2019.08.14

ナイキ(NIKE)への転職は難しい?気になる評判や年収(給料)を紹介!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

昨年NIKE(ナイキ)創業者のフィル・ナイト氏がどのようにして、NIKE(ナイキ)を起業をし、何故スポーツブランドトップになれたのかなどの様々な創業秘話が書かれている『SHOE DOG(シュードッグ)-靴にすべてを。』という著書が発売され、手に取った人も多いのではないでしょうか?

今回はスポーツブランド世界最大手企業の「NIKE(ナイキ)」に転職を検討している方向けに、「NIKE(ナイキ)」への転職ノウハウをレクチャーしていきます。

NIKE(ナイキ)って何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

オレゴン州ビーバートンに本拠を置くNIKE(ナイキ)は、様々なスポーツおよびフィットネス向けのスポーツフットウエア、アパレル、用品やアクセサリーのデザイン・流通・販売を行う世界の大手企業です。

NIKE(ナイキ)の完全所有子会社には、下記のような企業があります。

ナイキの子会社

  • コールハーン
    (高級シューズ、ハンドバッグ、アクセサリー、コートのデザイン・流通・販売)
  • コンバース
    (スポーツフットウエア、アパレル、アクセサリーのデザイン・流通・販売)
  • ハーレー・インターナショナル
    (アクションスポーツと若者ライフスタイル向けのフットウエア、アパレル、アクセサリーのデザイン・流通・販売)
  • アンブロ・リミテッド
    (サッカーブランド)

NIKE(ナイキ)に転職するためには?

結論から言うと、NIKE(ナイキ)への転職は簡単ではありません

やはり世界的スポーツメーカー。転職競争もとても激しく、転職者も非常にクレバー、かつ行動力のあるひとばかりです。

しかしながら、当然諦める必要はありません。実際にNIKE(ナイキ)に転職することは可能です。

では、実際どんな方法でNIKE(ナイキ)への転職活動を行えば良いのでしょうか。少し説明を加えますね。

NIKEの職種は大きく分けて3つです。
  1. NIKEの店舗スタッフ
  2. NIKEの店舗マネージャー
  3. 日本支社のスタッフ

一つ目の店舗スタッフですが、こちらは中途採用はほぼ無いと思ってください。

なぜかというと、店舗スタッフは新卒社員、アルバイト、派遣社員で構成されているからです。一部例外はあるかもしれませんが、基本的には中途採用は無いと思ってもらって結構です。

ですので、今回はNIKEの店舗マネージャーと本部スタッフに転職するためのポイントをお伝えします。

NIKEの店舗マネージャーを目指す場合

二つ目の、NIKEの店舗マネージャーですが、こちらは本社への転職に比べると転職の難易度はそこまで高くありません。

求められるスキル・経験としては、例として以下のようなものが求められます。

  1. Nike ブランドへの強い興味とパッション
  2. リテールでの販売及びマネジメント経験
  3. 周りを巻き込みリードしていくリーダーシップ能力とマネジメント能力があること

これに加え、日常会話レベルの英語スキルがあると、採用される確率はグッと高まりますね。

ご自身のスキル・経験に自信のある方はコーポレートサイトから直接応募された方が、採用率は上がります。ですが、そうでない方には転職エージェントを活用することをオススメします。

末永

さて、結論から申しますとNIKEの店舗マネージャーへ転職するためには圧倒的求人数を誇るマイナビエージェントリクルートエージェントdodaへの相談をおすすめします。

なぜかと言うと、NIKEに限らず、誰もが知っているブランドの求人を最も多く持っているのがマイナビエージェントリクルートエージェントdodaだからです。

しかも、単に求人を多く持っているだけでなく、履歴書と職務経歴書の添削や面接対策、さらには企業への推薦と、あなたの転職の最初から最後までサポートしてくれます。


20歳〜34歳でNIKEの店舗マネージャーへの転職を目指すなら

NIKEの日本支社スタッフを目指す場合

三つの、NIKEの本部スタッフですが、こちらへの転職はかなり難しいです。

大卒以上、高い英語スキルがあることは必須で、最低でも5年以上の経験が求められるポジションがほとんどです。

こちらは、ハイレイヤー向けの転職エージェントを紹介させていただきます。

末永

NIKEの日本支社を目指す場合、ハイクラスの求人が多いJACとスカウトサービスのビズリーチに登録することをオススメします。

というのも、外資系企業は一般的にヘッドハンティングがメインです。なので、スカウトサービスのあるLinkdinやビズリーチに登録しておくと企業からスカウトが来る可能性があり、転職を優位に進めることができます。

