【評判】セコムへ転職するには?年収や成功するコツをご紹介!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

警備で有名なセコムですが、セキュリティ事業だけでなく「防災、メディカル、保険、不動産」と多角的に事業を展開しています。

今回は警備業界最大手のセコムへの転職について、「どうしたらセコムに転職できるのか?」という疑問をもとに、転職難易度や年収相場、評判・口コミ、転職を成功させるコツなどを徹底的に解説していきます。

セコムってどんな会社?


創業時は日本で初めての警備保障会社として企業向けの「巡回警備サービス」や「常駐警備サービス」の提供から開始しました。

日本で最初の警備保障会社として、警備業界を牽引し続ける存在であると言えますね。

事業内容

セコムの事業で1番知られているのは、セキュリティ事業ではないでしょうか。「セコムしてますか?」というCMを覚えている人も多ですよね。

ちなみにセコムではセキュリティ事業の他に、防災事業メディカル事業保険事業があります。それぞれがどのようなことをおこなっているのか、以下でご紹介します。

事業内容
セキュリティ事業 「現金護送システム」や「大規模施設向けセキュリティシステム」などセキュリティ分野で多角的なサービスを提供
防災事業 M&Aにより防災会社を吸収。防災システムの提供
メディカル事業 在宅医療サービスや介護をトータルで適用するメディカル事業を展開
保険事業 セキュリティ事業と連動した保険事業。安心と快適のマンションをコンセプトにした不動産事業など多角的な事業を展開

セコムの主な事業を4つ紹介しましたが、他にも地理情報サービスBPO-ICT事業国産事業なども展開しています。どの事業も業績は好調のようです。

2016年から2017年の打ち上げ高は前期比5.3%増加の9,280億円となり、堅調に売り上げを出しています。

セコムの募集状況は?

セコムが中途で募集しているのは、大きく営業職と技術職に分けることができます。

営業職への転職

法人相手の営業経験が必須の職種が多いですが、営業未経験者歓迎の職種もあります。

また、経験必須な場合でも業界や商材不問の職種も多く、応募のハードルは高くないと言えるでしょう。

技術職への転職

技術系職種の場合は、他の募集職種に比べ、ある程度のレベルのスキルや経験が必要なようです。

開発・インフラ・システムなど、様々な種類がありますが、中途で狙うとなると、特定言語でのエンジニア経験や、サーバー運用経験など、未経験者では参入しづらいような基準が設けられています。

セコムへの転職は難しい?

セコムへの転職ですが、中途採用であればそれほど難しくないです。

なぜなら、セコムは企業規模に比例して、求人数が非常に多いんです。さらに、セコムの中途採用では現場で即戦力として働ける人材を求めていることや、慢性的な人手不足に悩んでいるため、技術職以外は、専門的なスキルをそこまで求められないため、皆さんが想像しているよりは転職できる可能性は高いのです!

ただ、先ほど述べたように職種によっては難易度が高い場合もありますし、決して簡単に転職できる会社というわけではありません。

セコムに実際に転職の応募をするときは、転職エージェントに相談した後、紹介してもらうことをオススメします。

転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーが直接人事にあなたを推薦する形になるので、一般で応募するより採用される確率が格段に高まります!

またキャリアアドバイザーは、あなたがセコムの社風と合っているか、あなたのしたい働き方がセコムで達成できるのか、などをしっかり見極めた上で提案してくれるため、転職した後に「なんか違うかも、、」と思い悩むリスクが少なくなります。

以下でオススメの転職エージェントをオススメいたしますね。

末永

必ず1社は登録しておくべき!総合型大手エージェント

まず転職を考える際、全ての方が鉄板で登録すべき転職エージェントが、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaといった業界最大手のエージェントです。

大手のエージェントに登録しておくメリットは、圧倒的な求人の多さです。
セコムに転職したいのだから、求人数は関係ない、と思われるかもしれませんが、実は関係があるので説明します。

大手エージェントは、圧倒的な求人数から、以下で紹介する他の特化型エージェントが持っていない非公開求人を持っている可能性があります。
つまり、他のエージェントにはない職種の求人が、大手エージェントにはある、ということがあるのです。

また、全業界・職種の求人を網羅しているので、幅広いキャリアの提案が可能なので、まずは企業を比較検討したい方にもオススメです!

