支援も受けることができるので、保育園の運営会社での仕事内容について詳しく知りたい人は上記のリンクからキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

また保育士バンク!以外にも、複数の業界の求人を保有している大手総合型の転職エージェントでも求人を紹介してもらえるので、以下から無料登録して大手のエージェントにも相談してみましょう。

おすすめの大手総合型転職エージェント

2位|保育業界の一般企業

保育士として働いた経験を活かしたいのであれば、保育業界向けのサービスや商品を販売・提供している一般企業へ転職するのもおすすめです。

保育業界向けの一般会社では、保育用品・乳幼児用品などの子育て商品や知育玩具・屋内遊具・絵本などの子供向けの商品、保育関連備品・保育士関連用品といった保育園や保育士に関連する商品を取り扱っているため、保育士として働いてきた経験や知識を活かすことができます。

保育関連企業が取り扱う商品

  • 子供向け用品
    保育用品・乳幼児用品

  • 子供向け遊具
    知育玩具・絵本・紙芝居・視聴覚商品
    室内遊具・屋外遊具

  • 保育園・保育士関連商品
    保育関連備品・保育士関連用品

保育士が保育業界の一般企業で働く場合には、営業職や事務職で働くことが多いですが、経験を積めば商品企画をする機会もあるため、保育士として働いている中で感じた「こんな商品があったらいいのにな」という考えを実現する機会もあります。

保育業界の一般企業では、保育用品を総合的に取り扱っている会社もあれば、特定の分野に特化して商品を製造・販売している会社もあるので、転職する際にはどのような商品を製造販売しているのかをリサーチしておくことが大切です。

また、保育関連商品を製造販売している会社で働いていると、子育てママ・子供・保育士に役立つ商品を広げていける楽しさもあるので、興味がある人は転職先の候補として入れましょう。

転職エージェント末永 末永

保育士ではなく一般企業に勤めたい場合は、大手転職エージェントに登録しましょう。


大手エージェントはあらゆる業界・職種の求人をトップで網羅しており、業界知識や未経験転職を目指す求職者のサポート実績が豊富です。


そのため、保育士に限らず他の職種に転職する際の意思決定のサポートは大手エージェントが最も信頼できるのです。

おすすめの大手総合型転職エージェント

保育士から一般企業に転職を目指すなら以下の記事を読んでみてください。

3位|子供向けアミューズメント施設の運営会社

保育士の経験を活かせる転職先の中でも、子供との関わりが多い転職先として挙げられるのが、子供向けアミューズメント施設の運営会社になります。

アミューズメント施設には、子供向けの施設ものから全年齢を対象にしている施設もありますが、子供向けのアミューズメント施設では保育士として働いてきた知識や経験を活かしやすいので子供と関わりたいと考えている人にはおすすめの転職先です。

また、子供向けアミューズメント施設では子供が自由に遊べる場所も多く、子供が遊具を利用して怪我をしてしまうリスクもあるため、保育士として働いてきた中で培った経験やリスクヘッジ能力を活かせる場面もあります。

子供向けのアミューズメント施設にもコンセプトがあって特徴が異なりますが、スタッフとして現場で働いたり、イベント・コンテンツ企画として働くなど、様々な選択肢があるので興味のある人は詳しく調べてみましょう。

4位|保育士向け人材派遣・紹介会社

保育士として働いた経験がある人であれば、保育士向けの人材派遣会社や人材紹介会社の営業職やキャリアアドバイザーとして働くのもおすすめです。

人材業界は未経験からでも特定分野の経験があれば転職できる可能性も高く、特に保育士向けのサービスを提供している人材派遣・紹介会社では保育士経験のある人を求めていることが多いです。

また、保育士の中にはライフワークバランスを重視して派遣で働く人もいますし、保育士が転職をする際には転職エージェントを活用する人も多く、保育士向けの転職サービスの需要は高いので未経験からでも転職できる可能性は十分にあります。

人材派遣・紹介会社では保育士の希望のキャリアを実現する手伝いができますし、保育士経験があれば、自分の経験を踏まえたアドバイスができため、人材会社で働くことに興味がある人はどのようなサービスがあるのか調べてみると良いですね。

5位|保育士向け専門学校

保育士としての経験を積んでいる人であれば、保育士として働いてきた経験を活かして保育士向け専門学校の教員になる選択肢もあります。

保育士向けの専門学校では、これから保育士を目指す人の教育に携わることができるため、貢献度が高くやりがいを感じやすいですし、自身の経験から伝えられることも多いです。

また、教員以外にも学校事務の求人もあるため、保育士の教員として働くのはハードルが高いけど、保育士の専門学校で働きたいと考えている人は、学校事務として働くのもおすすめです。

保育士専門学校の求人は数が限られているので求人倍率は高いですし、教員になるには保育士としての実績がないと難しいですが、将来のキャリアの選択肢として検討はできますね。

保育士の資格を活かせる仕事については下記の記事でも詳しく解説しています。

保育士の経験や資格を活かせる職種

ここでは保育士以外に保育士の経験や資格を活かして働ける職種をランキングで紹介します。

転職エージェント末永 末永

特に、保育ママ・ベビーシッターは保育士としての能力が評価に直結する仕事でやりがいもありますし、ベビーホテル・幼児教室・子供向けアミューズメント施設スタッフも保育士の経験をかせる職種なのでおすすめですよ。