JACは、外資系企業に強みを持った企業で各業界出身者が、あなたの希望する企業への転職をサポートしてくれます。

NIKEの日本支社への転職を目指すなら

NIKE(ナイキ)の直近の業績や今後の事業課題

業績は好調に推移しています。中国市場での販売が伸びており、利益を支えています。

今後はさらに消費者に向けての直接販売を強化していくとしています。

NIKE(ナイキ)は他のスポーツ用品メーカーと違い、消費者をコアに販売を進めてきました。今後もその戦略を続けていく方針です。

課題としては、生産工場の労働条件の改善です。NIKE(ナイキ)は全世界に契約工場を持っています。

しかしその契約工場では、低賃金、過重労働が強いられており問題となりました。

結果として、そういった問題のあった国での生産からは撤退せざるを得ない状況になりました。

労働者が納得して働ける労働条件を提示していくことが課題でしょう。

NIKE(ナイキ)の仕事内容・職種

自社製品の販売が仕事内容です。営業として直販店の利益拡大を考えていくマネージャー職があります。

どうすれば、ナイキ製品が売れるようになるか戦略を考え実行します。

物流の戦略を考える仕事内容もあります。他には法務や経理などのバックオフィスの仕事も用意されています。

主な職種としては、下記のものに分類することができます。

ナイキの主な職種

  1. 店長・店舗開発・スーパーバイザー
  2. 営業企画・営業管理
  3. プロダクトマーケティング・商品企画
  4. データアナリスト・データサイエンティスト
  5. バイヤー・マーチャンダイザー

NIKE(ナイキ)の仕事のやりがい

チャレンジが認められる時にやりがいを感じるようです。社員であればどんな立場でもモノを言うことが出来る環境が整備されています。

チャレンジが評価される文化があるので、それが認められ、全世界で承認される時にやりがいを感じます。

NIKE(ナイキ)は世界企業なので、海外とのやりとりがあります。

そこで自分の立てた戦略が受け入れられ、実践し、結果が出た時に評価されます。その評価は全世界で共有されるので、影響力が大きいです。

NIKE(ナイキ)の評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

NIKE(ナイキ)の評判・社風・カルチャーについて、どんなイメージがありますか?

今回は、その気になる詳細についてご紹介していきたいと思います。

どういう社風・文化があるのか

NIKE(ナイキ)は、外資系企業らしく個人の裁量が大きいことが特徴です。

スピード感も重視しており、短期間で成果をどれくらい残せるのか。

この部分が評価対象にされているそうです。

ジョブポスティング制度があるため、自己向上を目指せるところが外資系ならでは、という声も寄せられています。

スポーツ好きの社員が多いので、共通の趣味を持っている社員が多く、プライベートでも仲良くできているそうですよ。

職場の雰囲気も明るく、非常に風通しが良いのだとか。

マネージャーの個室のドアは常に解放されているので、気軽に入ることができるという点も魅力のようです。

また、他部署の上司でも気兼ねなくメールのやり取りが行われていることや、コミュニケーションを取るために飲み会が多く行われている点も挙げられていました。

チーム間での情報交換も含めて、社員間の交流は盛んに行われているそうですよ。

NIKE(ナイキ)の面接・SPIなど選考難易度

NIKE(ナイキ)が行なっている面接や、難易度の情報も把握しておけば対策ができますよね。

どのような選考フローで、その面接の質問内容がどんなものであるのか、ご紹介していきます。

選考フロー

NIKE(ナイキ)の選考フローをご紹介したかったのですが、残念ながら情報が掲載されておらず、ご紹介することができません。
公式ホームページにも情報記載が見られないため、詳細につきましては転職エージェントなどプロにお任せするのが良さそうです。

面接での質問例

NIKE(ナイキ)の面接では、どのようなことが質問されているのでしょうか? その質問内容についてご紹介したいと思います。
  1. 長所と短所
  2. NIKE(ナイキ)に対するイメージを教えて
  3. 働く上でのポリシーとは?
  4. 今後の業界の展望について

