銀行員が使えないって本当?転職で銀行員が使えないと言われる理由を解説

銀行員 転職 使えない

    銀行員が別の業界や別の職種に転職する際に「使えない」と思われてしまうことがあるのはなぜでしょうか?

    また、本当に銀行員は使えないのでしょうか?

    本記事では「銀行員が転職した場合に本当に使えないのか?」「使えないと思われないためにはどうすればいいのか」について紹介していきます。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

銀行員が転職して使えないのはウソ!

銀行員から転職を考えている方の中には「銀行員は使えないと言われているけど本当に転職できるのかな?」と不安に感じている方もいるかもしれませんが、銀行員が使えないというのはウソです。

もちろん個人的な能力面でなかなか思うような成果が出せない方や、使えないと言われてしまう方はいるかもしれませんが、それはどこの業界でも同じで適正もあるため「銀行員だから」という理由で使えない訳ではありません。

銀行員として働いていたことは、銀行員の厳しい業務を経験してきた信用があり、様々な強みがあるため転職先によっては即戦力として貢献していくことも十分に可能でしょう。

銀行員から転職する際には転職理由でマイナスなイメージを持たれることもありますが、しっかりとキャリア志向を持っていれば強みを活かして転職活動を進めることができるので、転職を考えている方は積極的にチャレンジしていくと良いでしょう。

銀行員から転職したい人は以下の記事も参考にしてみてください。

銀行員が転職先で使えないと言われる理由

銀行員は他の職種にはない経験が積めるので強みも多いですが、なぜ「銀行員は使えない!」と言われてしまうのはなぜなのでしょうか?

本項では、銀行員が転職先で使えないと言われる大きな理由を3つ紹介していきます。

年齢に対してスキルや実績が伴っていないことがある

銀行員に限ったことではありませんが、年齢に対してスキルや実績が伴っていない場合、転職したとしても「使えない人」だと思われてしまう可能性があります。

というのも、年齢を重ねていくにつれてマネジメント経験などのチームをまとめる役割が求められたり、自主的に行動して成果を残すような動きが求められたりすることも増えてきます。

ですが「スキルが伴っていなくて仕事で成果が出せない」「長い間働いているのに仕事での実績がない」など他人と比較したときに劣っている要素があると、どうしても使えないと思われてしまうことがあるのです。

特に、銀行員から全く異なる業界や経験のない職種への転職をした場合には、その業界の年齢水準から見た能力値で評価されることになるため、銀行員から転職した先で使えないと思われてしまう可能性もあるのでしょう。

銀行独自のやり方に慣れて臨機応変に対応できない

銀行員として長年同じ銀行で業務していると、その銀行独自のルールややり方が当たり前となって、別の業界や会社に転職した際に勝手が違って効率良く業務に取り組めないこともあります。

また、銀行の仕事はマニュアルを忠実に守った上でミスの無いように業務をこなす必要があるため、ベンチャー企業などルールが明確に無い職場やその時々で臨機応変に対応していかなければいけない場面で力を発揮できない可能性もあります。

他にも「臨機応変に対応する柔軟性がない」「丁寧でミスがないのは良いが仕事が遅い」「マニュアルがないと細かく確認してきてコミュニケーションが面倒」など、ミスなく堅実に業務ができることがネックとなってしまうケースがあります。

そのため、銀行員として働いていたことで培ってきた強みが会社の方針やルールで活かすことができずに成果につながらないことで、周りから「使えない人」と認識されてしまうこともあるのです。

期待値が高いことで期待はずれに思われてしまう

銀行で働いた経験がない人からすれば「銀行員として働いている=優秀な人材である」という先入観を持つ人もおり、銀行出身というだけで会社や周りの人からの期待値が高くなってしまうことも多いです。

ですが、基礎的な能力が優秀でもやったことのないことや知らないことに取り組むと効率が落ちたり、ミスをしてしまうこともあるため、周りの人が勝手に期待して予想の結果にならなかったときに期待はずれだったと思われてしまうこともあります。

また、銀行は他の業種よりも年収が高い傾向にあることから、銀行員時代の年収の水準で転職をしてしまうと、他の業界・業種で優秀な人と同程度の年収になる可能性もあり、期待値が上がってしまうためギャップが生まれることもあります。

特に経験が薄かったり業態が異なる仕事の場合には、年収の水準と求められるスキルレベルは銀行員とは異なるため、期待はずれにならないためにも転職する業界や業種での平均年収がどれくらいなのか把握しておくことも大切です。