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

エンジニアに特化した転職エージェント

エンジニアで転職をお考えの方は、IT/Web業界のエンジニアに特化したエージェントで、専門性が非常に高いマイナビITレバテックキャリアをオススメします。

他のエージェントでもエンジニアの求人の取り扱いはもちろんありますが、技術に関する詳しいやり取りが出来ないという可能性が高いです。

特化型のエージェントは、実際にエンジニア経験のあるコンサルタントからの転職アドバイスを受けられる、最新のIT業界の転職事情などの濃い情報が得られるメリットがあります。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

セコムの年収相場を大公開

セコムの年収ですが、警備業界の中では高いほうです。

給与のベースが少ない代わりに残業などの手当てで給与自体が上がっています。

また、賞与は年に2回で、支給されます。

年齢別年収

セコムの年齢別平均年収は、以下のようになっています。

年収
20〜24歳 約350万円~380万円
25〜29歳 約390万円~450万円
30〜34歳 約420万円~520万円
35〜39歳 約430万円~530万円
40〜44歳 約480万円~600万円
45〜49歳 約550万円~670万円
50〜54歳 約610万円~720万円
55〜59歳 約600万円~720万円
60〜64歳 約380万円~720万円

もっとも平均年収が高くなっているのは、50~54歳となっています。

セコムは年功序列の傾向が強いので、長く勤めればそれだけ年収に反映される会社のようです。

職種別年収

セコムの職種別平均年収についてもご紹介していきます。

年収
営業主任 約650万~800万円
営業職 約500万~600万円
エンジニア 約500万~600万円
セキュリティ 約400万~500万円
事務職 約300万~400万円
中途1年目 約300万~400万円

平均年収の中でもとくに高くなっているのは、営業職やエンジニア職です。

全体的に基本給は低く、残業代でカバーする風潮があります。

そのため、年収が高い部門は残業が多い成果インセンティブがあるようです。

セコムの仕事内容・職種


セコムでは様々な事業を展開しているので、職種も多岐に渡っています。

その中でも代表的な職種の仕事内容について、詳しく紹介していきます。

営業の職種

セコムのセキュリティ系の商材や、IT商材など、幅広い商材の営業職があります。

また、ソリューション営業(顧客の課題を把握し、解決策を提案する営業)も多いようです。

常駐警備員

常駐警備員はセキュリティ事業で1番知られているのではないでしょうか。ビルや空港で制服を着て、巡回をしているスタッフです。

常駐警備員はセキュリティプラニングに基づいて、ビルや空港などの契約先施設を点検し、安全確認をおこなうのが主な仕事内容です。もし、問題がある場合は適切に処置し、適正化します。