1位|保育ママ

保育ママは保育ママ制度(家庭的保育事業)で自治体から認定された事業者のことを指し、個人・複数の小規模事業者で運営している個人保育施設で保育を行っていきます。

保育ママとして働くには自治体で定められた要件を満たす必要があり、保育士の資格や経験がなくても研修を受ければ認定してもらえることもあるため、育児経験があって自治体の基準を満たしていれば保育ママとして開業することは可能です。

ですが、保育士としての経験があれば保育ママとしての信用を得やすいですし、育児経験がある場合には自身の経験を活かしてサービスの提供ができるため保育士が独立をする際の選択肢としてはおすすめの職種になります。

ただし、自宅環境によっては開業が難しいケースもありますし、運営をするためには保護者が安心してお願いできる環境を整備する必要があるので、開業する際には情報収集をして事業計画を綿密に立てた上で開業を目指していくことが大切です。

2位|ベビーシッター

ベビーシッターは0歳〜12歳程度の子供を対象とした保育や教育などの生活支援を行う仕事で、ベビーシッターは保育園を利用できない保護者や一時的に子供の面倒を見て欲しい人からの需要が高いため、保育士からキャリアチェンジするのにおすすめの職種となっています。

ベビーシッターとして働く場合には「個人事業主」「派遣社員」の働き方がありますが、個人事業主の場合には自分で営業活動をする必要もあり、何かあった時には自分で解決する必要があるので、独立するかどうかは慎重に判断しましょう。

というのも、派遣社員であれば派遣会社が紹介してくれる派遣求人に応募すれば問題はありませんが、個人事業主が仕事を探すには場合にはベビーシッター向けマッチングサービスやSNSを活用して営業活動をする必要があり、経験がないと営業をしても仕事を獲得できないこともあります。

また、保育園と違って複数人で子供を見守ることはできないので目を離すことはできませんし、子供に何かあった時には適切に対応する必要があるため、ベビーシッターとして働くにはそれなりの経験が求められることは意識しましょう。

3位|ベビーホテルスタッフ

ベビーホテルとは宿泊目的専用の施設ではなく、保育施設の中でも20時以降の保育活動や宿泊を伴う保育など、主に夜間から早朝にかけた保育サービスの提供をしている施設のことを指します。

ベビーホテルスタッフの仕事は基本的に夜間の仕事になりますが、24時間体制で保育対応をしている施設であれば、昼間は保育士として働いてシフト制で夜間の保育の対応をする施設もあります。

夜勤が発生するためライフワークバランスを重視する人向けではありませんが、深夜手当が支給されることで年収が上がる可能性もあり、夜間の保育なので日中よりも業務量が少ないのも特徴です。

もちろん、夜間でもやらなければいけない仕事はありますし、子供が夜に起きたり、夜泣きしてしまった場合には付きっきりで対応する必要がありますが、希望する働き方によっては一つの選択肢として入れておくのもいいです。

4位|幼児教室スタッフ

保育士としての経験がある場合には、0歳〜6歳児の成長を促すために教育を行う幼児教室のスタッフとして働くのもおすすめです。

幼児教室では自分で考えて行動する力や相手を思いやる力を身につけたり、英語・体操・音楽・絵を通して子供の才能を見出すなど、専門知識・技能を習得させる目的の教室もあります。

子供は発達段階によって適切に支援してあげることで、子供の才能を伸ばしてあげることにつながるため、幼児教室は教育熱心な保護者からの需要が高く、保育施設によっては保育園と幼児教室のどちらも提供している人気の保育施設も存在します。

幼児教室で働く場合には専門的な知見が求められますし、保育とは別の視点で子供と向き合って対応をしていく必要があるので大変ですが、保育園とは違う観点から子供の成長を支援してあげられることにやりがいを感じる人は多いようです。

5位|子供向けアミューズメント施設スタッフ

保育士の経験を活かして働いていきたい場合には、子供向けアミューズメント施設のスタッフとして働いてみるのもおすすめです。

子供向けアミューズメント施設には子供の遊ぶ場を提供する施設や職業体験を行う施設など種類がありますが、いずれも子供と接する機会が多いため保育士として働いてきた経験を活かしやすいです。

また、接客・サービス業なので未経験からでも挑戦しやすいですし、保育士とは違った視点で子供と接することができるので、子供の遊びやすい場や体験を通した学びを提供する場の作り方などを学ぶこともできます。

年収やキャリアの観点で考えると保育士として働き続けた方が良いケースもありますが、 視点を変えて子供と関わることでキャリアの幅を広げることにもつながるので興味がある人はどのような施設があるのか調べてみましょう。

転職エージェント末永 末永

保育士としての経験が活かせる職種は他にもたくさんありますが、保育士関連の仕事を探す場合には、保育士向けの転職エージェントの活用がおすすめです。


特に、保育士ワーカー保育士人材バンクは、保育士の転職支援に特化しているため、利用することで希望の求人を効率的に探すことができますよ。

保育士におすすめの転職サイト

  • 保育士ワーカー
    保育士領域トップクラスの支援実績!保育士の転職といえばこのサイト
  • 保育士人材バンク
    保育士人材バンク限定の求人多数!働きやすさなど独自の情報で転職成功
  • 保育士バンク!
    累計40万人が利用!LINEでの24時間相談や保育士転職コラム記事でいつでも転職活動
  • マイナビ保育士
    人材大手のマイナビが運営する保育士特化の転職支援サービス!

