2019.11.13

富士ゼロックスに転職するには?採用情報や気になる年収について解説

富士ゼロックスへの転職を考えている人向けに、採用情報や面接難易度を徹底解説しています。

さらに、気になる年収や評判などについても紹介しています。

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

富士ゼロックスが求める人材

富士ゼロックスが求める人材は、以下のような人です。

  • 自ら考え行動する人
  • 成長と変化に挑む人

人との相互信頼を大切にし、常に問題意識を持って柔軟な思考で改善・改革し、自らの成長と学び続ける意思・姿勢を持った人求められています。

また、富士ゼロックスは「納得就職」という考え方を大切にしており、お互いに選び選ばれ、納得できる就職・採用をしたいという願いがあります。

富士ゼロックスのキャリア採用情報

富士ゼロックスのキャリア採用職種は、大きく分けると以下のようになっています。

前提として、富士ゼロックスでは正社員の場合、全国転勤があります。

時期によって募集される求人が違うので、気になる人は富士ゼロックスのコーポレートサイトを常にチェックしておくようにしましょう。

営業

営業からは、ITコンサルティングセールスを紹介します。

業務課題や要件をお客様からお聞きしたり、知的生産性向上に貢献するためのソリューション・サービスを提案したりする仕事をしています。

様々な業種や業務の特性に合わせて、お客様の経営・業務課題に寄り添うなど、より多くのお客様の事業価値の拡大を支援しています。

必須スキル

※下記いずれかの領域での業務経験を持っている人

(営業、コンサル、プリセールス、上流SEなど)


  • 業務ソリューション
  • 大型ERP
  • RPA
  • AI・IoT
  • 基幹パッケージ
  • 業務系クラウド
  • 製造業ソリューション

歓迎スキル

  • お客様の業務・経営課題の特定力、価値訴求スキル
  • 業務アセスメント、業務フロー可視化、オフィス業務ソリューションの経験
  • SFA、CRM、RPA、SCM、生産管理システム、PLM、PDM、グループウェアの提案経験
  • プリセールス、ITコンサルティング経験

ITエンジニア

ITエンジニアからは、クラウドサービスのシステム開発を紹介します。

富士ゼロックスが提供するクラウドサービスの設計・開発や、運用を担当しています。

日々進歩するクラウド関連技術を、最先端で学べる環境です。

必須スキル

  • インターネット・クラウドサービスインフラ関連の基礎知識
  • インフラ上でのサービスアプリケーション開発経験を有する人

歓迎スキル

  • REST・SOAP API開発経験
  • Java・PHP・C#・C++・ruby・Pythonなどのプログラミング開発のご経験を有する人
  • Amazon Web Services・Google Cloud Platform・Microsoft Azureなどのクラウド環境を利用したサービス、ソフトウェアの開発・構築の経験を有する人

コーポレートスタッフ

コーポレートスタッフからは、事業企画・マーケティングを紹介します。

新規事業の企画・推進を担う組織にて、ICTソリューション事業の拡大を目指したマーケティング戦略の立案や推進を担当しています。

販売体制の構築・最適化や、新規市場開拓にむけた企画・推進・展開を任されています。

必須スキル

  • B to B向けのICTソリューションの事業企画・マーケティング経験
  • AI・IoTを含む主要IT技術の理解と業務経験

歓迎スキル

※以下いずれかの経験を持っている人

  • SE・ITコンサルティングやソリューション営業など顧客接点業務経験者
  • 海外での展開を見据えた事業開発・推進の経験
  • 業務系SaaSの市場調査・ニーズ分析・ロードマップの策定経験

富士ゼロックスへ転職する方法

先ほど富士ゼロックスのコーポレートサイトで募集している職種を紹介しましたが、富士ゼロックスのように人気のある企業は、非公開求人を転職エージェントに依頼している場合があります。

わざわざ転職エージェントに求人を依頼する理由としては、少ない求人に転職者が殺到してしまうのを防ぐためです。また、どのようなプロジェクトが進行しているのかを競合他社に知られないために、求人を非公開にしています。

このような求人は転職エージェントに登録しないと閲覧することすらできません。コーポレートサイトには掲載されていない求人を網羅する意味でも、転職エージェントは利用しておくべきです。