また、緊急対処する必要がある場合は、異常の原因と状況を確認し、正常化するのが業務になります。

緊急対処がある場合、異常の原因、状況を確認し正常化する業務です。

セキュリティアドバイザー

セキュリティアドバイザーは、顧客にサービスの提案から契約、アフターフォローまでの業務を担当しています。

企業から個人宅まで幅広く対応しています。女性も多数在籍しており、活躍できるポジションが用意されているのが特徴です。

事務スタッフ

契約文書審査や見積書作成や図面作成など、営業サポート業務など事務回り全般が仕事内容になっています。

セキュリティサービス事業に関連する事務や契約先の保守点検も業務の1つになります。

セキュリティシステムの施工管理

セキュリティシステムの施工管理は、契約先のビルや個人宅などにセキュリティシステムを設置するときの施工管理を担当します。

実際の設置工事はセコムの協力会社がおこなうので、仕事としては施工内容の管理・監督、設置したシステムのチェックが具体的な業務内容になります。

セコムの労働環境

労働環境は配属部署によって大きく異なるのですが、基本的にはどこも人手が足りず、激務な環境だそうです。

とくにセキュリティ関連は人手不足が顕著で、24時間勤務も度々あるとか。

慢性的な人手不足のため、残業は多いのですが、申請すれば残業代はしっかり支払われます。

他にも働く上で気になる社風・カルチャー、ワークライフバランス、福利厚生についても詳しく説明していきますね。

社風・カルチャー

セコムは、警備会社なので質実剛健な社風で規律を守る風潮が強いです。その所属する部署によって異なってきますが、誰にでも質問がしやすい環境となっています。

常に前を向きながら業容拡大に尽力しています。当たらな分野に挑戦して色々なものを取り込んでいく環境でもあります。

親しい人同士では、家族で遊びに出かけることもあります。

ワークライフバランス

サービスの性質上、休日に仕事が発生する事が多く、事前に予定を立てづらいといった事は頻繁に発生するようです。

トラブル発生時は徹夜作業になる事もしばしばあるようです。基本的には休暇は取りやすく、申請はほぼ通るようです。

育児休暇や産前産後休暇など、育児制度が充実しています。

時短勤務者用の社内ツールを導入しているので早帰りも可能です。

勤続10年ごとに2週間の休暇がある「リフレッシュ休暇」、毎年連続した最長10日間と最長5日間の2種類の休暇をとる「フレックス休暇」があります。

福利厚生

セコムは警備業界では最大手のため、福利厚生は非常に充実しています。

ただ、人手不足から有給は取得しづらいそうです。

社会保険完備
退職金年金制度
財形制度
社員持株制度
社宅制度
社内融資制度
独身寮(国内7ヶ所)
直営保養所(国内4ヶ所/軽井沢・阿蘇・御殿場・名張)
提携保養施設(国内100ヶ所・海外1ヶ所)
提携スポーツクラブ(国内620ヶ所)

【無料】セコムへの転職を成功させるには、面接対策、添削をしてくれるリクルートエージェントマイナビエージェントに転職相談しよう!

セコムの充実した研修内容


セコムは、各種研修体系がしっかりしており、社員が個性と能力を伸ばすためのチャンスが整っています。

組織の力は社員個々の力の総和」という考えのもと、研修体系・独自の教育を確立し、人材育成に注力しています。

セコムでは、以下3つの研修を用意しています。

①新入社員入社時研修
入社すると、新入社員入社時研修をセコムHDセンターで受けることになります。

セコムの基本理念・社員としての心構え、「警備業法」で定められた教育など、それぞれの業務に必要な知識・技能を学びます。

②OJT
上司や先輩社員が日常業務を通して、もっとも重要な業務の基本的な考え・内容を教育していきます。

社員の能力向上をサポートし、法律に基づいた基本教育・業務別教育、職種別のグレード教育など。充実した教育内容で社員の能力を育成していきます。

③集合研修
職場におけるOJTに対して、OFFJT(Off the Job Training)教育と呼ばれる職場以外の教育があります。

セコムHDセンターでは、仕事に必要な最新知識・技能取得のための多彩なプログラム・装置があります。きめ細やかなカリキュラムを用意して、部門別・職能別と様々な研修を行なっているのです。

セコムの仕事のやりがい


セコムでは、優秀な社員なら若手でも出世できる社風となっていることが特徴です。人事評価が公平になっており、学歴に関係なくやる気や実力が評価してもらえる環境になっています。

警備会社なので、お客様から感謝のお言葉をいただけた時にやりがいを感じられます。お客様に安心感を与えられた時、頼られた時にもやりがいを感じますね。

仕事の成果に対してやりがいを持つ社員が多く活躍しています。やりがいを持っているからこそ、毎日頑張ることができ、それが自然と評価に繋がっていくのです。

また、若手の意見にも耳を傾けてもらえる環境ができているため、サービス改善もできて、仕事の達成感も大きなものとなっています。

セコムの将来性は?


1部上場しており安定性があり地盤は固く、セキュリティ意識の高まっている今、今後堅調な売り上げが予想されます。

セキュリティのノウハウを生かして不動産や保険など新しいサービス展開を多角化していることから、生活全般の一括サービス提供を行う事が出来、競合他社との差別化が可能になります。

これが成功すると、安心、安全をサービスとして売る事が出来る為、経営基盤は盤石になると考えられています。

セコムの評判・口コミ


セコムに興味がある、セコムへ転職したい、と思いつつも実際の労働環境ってよく分からないですよね。

そこで元社員や現在も働いている方からの評判を集めてみました。ぜひ、転職するかどうかの参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

