転職の決め手|企業を選ぶ際に確認しておきたい6つのポイント!

転職先の決め手を知りたい!」という転職者のために、現役の転職エージェントである筆者が幸せなキャリアを手に入れるための6つのポイントをご紹介します。

他にも複数内定をもらった場合の対処法や、転職を成功させるコツも徹底的に解説します。

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

転職先の決め手は6つ!

マイナビ転職の「転職先を選んだ理由ランキング」によると、一般的な転職の決め手は以下のようになっています。

ただ、すべての転職者が下記のような理由で転職先を選んでいるわけではないので、あくまでも参考に留めることをおすすめします。

1位:前職より給与が上がったから
2位:経験・スキルが生かせる仕事だと感じたから
3位:希望の仕事だったから
4位:希望の勤務地だったから
5位:希望の業界だったから

転職先を選んだ理由ランキング

世の中には多くの会社があって、どこが良いのか分からないと思います。転職先決めは今後の人生が大きく左右する選択なので、偶然や感覚で決めるのではなく慎重に選ぶようにしましょう。

とはいえ、慎重に選ぶようにと言われても目安がないと難しいと思うので、以下に現役の転職エージェントとして多くの転職者をサポートしてきた筆者が「企業を選ぶ際の決め手ポイント」を6つご紹介します。

︎[完全無料]本当に自分にあった職種・業界の理解を深めるなら企業分析のプロに聞くのが一番!まずは弊社に相談してみませんか?

1.転職理由を満たせているか

転職をするからには、現職・前職に対して何らかの強い課題や不満があるはずです。

その課題や不満を払拭・解消できるのであれば、わざわざ転職してまで環境を変えようと思わないですよね。

例えば、キャリアアップしたいのに上が詰まっててできない……といったような場合は、自分の望むキャリアアップができる会社へ転職したほうが良いでしょう。

候補の会社が現職・前職で感じた課題や不満を払拭できるのか、をまずしっかり精査してみてください。

もし、課題や不満を解決できない会社であれば、入社してもまた同じ理由で転職をすることになるので、注意が必要です。

2.自己ビジョンとのマッチ度

課題や不満がないというのは、仕事をする上で大切なことですが、自分の将来のビジョンやありたい姿に近づける会社であることも必要な要素です。

将来どうなりたいのかをしっかり定義して、それを達成できる会社を選ぶようにしましょう。

自己ビジョンを明確にせずに転職してしまう人も多いのですが、明確にしておいたほうが転職先で成長している実感が湧きやすく、モチベーションを維持しやすいです。そうすることで、小さな不満や課題が目につきにくくなります。

3.組織風土とのマッチ度

誰と働くか」も大切なチェックポイントです。

非常に魅力的で憧れていた業界や職種で内定をもらえ、舞い上がってしまうのはしかたがないことです。しかし、実際に入社してみたら、想像以上に社内の雰囲気が合わなかったり、居心地が悪くストレスが溜まってしまい仕事どころではない……といった人も中にはいます。

仕事でのパフォーマンスをあげる上で、居心地の良い環境といったソフト面が担保されていることは、意外と重要なポイントです。

事前に雰囲気を知るためには、人事だけでなく、できる限り多くの社員と会う機会を作ってもらうという手もあります。

他には転職エージェントに社風と自分の相性を客観的に評価してもらう、という方法もありますね。

︎[完全無料]転職は面接ですべてが決まります!転職のプロたちと面接は練習を重ね、自信を持って進めたい方はぜひ弊社までご相談ください!

4.一定の給与・待遇条件の担保

転職で給与や待遇の優先順位を1位にしている人がいるのですが、筆者の経験上、給与や待遇をもっとも重視する転職は成功しないことが多いです。

給与は業界やビジネスモデルの相場と、入社後の利益貢献の結果に起因してきます。基本的に転職では年収が下がると考えたほうが良いでしょう。

ただ、相場からかけ離れすぎてて、生活を維持するのも厳しい会社の場合は選ばないほうが懸命です。

給与相場についてわからない場合は、同業界の同世代や転職エージェントから話を聞き、常識的な相場感を把握しておくと良いでしょう。

転職と給与の関係について知りたい方は以下の記事もご覧ください。

関連記事転職で年収が上がる?下がる?失敗しないためのポイントを伝授!

5.必要以上にブラックではないか

残業がまったくない会社は少ないため、激務といっても解釈は様々です。実際に都内であれば、ある程度遅い時間まで仕事をするのは、常識の範囲内だと考えている人も多いと思います。

ただ、残業が多いのは短期的にはよくても、長期化すれば体力的にも長く仕事を継続していくのが難しくなってしまいます。

以下に、今まで筆者が採用を手伝ってきた会社の勤務時間相場を参考までにご紹介します。終業時間帯目安は、月の中で、ほぼ毎日の時間という定義です。始業時間は9時もしくは10時始業を想定しています。

  • 定時(17時〜18時頃)

  • 限られた業界、会社、職種という印象。
    積極的に採用を行なえる会社は業績が良い=顧客対応のために忙しいので、採用積極企業の中では希少かもしれません。
    筆者自身も地方の中小製造メーカーか、一般事務職でしか見たことがありません。

  • 忙しめな会社の相場(19時〜21時)

  • 都心部の会社、もしくは上記に記載した積極的に採用を行なっている会社では、忙しめどころか、実際普通の相場かもしれません。
    筆者自身、もっとも多く見かけます。