保育業界以外|保育士におすすめの業界

ここでは保育以外の業界に興味を持っている人向けに、保育士からキャリアチェンジする場合におすすめの業界をランキングで紹介します。

未経験で転職するには難易度の高い業界もありますが、これまでの経験で得たスキルが活かせることもあるため、まずはどのような業界があるのかチェックしてみてくださいね。

1位|アパレル・美容・コスメ業界

アパレル・美容・コスメ業界も女性が多い業界で未経験から転職できる職種も多いため、保育士からキャリアチェンジをする業界としてはおすすめです。

保育士は女性の割合が多い職種なので、アパレル・美容・コスメに興味関心を持っている人も多いですし、接客・販売員であれば未経験からでも挑戦がしやすいです。

そのため、保育士からキャリアチェンジを考えていて、アパレル・美容・コスメの業界に興味を持っているのであれば、積極的にチャレンジしてみるのも良いです。

2位|介護業界

介護業界は高齢化社会の中で需要も高く、未経験からでも転職しやすいのでおすすめの業界です。

介護業界の仕事では、利用者とコミュニケーションを取りながら信頼関係を構築したり、事故が起こらないようにリスクヘッジが必要な点など、求められるスキルには保育と近い所もあるため、保育士の経験を活かせる場面もあります。

介護業界は未経験からでも挑戦はしやすいですが、体力が必要な仕事で人材も不足している状態なので大変な部分もありますが、高齢化社会において非常に重要な役割を担っているので福祉の仕事に興味がある人はチャレンジしてみるのも良いでしょう。

3位|IT・Web業界

IT・Web業界は幅広い業界の中でも需要や将来性が非常に高く、IT・Web業界の職種も同様に需要や将来性が高いため、経験を積むことで安定して働いていくことができるおすすめの業界です。

また、保育士よりも年収の水準が高くて働き方に柔軟性がある職種も多いため、IT・Web業界の職種に転職することで年収アップや柔軟な働き方の実現ができる可能性もあります。

そのため、保育士として働く中で年収が低い・働き方が合わないと感じている人や将来性の高い業界で働きたいと考えている人は、IT・Web業界の職種へキャリアチェンジするのも良いですね。

転職エージェント末永 末永

IT・Web業界はリモートワークがしやすいなど働き方の面でも人気のある業界ですが、職種によってはハードワークだったり、コミュニケーションが難しかったりして合わないと感じる人もいます。


一般論に流されすぎず本当に自分の理想に合った転職をするためには、その業界・職種に詳しい転職のプロに相談するのがおすすめです。

転職エージェント末永 末永

ちなみに転職のプロに相談するなら、全業界・職種の求人を幅広く扱う業界大手のリクルートエージェントdodaマイナビエージェントの3つの転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントは面談を通してあなたの志向性や希望条件を踏まえておすすめの業界や職種について教えてくれます。さらに、書類添削や面接対策など転職活動全般のサポートも無料でおこなってくれるので、未経験の転職に不安がある人は転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

下記から無料登録して転職エージェントに面談予約することができるので、一度相談してみてくださいね。

おすすめの大手総合型転職エージェント

4位|アミューズメント・レジャー業界

アミューズメント・レジャー業界は、映画館や遊園地などの遊戯施設や旅行・観光に関連する業界で、数多くの業態や職種が存在しています。

アミューズメント・レジャー業界は社会情勢に左右されやすい業界ではありますが、それでも安定的に需要はありますし、未経験から挑戦できる職種もたくさんあるため保育士からキャリアチェンジするのにおすすめの業界です。

特に、子供関連のアミューズメント施設のスタッフとして働けば保育士としての経験を活かすこともできるため、業界選択に迷った際には一つの選択肢として入れるのもありです。

5位|教育業界

教育業界はハードルが高いと感じる人も多いですが、教育業界の職種の中には「幼稚園教諭」「幼児教室スタッフ」「子供向けスクールのスタッフ」など、保育士の経験を活かせる職種もあります。

特に、幼児教室や子供向けスクールのスタッフは保育士として小さい子供と接してきた経験を活かすことができますし、幼児期の教育という子供にとって重要な時期に関わることができるため、保育士に近いやりがいを感じることができます。

もちろん、教育分野に関する専門的な知識が求められるためハードルは高くなるかもしれませんが、子供が好きで保育士として働いている人にはおすすめの業界と言えます。

転職エージェント末永 末永

保育士から未経験の業界へ転職する際には、幅広い業界の転職に精通した転職エージェントを活用するのがおすすめです。


特に、リクルートエージェントdodaでは、各業界に精通したキャリアアドバイザーも在籍しているため、気になる業界への転職について相談もしやすいですよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