銀行員から転職する際に使えないと思われないためには

銀行員から転職をする際に「使えないと思われるのは嫌だ」という方は多いと思います。

ですので、本項では「銀行員から転職する際に使えないと思われないために必要なこと」について紹介していくので参考にしてみてください。

自己分析をして強みや希望のキャリアを明確にする

転職活動を進めていく上で必要不可欠なのが、自己分析をして自身の強みや弱み、得意や不得意なことをしっかりと把握しておくことになります。

強みや弱み、得意や不得意なことは転職活動を進めていく中でも面接時のアピールポイントや自身の課題や改善点について話す際にも必要で、明確にすることで強みを活かして働くために必要なキャリアの方向性を決めることにも役立つでしょう。

また、自己分析の際には「自分がやりたいこと」や「やりたくないこと」も含めて考えていくことで、転職する業界・業種・職種を選んでいく際にも役立ち、最適なキャリアを考えることにもつながるため、一緒に整理しておくのがおすすめです。

そして、転職活動の際には自分のキャリアとアピールポイントを明確にしておくことで面接でも説得力のある話ができるようになるため、事前に自己分析をしておくことが「使えない人」と思われないための一つのポイントとなります。

転職理由や志望動機を作り込んでおく

自己分析をしてアピールポイントやキャリアの希望を明確にするだけではなく、転職理由や志望動機もしっかりと作り込んで転職活動を進めていくことが「使えない人」と思われないためには大切です。

銀行員の転職理由では「ノルマがキツい」「資格勉強でプライベートの時間がない」「給与が評価が成果に見合わない」「人間関係が良くなかった」などの理由が多いですが、そのまま伝えてしまうと面接ではマイナスな印象を与えてしまいます。

転職理由を伝えるときは「将来やりたいことをやキャリアを実現するために」「新しい仕事にチャレンジして幅広い経験を積んでいきたい」といったポジティブな内容にする方が良いということは覚えておきましょう。

また、志望動機も企業が魅力的だっただけではなく「なぜ複数企業の中でその会社を志望したのか」「会社の仕事内容や理念が将来のキャリアとの親和性があるのか」など、会社と自分の接点をしっかりと示していくことも大切です。

転職エージェント末永 末永

銀行員として転職を考えている方の中には「自己分析や面接対策と言われてもどうすればいいかわからない」方もいると思います。


転職エージェントではキャリア相談や自己分析のサポート、面接対策のアドバイスもしてくれるため、一人で悩んでいる方はまず相談してみるもの良いでしょう。

おすすめの大手総合型転職エージェント

希望するキャリアに必要なスキルを取得する

未経験の業界・業種・職種への転職を考えている場合には、転職活動を始める前に希望するキャリアに必要な知識やスキルの勉強や資格の取得をしておくことも大切です。

転職したい業界・業種の基礎知識や希望する職種で必要なスキルは自主的に勉強して知識・スキルの習得や資格取得をしておくことで、転職時にも自主性があり、キャリアを叶えるために努力ができる人材だというアピールにもつながります。

特に、技術職や専門職に関連する仕事を希望する場合にはスキルや資格の有無が転職時にも影響を与えるケースは多いため、可能な範囲で事前にできることはやっておくと良いでしょう。

また、むやみやたらにスキル習得や資格の取得をしても非効率なので、基本的にキャリアや仕事に直結するものに絞り、期間を決めて集中して取り組んでいくことをおすすめします。

銀行員の強みをアピールできる資格を取得する

銀行員として他行や別の業界・職種への転職をする際に「使えない人」と思われないためには、金融や銀行の業務に関連する資格を取得しておくことも大切なポイントとなります。

銀行では業務に関連する資格の取得を推奨していることが多いですが、その中には他業界で働く際に役立つ資格もあるため、資格を取得する際にはキャリアップ目的以外にも汎用性の高い資格も取得すると、より市場価値を上げることにつながります。

また、資格を取得する際には一つ一つの資格勉強に集中する必要があり、勉強する際にもある程度期間が必要になるため転職活動を始めるまでに猶予があるのであれば、期間を逆算して計画的に取り組んでいくようにしましょう。

「銀行員から転職する場合にどのような資格を取得すればいいかわからない」方は「銀行員から転職する際に使える資格」でおすすめの資格について紹介しているので参考にしてみてください。

