リクルートマーケティングパートナーズへ転職する方法!評判等を公開!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは。自立型人材の転職・キャリア支援を行うアクシス・代表コンサルタントの末永雄大(すえながゆうた)です。

リクルートは新卒の時に私も在籍をしておりましたが、本当に日々の生活に関わることで企業と個人を結ぶものなら、何でも事業にしてしまう企業です。

「リクルートマーケティングパートナーズ」は、ゼクシィやスタディサプリなどのライフイベントで事業を展開をしております。

今回は「リクルートマーケティングパートナーズ」に転職を検討している方向けに、「リクルートマーケティングパートナーズ」への転職ノウハウをレクチャーしていきたいと思います。

マーケティングパートナーズに限らず、リクルートグループ各社の転職事情について知りたいという方は、ぜひ下記の記事もご覧ください↓↓

リクルートマーケティングパートナーズって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

リクルートマーケティングパートナーズは資本金は1億円以上、従業員数1353名の上場企業で、大企業に分類される会社です。

有名企業のリクルートの関連会社にあたり、リクルートホールディングスの中では販促部門という立ち位置であり、機能子会社にあたります。

事業内容としては情報サービス業がメインとなっており、結婚の情報誌として有名な『ゼクシィ』が有名です。

ライフイベントにおける、結婚・出産・育児領域(『ゼクシィ』『ゼクシィ縁結び・恋結び』『赤すぐ』)まなび領域(『スタディサプリ』『Quipper』『大学&大学院net』『ケイコとマナブ』『kidsly』)自動車領域(『カーセンサー』)領域で様々なサービスを展開している会社です。

▶︎リクルート出身のアドバイザーが徹底的に転職ノウハウをレクチャー。相談申し込みはこちら

リクルートマーケティングパートナーズの直近の業績や今後の事業課題

現在の業績は堅調です。

リクルートマーケティングパートナーズの収益のメインはゼクシィです。

リクルートマーケティングパートナーズ自体の株価は大きく下がっていませんが、今後結婚する男女の数は減り、少子高齢化社会に突入するため、ゼクシィ以外の稼ぎ頭が必要となってきます。

結婚式をしない人も増えてきており、このままそれだけに依存していては急成長は望めません。

しかしながら、スタディサプリという学習サービスにも力を入れており、教育方面で伸びしろが残っています。

子供の出生数が減っていますが、子供一人あたりに費やす教育費用は高くなっていますので、ここを強化することが今後の課題です。

上場もしており、社会的信頼の高いリクルートグループの傘下なので、安定企業と言えます。

リクルートマーケティングパートナーズの仕事内容・職種

リクルートマーケティングパートナーズで最も多いのは広告営業職です。

ゼクシィは圧倒的なブランド力を持っており、ゼクシィの営業職がメインですが、それ以外でもスタディサプリの営業職などの募集も行っています。

また出勤不要の在宅でのリモートワークの導入にも積極的で、在宅勤務の英語講師の募集なども業務委託で採用しています。

未だ多くの企業で整備が進んでいない中、リクルートマーケティングパートナーズは、非常に多様な働き方を受け入れる体制が整っているといえます。

▶︎リクルートへの転職ならどんなエージェントよりも自信あり。相談申し込みはコチラ

リクルートマーケティングパートナーズの仕事のやりがい

リクルートマーケティングパートナーズは仕事とプライベートの両立を考えており、働きやすい環境整備に力を入れています。

そこで、やりがいを感じます。仕事に忙殺されるのではなく、自分の人生と労働のバランスを考えるのが、リクルートマーケティングパートナーズという会社です。そういった充実した人生そのものを叶えてくれる環境にやりがいを感じるようです。

リクルートマーケティングパートナーズの就労環境

リクルートマーケティングパートナーズの就労環境は、生産性の向上とワークライフバランスの実現を目指し、非常に働きやすい環境となっています。

昨今での企業の最大の課題はワークライフバランスの実現とも言われており、リクルートマーケティングパートナーズもその例にもれず、しっかりとワークライフバランスを実現するために取り組みを行っています。