保育職以外|保育士におすすめの職種

ここでは他の職種に挑戦したいと考えている保育士さん向けに、キャリアチェンジする場合におすすめの職種をランキングでお伝えします。

転職エージェント末永 末永

上記の職種は未経験から転職を成功させている人も多いので、興味のある職種があればぜひチェックしてみてくださいね。

1位|接客・販売職

保育士からキャリアチェンジするのであれば、未経験からでも転職がしやすくて保育士の経験が活かしやすい接客・販売職へ転職するのが良いですね。

接客・販売職の仕事には数多くの業態がありますが、以下の職種であれば未経験からでも転職がしやすかったり、子供と接する機会もあるため子供が好きな人にはおすすめです。

接客・販売職の中でおすすめの職種

  • アパレル販売員
  • 美容・コスメ販売員
  • 子供向け玩具販売員
  • 飲食店スタッフ
  • ホテルスタッフ
  • アミューズメント施設スタッフ

接客・販売職は年収が高いわけではありませんが、人と接する仕事なのでコミュニケーション能力も必要ですし、子供向けの販売員や施設スタッフとして働けば子供と接する機会もあります。

そのため、未経験からでも転職しやすい職種や子供と接する機会がある仕事に就きたいと考えている人は、接客・販売職の中でも上記の職種で求人を探していくのがおすすめです。

転職エージェント末永 末永

求人は転職サイトなどから探すことも可能ですが、より自分に合った求人を見つけるなら転職エージェントを活用するのがおすすめです。


特に異業種転職の場合は、仕事内容がよくわからないまま条件で選んでミスマッチになるケースも多いです。


そのため、希望する業界・職種に詳しい転職エージェントに相談して仕事内容の詳細や自分に合っているかなどをしっかり見極めていきましょう。

20代で異業種転職したいのなら20代向けの転職支援サービスであるUZUZハタラクティブマイナビジョブ20'sの3社がおすすめです。

正社員経験が少ない人におすすめエージェント

  • UZUZ
    平均12時間以上の手厚いサポート!高卒・既卒・フリーターからの正社員転職に強み
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント!未経験から挑戦できる求人多数
  • マイナビジョブ20's
    未経験OKの求人が7割以上!新卒支援実績No.1のマイナビによる20代向けエージェント

30代以降になると20代向けのサービスは利用できないので、大手のリクルートエージェントdodaに相談してみると良いですね。

おすすめの大手総合型転職エージェント

2位|介護職

介護業界は高齢化社会の影響で需要は拡大していますが、介護士が不足している状況なので未経験からでも積極的に採用をしています。

介護士は保育士として働いてきた中で培ったコミュニケーション能力や観察力、リスクマネジメント能力が活かせる職種なので、転職の際には保育士の経験の中でリスクを回避するために意識してきたことがアピールにつながることもあります。

また、介護の仕事は資格がなくても生活補助や事務的な仕事はできますが、身体介護をするには介護職員初任者研修以上の資格が必要なため、介護士へ転職する際には介護職員初任者研修だけでも取得しておくと転職活動を有利に進めることが可能です。

そして、介護職には「介護士」「介護助手・補助」「ホームへルパー」「ケアマネージャー」などがありますが、介護士としてキャリアアップをしていくためには積極的に介護関連の資格を取得していくことが重要です。

3位|事務職

未経験から安定した仕事に就きたいと考えている人であれば、一般企業や特定施設の事務職として働くのもおすすめです。

事務職には様々な種類がありますが、未経験からでも挑戦しやすい事務職としては以下のものが挙げられます。

未経験から挑戦しやすい事務職

  • 受付事務
  • 一般事務
  • 営業事務
  • 総務事務
  • 学校事務
  • 医療事務
  • 介護事務

上記のように、基本的なPCスキルがあれば未経験からでも転職できる事務職はたくさんあり、事務職の多くは残業が少なくて安定して働けるため人気の職種となっています。

また、一般企業の事務職としての経験を積んでスキルを身につけていけば、年齢を重ねても転職がしやすく安定して働くことできるため、事務職を目指すのであれば一般事務や営業事務で求人を探してみると良いですね。

未経験から事務職への転職のコツについては下記の記事も参考にしてみてください。

4位|営業職

未経験から転職する際におすすめの職種の上位にくることが多いのが営業職ですが、営業職は業界によって商材も変わるため、転職の際にはどの業界の営業職を選ぶのかも重要になってきます。

また、営業職には広告・人材紹介・ITサービスのような無形商材と自動車・日用品・食品・衣類などの有形商材の営業がありますが、保育士から転職をする場合には以下の業界の営業職への転職を目指すのがおすすめです。

転職するのにおすすめの営業職

  • IT営業
  • 保育商材営業
  • 知育・玩具メーカー営業
  • 広告代理営業
  • 不動産営業
  • 旅行業営業
  • 保険営業

営業職には有形商材・無形商材以外にも「個人営業」「法人営業」「カウンターセールス」などの種類があり、取り扱っている商材によってターゲットは変わります。

また、ルート営業と新規開拓では求められる能力も変わりますし、商材によって金額も大きく変わってくるため、業界や取り扱っている商品によって営業方法にも違いが生じることも多いです。

ですが、営業職として経験を積んで実績を残すことで安定して働いていくこともできますし、インセンティブが発生する場合には成果次第で年収を大幅に上げることができるため、興味がある人は営業職への転職も視野に入れてみましょう。

転職エージェント末永 末永

保育士から営業職でのキャリアアップを目指すなら大手エージェントへの登録がベストです。


大手エージェントは転職支援実績トップクラスのエージェントなので、営業職としてキャリアアップするためのキャリアプランニングのサポートや求職者にマッチした企業の紹介に期待できます。