すべてに登録すべき大手転職エージェント

  • リクルートエージェント
    業界No1!転職者の8割が利用する定番エージェント
  • マイナビエージェント
    20代の転職サポートに強み。若手を積極的に採用したい企業の求人が多数
  • doda
    転職者満足度No1!リクルートと比較するとサポートの手厚さに定評あり

富士ゼロックスの面接難易度

富士ゼロックスは、大手企業の中でも転職難易度が高いです。

理由として、福利厚生が充実しており、労働時間の調節がしやすいので求職者からの人気があるからです。

また、中途入社の比率が2割で枠が少なく、新卒採用が基本となっています。

選考フロー

富士ゼロックスでは、応募する職種に関係なく、選考フローは以下のようになります。

  1. エントリー
  2. 書類選考
  3. 一次選考
  4. 二次選考
  5. 人事面談・健康診断
  6. 内定

書類選考を通過したら、一次選考の前に20分ほどのWeb適正検査が求められます。

面接時間は30分くらいなので、しっかり受け答えできるよう対策することをおすすめします。

面接対策については、以下の質問集を参考にしてください。

転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説

富士ゼロックスの平均年収

富士ゼロックスの平均年収

富士フイルムホールディングス株式会社の有価証券報告書では、2019年3月31日時点で平均年収が約997万円となっています。

とはいえ、年功序列が強い企業なので、20代だと平均年収は約300〜600万円ほどです。

30代以降で十分なスキルや経験があれば、高年収を得られる可能性が高いです。

富士ゼロックスの口コミ・評判

富士ゼロックスに転職を成功させた人に、実際に働いてみてどうなのか?という評判を聞いてみました。

エンジニア・男性

気軽に意見を言える環境で、きちんと発言した内容は尊重されますし、何でもチャレンジしやすい雰囲気があります。

技術的な難易度は高いですが、やりがいがあります。

とはいえ、年功序列なので若い人は頑張ってもなかなか評価されにくいところが残念です。

営業・女性

昇進するのに男女差はなく、女性が管理職になることもあり、女性でも活躍できる職場だと思います。

福利厚生はかなり充実しているので産休・育休を利用する人が多く、私が知っている限りでは出産を理由に退職した人はいません。

ただ、上司によっては、休みを取ろうとすると「数字はどうするの?」と聞いてくる人がいると聞いたことがあります。

最近では働き方改革もありますし、そういったことはないんじゃないかと思います。

富士ゼロックスの福利厚生

富士ゼロックスの福利厚生は、ライフスタイルに応じたサービスを提供できるよう、カフェテリアプラン制度を導入しています。

大手福利厚生アウトソーサーと提携し、各種福利厚生サービスを割引料金で受けられたり、希望する福利厚生制度に対して会社が補助金(補助ポイント)を支給しています。

福利厚生の例は、以下のようになっています。

  • 育児休職制度
  • 教育休職制度
  • 契約スポーツクラブ

福利厚生について詳しく知りたい人は、富士ゼロックスのコーポレートサイトをチェックしてみてください。

そもそも富士ゼロックスって何をしてる会社?

富士ゼロックスは1962年の創業以来「紙の情報を複写する」というビジネスからの、事業構造転換を進めています。

お客様の生産性向上・競争力強化を支援し、経営課題の解決に貢献するソリューション&サービスを提供しています。

事業内容は、大きく分けて以下の3つになります。

  • オフィスプロダクト&プリンター事業
  • プロダクションサービス事業
  • ソリューション&サービス事業

事業内容について詳しく知りたい人は、富士ゼロックスのコーポレートサイトを参考にしてください。

富士ゼロックスへの転職を成功させるために

富士ゼロックスは転職者に人気があるので、優秀な人材も集まりやすく、転職難易度は高いです。

転職難易度の高い富士ゼロックスは、しっかりと事前に準備・対策をしても、あっさりとお見送りになってしまうことが非常に多いです。

そういうときにこそ転職のプロである転職エージェントを利用するべきです。

転職エージェントは富士ゼロックスといった大手企業へのサポート実績があるので、どのように対策をすれば良いのかといったノウハウを豊富に保有しています。

履歴書・職務経歴書のアドバイスや添削、面接対策、スケジュール調整など、転職に関わるあらゆることをサポートしてくれます。

ただ、担当になるキャリアアドバイザーによってサポートの質が異なるので、大手転職エージェントの中から2〜3社、特化型転職エージェントの中から1社程度複数登録することをおすすめします。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。