銀行員が他業種に転職する場合には強みを活かせるかが重要

銀行員が他業種に転職する場合には、銀行員として働いていた頃の経験や身につけたスキルの強みを活かせるかどうかが転職の成功に影響する重要なポイントとなっています。

転職後に「使えない」と思われてしまうのは、強みを活かすことができていないケースも多いため、転職前には自己分析とアピールできるスキル習得や資格取得が有効だとお伝えしました。

ですが、銀行員として働いている方の中には「自分にとっては当たり前すぎて強みと言われてもよくわらからない」方もいると思います。

本項では銀行員が転職をする際に活かせる強みにはどのようなものがあるか紹介していきます。

数字に強く金融に関する専門知識がある

銀行員として働いていると「預金業務」「為替業務」「融資業務」などお金に関わることが多く、基本的なお金の取り扱いや貸借対照表・損益計算書・キャッシュフローを読む力がついてきます。

また、銀行員として預金・投資信託・株式社債・公債・保険の金融商品を販売することもあるため、金融業界に関する専門的な知識を持っているのが強みといえるでしょう。

金融系の知識や経験は金融業界での転職や企業の会計・経理の仕事を行う際にも役立つため、企業によっては銀行出身者を優遇して採用していることもあることから十分に強みになります。

その他にも、銀行員として働いていると資格を積極的に取得していくことが推奨されるため、資格を取得して業務で活かすことができていればお金の専門家としての強みを活かして転職活動を進めていくこともできるでしょう。

マニュアルに沿った丁寧な業務ができる

銀行員の仕事は「マニュアルに沿ってミスなく丁寧に仕事を遂行していくこと」が基本となっており、採用担当者も「銀行員=仕事が丁寧でミスが少ない」という印象を持つケースも多いです。

また、実際にお金を取り扱う業務が多くミスをすると信用に関わる問題になってしまう可能性があるため、1円の誤差もなく慎重に業務を遂行していくことが当たり前という考えの方も多いはずです。

そのため、銀行員から他業界や他職種に転職する場合でも「丁寧な仕事ができる人」という印象があることで丁寧さや細かい作業が求められる場合は強みとしてアピールできるでしょう。

ですが、丁寧すぎて業務が遅いと企業によっては「使えない」と思われてしまうかもしれないので、丁寧さとスピードのバランスを考えて効率的に業務を進めていけるように意識していくと転職先でも重宝される人材になれるでしょう。

営業・接客・事務などの経験を活かせる

銀行員として働いていると「顧客に対する金融商品の提案営業業務」「顧客に対する金融に関するアドバイス」「利用者に対する窓口対応」「出入金やその他手続きに関する事務処理」など様々な経験を積むことができます。

そのため、他業界や他業種の営業職や事務職への転職を考えている場合でも、顧客対応や事務処理業務の経験は活きるので、銀行員としての強みとしてアピールできるでしょう。

また、BtoC・BtoBのどちらの対応を経験においても金融に関する専門知識を持って業務を行う必要があるため、金融業界での営業・接客・事務業務の経験があることが転職活動においてメリットとして働く可能性も十分にあります。

転職活動をする際には今までの経験や実績、自身のスキルや何ができるのかを整理した上で、企業にどのような貢献ができるのかを積極的にアピールすることで希望する企業への転職成功率を上げることにもつながるでしょう。

融資で企業分析や経営者との折衝の経験がある

銀行員として仕事をしていると融資業務で企業の決算書を参考に企業の将来性や信用性の分析をしたり、経営者へのヒアリングや経営状態について話し合ったりする機会も多いです。

そのため、経営者と話をする機会が多く、必要に応じて経営者の課題解決に向けた支援をすることもあるため、転職先でも経営者目線で業務に取り組むことができる強みがあります。

経営者目線で仕事に取り組めることは「自分の仕事の意味や経営に及ぼす影響を理解できる」「企業課題に対してどのように貢献できるのかを考えて行動できる」ことなので、マネジメント層として転職をする際にも大きな強みとなります。

また、特定の業界の経営者とのパイプを持っている可能性がある点も企業によっては雇用するメリットとして捉えられるケースもあるため、銀行員であることの強みとしてアピールできるでしょう。