おすすめの大手総合型転職エージェント

5位|IT系技術職

IT・Web業界の職種は需要が高く将来性もある職種が多いですが、その中でもIT系技術職は特に需要が高く、経験を積んでいくことで高年収を目指していくことができるのでおすすめです。

IT系技術職は未経験からの転職難易度は高いですが、その分経験を積むことで年収を上げていくことができるだけではなく、独立して希望する働き方を実現しやすいのも特徴です。

特に、以下の職種は未経験からチャレンジする人も多いため、興味がある人は積極的に目指しましょう。

おすすめのIT系技術職

  • フロントエンドエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア
  • インフラエンジニア
  • スマホアプリエンジニア
  • Webデザイナー

フロントエンドエンジニアはWebサイト制作やサービスの中でもユーザーが見る画面を作る役割を担っていて、サーバーサイドエンジニアはITサービスの機能部分の開発を行っていきます。

また、インフラエンジニアはサービスやシステムの開発・運用のために必要なインフラを構築する役割を担い、スマホアプリエンジニアはiOS・Androidアプリの開発を行なっていく職種です。

Webデザイナーは主にWebサイトのデザインや画像・バナーの作成を行っていきますが、フロントエンドの開発スキルを求められることもあるため、Webデザイナーを目指す場合には開発スキルの習得も必要になると考えておきましょう。

いずれの職種もそれぞれの職種で活用されるプログラミング言語やITツールの知識の習得が必要になるため、未経験からだとスキル習得から始める必要がありますが、一度転職できればそこからのキャリア形成はしやすいです。

そのため、IT業界の中でも高年収を目指せる職種やWebサイト制作・ITサービスの開発に興味がある人は、IT系技術職への転職を目指すのがいいです。

転職エージェント末永 末永

未経験からIT系技術職へ転職するにはプログラミングスキルの習得が必要ですが、未経験からだと独学での学習は難易度が高いです。


そのため、未経験からIT系技術職へ転職するためにスキル習得をするなら、以下のプログラミングスクールを活用していくと効率的に学習を進めることができるのでおすすめです。

未経験からIT業界への転職のコツについて詳しく知りたい人は下記の記事を参考にしてみてくださいね。

保育士が転職するメリット

ここでは保育士が転職するメリットについて転職の方法別に紹介していきます。

保育士として転職をする場合

保育士が他の保育施設に転職をするメリットは大きく分けて2つあります。

保育士として転職をするメリット

  • 今の不満が解消される可能性がある
  • 保育士としての経験値を広げられる

保育士として転職するメリットの1つ目は、「今の不満が解消される可能性がある」ことです。

なぜなら保育士の仕事自体は好きでも、「年収・待遇」「人間関係」「労働環境」に不満がある場合は、環境に要因があることが多いからです。

2つ目は、「保育士としての経験値を広げられる」ことです。

施設の規模や保育方針によって業務範囲や子どもとの関わり方に違いがあります。

転職エージェント末永 末永

そのため、転職して環境を変えることで業務内容や周りの人間関係、待遇などが好転する可能性がありますね。

保育士の経験や資格を活かせる職場に転職する場合

保育士の経験や資格を活かせる転職先・職種に転職するメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

保育士の経験や資格を活かせる転職先・職種に転職をするメリット

  • 保育士とは異なる環境で働ける
  • 希望する働き方の実現がしやすくなる
  • 保育士よりも年収が上がる可能性がある
  • キャリアの幅を広げることができる

保育士の経験や資格を活かせる転職先・職種はいくつかありますが、いずれも保育士とは異なる働き方ができる転職先・職種も多いため、保育士の働き方が合わないと感じていた人の中には、転職をして働きやすくなったと感じている人もいます。

また、一般企業は年収の水準も保育園より高いケースが多いため、転職することで年収アップができる可能性もありますし、保育士として働くだけでは積めない経験を積むことができるので、キャリアの幅を広げることにもつながります。

もちろん、良い条件で転職するには保育士としての経験や実績も求められますし、一般企業で働く場合は適性も求められますが、保育士とは違った経験を積むことできるので、興味のある転職先・職種があれば一度詳しく調べてみると良いですね。

保育士が未経験転職をする場合

保育士が他業界・他職種へ未経験転職するメリットは以下の通りです。

保育士が未経験転職するメリット

  • 年収アップが実現できる可能性がある
  • 保育士とは違う経験を積むことができる
  • キャリアの選択肢を広げることにつながる
  • 希望する働き方が実現しやすくなる

保育士から他業界・他職種に転職する場合、職種によっては保育士よりも年収の水準が高くなるケースもあるため、転職することで年収アップが実現できる可能性は十分にあります。

また、職種が変われば仕事内容も変わるため、新しい経験を積んで社会人としての視野を広げることもできますし、様々な経験を積むことでキャリアの選択肢を広げることにもつながります。