  • やや激務な会社(21時〜23時)

  • ややと言えるのか……とも思いますが、一部業界や企業によっては、存在しています。賛否は分かれるかもしれません。
    ここら辺から、ある程度、時間を犠牲にする分、入社する上での強い目的意識や覚悟が必要な段階になるかもしれません。

  • 激務な会社(23時〜2時)

  • 今回のブラック企業のイメージです。
    毎日終電・午前様というやつですね。
    これが月末の数日だけ、であれば、どの企業でもあるかもしれませんが、これが常態化している会社はブラックと言われても仕方ないかもしれません。

上記の勤務時間はあくまでも目安です。

残業時間が長く、プライベートの時間を犠牲にしてでも得たい明確な目的意識がある場合は、選択肢に入れても良いかと思います。

ライフワークバランスを保って働きたい場合は、勤務時間も考慮すると働きやすいと思いますね。

求人企業の勤務時間については、口コミサイトや転職エージェントから話を聞いてみると良いでしょう。

ブラック企業の見分け方について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください!

関連記事ブラック企業の見分け方!16つの業界を転職のプロが暴露

6.将来のキャリア形成に繋がっていくか

中には「面白そうな仕事を基準」で入社する会社を選ぶことがありますが、このとき注意したいのが将来のキャリア形成です。

直感やなんとなくで面白そうな仕事を選んだとしても、長い時間軸の中では志向も変化していくものです。なんとなくでも良いので、将来のキャリアについても考えておくことをおすすめします。

将来のキャリア形成に繋がる求人なのか、ヒントになるポイントを2つご紹介します。

  • 魅力的な市場か
  • 市場で競争優位に立てるか

魅力的な市場を見極めることは簡単ですが、「市場・業界・企業は魅力だけれど、役割・職種・立ち位置次第」といった陥りがちな落とし穴があります。

いくら魅力的な業界・企業でも、年齢が上がり経験を積んでいくと、職種によってはキャリアが既定してしまっている場合があります。

また、市場・職種は魅力的だけれど、そこで勝てるのか?という点も見落とされがちです。適性や強みを活かせるか、競争相手に今から追いつき、追い越せていけるのか、という視点も大切です。

キャリア形成に繋がる求人なのかは、なかなか自分では判断できないので転職エージェントなどのプロに相談してみるのもありだと思います。

︎[完全無料]経歴や人柄、希望を考慮して、あなたに本当に合った企業を提案いたします!ぜひ弊社の転職のプロたちにご相談ください!

複数内定をもらったときの対処法

転職先の決め手で悩んでいる人は、複数の内定をもらって「どこも魅力的でどうしよう…」と考える傾向にあります。せっかく転職するのなら、自分にとって良い会社へ入社したいと思うものです。

複数内定をもらったら、まずは条件を確認して比較するようにしましょう。

このとき、細かい福利厚生や待遇などに目線が行きがちですが、以下の3点は絶対に見比べてください。

  • 転職の目的が何なのか
  • 中長期的に目的を叶えられそうか
  • 3年で辞めてしまった場合でも、次のステップを考えられそうか

美味しい条件に飛びつくのではなく、上記の3点を比較し、じっくりと判断することで転職を成功させられます。

ちなみに、内定は基本的に1週間は待ってもらえるので、この期間の間に判断するようにしましょう。

[完全無料]転職の成功には適切な自己分析と面接対策が必須です。10時間以上の転職サポートで転職成功率アップ!

内定保留のやり方

すぐに内定の返事ができない場合は、企業へ保留の申し入れをするようにしましょう。

申し入れをする際には、以下の3点は必ず伝えるようにしてください。

  • 内定を保留にしたい理由
  • 返事をする期日
  • 内定を出してくれた企業に対して、入社意欲があること

保留を申し入れるときは採用担当者への印象が悪くならないように、失礼のない言い方を心がけてください。

内定保留について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事転職時の内定保留を上手く伝えるコツ!電話・メール別に方法を紹介!

本当に転職しても良いのか悩んだら

転職先の決め手に欠ける…って場合に多いのですが、やはり本当に転職しても良いのか悩む人もいます。

本当に転職しても良いのか悩んだら、「そもそも自分がなぜ転職しようと思ったのか」をもう1度よく振り返って考えてみてください。

実現したい姿などがよくよく考えてみたら、現職で叶えられそうな場合は現職に残るという判断もアリです。

弊社は転職支援を行なっていますが、相談に来られた方にとって、現職に留まることが一番の解決策の場合は、その旨をお伝えしております。

企業選びに自信が持てない、転職活動が不安な方はぜひ一度弊社にご相談ください。

年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント

リクルートをはじめとする人材業界に特化した転職エージェント

ポイント

  1. 年間3000人を超える求職者の転職相談をうけるキャリアの寺子屋
  2. 未経験から人材業界への転職をどこよりもお手伝いしてきた弊社だからできるキャリア支援があります!
  3. リクルート、パーソル、マイナビ、JAC等の大手人材の求人を保有

無料相談はこちら

転職を成功させるために役立つ関連記事

転職を成功させたいけど、いまいち決め手に欠ける……もう少し他の情報も知りたい!といった転職者向けに、役立つ記事を集めて見ました。

気になる記事があれば、ぜひ読んでみてください!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。