旧リクルートマーケティングパートナーズへ転職|選考難易度や面接についてプロが解説!

    こんにちは!すべらない転職の末永です。

    ゼクシィやスタディサプリなどの事業をしている「旧リクルートマーケティングパートナーズ」の転職希望者必見!

    リクルート元社員の末永が選考難易度、年収、仕事内容、福利厚生などをご紹介します!

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

株式会社リクルートマーケティングパートナーズは、組織再編により2021年4月以降、株式会社リクルートとなっております。

旧リクルートマーケティングパートナーズの選考難易度

面接難易度はリクルートの中でもトップを争うほど高いです。

というのは、まず未経験での採用がなく、仕事自体も高い論理性とコミュニケーション力が求められるからです。

経歴があり、かつリクルートのカルチャーにマッチすることが必要不可欠といえるでしょう。

[無料]転職相談は、リクルートへの転職成功実績多数のすべらないキャリアエージェントにご相談ください!

旧リクルートマーケティングパートナーズの面接内容

面接は概して一般的な質問が多い印象です。志望動機や、配属先の希望といった基礎的なことが聞かれます。しかし、印象的なのは「今後伸びていく業界は?」という質問が聞かれることもあります。

この質問の意図は、個人の裁量が大きく、社内では新規事業立ち上げをした人が評価されるので、面接では常にアンテナを高くしているかを問われているからです。

クリエイティブ系の代表格である広告の営業職という立ち位置である以上、面接で問われるのは「自分ならそのときどうする?」という自分の意思があるかどうかです。

その意思を示すためには業界の動向などに常にアンテナをはって情報を自分の考えで判断する癖が必要です。

広告営業はとくに、周囲が主導権を握っています。情報に敏感でないといけません。

こんな状況ならどうする?どのように自分なら企画する?ということに対して、即座に答えられるようにしておきましょう。

しかし実際に一人でこ面接対策をするのは難しいですし、一度失敗したら再度受けることができないというプレッシャーの中、面接練習をせずに望むのは心細くないでしょうか?

すべらないキャリアエージェントでは、リクルートへの紹介決定実績が多数あります

[完全無料]リクルートの面接では価値観・意欲など人物面を重視しており対策が必須!元社員ならではの選考対策をおこないます。

旧リクルートマーケティングパートナーズの職種

中途採用において、ほとんどの職種は、「事業部+職種」で中途採用がかけられることが多いです。 ここでは代表して、「営業職」と「企画・スタッフ職」について少しだけ紹介します。

営業職

旧リクルートマーケティングパートナーズでもっとも多いのは広告営業職です。

3つあるうちのどの事業部においてでも、提案型の営業になるため、営業職の中でも難易度が高い部類に入ります。

基本的に法人営業経験がある人しかエントリーできないと考えても良いと思います。

上記で述べたように無形商材の法人営業職であるなので、影響力のあるブランドのもとで自分の市場価値を伸ばすのであればもってこいの職種と言えます。

企画・スタッフ職

こちらでは、経営企画やwebマーケティング、さらにはシステム開発担当などの幅広い採用が行われています。

募集職種について詳しく知りたい人や、最新の求人情報を調べたい人は、企業の採用情報を見ていただければ確かだと思います。

[完全無料]転職エージェントは企業の採用担当と繋がりがあり、独自の求人を多数保有しています。

旧リクルートマーケティングパートナーズの事業内容

事業内容は、主に3つの領域に分かれます。

  • 学習・進路領域『スタディサプリ』
  • 自動車領域『カーセンサー』
  • 出会い・結婚・出産領域『ゼクシィ』

学習・進路領域『スタディサプリ』

この領域の中でも、主に2つの部門が存在します。

一つ目が、学ぶ場所を提供する「進路部門」です。

高校生に自分の個性や将来のビジョンを認識した上での進路選択のための情報提供をすることや、大学生・社会人に向けて資格や大学院情報の提供をしています。

二つ目は、学びそのものを提供する「学習部門」です。

こちらは、スタディサプリというアプリに代表されるようにインターネットを用いて、小中高大・社会人に至るまで幅広くの世代に教育サービスを提供しています。また、海外の中高生に向けた学習支援もおこなっています。

自動車領域『カーセンサー』

業界トップクラスの人気を誇る「カーセンサー」のWebサイトおよび情報誌を通し、中古車の販売を行う事業です。

ただの中古車販売ではなく、大切に乗った車に新たな価値を授け、他の人に提供するということを考え、仕事をしている方が多いです。

出会い・結婚・出産領域『ゼクシィ』

cmでお馴染みのゼクシィ事業は、ブライダルだけでなく、「ゼクシィbaby」というママさん向けのメディアや雑誌も作っているように大切なライフイベントを全力で応援する事業で、とてもやりがいがあります。

[完全無料]リクルートの採用事情について知る元社員の筆者が作成した想定質問集と蓄積された転職ノウハウで選考通過率UP!