その他にも、職種によって働き方は変わりますが、働き方を基準に職種を選ぶことで、希望する働き方が実現しやすくなるなどのメリットも挙げられますね。

保育士から異業種への転職について詳しく知りたい人は下記の記事もおすすめです。

保育士が転職する際の注意点

保育士が転職をする際に注意すべき点を転職の方法別にお伝えします。

転職で今の悩みや不満がすべて解消されるわけではないので、注意すべき点を押さえながら転職活動を進めていきましょう。

保育士として転職をする場合

保育士として転職する際に注意したいことは、希望条件が全て叶う職場を見つけることは難しいということです。

というのも、希望する転職先を探すことはできても、内定を貰うにはスキル・経験・実績が求められますし、実際に働いてみたら元々のイメージと多少のギャップ感じることもあります。

転職エージェント末永 末永

そのため転職する際には希望条件に優先順位を付けておき、自身のスキル・経験・実績も考慮してベターな選択をするという意識で臨みましょう。

転職エージェント末永 末永

とはいえ、転職をするのであれば現職に対して感じている不満は解消したいですよね。


より希望条件にマッチした転職をしたいなら転職エージェントを活用するのがおすすめです。

というのも、転職エージェントは保育園との間に立って、勤務条件の交渉までおこなってくれますし、保育園の内情に詳しいのでより精度の高いマッチングが可能だからです。

特に保育業界特化の保育士ワーカー保育士人材バンクは保育士の転職支援実績が豊富なので、相談するならこの2社の転職サイトに登録することをおすすめします。

下記の転職サイトから転職エージェントとの面談予約ができるので、一度無料登録して自分の希望に合った保育園を紹介してもらいましょう。

保育士におすすめの転職サイト

  • 保育士ワーカー
    保育士領域トップクラスの支援実績!保育士の転職といえばこのサイト
  • 保育士人材バンク
    保育士人材バンク限定の求人多数!働きやすさなど独自の情報で転職成功

保育士の経験や資格を活かせる転職先・職種に転職する場合

保育士の経験や資格を活かせる転職先・職種に転職する際には、しっかりと情報収集をした上で転職先・職種を選んでいくことが大切です。

保育士の経験や資格が活かせるといっても、関連職種へ転職する場合には保育士の経験があれば有利になるだけで、希望通りに働けるわけではありませんし、職種によっては情報収集をした上で慎重に選ばないとミスマッチが発生することもあります。

また、希望する職種の平均年収の水準が高かったとしても、未経験から転職する場合は、転職直後は年収が保育士の時よりも低くなる可能性もありますし、経験や実績がないとそもそも転職できない職種も存在します。

そのため、保育士の経験や資格が活かせる転職先・職種に転職する際には、希望する条件を明確にした上で情報収集をして入念に準備したり、希望するキャリアを実現しやすくするために、保育士の経験と実績を積んでおくことも必要なことは覚えておいてください。

保育士が未経験転職をする場合

保育士から他業界・他職種への転職を成功させるためには、事前に情報収集をした上で準備をしていく必要がありますが、職種によっては未経験だと転職難易度が高いケースもあるため注意が必要です。

未経験からでもチャレンジしやすい職種もありますが、転職の場合は即戦力として活躍できるかどうかが問われます。

また、保育士として経験を積んでいて年収の水準が平均よりも高い場合には、未経験の職種にキャリアチェンジすることで年収が下がることもありますし、年齢を重ねてから未経験の職種へ転職する場合には転職難易度も上がってしまいます。

そのため、他業界・他職種への転職を考えている人は、その職種へ転職するために必要なことや転職難易度もしっかりと調べた上で、転職できる可能性があるのかを判断していくことが大切です。

転職エージェント末永 末永

保育士から未経験の職種へ転職する際には、未経験者OKの求人を取り扱っている転職エージェントを活用すると効果的です。


特に、未経験者向けの求人に特化した転職エージェントを活用することで、未経験からの転職に関する相談もしやすくなるので、未経験から他職種に転職する場合には以下の転職エージェントも活用してみてください。

正社員経験が少ない人におすすめエージェント

  • UZUZ
    平均12時間以上の手厚いサポート!高卒・既卒・フリーターからの正社員転職に強み
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント!未経験から挑戦できる求人多数
  • マイナビジョブ20’s
    未経験OKの求人が7割以上!新卒支援実績No.1のマイナビによる20代向けエージェント
  • キャリアスタート
    入社後定着率92%!転居サポートや転職交流会など選考対策以外のサポートも充実

保育士が最適な転職先を選ぶ方法

転職先は興味関心だけで選んでしまうと、転職に成功してもミスマッチが発生して転職したことを後悔してしまう可能性もあるため、どうやって選べばいいか迷う人もいると思います。

そこで、本項では保育士が転職する際に最適な転職先を選ぶ方法について、4つのSTEPに分けて紹介していくので、自分にとって最適な転職先を選びたいと考えている人は参考にしてみてください。

STEP1|自己分析をして希望のキャリアや働き方を明確にする

保育士が転職をする際には、まず自己分析をして希望のキャリアや働き方を明確にしておくことで、転職先に求めることを明確にすることができます。

そして、自己分析をする際には以下の情報をまとめていくことで、希望のキャリアや働き方を明確にしていくことができるので参考にしてみてください。

  • 職務経歴・スキル・経験・実績の棚卸し
  • 自身の強みやアピールポイントの整理
  • 保育士としての課題や現状の問題の洗い出し
  • 現在の職場や働き方に対する不満の洗い出し
  • 希望するキャリアに関する情報の整理
  • 希望する働き方や待遇に関する情報の整理
  • 希望の実現するために必要なことの洗い出し