上記が質問されている内容です。

自分の長所と短所について質問されているのは、志望者がどんな性格をしているのか知るためだと思われます。

また、NIKE(ナイキ)に対するイメージを質問されるのは、どのように捉えているのか知るためだと言えます。

選考フロー・面接内容についての情報が少ないため、できる限り情報収集してみることをおすすめします。

SPI難易度

NIKE(ナイキ)のSPI難易度は、比較的高いと言えるでしょう。

選考時には、これまでの経歴がチェックされ、経験の有無が注目されるでしょう。

販売や接客業務の実務経験がない方などは厳しいと言えます。

一方、総合職に関しては、営業や物流管理、マーケティングなど様々な募集もかかっています。ただし、該当業務に関する実務経験を有していることが応募条件となっているようです。

プレイングマネージャーのような役割を担える人材を求めているので、フットワークが軽く、行動力のある方が有利だと言えるでしょう。

NIKE(ナイキ)の年収相場(給与)は?

NIKE(ナイキ)の年収がどれくらいなのか、気になるところだと思います。 年齢別・職種別の平均年収についてご紹介していきます。

年齢別の平均年収

まずは、年齢別の平均年収からご紹介していきます。

1.20〜24歳

→平均年収・・・291万円

2.25〜29歳

→平均年収・・・373.6万円

3.30〜34歳

→平均年収・・・440.4万円

4.35〜39歳

→平均年収・・・482.4万円

5.40〜44歳

→平均年収・・・523.8万円

6.45〜49歳

→平均年収・・・570.8万円

7.50〜54歳

→平均年収・・・628.4万円

8.55〜59歳

→平均年収・・・720.4万円

上記が年齢別の平均年収です。

年齢別の平均年収で高くなっているのは、55〜59歳となっています。
次いで高くなっているのが、50〜54歳です。

職種別の平均年収

続いては、職種別の平均年収についてご紹介していきます。

1.営業系

→平均年収・・・765万円

2.企画・事務・管理系

→平均年収・・・877万円

3.販売・サービス系

→平均年収・・・536万円

4.運輸・物流・設備系

→平均年収・・・800万円

上記が職種別の平均年収です。

職種別の平均年収で高くなっているのは、企画・事務・管理系です。 また、運輸・物流・設備系の平均年収も高くなっています。

賞与・給与(評価)制度

NIKE(ナイキ)の給与水準は、高いと言えるでしょう。

ボーナスはインセンティブ形式なので、変動が非常に激しいのが特徴だそうです。また、配属される部署によっては手当が用意されているのだとか。

昇給も毎年1回、用意されており、年功序列ではなく能力主義で評価されるみたいですよ。

残業時間

残業時間についてですが多い傾向があるみたいです。業務に追われて遅くまで残っている社員も多いとの声も多々見られました。

ただ、残業はやった分をしっかり支給してもらえるそうなので安心感があります。

部署によっては人員が少ない、またはフレックスタイム制を利用して出社するのが遅い社員は遅くまで残って仕事をしているそうですよ。

繁忙期の場合は、定時で帰ることが難しいとの声も挙がっています。

休日出勤も時にはあるようですが、その分代休をしっかり取れるから良いという意見もありました。

非正社員の場合は、残業しないように、閉店後夜の業務を簡素化させ、翌朝に引き継ぐなどの取り組みも行われているみたいです。

扶養範囲内で調整してもらうことも可能とのことなので、働きやすい環境が用意されていると言えます。

ナイキへの転職をお考えの方へ

結論から言いますと、NIKE(ナイキ)に転職したい方は以下の2点の転職支援サービスは必ず登録するべきです

なぜならば、冒頭でもお伝えした通り、NIKE(ナイキ)の求人案件は非常に希少なため、求人がオープンしたタイミングで必ず情報をキャッチできるように網を張り巡らせておく事が肝要なためです。

絶対のお約束はできませんが、特に以下のJACリクルートメントビズリーチの2点の転職支援サービスはNIKE(ナイキ)の案件がオープンする場合に可能性が高いと推測されます。

登録自体は無料ですので、必ず2点とも同時に登録しておきましょう

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

さて、もしかすると読者様の中には「まだどこの企業に行きたいのかわからない」という悩みを抱えている人がいるかもしれません。下記のツールは自身のステータスを入力すると、あなたにおすすめの転職エージェントをピックアップしてくれます。

ぜひ利用してみてください。

あなたにピッタリの転職エージェントを15秒で診断します

性別を教えてください♪

年齢を教えてください♪

希望年収を教えてください♪

希望職種を教えてください♪

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。