旧リクルートマーケティングパートナーズの年収・給与相場

旧リクルートマーケティングパートナーズのような営業職がメインの会社では、給与相場ははっきりとしません。

企業規模から言って概ね年収は20代で400万円、30代で500万円程度が相場です。

また、営業職はインセンティブで年収が大きく変動します。どれだけ会社に貢献できるかで大きく給与が変動します。

旧リクルートマーケティングパートナーズに限らず、リクルートホールディングス全体の収入面に関して以下の記事で詳しく説明しています。

気になる人は、ぜひ合わせて参考にしてください。

関連記事【元社員が暴露】リクルートホールディングスの年収を大公開!

旧リクルートマーケティングパートナーズの人事制度・福利厚生

旧リクルートマーケティングパートナーズの就労環境は、生産性の向上とワークライフバランスの実現を目指し、働きやすい環境となっています。

コロナの前から、在宅ワークの求人を出せるほどのノウハウを持つ企業なので、リモートワークのノウハウを活用して、今後、さらにワークライフバランスを充実させることに期待ができます。

ここでは特徴的な人事制度を以下にまとめました。

Ring(新規事業提案制度)

旧リクルートマーケティングパートナーズのコーポレートサイトによると、

20年以上の歴史あるリクルートホールディングス主催の新規事業提案制度です。書類審査・インタビュー審査を通過すると開発予算が付与され、実際にプロダクトを開発しローンチします。最終審査でグランプリ・準グランプリを獲得したプロダクトは、本格サービス化に向けた機会が与えられます。

旧リクルートマーケティングパートナーズ

のような、新規事業のローンチを積極的に推進する制度があります。

STEP休暇制度

STEP休暇制度とは、3年ごとに最大連続28日間の任意休暇を取得できる制度です。

さらに、リフレッシュしたり、短期留学などの学習機会にしたりと有効に活用していただくために、休暇取得と同時に30万円の手当を支給するというコンテンツも含んでいます。

日本企業で、これくらい長く休暇を取れる制度を設けているのは珍しいです。

[完全無料]旧リクルートマーケティングパートナーズへの転職支援の実績多数!転職相談はコチラ

旧リクルートマーケティングパートナーズの評判・社風・カルチャー・口コミ

評判は良好です。リクルートらしい、自ら機を作るという社風があります。個人を尊重し、裁量権を持たせて事業化するというシステムがあります。

風通しもいいので若手にもチャンスがありますし、発言権があります。上下関係は厳しくなく、フラットな文化です。

20代から30代が多い若い会社です。努力に対して評価される評価体系があるので、働いていて納得感があります。特筆すべきは女性が働きやすい環境があることです。育休・産休もとりやすいです。

[完全無料]リクルートの面接では価値観・意欲など人物面を重視しており対策が必須!元社員がとっておきの対策方法を伝授します!

リクルートへ転職を成功させる方法

リクルートの選考では、考え方や価値観・スタンス・意欲などの人物面を大切にしています。

そのため、面接を重視する会社なので、転職難易度が高いということをお伝えしました。

リクルートの面接法は独特なので、ノウハウがない人が面接対策をするのは難しいです。

リクルートの内定率を向上させるためには、すべらないキャリアエージェントのような転職エージェントを利用することがおすすめです!

弊社独自に作成をしたオリジナルの質問シート(*1)で選考対策をおこない、多くの転職者様をリクルートへお繋ぎしています。

また、リクルートのほかに、マイナビレバレジーズネオキャリアのような人材業界の企業やベンチャー気質な企業への転職支援が得意です。

転職をされたいなら、すべらないキャリアエージェントをご活用ください。

リクルートグループへの転職支援が得意なエージェント

ポイント

  1. 希望や適職にあった厳選した求人のみを紹介するので利用者満足度91%!
  2. 一人一人に向き合った丁寧なサポートにより内定決定率30%以上!(業界平均6%)
  3. 元社員が作成した過去の面接出題傾向を対策したシートによりリクルートの内定獲得率UP!

【無料】転職サポート申し込み

*1:
この質問シートは、リクルートへ多数の紹介決定実績があり、リクルートの中途採用面接官の経験もある著者自身が、面接で質問されることが多い内容をまとめたものです。

質問シートは、弊社にご相談された転職者のみにお渡ししておりますが、一部内容をこちらの記事「転職は自己分析が決め手!」にて公開しております。

弊社の転職支援サービスに興味がありましたら、よろしければご一読ください。

※弊社経由でリクルートを応募した場合のみ、質問シートのお渡しをしております。

リクルートについてさらに詳しく知る

リクルートへ転職を検討している人は、以下の記事もご覧ください。リクルートへの転職を考えている人が欲しい情報をご紹介しています!

関連記事リクルートに転職|元社員が選考難易度や面接対策を暴露します!
関連記事【元社員が暴露】リクルートホールディングスの年収を大公開!
関連記事リクルートは激務でブラック企業?その真偽を元社員が解き明かす!
関連記事【元社員直伝】旧リクルートライフスタイルに転職するコツ!評判や年収は?
関連記事リクルートCV職の知られざる魅力!契約社員だからって見落としてたら損!?
関連記事旧リクルート住まいカンパニーへの転職 |面接対策や年収を大公開!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A