自己分析をする際には、まず職務経歴・スキル・経験・実績の棚卸しをした上で、自身の強みやアピールポイントを整理していき、保育士としてどのような経験を積んできたのか、どのような強みがあるのかを明確にしていきましょう。

また、転職をする際には保育士としての課題や現状に対してどのような問題を感じているのかを整理して、現状の不満を洗い出すことで、転職する際の希望条件を整理しやすくなります。

そして、まとめた情報を参考に希望するキャリア・働き方・待遇などの条件を整理して、希望を実現するために必要なことを洗い出すことで、転職先にどのようなことを求めているのかを明確にしていくことができます。

自己分析は時間がかかるため簡単に済ませてしまう人も多いですが、自己分析が甘いと転職後にミスマッチが発生するリスクも高まるため、最適な転職先を選ぶためにしっかりと自己分析をして希望のキャリアや働き方を明確にしていきましょう。

自己分析のやり方は以下の記事で勉強してみましょう。

STEP2|気になる転職先・職種の情報や転職方法について情報収集をする

希望する転職先・職種への転職を成功させるためには、その転職先や職種に関する情報についてしっかりと調べて理解を深めておくことが大切です。

というのも、情報収集を徹底的に行うことで希望する転職先・職種への転職に必要なことを把握した上で準備ができるため、ミスマッチが起こるリスクを下げることもできますし、希望する転職先・職種が最適な選択肢なのかの判断もしやすくなります。

そのため、もし自分にとって最適な転職先・職種を選んでいきたいと考えているのであれば、転職先・職種に関する以下の情報はしっかりと調べておくようにしましょう。

  • 仕事内容
  • 働き方の特徴
  • やりがい・大変なところ
  • 需要や将来性
  • 転職する際の転職難易度
  • 求められるスキルや経験
  • キャリアパス

情報収集する際には上記の情報を調べておくと、転職活動を進める際にも、リスクを考慮した最適な計画を立てていくことができるので、可能な範囲で情報収集は徹底的に行いましょう。

また、転職先や職種について調べる際には、気になったことがあれば自分で調べられる範囲の疑問点は全て解消しておくと、キャリアや働き方に合った最適な転職先・職種を選びやすくなりますよ。

転職エージェント末永 末永

もし、自分で調べても疑問の解消ができなかった場合には、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談することで解決できることもあります。


希望する転職先・職種が決まっていなかったとしても、転職をしようと考え始めた段階で一度転職エージェントに相談してみるものおすすめです。

おすすめの大手総合型転職エージェント

STEP3|希望するキャリアや働き方にマッチする転職先・職種を洗い出す

次に、自己分析と情報収集をしてまとめた情報を参考に、希望するキャリアや働き方にマッチする転職先を洗い出していきましょう。

希望するキャリアや働き方にマッチするかどうかは「その転職先・職種で経験が希望するキャリアの実現につながるか」「その転職先・職種で希望する働き方が実現できるか」で判断していきます。

キャリアに関しては、保育士もしくは希望する職種でのキャリアパスや働き方を把握した上で、キャリアにとって最適な選択になる転職先・職種を選ぶ必要がありますが、希望するキャリアや働き方が明確であればマッチする転職先や職種はある程度絞ることが可能です。

そのため、この段階で希望するキャリアや働き方が実現できる転職先・職種がわからない場合には、改めて自己分析と情報収集をしたり、転職のプロに相談してアドバイスをもらうなどの対応をしていきましょう。

STEP4|希望する転職先・職種への転職に必要なことを整理する

希望するキャリアや働き方にマッチする転職先・職種が明確になったら、希望する転職先・職種への転職に必要なことを整理していきます。

希望する転職先・職種への転職に必要なこととしては主に以下のようなことが挙げられますが、希望を整理していく中である程度まとめられている情報もあるので、必要に応じて対応していきましょう。

  • 自己分析の実施
  • 転職先・職種に関する情報収集
  • キャリアプランの作成
  • 転職時の希望条件の整理
  • 転職理由や志望動機の整理
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 転職スケジュールの策定

ここまでのSTEPで「自己分析」と「情報収集」は実施していると思いますが、転職活動を進めていく際にはキャリアプランを明確にしたり、転職における希望条件を整理していく必要があります。

また転職をする理由、その転職先・職種を希望する理由や動機を整理した上で、転職活動を進めていくために履歴書・職務経歴書を作成しましょう。

そして、転職活動は2ヶ月〜3ヶ月程度の期間で進めていくケースが多いですが、転職活動では「転職サービスの選定」「求人探し」「求人応募」「選考」「退職交渉」などやらなければいけないことも多いため、円滑に転職活動を進めていくためには転職計画をしっかり立てておくことが重要です。

そのため、希望にマッチする転職先・職種への転職活動を進める際には、転職活動で必要になることを整理した上で転職のスケジュールを立ててから転職活動を進めていくようにしましょう。

保育士が転職を成功させるコツ

保育士が希望する転職先への転職を成功させるためには、希望する転職先・職種で求められるスキル・経験や転職難易度を把握しておくことが大切です。

特に、年収・待遇の良い職場へ転職したい場合や未経験の業界・職種に転職する場合には、スキル・経験・転職難易度が転職の成功率にも影響してくるので、しっかりと考慮した上で判断しましょう。