在宅ワークの求人を出せるほどのノウハウを持つ企業なので、リモートワークのノウハウを活用して、今後、さらにワークライフバランスを充実させることに期待ができます。

普通のメーカーのような業種では在宅勤務などあり得ません。

リクルートマーケティングパートナーズの評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

評判は良好です。リクルートらしい、自ら機を作るという社風があります。個人を尊重し、裁量権を持たせて事業化するというシステムがあります。風通しもいいので若手にもチャンスがありますし、発言権があります。上下関係は厳しくなく、フラットな文化です。

20代から30代が多い若い会社です。努力に対して評価される評価体系があるので、働いていて納得感があります。特筆すべきは女性が働きやすい環境があることです。育休・産休もとりやすいです。

▶︎リクルート出身のアドバイザーが在籍。カルチャーや社風についても詳しく教えます!相談申し込みはこちら

リクルートマーケティングパートナーズの面接・SPIなど選考難易度

一般的な質問が多い印象です。志望動機や、配属先の希望といった基礎的なことが聞かれます、印象的なのは「今後伸びていく業界は?」という質問です。

個人の裁量が大きく、新規事業立ち上げが評価されるので、アンテナを高くしているかを問われています。

クリエイティブ系の代表格である広告の営業職という立ち位置である以上、面接で問われるのは「自分ならそのときどうする?」という自分の意思があるかどうかです。

その意思を示すためには業界の動向などに常にアンテナをはって情報を自分の考えで判断する癖が必要です。

なんとなく周りがそうしているからそうだろう、で通用するのはメーカーなどのように自分たちが商品を作っていて、自分たちが主導権を握れる立場の会社だけです。

広告営業は特に、周囲が主導権を握っています。情報に敏感でないといけません。

こんな状況ならどうする?どのように自分なら企画する?ということに対して、即座に答えられるようにしておきましょう。

弊社では、リクルートマーケティングパートナーズへの紹介決定実績が多数あり、秘伝のタレであるリクルートマーケティングパートナーズ中途面接の想定質問集をお渡ししています!
弊社の転職サポート(無料)を登録した方限定でサービス提供・お渡ししていますので、以下のリンクからまずご登録をお願いします。

▶︎相談申し込みはコチラから

リクルートマーケティングパートナーズの年収相場(給与)は?

営業職がメインの会社では、給与相場ははっきりとしません。

企業規模から言って概ね年収は20代で400万円、30代で500万円程度が相場です。

また、営業職はインセンティブで年収が大きく変動します。どれだけ会社に貢献できるかで大きく給与が変動します。

【元社員が暴露】リクルートホールディングスの年収を大公開!

2019.02.20

最後に、リクルートマーケティングパートナーズへの転職を希望している方へ

自身もリクルート出身で、リクルートへの転職支援に強い転職エージェント・アクシス代表の末永が親身になってサポートします。

自身もリクルート出身で、リクルートへの転職支援に強い転職エージェント・アクシス代表の末永が親身になってサポートします。

リクルートマーケティングパートナーズへご興味をお持ちの方、転職を希望している皆さん、リクルートは書類選考よりも面接を重視してくれる会社として有名です。

面接を重視しているが故に、面接の難易度が非常に高く、内定をもらうのは簡単ではありません。

前述したとおり、「なんでなんで?」と人生の価値観レベルに深掘りしてきたり、人物レベルに対して求めるレベルが非常に高いですし、他の会社の面接とは大きく異なる視点で評価をしているのです。

 

ですので、どんなに優秀な方であっても、面接対策を怠るとサクッとお見送りになってしまうこともしばしば。。

リクルートは、書類選考を含め、一度お見送りなると基本的には1年以内は再度応募・エントリーはできないので、事前にしっかりと面接対策をして万全を期す必要があるんです。

 

ただ、リクルートマーケティングパートナーズの面接対策をひとりでやるのは正直難しいと思います。

そこで、リクルート独自のマニアックな面接対策をしたい方は、リクルート出身の転職エージェントである弊社にご相談頂くことをオススメします。

弊社では、リクルートへの紹介決定実績が多数あり、秘伝のタレであるリクルートの中途面接の想定質問集をお渡ししております。

その結果、弊社のキャリアアドバイザーが転職サポートした候補者の内定率は、大手エージェントの3倍を超えており、リクルートマーケティングパートナーズの面接対策に関しては自信があります。

リクルートグループへの転職を検討している方は、気軽に弊社へご相談ください!