ノルマや顧客対応に対するストレス耐性がある

銀行員として働いていて営業を行う場合にはノルマを課されるケースも多く、窓口対応や顧客対応でも理不尽なクレームや無理な要求でストレスを感じることも多いです。

また、法令遵守やリスク管理など基本的な業務でもミスなくマニュアルに沿うように神経を使って取り組まなければいけないため、日頃からストレスにさらされている方は多いでしょう。

そのため、銀行で働いている方はストレスを緩和・解消するための方法を確立しているなどストレス耐性がある方も多く、転職の際にストレス耐性があることは大きな強みとなります。

ストレス耐性があることを強みとして、ストレスに対してどのようにコーピング(ストレスへの対処)をしたのかを説明できるようにしておくと転職活動でも良い評価につながるでしょう。

銀行員から転職するのにおすすめの業界・職種

銀行員から転職を考えている方の中には、どのような業界や業種に転職するのが良いのか気になる方もいると思います。

本項では、銀行員から転職をするのにおすすめの業界・業種について紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

銀行員から転職するのにおすすめの業界

銀行員から転職する際には、銀行員として培ってきた経験を活かすことができる業界へ転職していくことで転職の成功率を上げることにつながるでしょう。

具体的には銀行関連の企業へ転職する以外には自身の経験やキャリアの希望によって以下のような業界への転職がすすめです。

保険業界や証券業界では金融商品の販売や営業の経験を活かすことができるため、銀行員から保険業界や証券業界へ転職をする方は多いです。

また、不動産業界でも不動産ローンや融資でお金や担保が絡む不動産契約に立ち会うこともあるため、銀行員として身につけた知識や経験を活かせる不動産業界へ転職する方もいます。

その他にも銀行員としての経験があり様々な企業の課題に対してアドバイザーとして業務をしてきた方であれば、キャリアアップ目的でコンサル業界やM&A業界への転職を試みるのも良いでしょう。

そして、IT業界ではIT×金融のフィンテック分野も注目されており、人材業界でも金融業界出身者の知見を求めている企業は多いため、上記のような業界の中で銀行員としての経験を活かせる会社へ転職を検討してみるのもおすすめです。

銀行員から転職するのにおすすめの職種

銀行員から転職する場合におすすめの業界としては「保険・証券などの金融業界」「不動産業界」「コンサル・M&A業界」「IT業界」「人材業界」を挙げましたが、銀行員から転職するのにおすすめの職種としては以下のようなものが挙げられます。

  • 営業職
  • 会計職
  • 経理職
  • コンサルタント職
  • 人材エージェント職

銀行員として営業の経験があって営業力に強みを持っている方であれば、今までの営業の経験を活かして仕事に取り組めるため、他業界だったとしても転職しやすいです。

また、会計や経理職へ転職であれば銀行員としての専門知識を活かして会社に貢献できる可能性も高く、企業も会計や経理職に銀行出身者の数字に強く金銭管理ができる人材を求めていることも多いので、おすすめの職種として挙げられます。

他にも融資アドバイザーとしての経験や実績がある場合には、より深く企業の経営に関われるコンサルティング職や、金融業界の専門家として転職支援を行うことができる人材エージェント職へ転職するのも良いでしょう。

銀行員として転職で職種を変える場合、第二新卒であれば未経験の職種へ転職できる可能性はありますが、20代後半や30代では自身の経験との親和性の方が重要なので自分のキャリアの希望に合った職種を選んでいくようにしましょう。

転職エージェント末永 末永

銀行員から他業界や他業種へ転職する場合には、転職エージェント活用していくのがおすすめです。


転職エージェントでは、特定の業界や職種に精通した転職のプロが相談に乗ってくれるため、自身のキャリアの希望や条件に沿った求人を紹介してくれるでしょう。

おすすめの大手総合型転職エージェント

営業や経理に強い転職エージェントについては以下の記事でも紹介しています。

銀行員から転職する際に使える資格

銀行員から転職をする際に「使えない」と思われないためにはキャリアに必要なスキルを身に付けたり、強みをアピールできるような資格を取得することも有効だとお伝えしましたが、具体的にどのような資格を取得していくと良いのでしょうか?