セコムは犯罪を未然に防いだり、顧客先の安全を守るのが業務内容だけあって、法令遵守や誠実な社風が根付いているようですね。

また、所属する部署によっては年に2回健康診断があったりして、従業員の健康には気を配っているようです。

営業・34歳
質実剛健、誠実で真面目な社風が根付いています。

真面目に仕事をしていれば、みんな優しくしてくれるので、自分にとっては働きやすい環境です。

開発・26歳
警備会社という性質上、ルールや法令遵守の保守的な側面もありますが、新たなサービスや技術の開発に貪欲にチャレンジするという精神も根付いていて、その点は ベンチャーぽくて良いと思います。
営業・32歳
自分は営業なので、数字がやれていれば、平日の残業や土日出社について強制されることはありません。

逆に、数字で評価されてしまうので、数字が上がっていない人は深夜残業や土曜出社をしている傾向もあります。

技術・29歳
年に1回の健康診断や、住宅手当、提携のレジャー施設を安く利用できるなど、一通りの福利厚生は整っている。

有給などは部署や上司によって取得のしやすさに差があるようだが、自分の部署に関しては、取得しやすい雰囲気だった。

悪い評判・口コミ

日本で最初の警備会社であることから、年功序列など昔ながらの体制が残っているようです。

個人宅でもセキュリテイ需要が高まっており、セキュリティ事業は常に人手不足な状態だとか。そのため残業時間が多くなってしまうという意見も寄せられています。

本部・28歳
規模の大きい会社なので仕方ないことなのかもしれませんが、部門間の隔たりや対立が結構ありました。

仕事で連携をとるときに何かと苦労します。

開発・25歳
サービスの性質上、休日にもトラブル対応で呼び出しがかかることがある。

そのまま徹夜で対応に追われることもあり、いつもそのような状況ではないものの、比較的プライベートの時間が圧迫される仕事だと思う。

現場・34歳
シフト制ですが、人手不足のため、毎月のシフト上での労働時間が200時間超え、そこからさらに残業があるので体力的にかなりしんどいです。。
現場・26歳
年功序列で給与が上がっていく仕組みになっているので、若いうちはあまり稼げません。

頑張って残業代や深夜手当で稼ぐしかない。

セコムの選考情報


セコムの選考は「説明会 → 筆記試験 → 一次面接 → 二次面接」という流れになっています。

まずは説明会に足を運び会社についての情報を教えてもらい、そこから筆記試験を行います。

筆記試験は簡単な一般常識を問う試験となっています。一般常識が頭に入っている人であれば、そんなに難しくないのではないでしょうか。

セコムの選考フローと面接での質問例

セコムの面接では、実際にどのようなことを質問されるのか気になりますよね。

事前の面接対策のためにも、具体的な質問内容をいくつかご紹介します。

体力があるかどうか

夜勤に耐えられるかどうか

困難な状況で打ち勝った経験について

学生時代に何をしていたのか

大学での部活動について

どうしてセコムで働こうと思ったのか

やはりセキュリティ会社なので、体力的な質問が目立ちますね。

いざという時に対応できるかどうか、その意味合いも込めて困難な状況で打ち勝ったことについての質問もされている可能性があります。

部活動や学生時代に何をしていたのか、これはどんな人物なのか知るために質問しているかもしれません。厳しい環境にも耐えられる事をアピールすることが効果的です。

セコムへの転職を成功させるコツ


警備業界のトップランナーであるセコムへ本気で転職したいのなら、転職エージェントを利用することをおすすめします。
自分で直接コーポレートサイトから申し込むより、転職エージェントを活用したほうが、内定獲得率が高くなるからです。

転職エージェントではセコムの採用に合わせた書類添削面接対策などをおこなってくれます。プロのキャリアアドバイザーは、何百人もの転職者を支援してきた実績があるので、面接官に対して効果的なアピール方法を伝授してくれます。

また、業界事情・企業情報についても熟知しているので、応募する企業に合わせて様々なこともアドバイスしてくれるため、登録しておいて損はないでしょう。

ただ、正直なところ、キャリアコンサルタントは経験もスキルもピンキリなので、優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきだと考えています。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

セコムへの転職を考えるなら必ず登録すべき!大手エージェント

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

セコムのミドル層・マネージャークラスへの転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

エンジニアの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18