希望する転職先・職種で求められるスキルや経験を考慮する

保育士が希望する転職先・職種への転職を成功させるためには、保育士としてのスキルや経験を考慮して転職先を決めていくことが大切です。

例えば、保育士の経験や資格が活かせる転職先の中でも「保育園運営会社」「保育業界の一般企業」「保育向け人材派遣・紹介会社」へ転職する場合には、保育士としてどのような経験を積んできて、会社にどのような貢献ができるのかをアピールする必要があります。

また、保育士の経験や資格が活かせる職種へ転職する場合も「保育ママ」「ベビーシッター」のように、個人のスキル・経験・実績が重視される職種もあるため、その転職先・職種で求められるスキルや経験を考慮しないと、転職が上手くいかない可能性もあります。

そのため、希望する転職先・職種への転職を成功させるためには、希望する転職先や職種で求められるスキル・経験にはどのようなものがあり、自身が求められるスキルや経験を有しているのかも考慮することも大切ですよ。

希望する転職先・職種への転職難易度を考慮する

保育士が転職する際には、転職先・職種への転職難易度を考慮した上で転職活動を進めていくことが転職を成功させるために大切なポイントになります。

というのも、保育士として転職する場合は希望する転職先が人気で求人倍率が高い場合には転職難易度も高くなりますし、保育関連職種の中でもスキルや経験が求められる職種の場合には、スキル・経験・実績がないと転職が難しいことも多いです。

また、未経験の職種にキャリアチェンジする際にも、完全に未経験からでも転職できる職種、関連する業務経験があれば転職できる可能性がある職種、特定のスキルを身につけないと転職が難しい職種があり、転職難易度も職種で変わってきます。

そのため、転職する際には希望する転職先・職種で求められるスキル・経験・転職難易度を把握した上で、自身のスキル・経験で転職できる可能性が高い職種を選ぶことも転職を成功させるためには必要になるということは覚えておいてください。

転職エージェント末永 末永

とはいえ、いいなと思う求人の難易度や自分が実際に転職可能なのかまではわからないと思います。


大手転職エージェントはさまざまな業界・職種のプロなので、実際の難易度のアドバイスや選考突破の対策もマンツーマンで伴走してくれますよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

転職エージェントを積極的に活用する

保育士が転職をする際には転職サイトを活用したり、自分で直接保育園の求人を探して応募する人もいますが、転職の成功率を高めたいのであれば転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントでは求職者の希望条件をヒアリングした上で希望に合う求人を紹介してくれるので、希望にマッチした求人を効率的に探すことができますし、転職やキャリアに関する相談もできます。

また、気になる求人があれば詳細の情報を聞くこともできますし、希望する転職先や職種への転職難易度を教えてもらって、一緒に具体的な転職活動の計画を立てていくこともできます。

そのため、保育士が転職活動を進めていく場合には、1人で転職活動を進めていくよりも転職エージェントを活用してプロに相談しながら進めていく方が転職の成功率を高めることにつながるので積極的に活用していきましょう。

転職エージェント末永 末永

保育士が転職をする際には、保育士の転職に特化した転職エージェントを活用すると効率的に希望の求人を探すことが可能です。


特に、保育士ワーカー保育士人材バンクは、保育士向けの転職エージェントとして転職支援実績が豊富なので、保育士として現在抱える不安やこの先どのように保育士を続けるか、そもそも保育士を続けるべきかなどの相談にも乗ってもらえます。

保育士におすすめの転職サイト

  • 保育士ワーカー
    保育士領域トップクラスの支援実績!保育士の転職といえばこのサイト
  • 保育士人材バンク
    保育士人材バンク限定の求人多数!働きやすさなど独自の情報で転職成功
  • 保育士バンク!
    累計40万人が利用!LINEでの24時間相談や保育士転職コラム記事でいつでも転職活動
  • マイナビ保育士
    人材大手のマイナビが運営する保育士特化の転職支援サービス!

転職エージェント末永 末永

ただ、保育士を続けるか迷っている気持ちもある方は、大手総合型転職サービスの登録も必要です。


なぜなら、大手エージェントはあらゆる業界・職種の求人をトップで網羅しており、業界知識や未経験転職を目指す求職者のサポート実績が豊富です。


そのため、保育士に限らず他の職種に転職する際の意思決定のサポートは大手エージェントが最も信頼できるのです。

転職を考えている人は、上にあげたサービスの中から複数登録することをおすすめします。

おすすめの大手総合型転職エージェント

保育士のお仕事・転職に役立つ関連記事

保育士の仕事や転職に関する記事をまとめてみました。

保育士を続ける人も保育士から異業種転職を目指す人も参考になる記事なので、気になる記事を読んでみてくださいね。

転職したいけどブラックな求人に引っかかりたくない、そもそも失敗するのが怖いなど、転職に対してネガティブな気持ちがある人は下記の記事も読んでみてください。

保育士向けのおすすめ派遣会社ランキングや、保育士向け転職エージェント・転職サイト(求人サイト)の評判・口コミは下記の記事で詳しく解説しています。

line

line

人気の転職エージェント