本項では、銀行員として働く上で取得が推奨されている資格や他業界・他職種へ転職をする際に取得しておくと役に立つ資格をいくつか紹介していきます。

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、金融系の仕事をする上で優先的な資格取得が推奨されている資格の一つで、取得することでお金に関する専門的な知識を保有していることを証明できます。

FP資格は「ファイナンシャルプラン」という人生設計の中で必要になるお金や保険の計画相談をするファイナンシャルプランナーとして働く際に必要な知識やスキルを問う試験で試験内容には以下のようなものが挙げられます。

  • ライフプランニングと資金計画
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • リスク管理
  • 不動産
  • 相続・事業承継

上記のように、ライフプランニングや金融資産運用、税金やリスク管理、そして不動産資産や相続など幅広い内容について問われるため、学習を通して金融関連の専門的な知識を身につけることができるのもFP資格を取得するメリットです。

FP資格の難易度は「3級」「2級」「1級」があり、試験は「日本FP協会」と「金融財政事情研究会(きんざい)」が運営していますが、運営元で受験できる実技試験の科目が変わるため、受験する場合にはしっかりと事前に確認しておくようにしましょう。

受験資格は「2級|3級合格 or AFP認定研修の受講修了者 or FPの実務経験が2年以上」「1級|2級合格者で実務経験1年以上 or 実務経験5年以上」の条件があるので、まずは2級の取得して必要に応じて1級にチャレンジしていくのがおすすめです。

日商簿記

日商簿記は、日本商工会議所が運営する資格試験で経理や会計業務で必要になる簿記に関する専門的な知識を問う試験となっています。

日商簿記試験の難易度は「3級」「2級」「1級」の3つに分かれており、3級は基礎的な知識や簿記能力を測るため難易度は低いですが、2級の合格率は20%前後、1級は10%程度と難易度が高い資格となっています。

銀行員として働く上で簿記は貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー表の作成・分析や決算書をみて企業の経営状況を見るためにも優先的に資格の取得が推奨されています。

また、転職の際には2級以上を目安にすると転職時にもアピールにつながるため、金融業界や経理・会計職への転職を考えている場合には転職前に取得を目指しておくようにしましょう。

中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家として業務を遂行するために必要な知識やスキルを証明する資格です。

主にコンサルタントなど、企業の課題解決のアドバイザーとして仕事をしている方を中心に資格を取得しており、銀行員の中にもキャリアアップや企業に対して具体的なアドバイス・支援をするために取得を目指している方もいます。

中小企業診断士は受験資格に制限はありませんが、合格率は「1次試験|17%〜42%」「2次試験|18%〜19%」程度で受験者全体での合格率はおおよそ「5%〜8%程度」の難関資格なので、合格のためにはしっかりと勉強をしていく必要があります。

ですが、取得することで仕事や転職の際にもアピールにつながるため、将来的にコンサルティング業務を行いたいと考えている方は中長期的に勉強に取り組んで資格取得を目指していくと良いでしょう。

宅地建物取引士

宅地建物取引士(通称:宅建)は、不動産に関連する専門的な知識を証明するための資格で、取得することで不動産業務でも独占業務にあたる「重要事項の説明」ができるようになるため不動産業界では取得必須の資格となっています。

銀行員として働いている中でも不動産ローンや不動産資産の運用など、不動産に関わる仕事に携わる方もいるため、宅建の資格をキャリアアップのために取得している方も多いです。

また、不動産業界への転職する場合でも宅建の資格を取得していることは大きなアドバンテージになるため、不動産業界に興味がある方は宅建の資格取得を目指していくのも良いでしょう。

宅建には受験資格はないですが、合格率は約15%〜18%程度と難易度は高いため資格取得を目指す際には、しっかりと勉強時間を設けて万全の状態で資格試験に挑戦することをおすすめします。

銀行員から転職する際に使える転職エージェント

銀行員から転職する際には転職エージェントを活用することで、希望に沿った求人を効率的に探すことができるため積極的に活用していくようにしましょう。

転職エージェントは目的に沿ったエージェントを選んで活用していくことが大切なので、銀行員からの転職を考えている場合にはまずはしっかりと目的を明確にしてどのような業界や業種へ転職していきたいのかを決めることが大切です。

ですが、キャリアのことについてどのように考えていけばいいかわからない方は、まずは大手転職エージェントに登録して自分におすすめのキャリアについて相談してみるのもおすすめです。

また、年収アップ目的で転職を考えている方は「ハイクラス向けの求人を取り扱っている転職エージェント」がおすすめなので、気になるサービスがあればまずは登録して話を聞いてみると良いでしょう。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

ハイクラスの転職におすすめの転職エージェント

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

line

line

人気の転職エージェント